恩恵


夜々子&すやの卒業レポのつづきをUPします。前回分を読んでいない方はこちらを

 

お届けはマイ太郎さんがいっしょでした。急な誘いにも関わらず快諾してくださり、その上遠方まで運転してくださったのです。ありがとうございました。

IMG_9718

 

 

朝、すやをキャリーに入れるのを失敗。すやはめっちゃくちゃパニックを起こしたいへんな騒ぎ。すやをある程度人馴れさせてからお届けすることも考えたのですが、夜々子を「先住」にするのは2匹の相性面で得策ではありません。悩んだ末「揃ってお届け」を選んだのですが、先行きが心配です。すやに状況を言葉で説明できたらどんなにいいか。

 

約2時間のドライブ。夜々子は思ったより平気顔で乗り切りました。すやは固まっていただけ。

 

 

「ややじゃないよ。置物だもん」

IMG_7781

 

 

↑ あらかじめ送られてきた画像の目印のあるお家に到着! 夜々子&すやんちです。

 

 

玄関に設置された脱走防止柵に感動!

IMG_7779

 

 

廊下の幅が広いから作るのしんどかったんだろうなあ(笑)。お疲れさまでした。

IMG_7758

 

 

お引越ししたばかりの里親さん。ほかのお部屋を見せてもらうとこのとおり ↓

IMG_7754

 

 

そりゃそうだよね。まだ幾日も経ってないんだからダンボールいっぱいのままだよね。

IMG_7755

 

 

それにしても大きいお宅! うちの近所の建売住宅の優に4倍はあります。

IMG_7753

 

 

荷物ほどきをあとまわしにし、里親さんは連日脱走防止対策に力を注いでくださいました。

IMG_7751IMG_7742

 

 

窓がありすぎて写真に撮りきれませんでしたが、すべての窓に防犯ロックとアミアミをつけてくれたのです。勝手口にも対策を施してありました。お見事ですね。

IMG_7765IMG_7766

 

 

夜々子&すやのメインのお部屋^^

IMG_7712

 

 

光が溢れています。溢れすぎて多くの写真が逆光に(汗)。ポカポカの床暖房も完備。

IMG_7710

 

 

すやには我が家と同じタイプのケージを買ってくれました。キャリーやベッドなどグッズはぜんぶ2つずつ。それぞれのケージの中身がちょっとちがっていてオシャレ!

IMG_7711

 

 

夜々子ケージにあったみかん箱は卒業猫空美(夜々子の姉妹)んちとお揃い。うん。あったあった! これ見覚えあります。

IMG_7718

 

 

猫部屋には2つ扉がついています。左を開けると玄関方面。正面を開けると……

IMG_7767

 

 

リビングと繋がるのです。

IMG_7715

 

 

わ……こりゃいい……独立性も一体感も兼ね備えていますよ。

IMG_7714

 

 

すや、ほら見てみ。あなたのお家最高だよ?

IMG_7730

 

 

今はまだわからないんだよね。でもいつかお家の中を愉快に飛び回ってね。

IMG_7729

 

 

ケージに入れる前に最後のスキンシップ。あまり手をかけてやれなかったのが心残りです。

IMG_7728

 

 

化け猫さん(ご主人)もひざ抱っこ

IMG_7723

 

 

ママちゃんもこねこね

IMG_7733

 

 

夜々子はとっくにフリーです。どこでも瞬時になじむのが夜々子の強み。

IMG_7739

 

 

しばしまったりののち

IMG_7745

 

 

奥さんの手づくり料理をいただきました。サンドイッチもありましたよ♪

IMG_7768

 

 

私は扁桃腺が腫れ食欲がなかったのですが、野菜たっぷりのミネストローネがおいしすぎてペロッと完食! きっと仮病だと思われたな(苦笑)。

 

 

少し早い誕生祝いもしてもらいました。うれしかったです。ありがとうございました。

IMG_7778

 

 

かわいい!

IMG_7776

 

 

あたたかい床、満腹、程よい疲労感……ときたら?

IMG_7772

 

 

はい! 出たー! こうなるねー!

IMG_7771

 

 

里親さんが準備してくださった毛布でしばし充電。だらしがなくてごめんなさい。

 

 

「マイねー 見てあれ? やや ハハがはずかしいです」 

「うーん そうね。でも オトナにはオトナの事情があるの」

IMG_7774

 

 

「ちらっ オトナの事情ね……」

IMG_7736

 

 

里親さんから医療費やご支援のほかたくさんのおみやげをいただきました。

IMG_7873IMG_7783

 

 

伊勢えびチップおいしすぎて止まりません。ごちそうさまでした。

IMG_7785

 

 

お預かりしたあつこさん分の医療費はすでに全額あつこさんに送りました。MIHOさんへのおみやげは近日中に渡しますね。

 

 

里親さんのツイッターが楽しみで仕方ない私。

 

夜々子とすやは新境地で生活をはじめています。

 

茨城で保護された夜々子と世田谷の野良猫だったすや。

 

このふたりが東京の外れの703号室を経由し、運命共同体として群馬県へ嫁ぎました。

 

ご縁を決める際は細部の細部まで突きつめて考えてしまいます。

 

私が彼らの未来を左右してしまうからです。プレッシャーに負けそうになることもあります。

 

ひとつご縁を結ぶたびに膨らんでいく気もするし、萎んでいく気もします。

 

どっちの感覚が正しいかはわかりません。たぶん両方ですね。

 

膨らんで萎む。膨らんで萎む。つく、削られる、またつく、削られる。

 

けれど核はあまり形が変わっていないと自負しています。

 

「幸せになってもらいたい」

 

自分勝手なおせっかいにすぎませんが、本心です。この一語に尽きます。

 

 

私は里親さんと保護犬猫たちの幸福の空気感の狭間で生かしてもらっています。

 

恩恵、ですね。

 

こうした循環はわが身にとって尊く、ありがたいことです。

 

 

「みなさま ありがと。ややとすや 今日も生きてます」

IMG_7735

 

 

かつくん「X231夜々子、232すや卒業おめでとう。1歳未満の夜々子と推定3歳以上のすや。里親さんはふたりをツイッターで食いしん嬢と怒りん嬢と名づけかわいがっています。化け猫さんが怒りん嬢に手を噛まれ病院へ行ったのはここだけの話」

1-3483

 

スポンサーリンク





8件のコメント

  • 初めまして。
    先日轢き逃げされた猫に遭遇しました。
    どなたかが警察に通報し困り果てている所へ家のものが通りかかり緊急病院へ連れていきました。
    現在 治療を受けております。これから眼球摘出や去勢 その他の手術などを行う予定です。
    かなり酷い状態でしたので麻酔ができず 手術は体力の回復を待ってということになりました。
    家には現在 モルモットとフェレットがおります。猫ちゃんと暮らすには充分な環境ではなく かといって眼も見えない状態で また野良に戻すというのも(医師は家の負担を考えてと思いますが 野良もありですとのことです)無理な話ではと考えています。
    まだまだ入院も長引くようです…
    何か良い方法がありましたらお知らせ願えたらと思いコメントをさせていただきました。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • anny703

      cocoさま
      拝見しました。とてもかわいいキジさんですね。そして保護お疲れさまでした。すごく勇気の要ったことだと思います。
      エイズキャリアで目が見えないとなると、外での暮らしは厳しいと思います。野良猫としてはやっていけないかなと。
      そのくらい猫にとって視覚は重要であり、感覚をつかさどる中枢ですよね。彼らは日本語の意味をわかっていませんし
      車を避けることも危険を察知することも視力なくしてはあり得ませんからね。
      ほんとうは私がかわりに! と言って差し上げたらいいのですが、私のところにも新しい保護猫が来る予定です。
      五体満足の子たちですが、性格が少し内側に入ったり、ケアの必要な子が数匹やってきます。
      デカ円という保護猫もすでにいるため、ほんとうにキャパオーバーで力になることができません。
      ですがもし里親探しをするなどでしたら、拡散などの協力は惜しみません。
      せっかくお金をかけて助けた命ですから、無残に再度事故にあわせるのも本末転倒になると思います。
      どうにか保護の道が開けるといいですね

      • 返信ありがとうございます
        昨日手術を終え 虚勢も済ませたということです
        顎も裂けており セルフでの食事は当分無理かなと思います
        出血も酷く よく回復できたという状態でした
        ただ私が癌なので(ブログに書いてあります)先の不安や世話の限界などがあり悩んでおります 医師にもそこまでは話せてませんので…悩みます
        とりあえずはケージを用意し暫くは家で生活する予定です
        ただ医師曰く懐いてくれる猫ちゃんではなさそうなので 食事やお部屋の掃除などは必死でやらないと(汗。。

        できるなら多くの命を守りたいです
        ただ自分の身体と正直 金銭面での限界を目の当たりにし情けない思いをいたしました
        やれるところまでやってみます
        もしどうしても限界を感じたら またご相談させてください
        どうかよろしくお願いいたします

        • anny703

          ご病気と闘いながらたいへんだと思います。
          ほんとうになんて言ったらいいかわかりません。
          なにかいい方法があるといいのですが……

    • ソーテルヌ

      大変な状況ですね・・・

      傍観者として、僕も色々考えてみましたが
      もし、僕がそのネコの飼い主だとしたら
      お金が続く限り、面倒を看て
      もうこれ以上は無理だと判断したら
      治療を中断し
      自宅で、できるだけ苦しまないよう配慮しながら
      最期を迎えさせてやる、という方法を取ります。

      面倒を看るのが大変だとわかってる動物を
      他の人に預けるのは心苦しいですし
      かと言って
      適当に扱えば、一生後悔しますから
      とにかく
      自分なりに最善を尽くして
      ここが限界だと感じたら
      あとは自然にまかせます。

      猫は自ら死を選ぶことがある、と、聞いたことがあります。
      そのネコにも、死を決意する瞬間が来るかもしれません。
      生きてる間
      精一杯の愛情を注いであげることが
      双方にとって
      幸せな結果をもたらすのではないか・・・と、思います。

      • anny703

        すばらしいお考えだと思います。
        私もそうします。
        いろいろ問題はあるかもしれませんが乗りこえられると思います。

  • MIHO

    はぁ・・・・夢のような話って本当にあるんだね。
    まだすやちゃんを補獲する前に頂いた話に
    最初は信じられないような思いだったし
    補獲出来てからも、すやちゃんの人馴れが
    なかなか進まないから
    正直実現しなくても仕方ない、声をかけて頂けただけでも
    有難かったから、と思っていたけど
    パパさんママさんの広いお心で受け入れて頂けて
    本当にこんなに素敵なパパさんママさんと
    こんなに可愛いややちゃんと
    こんなに素晴らしいお家の子になる事が出来て
    感無量・・・・感謝の気持ちしかありません。
    改めて感動してしまいました。
    こんな広いお家の脱走防止柵、さぞ大変だっただろうなぁ・・・
    私がいちばん嬉しいのは、猫部屋とリビングが繋がること!!
    知らなかったから、本当に嬉しい!!!
    猫部屋も広くてぽかぽかで、本当になんて楽園なの~~~
    私も里子にして欲しい~~~~!笑

    ↓の記事で、ハハがややちゃんとすやちゃんだけではなく
    自分も助けてもらったと書いてるけど
    私も助けていただきました。
    本当に本当にありがとうございます。
    広いお家をすやちゃんがややちゃんと一緒に
    愉快に走り回る姿、想像するだけで
    楽しみで仕方ありません。
    ややちゃん、すやちゃん、優しいパパママと
    あったかーーーいお家で、ずっとずっと
    幸せに暮らしてね。
    絶対会いに行くからね(*^_^*)

    • anny703

      MIHOさん
      コメントありがとう。卒業のたびにコメントをくれるからうれしいわ。
      ややもすやも新境地でがんばってるからもう少しのんびり見守ろうと思います。
      しかしあのお部屋は!!!
      ついコックリ寝てしまうよ。
      ほんとうにあったかくて広くて清潔で明るいから私も猫になりたいよ。
      いつでも遊びに来てくださいって言ってくださっているので
      今度いっしょに行けたらいいね。

コメントを残す




*