1 東洋の奇跡


皆さまこんばんは。2014年は大変お世話になりました。

今日から4~5回に分け2014年の703号室をまとめていきます。

今年はここ十数年の中で私にとってもっとも「ぬるま湯に浸かった楽な年」であり、幸せいっぱいの1年でした。正直、自分にはもったいないほどの。そしてこんな日々が永続しないこともわかっているので、いつなにがきてもどんと構えられるような精神力を養っていきたいです。

保護活動に於いて胃が潰れそうな大きな悩みもなく、生まれつきの肝臓病も安定し、動物病院へ通った回数も少なめ! 犬猫たちの看病や介護もほとんどありませんでした。

多くの善意と出会い支えられ、軽やかなスキップで歩いて来られたことを深く感謝いたします。

ブログを通じ応援してくださった皆さま、ポストカードを買ってくださった皆さま(笑)、そして里親になってくださった皆さま、どうもありがとうございました。

 

「トップバッターはおれ、だな」

IMG_0022

 

 

そうです。

2014年の1月に保護したさぶ。長い間「野良猫パンダ」として近所を放浪していた男の子。

受けさせた検診で慢性腎不全が見つかったこともあり我が家の末っ子になりましたが、一番の理由は私が手放せないほど運命を感じてしまったから。

悩みに悩んだ末ですけど。

ああ……

今年最大の悩みは「さぶを我が家の子にするかどうか」だったかもしれません。

 

703号室の東洋の奇跡 「さぶ」

IMG_0021

 

 

推定7歳以上の腎臓病のさぶに残された時間がどれだけあるかはわかりませんが、さぶの一生に責任を持ちぬくぬく暮らしてもらえるよう努力します。愛しているからね。

 

さぶ、家族になってくれてありがとう

IMG_0023

 

 

外にいた頃とまるでちがう輝き方だね。

 

 

【2014年703号室総まとめ】

1 東洋の奇跡―――さぶがわが子になりました。

2 (予定) 703号室の保護猫たち―――いせやんと萌乃の今

3 (予定) 我が家のメンバーより皆さまへのごあいさつ―――2015年の抱負を入れて

4 (予定) 703号室の保護犬―――未来へいらっしゃい

5 (予定) 703号室を彩った卒業生たち―――それぞれの卒業後の写真も添えて

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*