抱きしめてもらいたくて

皆さまこんばんは。バービーにたくさんのお言葉ありがとうございました。

お正月休みをほとんど家で過ごした私も明日からは仕事がはじまります。

またもろもろ遅れが出て皆さまにご迷惑をおかけするかもしれませんが、犬猫たちのお世話を第一に時間を有効活用できるようがんばりますので見捨てないでください(笑)。

 

「わたし おるすばんできるので……というか今までほとんどひとりだったからハハさん安心しておしごとに行ってください。帰宅後、少しなでてくれたらうれしいです」

IMG_1232

 

 

はいよ^^

バービーは心根のやさしい犬なので早めに家族募集ができると思います。

1月下旬までには家族募集サイトへ掲載しますが気になる方は先にお問い合わせください。

仕事が一段落したら写真を撮り宣伝しまくります。

厚かましいお願いですが、ひきつづき応援してくだされば幸いです。

バービーは現在生理中なので不妊手術を見送っています。1月の3週目あたりに不妊手術を受けさせる予定ですのでそれに合わせて家族募集も考えていきます。

※お届けは不妊手術を終えてからになります。

 

抱っこすると恍惚顔します。

IMG_1233

 

 

当たり前ですが、控えめながらもちゃんと情緒があります。

むしろ人の気持ちに繊細で敏感な感じ。

人間に甘えたかったんだろうなあ。

体を預けるのはまだこわいみたいですが、勇気を出して近寄ってくれます。

抱きしめてもらいたくて。

 

 

 

スポンサーリンク





お輿に乗って 光と幸へ そして声なき声

皆さま、お正月休みいかがお過ごしですか?

私は年末にねこだるまねーさんが送ってくれたお野菜などをつかい料理を作りまくっています。

IMG_1213

 

新鮮なお野菜ありがとうございました。ねーさんから仰せつかったとおり、母にも渡しました。

 

 

正月料理は母の手作り。Iさんからいただいたカニはお鍋にして。ごちそうさまでした。

10888899_503542393118838_9183845370028069103_n

 

 

生粋の台湾人でありながら和食も上手な母。私もいい年をした中年ゆえ母のような料理上手な女性になりたいです。料理はあまり好きじゃないんですけど。

10888970_503545189785225_5790424499435531792_n

 

 

さて、年末やってきた保護犬バービーですが、散歩の経験がほとんどなさそうです。

外に連れ出すと歩けずに固まってしまうのです。

ガタガタ震えます。

「かんべんしてください」

目を潤ませながら訴えてきます。

数年単位でケージに入りっぱなしの生活だったのではないでしょうか?

ケージの外を知らない分、ケージ内でおとなしく過ごすことができるのですが、家庭犬としての見識を広げてほしいので私はカートを倉庫からひっぱり出しました。

 

バービー、歩くのはこわいね。お輿に乗せてあげる。

 

「ハハさん……わたし じょうずに歩けなくてごめんなさい」

IMG_1253

 

 

カートの内側にはリードフックがついているので、万が一の飛び出し防止としてバービーを固定しています。足元には毛布を敷いて。寒がりのバービーが快適に過ごせるように^^

 

「これなら安心。ハハさんありがとう。めいわくかけてごめんなさい」

IMG_1244

 

バービーはすぐ謝ってきます。

体を低くし「殴らないでねポーズ」「服従ポーズ」を繰り返しています。

いったいどんな扱いを受けたらこんな風になるのでしょう。

いい子すぎて胸がしめつけられます。

 

お姫さま、準備はいいですか?

未知の世界に出発しますよ。

 

「はい……でもちょっとだけ こわいです」

IMG_1246

 

 

カートを押すと、外で出会う方がバービーににこっと笑いかけてくださいます。

IMG_1249

 

そのたびに、彼女は申し訳なさそうな表情を浮かべ、耳を倒し萎縮するのです。

 

「たくさんの目……もしかしてみなさん 怒っているのですか?」

IMG_1247

 

ちがうよ。

赤子のたたずまいの乳母車の中のお姫さまが、あんまりにも愛らしいから、だれもが思わず足を止めてしまうのよ。

 

バービーはかわいそうね。

自分がどれほどまぶしいか、まだ気づいていないんだもの。

 

あなたはあなたが思うより、ずっと素敵な女の子ですよ。

IMG_1251

 

光と影

幸と苦

バービーは今まで片側だけしか知らなかったでしょう?

でも私は両方知ってるの。

バービーが知らなかったA面にこれから連れて行くから、お輿に乗ってリラックス、ね。

 

 

↑ ここまで書き終えて新たにわかったことがあります。

これまで吠えたことのないバービーがさっきはじめて吠えました。

ガラス越しにリビングで作業している私を呼んだのです。

私はガラスに映るバービーの顔を見て彼女が吠えている事実に気づきました。

なんでだと思いますか?

彼女の声が私には聞こえなかったのです。

驚いてバービーに近づくと彼女は吠える仕草をやめて尻尾を振りました。

確かめるためにもう一度彼女から離れ、隠れてみたのです。

そうしたらまた彼女は吠えました。

でも声がしない。

喉がかすれたように少し鳴るだけ。

「わん」でも「あん」でもない聞きなれない音。

「んんぁ」「んんぁ」

それが彼女の精いっぱいの声

 

彼女は声帯をつぶされていました。

いったいなぜそんなことをするのでしょう?

めったに吠えないバービーの声を奪う必要があったのでしょうか?

まだ数日しか一緒に暮らしていませんがわかります。バービーは無駄吠えするタイプではなく吠えるとしたらよほどストレスを感じたかあるいは切迫した事情があったからだと思うのです。

その声を聞くどころか力ずくで奪う権利が私たち人間にあるのでしょうか?

人間だから、なんでもしていいの?

下品で野蛮ですね。

不衛生な狭いケージに閉じ込め声すら奪う。

せっかくの命を、じわじわ削ぐ。

これから「血統の子犬」との暮らしを希望する方には今一度考えてもらいたいです。

業者から彼女がどういう扱いを受けてきたのか。

そしてバービーなんて氷山の一角にすぎず、しかも幸運の方だと。

多くの繁殖犬たちがバービーより苦しみ、報われることもなく惨めに朽ちていくことを。

事実を知ったら、のんきにペットショップに行ける方はいないんじゃないかな?

理想的な犬種との暮らしを実現させようとする人たちの欲求のために、裏でどれだけの命が犠牲となり消滅しているか。私たちはそろそろ、本当に知るべきです。

 

新年早々、失礼しました。がまんできなくて。

 

 

 

 

スポンサーリンク





5 703号室を彩ってくれたきみたちへ

1 東洋の奇跡―――さぶがわが子になりました。

2 703号室の保護猫たち―――いせやんと萌乃の今

3 我が家のメンバーより皆さまへのごあいさつ―――2015年の抱負を入れて

4 703号室の保護犬―――未来へいらっしゃい

5 703号室を彩った卒業生たち―――それぞれの卒業後の写真も添えて

大晦日をいかがお過ごしですか?

私はみんなと楽しくやっています。大掃除も半分終えましたのでもうこれでよしとします!

さて、2014年の締めくくりに我が家を巣立った卒業生たちをご紹介します。

本当は一頭一頭との思い出などを掘り下げて書きたかったのですが、時間の関係上、写真のみになりますことをお許しください。

1 成猫 あかり(女子)

交通量の激しい大道路で保護。まったく人馴れしていませんでした。不妊手術の際、お腹に赤ちゃんを宿していたことが判明。同じ女性としてあかりに申し訳ないことをしました。

199akari

人にもだいぶ馴れ、現在は同じ703号室卒業猫「みも」のお宅でご家族に溺愛されています。

fai

2 成猫 千吉あらためグーちゃん(男子)

人と暮らすために生まれてきたようなやさしい男の子。あかり同様近所で保護しました。FIVキャリアですが食欲旺盛で元気いっぱい。キラキラ輝いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

卒業後2度会いに行きました。ご主人の携帯の中はほとんどグーちゃんの写真や動画ばかり。

IMG_7153

3 成猫 プップあらためふく(男子)

もともと子猫のときに保護し里子に出したのですが、家庭の事情に翻弄され5年後に703号室に出戻ってきたふく。千回万回、心で詫びながらの終の棲家探しでした。

198fuku

先住猫ムギ姫との相性はまずまずに。ご主人のフェイスブック、ツイッターに写真満載!

huku

4 成猫 シロニック・ロブチあらためおにぎり(男子)

もうーすさんの地域猫として生きていたシロニックですが、縁あって私の妹が預かることに。妹の力を借り妹とふたり家族探しをさせてもらいました。保護当時は「シャー」を連発^^;

200onigiri

今はひとりっことして家族と濃厚な時間を過ごしています。どの角度から写真を撮っても萌え!

soa

5 成犬 ペタあらためてん(男子)

2014年唯一の犬の卒業生。同じ場所にいた仲間の犬たちは全員餓死しました。かわいらしい外見とは裏腹に壮絶な過去を乗り越えて生きてきたてん。素直でまっすぐの心根です。

1ten (10)

先住猫タラちゃんとは息がピッタリ! ブラッシングや散歩……犬らしい日々を送っています。

oot

6 成猫 グッチあらためめい(女子)

近所で保護。FIVキャリア。愛嬌たっぷりですがワイルドな一面も。気丈な女性です。なかなかご縁が決まりませんでしたが、終盤、見事にきっちりお嫁入りを果たしました。

202may

同居猫じゅん(のりまき)とケンカしながら、ときには結託しながらめいらしく家猫を満喫中!

mjmama (8)

7 成猫 のりまきあらためじゅん(男子)

若く見積もっても6~7歳以上だったじゅんを近所で何年も見かけていた私は、彼の保護にエネルギーを注ぎました。逆境やFIVキャリアに負けずすさまじい生命力で家猫の座へ!

203june

同居猫めいの尻の下に敷かれながらも亭主関白な一面を覗かせるじゅん。まるい猫に変身!

mjmama (5)

8 子猫 安丸あらため雷蔵(男子)

みいさんに運よく保護された5匹のうちの1匹。我が家では他のきょうだいたちと走り回り子猫らしい姿を見せてくれました。体重が増えるたびに胸を撫で下ろしたのを覚えています。

204raizo

成長後は人見知りのシャイな男子に。きょうだいのボンゾー、みつ豆とドタバタ暮らしています。

aaaaaaab (5)

9 子猫 若丸あらためボンゾー(男子)

みいさんに運よく保護された5匹のうちの1匹。ボンゾーはみいさんちに残留。家族探しは私がやりました。男子たちの中で体が一番小さく頼りない存在でした。

205bonzo

成長後はトリッキーな性格に(笑)。人が大好きで愛想がよく、いたずらにも精を出しています。

aaaaaaab (17)

10 子猫 みつ豆(女子)

みいさんに運よく保護された5匹のうちの1匹。小粒のみつ豆が無事に育つか……当時のみいさんはみつ豆の体重の変動に一喜一憂しながら全神経をを費やしていました。

206mitumame

無事に育ってもなお小粒。男きょうだいたちの中、紅一点のお嬢として扱われています。

aaaaaaab (6)

11 子猫 長丸あらためとろろ(男子)

みいさんに運よく保護された5匹のうちの1匹。保護猫時代は703号室で過ごしました。きょうだいたちの中で体が一番大きかったのでみんなの「お兄ちゃん」的存在でした。

209tororo

成長後はご両親にべったりのあまあまキャラに。実は数日前もとろろに会ってきたのです。

IMG_0373

12 子猫 紅緒あらため麦(女子)

みいさんに運よく保護された5匹のうちの1匹。幼少時は下痢がひどく、体重があまり増加しないことに悩みました。小さいながらもクールビューティな雰囲気を漂わせていました。

208mugi

とろろと日々運動会を開催しています。ママ命。ママが呼べばすぐすっ飛んで行きます。

IMG_0414

13 成猫 ウイあらため麦(男子)

傷だらけの顔でうちの近所を彷徨っていました。ずっと保護したかった外猫。はじめは心を凍らせ反骨精神剥き出しでしたが、途中で家猫としての立ち位置が気持ちよくなったみたいです。

210mugi

広い家の中少しずつテリトリーを広げ麦のペースで歩いています。抱っこもOKになったとか!

ut

14 成猫 シャロンあらためクロン(女子)

ギリギリ子猫だった時代にmegさんに出会い蝶よ花よと珠のように大事にされたクロン。リリースは不憫とのmegさんの考えに同意し、我が家に移動し里親探しをさせてもらいました。

211kuron

育ちがいいから病院でもおりこう? 先住猫マメちゃん&ぱんちゃんと充実の日々を謳歌中!

haoif

15 成猫 ビーナスあらためビビ(女子)

シャーが口癖の気むずかしい女王タイプ。クロン同様、megさんに保護され我が家に移動。ビビとつき合うとその無愛想さがやみつきに。手は出さないので「口だけ女」と呼んでいました。

212bibi

今では里親さんにべったり抱きつく豹変ぶり。ビビだけの家族にこうして甘えたかったんだね。

bibi

16 成猫 ごましお(男子)

外猫時代に交通事故に遭い、下半身に大きな怪我と骨折を負ったごましお。2度の手術の痛みに耐え未来を手に入れました。いつもどんなときも明るくひたむきに生きています。

213gomasio

仏さま面で存在感、威圧感を消し去り、先住猫瑠璃嬢に和解を求め得た自分の居場所にて。

goma

皆さまに気にかけていただいたこの子もあの子も、みんな幸せに暮らしています。

私は要領が悪い上力量不足なので今年は16頭がやっとでしたが、こうして写真を並べると胸に熱い思いがこみ上げてきます。

このやり方ですから、やってもやっても「満足」など得られないです。

むしろ年中、己の微力さを嘆いています。

ですが、悪しき環境下で歯を食いしばりがんばってきた犬猫たちと関わり合えたことを光栄に思います。家族になってくださった尊い里親さまたちにも深謝いたします。

私を導いてくれるのは犬と猫だけです。

彼らは無口ですが、「生の姿勢」から多くを学ばせてくれます。

彼らといると気づくのです。

要らない命なんてひとつもない、と。

私は犬と猫が好きです。人間より。

今までもこれからも。

2015年はどんな出会いがあるでしょうか?

ドキドキ、ワクワクしつつ。

703号室より感謝を込めて

LOVE!

スポンサーリンク





4 保護犬バービー、未来へいらっしゃい

1 東洋の奇跡―――さぶがわが子になりました。

2 703号室の保護猫たち―――いせやんと萌乃の今

3 我が家のメンバーより皆さまへのごあいさつ―――2015年の抱負を入れて

4 703号室の保護犬―――未来へいらっしゃい

5 (予定) 703号室を彩った卒業生たち―――それぞれの卒業後の写真も添えて

 

ブログを読んでくださっているIさんよりタラバガニが届きました。Iさん、ポストカードもお買い上げくださりありがとうございます。

IMG_1211

 

カニは数えるほどしか食べたことがないので楽しみです。ありがとうございました。

 

卒業犬てん(ペタ)のママさんより便箋13枚のお手紙、数え切れない枚数のてんたちの写真、プレゼントが届きました。ちょうどペットシーツが必要になったので助かりました。

IMG_1216

 

餓死寸前だったあのてんの元気そうな様子がうれしくて!! ありがとうございました。

 

さて、今夜10時前に保護犬がやってきました。

IMG_1221

 

チチがバービーと名づけました。

犬種はシーズー、性別は女の子です。

 

いきさつは、先日の忘年会の席でおーあみ避難所リーダーの大網さんのひと言が発端です。

 

「アンニイさん、犬……預かれない? (上目遣い)」

「え……まあ1頭くらいなら……」

 

実はあまり詳しい話を聞いていないのです。

いえ、聞いたと思うのですが良く覚えていないという(汗)。

なんとなく大網さんが犬の保護で困っていらっしゃるような雰囲気を察した私は、微力ながら1頭でよければ手伝おうかと。

 

来るのが小型犬と決まっていたのでどこかの「多頭飼育崩壊現場からのレスキュー」だろうと想像していたのですが、本日お届けしてくださった方に話を伺い詳細を理解した次第です。

 

保護当時のバービー

KIMG0501

 

この子は世間を騒がせている栃木の犬の屍骸を大量に遺棄した業者からの生き残りでした。

驚きました。

とは言っても私はほぼまっさらの状態で、事件の概要をさらっとどこかで読んだだけですけど。

バービーが来てから慌ててネット検索したほどです。

情報に疎いにも限度がありますよね。反省。

しかもバービーの写真を見たのは、つい数日前という^^;

さっきはじめて外見を含めいろいろ知ったのです。

 

犬の命を軽視してきた業者のもとでどれだけ辛い日々だったでしょう?

IMG_1220

 

憂いの目をした若い女の子です。

IMG_1224

 

氷点下にもなる場所に置かれた糞尿まみれのケージの中で一生懸命生きてきました。

IMG_1225

 

「ここはどこですか?」

IMG_1226

 

バービーちゃんいらっしゃい♪ ここは【幸せの703号室】です。

IMG_1229

 

ご縁がが見つかるまでの間、私たちは家族だよ。

どうぞよろしくね^^

 

2014年にギリギリ滑り込んできた我が家の保護犬バービーをお見知りおきくださいね。

1月中に里親サイトへの掲載を目指します。

 

大晦日は2014年の卒業生たちが一気に集結します。お楽しみに!

 

LOVE!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク





3 メンバーへのお願い

1 東洋の奇跡―――さぶがわが子になりました。

2 703号室の保護猫たち―――いせやんと萌乃の今

3 我が家のメンバーより皆さまへのごあいさつ―――2015年の抱負を入れて

4 (予定) 703号室の保護犬―――未来へいらっしゃい

5 (予定) 703号室を彩った卒業生たち―――それぞれの卒業後の写真も添えて

 

 

2014年も703号室の名脇役たちが大活躍してくれました。

 

昨日はごほうびを! ってことで約束どおり犬たちとドッグランが併設されている大きな公園へ行ったのです。里親megさんにプレゼントしていただいたお洋服を着せて♪

souma

 

 

まずはドッグランでフリータイム

ナナは引っ込み思案なので私にべったりでしたが、べべとリル意外と走りました。

遊びに来ていた他の方の愛犬たちに吠えながら近づき、走りながら勝手に叱り飛ばすなどやりたい放題のべべがすごーく愛おしかったです。迷惑をおかけした皆さまごめんなさい。

 

ドッグランから大きな公園へ

犬たちは草や木々の香りを楽しみながら。人間はその姿に目じりを下げながら。

 

帰宅後はナナと一緒にお風呂へ

洗ったのは久しぶりです。

 

そしてまた散歩へ

晩ごはんはお母さんの手作りのおじやを!

 

犬猫たちは居場所を選べません。関わった人間によって彼らのQOLが変わるのです。

いつもあとまわしにしてばかりじゃ、かわいそうですよね。

「してやりたかったこと」をなるべく減らし、「してやれたこと」を増やさないとね。

縁あって結ばれた家族だもの。

 

大きな病気もせず、そばにいてくれてありがとう。

来年の終わりにもこうして明るい記事を書けたら幸せです。

さて、我が家のレギュラーメンバーを紹介するいい機会でもありますので、ぜひ写真を見て行ってくださいね。(以下の写真は猫撮るさんみいさんが撮ってくれたものをミックスしています)

 

もうすぐ14歳になるわがままでマイペースなべべに望むこと

「盗み食いせず、健康維持、長生きする」

bebega

 

 

控えめで従順で美しいナナに望むこと

「がまんせずに自分を晒して生きる」

rirua

 

 

おてんばで繊細なリルに望むこと

「ごはんをしっかり食べる、布製品を破壊しない」

rurru

 

 

他の猫に厳しい上、考えがいまいち読めないほほに望むこと

「マーキングをやめる、脳の発作を起こさず穏やかに生きる」

hohga

 

 

万年ダイエッターの心やさしいあまたに望むこと

「成猫病予備軍にならぬよう、必要分だけ食べる」

amafa

 

 

クールな外見に似合わない甘い誘惑が得意なさぶに望むこと

「私からの精神的自立(ウソ)、腎臓の維持」

sabu

 

 

それぞれに来年の抱負を書かせるはずでしたが、お母さんの願望になってしまいました。

予定を変更してお送りしています。

今年もうちのお子たちは全力で私を支えてくれました。

ひいき目ながらも、よくがんばってくれたと思います。

来年もお子たちの深い理解のもと、私にできることをさがしていきますのでどうぞよろしくお願いします。あと2回更新します。忙しない年末ですが良かったら覗きにきてください。

 

皆さまの愛するお子たちと皆さまのご多幸を祈りつつ^^

 

 

 

 

スポンサーリンク