同じ病気と闘うおれとナナちゃん


さかえ先生チョコやドレッシングありがとうございました。おいしくいただいています。

mikeisai (2)

 

 

 

さて、703号室のある夜。私は保護猫海子の前でキリリ顔の最中のほほを見かけました。

 

 

「ぼき うみちゃ まもりまち」

kyounoii (10)

 

 

 

保護猫ジョイのお世話役もちょいちょい・・・・・・

 

 

 

「じょぃ は てが かかりまち」

kyounoii (12)

 

 

 

えらいね。ありがとう。ほほがあきらかに変わってきました。足取りもしっかりしています。

 

 

闘病のお子が多いのに保護猫がいたらレギュラーメンバーのQOLが下がるんじゃ?

 

 

そんな心配してくださる方もいるかもしれませんが、うちに限っては逆^^;

 

 

もちろん限度はあるんですが、ジョイや海子がいい意味でお子たちを刺激してくれるのです。

 

 

これこそがウインウインの関係かもしれませんね。ありがたい。

 

 

 

海子と大吉(サラダ)も日々再会を楽しんでいます。

 

 

ふだんは別々の部屋にいますがいっしょに遊ばせることも。親子なのはまちがいなさそう。鳴き声が瓜二つでどちらが鳴いたのか判別つきません。お互いを慈しみあっているのがよく伝わってきてあたたかい気持ちになります。かわいいねえ。萌えるよ。

kyounoii (6)

 

 

 

大吉の里親さんからこんな写真が届きました。

kyounoii (8)

 

 

 

703号室卒業生のはな丸とおそろいのトイレとベッド。オシャレ! お届けまであと数日。

 

 

楽しみにしてくださっているようでうれしいです。まずは「相性の壁」をクリアしてほしいなあ。

 

 

そろそろトライアル中のこま吉(デカ円)についても書かないとね♪

 

 

 

703号室の保護猫たちはがんばり屋さんばかり。うちお子たちも同じです。

 

 

昨日、慢性腎不全ステージ3コンビのナナとさぶを連れて病院へ行きました。まずはナナから。

kyounoii (9)

 

 

 

バイブ機能が作動し、ブルブル震えています。

kyounoii (7)

 

 

 

笑っているように見えるのは気のせいです。

kyounoii (14)

 

 

 

ナナちゃんおサルさんみたい~

kyounoii (5)

 

 

 

「次は おれ?」

kyounoii (4)

 

 

 

「大巻先生 容赦ないんだな」

kyounoii (16)

 

 

 

「先生おれね ジョイとソファの下で待ち合わせしてるから 早く帰らないとまずいんだよね」

kyounoii (11)

 

 

 

どさくさに紛れて看護師さんにボディタッチしまくりのさぶ(汗)。

kyounoii (3)kyounoii (2)

 

 

 

ちなみに大巻先生には見向きもしないです。

kyounoii

 

 

 

宙に浮かされたさぶ

kyounoii (13)

 

 

 

「たまには ほかの腕も いいもんだな」

kyounoii (15)

 

 

 

うーーー 憎いこと言ってぇ!!

 

 

 

ナナとさぶはふたりとも診察→血液検査→点滴を行いました。

 

 

ナナは横ばい、さぶは悪化の結果です。さぶが心配。

 

 

ナナは血管拡張剤のミカルディス、食事療法、ネフガード、(できるときに)点滴を引きつづき。

 

さぶは血管拡張剤のセミントラ、食事療法、ネフガード、週に3度の点滴に。

 

 

そろそろ点滴グッズがなくなるので買いに行かないと。

 

 

さぶは2年半以上ステージ3を維持しています。治せないのはわかっていますが、少しでも長く今の状態を保てるよう自分にできることをつづけたいです。

 

 

闘病ネタばかりで皆さまのお心が沈まないといいのですが・・・・・・。

 

 

でも私は丸ごとの703号室を見ていただきたいです。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*