ジョイは櫟(くぬぎ)になりました


今夜、長年家族ぐるみのおつき合いをさせてもらっている直木賞作家の森絵都さん、絵本作家のスギヤマカナヨさんファミリー、編集者の菊池さんが母の店に食べに来てくださいました。

IMG_9400

 

 

 

集まった名目は「カナヨさんの娘さんの受験合格祝い」。企画したのは森絵都さん。

IMG_9403

 

 

 

カナヨさんうれしいですね。カナヨさんのファッションチェックをしてみましたところ、水玉と縦縞と横縞とチェックのすべてが本日の装いに入っているという(笑)。これが似合う人は日本中を探してもカナヨさんだけだと思います!

IMG_9411

 

 

 

私からはハート型のケーキを♪

IMG_9408

 

 

 

フーーーッしてもらいました。おめでとう!

IMG_9404

 

 

 

森絵都さんのかの有名な絵本「希望の牧場(台湾バージョン)」をプレゼントしてもらいました。

IMG_9416

 

 

森さんとカナヨさんからはおみやげも。母や妹の分までいつもありがとうございます。

IMG_9414

 

 

 

紹興酒の杯を受ける森さん(左)。奇跡的に撮れた流し目のセクシーな森さん(右)。

IMG_9410IMG_9395

 

 

森さんは紹興酒と台湾ビールを交互にちゃんぽん。お酒が異常に強い・・・・・・(汗)。

 

 

オトナから子どもまでワイワイ楽しみました。ちなみに森絵都さんもカナヨさんも「保護犬」と暮らしています。もともと保護活動を通じて出会ったたいせつなお友だちです。

 

 

そんな森さんとカナヨさんにさっき店で「いい雰囲気のステキなご夫婦ね。アンニイさんよかったねー!」とお褒めいただいたのはこの写真に写っているお二方。

IMG_9399

 

 

 

卒業猫夜々子&すやの里親ばけねこさんご夫妻もお店に食べに来てくださっていたのです。

 

恩恵/幸せの703号室(夜々子とすやの卒業記事)

 

 

ばけねこさんご夫妻はすぐにお帰りになりましたが、実は午後からずっといっしょでした。

 

 

はい。もうわかった方いますね。

IMG_9388

 

 

 

「ぼくに会いに来てくれたの?」

IMG_9386

 

 

 

そうよ。ジョイ主宰のお茶会の来賓。なのにおまいさあ、シャーとかカッとかしたよね。

 

 

ひどくない? 群馬県からわざわざ来てくださったのよ!

 

 

「代わりにおれがサービスするからな」

IMG_9379

 

 

 

さぶありがとう。

IMG_9381

 

 

 

ジョイもがんばりましたが、やはり予想通り激しすぎる人見知りを起こしてしまったのです。

IMG_9385

 

 

 

そんなジョイの様子を笑い飛ばし、どんと構えてくださったばけねこさんご夫妻。

 

 

屈強すや姐と暮らしているのですから、ジョイレベルは朝飯前なのかもしれません。

 

 

ジョイを家族として迎えるいきさつは、ジョイの卒業時にゆっくりとご紹介させていただきます。

 

 

お話を伺い私はとても感動しました。まだまだ人に馴れないすやを深く思ってくださっていて。

 

 

心折れることも多いだろうに、我が家のことまで気にかけてくださりありがとうございます。

 

 

おみやげや(しらすはほほにだそうです)

IMG_9390

 

 

先日はお守りをお手紙とともに送ってくださいました。

IMG_9418

 

 

 

夜々子のご縁探しの際に、私たちはインターネットの家族募集サイトで知り合ったのです。

 

 

ネットでの募集を怖がる方が大勢いますが、果たしてそうでしょうか?

 

 

すばらしい方も多くいらっしゃると思います。

 

 

私たちが母の店に向かおうとしたとき、ちょうどチチが外から帰ってきました。本妻リル嬢のチチ好きぶりにウケるおふたり。このあと、チチが店まで車で送ってくれました。チチ、ありがと!

IMG_9391

 

 

そんなわけでジョイはあっという間にご縁が決まりました。

 

 

皆さまが日頃あたたかい眼差しでハッピーオーラを送り込んでくださるおかげです。

 

 

ジョイは「櫟(くぬぎ)」というめずらしい名を授かり、703号室で卒業の日を待ちます。

 

 

以後はジョイではなく「櫟(くぬぎ)」と呼ばせていただくのでぜひ覚えてくださいね。

 

 

5月のはじめに櫟が我が家を巣立つ予定です。

 

 

 

そうしたら次はこのお方のお茶会を開催します。

IMG_9262

 

 

小さなエンジンを回転させながら自分なりにコツコツと結果を出していきたいです。

 

 

未来に出会う保護動物に思いを馳せながら。

 

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





2件のコメント

  • ピチコ

    素晴らしいご縁をいただき感激です。東京の海浜公園で野良猫母さんからうまれた4兄弟の臆病っ子がこんな素敵なおうちの子になるなんて。なんて運命は素敵なのでしょう。同じ群馬県でもうちでは辛い思いをしたね。やっと君のステージに立つんだね。おめでとう櫟君。アンニイ様、ありがとうございました。ばけねこさんご夫婦、どうぞ今まで苦労した分、橡君を幸せにしてあげてください。全ての人びとの感謝いたします。

    • anny703

      ピチコさま
      櫟の人なれの下地を作ったのはまちがいなくピチコさまであり、今までたくさんの愛情、時間、お金をかけてもらってこの子はスクスクと育ちました。櫟がステキなご縁に恵まれたのはピチコさまが保護したからこそであり、バトンを受け取って私なりにいっしょうけんめいやってきましたが、私だけで櫟を幸せに導いたとは思っていません。昨日は櫟のもう少し小さかったときの写真を里親さんに渡しました。ピチコさまが送ってくれた写真です。龍とキャッチについても近日中に送らせてもらおうと思っています。保護、ケア、お疲れさまでした。ほかの子の家族募集、ぜひがんばってください

コメントを残す




*