うつくしい姫君たち(夜々子、すや、桜)


卒業生のお宅に遊びに行った記事より先に703号室女子保護猫トリオの写真をUPします。

ぜんぶ今日のお昼に撮ったものです。

 

トップバッター夜々子は食べる際に口が痛そうなので明日の朝通院します。

bouke (2)

 

 

現在常備している抗生物質とad缶でケア中ですが、大巻先生の病院がお正月休みに入るのが不安なので念のため一度行っておこうかと。

bouke

 

 

夜々子とすや(栗子)の里親さんはお迎えの準備に余念がありません。猫部屋作り、脱走防止対策の写真が数十枚送られてきています。ほんとうに安心だしありがたい限り。

bouke (3)

 

 

大切にお預かりしているつもりですが、命あるものなのでいろいろと緊張します。無事健康な状態でお渡しできるようがんばらないと。

 

 

不機嫌嬢すや(栗子)は食欲旺盛。相変わらず怒ってばかりで夜鳴きもひどいですが、コンディションはよさそう。午後、チチのおひざ抱っこ訓練を受けていたときの一枚!

bouke (7)

 

 

夜々子のおかげですやも終の棲家を得られました。ややのお見合い時に里親さんに外猫すやの話をしたのがきっかけですやのお嫁入りが実現したのです。

 

 

そしてややは、もうひとつのご縁を結んでくれました。私の師匠ですね(笑)。

bouke (5)

 

 

新星みいちゃんの赤い糸を、です。

bouke (10)

 

 

みいちゃんはこのたびめでたく良縁を得たのですが、実はみいちゃんの里親さん……もとは夜々子の希望者さんだったのです。

 

ややへのお問い合わせがきっかけでやり取りをさせていただくようになった私は、素敵なお人柄に打たれ水面下でみいちゃんを紹介していたのです。しかもややとみいちゃんはふたりとも茨城出身者ですが、かつて同じ場所にいたこともあるそう! 奇遇だなあ……。

 

 

「ややちゃん ありがとう」

bouke (15)

 

 

みいちゃんよかったね。

bouke (13)

 

 

「てへっ」

bouke (14)

 

 

うおー!! 鼻血!! 舌とかちょろ出しで萌える!!

 

 

みいちゃんリビング探索。公衆トイレを見つけすかさずチェック!

bouke (6)

 

 

掃除機をかけようとしていたのでコードがゴチャゴチャですみませんが、リルとパチッ^^

bouke (4)

 

 

夜はみいちゃん、チチ、リルで寝室をシェア。みいちゃんはフリーですが問題なく過ごしています。

bouke (16)

 

 

ダイソンとカメラ女にビビッて布の間に隠れてしまいました。ごめんみいちゃん。

bouke (8)

 

 

保護部屋にも顔を出したみいちゃん(笑)。ケージの中にはすやがいます。

bouke (12)

 

 

暗い棚下に潜ると黒目がくっきりでかわいいこと♪

bouke (9)

 

 

模様が艶やかです。

bouke (11)

 

 

3歳をすぎたオトナなのに、たまに子猫のような仕草をします。

bouke (22)

 

 

「鏡よ鏡 この世でいちばんうつくしいのはだあれ?」

bouke (23)

 

 

みいちゃん捕獲~

bouke (17)

 

 

わしゃわしゃ

bouke (18)

 

 

ビビリな部分もありますが、安心できると自分からすりよってきます。

bouke (19)

 

 

「ハハ~ あったかい」

bouke (20)

 

 

みいちゃんもあったかい!

bouke (21)

 

 

みいちゃんのお茶会から家族決定まで時間が空いたのでご心配くださった方もいたでしょうか? 私は毎回、「結果」を持ち帰ってもらっています。

 

ゴリ押しするのは好きじゃないのです。

 

中にはその場ですぐにお返事をくださる方もいますが、熟考の末ご返答くださる方もいます。十人十色。みんなそれぞれちがいますものね。

bouke (24)

 

 

ここにみいちゃんの里親さんからの2通のメールを原文のまま紹介させてください。

 

 

お茶会の夜届いたメール↓

 

田辺様

お世話になっております、●●です。

本日は、お時間を割いていただき、また、たくさんお話をさせていただき、ありがとうございました。

最初とても緊張していたのですが、いろんなお話をさせていただいて、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

不安だったことや、わからなかったことも、大丈夫です!と言っていただけたり、

明確な答えをいただけたことで、少し安心いたしました。

きっと一歩進むごとに次はどうしたらいいの?ということが出てくるものだと思うのですが、困ったら何でも相談してくださいと言っていただけて、とても心強く、嬉しかったです。ありがとうございます。

みいちゃんもとってもとっても可愛くて、ずっとでれでれしてしまいました…

慣れない場所にやってきて、いきなり知らない人間に会うことになって、緊張しているだろうに私にもすりすりしてくれて、とても嬉しかったです。

仰っていた通り、優しいいい子ですね。

お伺いしたお話だと、本当に大変な中で頑張って生きてきて、いろんな場所を転々として、それでも人間のことを嫌いになったり、曲がったりせずに、素直なままのみいちゃんがとてもいじらしく……

最後のほうには、少しリラックスした姿も見せてくれて、とても嬉しかったです。

しっかり考えて、ちゃんとしたお返事をお送りいたします。

本日は本当にありがとうございました。

お土産までいただいてしまい、恐縮です。ありがたくいただきます。

また、メッセージもありがとうございました。田辺さんのあたたかいお心遣いには本当に感謝の言葉しかございません。

今日も冷え込んでおりますので、どうぞあたたかくして、ご自愛なさってください。

 

取り急ぎ、ご挨拶まで……

 

 

昨夜届いたメール↓

 

田辺様

お世話になっております、●●です。

もったいないくらいのお褒めの言葉をたくさんいただき、恐縮です。ありがとうございます。

家に帰ってから、夜、そして昨日一日中みいちゃんのことを考えていました。

じっくり考えてみてください、とありがたいお言葉をいただいたので、里親の募集サイトや、保護猫の情報ももう一度一通り見てみたりもしました。

ゆっくりゆっくり考えて、けれど、気がつくと頭がみいちゃんのことを考えていました。

私と一緒にいてくれたらいいなあ、昨日はお互い緊張していたけど、とてもいい子だったなあ、ゆっくり仲良くなれたらいいなあ、と心から思いました。

田辺さんさえご了承いただけるのなら、ぜひみいちゃんを私の家族としてお迎えさせていただきたいと思います。

実家で犬を飼っていたときは、『気がついたらいた』という感じで、私自身が強固に飼いたい!といった気持ちをもったわけではなく、子供ゆえに命を最後まで預かることの大変さや大切さ、ということも最初から考えていたわけではありませんでした。

猫を飼う!と今決めたのは、私自身であり、家族と離れて暮らしている今、全ての責任は私にある、その重大さを思うと本当に私のような人間が大丈夫なんだろうか、と不安に思うことはたくさんありますが、自分にできることを精一杯、みいちゃんにしてあげたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

あまり、結論を先に延ばしてしまうのも気がかりを残したままにしてしまうかなと思いまして、取り急ぎご連絡させていただきました。

今後のことをご相談できればと思いますので、お手すきの時にでもご一報頂けましたら幸いです。

では……忙しない時期ですので、お体を壊さぬよう、どうぞご自愛ください。

追伸・お土産にいただいたゼリーが、桜のゼリーで驚きました…!和=桜といえば定番なのかもしれませんが、なんだか不思議で、とても嬉しかったです。とても綺麗で食べるのがもったいなくなってしまいますが、友人と美味しくいただきます。本当にありがとうございました…!

 

 

里親さんはお茶会の時こう仰っていました。

 

「夜々子ちゃんをお迎えするとしたらきっと名前は【夜夜子】のままでした。ややちゃんの里親さんも一字変えたのみだと知って、やっぱり! と。その後みいちゃんの写真を拝見して、三毛猫なら【桜(さくら)】かなと思っていたんです。私のいちばん好きな花で……」

 

お見合いの日私が里親さんに渡したお土産は、偶然にも「桜ゼリーの詰め合わせ」でした。

種類豊富な和菓子屋さんでなぜか「桜ゼリー」がパッと目に飛び込んできたんですよ。

 

お話を伺いドキッとしながらも、余計なことを言ってはならんと噛み殺していましたが胸中でひそかにご縁を感じずにはいられませんでした。

 

里親さんも驚かれたようですね。

 

 

みいちゃんは「桜ちゃん」となって近日中に703号室を巣立ちます。

bouke (25)

 

 

皆さまのあたたかい応援に感謝して!

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*