戻ってくるイメージ


MIHOさん、さぶへカロリーエース、腎臓ごはん、チョコのおみやげ、さぶへのお見舞いカンパをありがとう。みいさんもお見舞いカンパありがとう。

asamoya (3)

 

 

 

MIHOさんからのカロリーエースを手に今日もさぶに会ってきました。さぶがほとんど食べていないのが気がかりです。小さなシリンジ1本分だけでも口に入れたい。顔を見ていない時は漠然と不安が胸の中に広がります。

 

 

でもさぶばかりでなく、ほかのお子たちのお世話もしっかりやりたいです。

 

 

朝、7時すぎの写真

asamoya (9)

 

 

 

床がナナの食べこぼしばかりなのはスルーでお願いします。

asamoya (5)

 

 

 

ナナが寒そうだったので、毛布でくるんでみました。

asamoya (4)

 

 

 

ほほは朝ごはん待ち。早起きだね。ちょい待ってて!

asamoya (8)

 

 

 

ナナはおむつ替えようね。

asamoya (7)

 

 

 

どの角度から見てもかわいい。穏やかに寝ていますね。

asamoya (6)

 

 

 

保護猫ポテチにも朝食を。食いしん坊には楽しみのひとときです。

asamoya (1)

 

 

 

早くさぶがこうしてうちに戻ってきてくれるといいんだけど……

asamoya (2)

 

 

 

さぶの写真を眺めてはため息。ダメだね、もっと前向きにならないと。

 

 

自分の眼医者→さぶの面会→ナナとリルの薬を取りに大巻先生の病院へのコース

 

 

病院ばっかだなあ。

 

 

「来たんだな 外寒いか?」

asamoya (17)

 

 

 

休日にもかかわらず、前田先生と菅原先生がさぶを看ていてくれました。

asamoya (10)

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

 

私を見つけるとキャラが変わるさぶ

asamoya (11)

 

 

 

病院ではクールを貫き、「シャー」や「フッ」もするそう。知らない一面……

asamoya (12)

 

 

 

怒る元気があるのはいいけど、お世話になっている先生たちだから、さぶやさしくね。まあいったん触ってしまえば、大丈夫とのこと。よかった。

asamoya (13)

 

 

 

先日意識不明になったあと、私が病院へ飛び込んだらさぶが生き返ったかの如く甘えてきた姿を目の当たりにして、先生たちは私に言ってくれました。

 

 

「ぼくたちも愛の力を見せてもらいました。ほんとうにすごいですね……」

 

 

先生たちの驚いた様子とその言葉が励みになっています。

 

 

さぶと私は相思相愛。だからさぶはきっとがんばってくれる。さぶは家に帰ってくる。私はさぶを信じています。すっごく聡明な猫なんですよ。

asamoya (14)

 

 

 

さぶ、退院したいなら一口でも食べないと!

 

 

差し入れたシーバはプイ。カロリーエースを開けてシリンジで3本分飲ませました。食欲が出てくれないと困りますね。どうしたら自力で食べてくれるのかな?

asamoya (15)

 

 

 

白っぽく見えていた舌も健康的なピンクに色づいてきました。

asamoya (16)

 

 

 

食後、濡らしたハンカチで全体をゴシゴシ。気持ちよさそうな動画はツイッターにあげています。気分転換になったかな?

 

 

楽観視後の急降下があまりにも恐怖なのでまだなんとも言えませんが、とにかくさぶの生命力に期待したいです。さぶにがんばってほしい。

 

 

さぶが入院して、家族のありがたみが余計に身に沁みました。健康は当たり前じゃないんですよね。どの子がいつどうなるかなんて、だれにもわかりません。

 

 

日々後悔のないよう接していくしか。さぶいいこと教えてくれてありがとう。

 

 

東大から大巻先生の病院へ

asamoya (18)

 

 

 

ナナの腎臓薬、リルのアレルギー薬をそれぞれ一か月分処方してもらいました。

asamoya (19)

 

 

最近、さぶが外にいた頃をよく思い出します。

 

 

さぶはいつも全身真っ黒に汚れていて、みすぼらしく、どこか悲しそうな顔をしていました。もしさぶが703号室に来たことを喜んでくれているなら、できるだけ長く、1日でも長く、長く長く、私のそばにいてもらいたいです。

 

 

ぜいたくな願いかもしれませんが、叶えられるよう努力します。

 

 

皆さまも大切な家族といつまでも幸せでいられますように。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





2件のコメント

  • チャトミラブ

    ハハさん、こんにちは。
    サブちゃん心配ですね…。
    べべちゃんもそうでしたが、サブちゃんもハハさんのベストパートナー!生活の中でも保護犬猫のお世話の事でも。
    本当に心から愛おしい存在ですね。

    チャトラが私にとってそうだったのと、容体急変の記事を読んで息が止まりそうなほど辛くなりました。
    チャトラも、全くの急転直下で、よくなるはずと信じての入院だったのに、朝早く病院から呼び出された日の事は今でも信じられないです。
    被ってしまって苦しくなりましたが、チャトラの時と違うのは、まだまだできる可能性があること
    チャトラは考える余裕も、試したい事も何も私にその時間と余力を与えてもらえなかった事が今でも本当に辛く、与えられなかった自分を恨んでいます。
    それから、万全の体制で信頼できる先生たちが診て下さってる所。
    私も時が戻るなら、24時間体制できちんと診てくれる病院にお願いしたのに。正直、あの日の病院の対応に引っかかりを覚えている私です。。でも最終的に判断したのは私。

    何を言ってももう遅いですが、サブちゃんの場合は戻ってきてくれて本当に良かった。奇跡のようにも思えるし、ハハさんと皆さんの想いと力がガッチリ合わさった結果にも見えます。
    どう見ても、サブちゃんに最善の処置をハハさんは勿論、周りの信頼できる人達が沢山考えて、模索して一生懸命手をつくされていると拝見してます。

    自分の時のように心配ですが、目の当たりにしたサブちゃんの生命力。ハハさんを想う気持ち。ハハさんがサブちゃんを想う気持ち。
    今までの経験や知識。
    そしておそらくこれ以上は考えられないくらい最高の医療体制。
    ハハさんのお気持ちを思うと勝手な事は言えませんが、絶対絶対、また702号室に戻ってきてくれると思います。どうかどうか良くなりますように。

    • anny703

      チャトミさん
      ご心配をおかけしました。記事でも書いている通りさぶはいったん帰ってきています。
      でも今なお心配が尽きず、しばらく通院して快方に向かうよう手を尽くしたいと思っています。
      チャトラちゃんのこと、チャトミさんはしこりを持っているのですね。後悔もたくさんあるのですね。
      でも私は、チャトミさんはめいいっぱいのことをやったと思います。軽々しく言ってごめんなさい。
      でもチャトミさんはいつも全力を注ぐ方だから、なおさらそう思うのです。
      私も今回、さぶ急変の知らせを受け頭が真っ白になって、向かう車内でパニックを起こしかけました。みいさんとMIHOさんも同乗していたのですが、二人が驚くほど私は自制心を失っていたんです。
      頭が割れるほどさぶのことを考え、少しずつ少しずつ前へ進んできました。
      だからチャトミさんの気持ちがよくわかります。私も必死なので。
      チャトラちゃんは最高のママに恵まれて手塩にかけ育ててもらったんじゃないですか。それがすべてですよ。
      私はそう思います。今している苦しい後悔がいつか楽になりますように。

コメントを残す




*