あなたのどんな日も

皆さまこんにちは。昨日は絶不調でしたが、今日はだいぶマシです。

 

 

ツイッターで励ましのお言葉をくださった方々にありがとうを送ります。

 

 

妹が1~2年前に撮ったべべの画像を妹のSNSで偶然見つけました。

nanatuuin (19)

 

 

 

このとき私はどこにいたのかな?

 

 

家にいたのかな? 外にいて妹に留守番を頼んだのかな?

 

 

おぼえてないや。とにかく自分の知らないべべの写真にドキリ。かわいい。

 

 

べべが恋しいです。あ、ミニべべ!

nanatuuin (15)

 

 

ミルクボランティアでもお世話になったうめももさくらさんからです。ありがとう。べべの姿がほしくてたまらないのでうれしいです。

nanatuuin (14)

 

 

豆さま、大好物のマンゴーありがとうございました。これならペロリですね。

nanatuuin (13)

 

 

703号室卒業生クー太の里親MIHOさんからはにっこりブレスのプレゼント

nanatuuin (12)

 

 

キラキラスマイルを身に着け、徐々にうまく笑えるよう生活していきます。

 

 

さて、15歳半になる我が家のナナちゃん。慢性腎不全と認知症と後ろ足がうまく立たない症状に悩まされています。立ち上がれない、噛む、不安鳴きが増えました。けどそうかと思いきや、赤ん坊のような顔でスヤスヤ眠ったりニコニコごきげんな日もあって、いっしょにいて楽しいです。見ていて飽きません。

nanatuuin (18)

 

 

 

最初ナナに噛まれたのは1年前。痛かったしショックでした。まさか自分が噛まれるなんて想像もしなかったから。もともとナナは私が大好きなんです。

 

 

私がナナに噛まれた際の記事。ぜひ読んでほしいです。

 

「ナナの問題/幸せの703号室」

 

 

しかしナナを怖がっていたらお世話はできません。

 

 

私はナナを愛しています。だから愛を体全体で伝えるよう心がけています。

 

 

数日前、ひさびさに「自撮り」。ナナが目線をくれなかったのが残念。スッピンゆえ写真を少し明るくしてみました。ナナも私も元気です。

nanatuuin (17)

 

 

 

おとといの土曜はナナの検診日。お母さんはビクビクソワソワ。

 

 

さあ、ナナちゃん行きましょう。じょうずに歩けてえらいです。

nanatuuin (10)

 

 

血液検査、尿検査の結果、持病の慢性腎不全は悪化なし。それどころか数値が前よりよくて、自分のケアに自信が持てました。ホッ。

nanatuuin (1)

 

 

大巻先生やTさんを噛まないよう、カラーを装着

nanatuuin (20)

 

 

ナナは自宅で私が点滴をつづけていますが、ビタミン剤も入れてほしかったので、今回は病院でもお願いすることに。ナナ、もうちょっとで帰れるよ!

nanatuuin (21)

 

 

大巻先生に「慢性腎不全のコントロールができている」とほめられました。一般的に犬の慢性腎不全は猫より予後が悪く、1年3か月同じ状態をキープするのはむずかしいのです。自慢ですが、ほんとうです。ますますやる気が出ました。

 

 

しかし懸念すべき事態が発生。膵臓の数値が基準値よりかなり高いと判明。再度血液を採り外注へ。どうかナナの膵臓のほうもなんとかなりますように。

 

 

よくがんばったね。お疲れさま。お母さんがナナのそばにいます。

nanatuuin (11)

 

 

 

ナナのいい日もそうじゃない日も、ナナはお母さんと共にいます。

 

 

皆さまも皆さまのご家族とすばらしい時間を過ごせますように。

 

 

私はこれからまた動物病院です。猫の薬や点滴セットを買いに行きます。

 

 

 

スポンサーリンク





輸血

ブログ連続更新中。読んでいない方は下の記事もお読みください^^

 

 

 

まずは家族募集中のサクを1枚! 下を向いたのが残念ですが、キリッとハンサムでしょ?

1yuketudai (16)

 

 

 

 

本日はべべの「輸血」について書かせてください。

 

 

 

約2週間前の血液検査でべべは貧血が見つかり、とりあえず鉄分を補うサプリメントを開始

1yuketudai (19)

 

 

 

胃がんである前に16歳半のべべはいわゆる「老犬」なので、全体的に体力が落ちています。

1yuketudai

 

 

 

しかしそれにしても近ごろは歯茎や舌の色が白く、ふらつきが目立つ。もし貧血が進めば、呼吸すらたいへんになっていきます。それではQOLを維持しているとは言えません。

 

 

 

私はべべの症状の緩和目的で輸血を視野に入れ動き出しました。

 

 

 

東大病院で輸血をすることも考え、ほほの主治医前田先生にも相談。前田先生は親身に話を聞いてくださいました。東大病院で輸血をする場合は供血犬を自分で探さなくていいというメリットがあります。専門機関なのでさまざまなシチュエーションに対応できるキャパがあります。

 

 

 

でも、通い慣れている大巻先生の病院のほうがべべのメンタルに適しているかな。

 

 

 

私は供血してくれる犬を探しはじめました。負担をかけてしまうであろうお友だち。べべに血をわけてくれる尊いお友だち。emi-goのオススメで入田さんちの「ロックくん」に打診することに。ロックくんは2歳半と若く、健康的で、体重が15キロを超えているのでピッタリです。

 

 

 

入田さんと私のつき合いは古く、15年以上前に土手犬の保護で出会った大先輩です。

 

 

 

電話口で「お役に立てるなら喜んで」と快諾してくださいました。どんなにうれしかったか。

 

 

 

7月11日。べべ輸血前検査。我が家に来ていたMIHOさんもいっしょに病院へ

1yuketudai (13)

 

 

 

MIHOさんが後部座席から撮ってくれたべべ

1yuketudai (7)

 

 

 

 

採血中

1yuketudai (11)

 

 

 

 

血液検査の結果、またもや貧血が進んでいます。輸血以外に選択の余地がないことを、ここでチチは悟った模様。サプリでどうにかできるレベルではないとわかってくれてどうも。

1yuketudai (21)

 

 

 

 

よしやろう。べべがんばれるね?

1yuketudai (9)

 

 

 

 

べべの「血液型」も調べました。ロックくんとクロスマッチするでしょうか?

 

 

 

院内で運子を漏らし、おしめをつけられちゃいました。

1yuketudai (15)

 

 

 

下痢気味だったけど、出てよかった。スッキリしたね!

1yuketudai (18)

 

 

 

この後、チチはべべを連れて先に戻り、私はMIHOさんと軽く食べてから帰宅。

 

 

 

7月12日。ロックくん採血&検査、ほか

1yuketudai (20)

 

 

 

朝、入田さんとロックくんを乗せ、大巻先生の病院へ。車が苦手なロックくん。ごめんね。なるべく急ぐからちょいがまんしてね。

 

 

 

ついでにスクリーニング検査も依頼。私からロックくんへのささやかなプレゼントです。

1yuketudai (3)

 

 

 

フィラリアマイナス。スクリーニング検査異常なし。ロックくんを病院に残し、入田さんをお家まで送っていきました。入田さんは用事があるので、すべてが終わり次第、私が責任を持ってロックくんを送り届けます。

 

 

 

ロックくん、べべを助けてくれて、ありがとう。

1yuketudai (23)

 

 

 

お迎えに行ったら病院でひなポプさんに偶然会いました。こねこね誉めてもらっています。

1yuketudai (5)

 

 

 

「血をわけてもらう」ことを、私は重く受け止めています。ロックくんの体に流れる血はただの液体ではなく、ロックくんそのもの。うまく説明できないんですけど、ロックくんが生身であることを私は忘れません。簡単なことではないんです。入田ロックくんに感謝とリスペクトを添えて。

 

 

元気がよかったのに、帰宅後ロックくんが少し調子を崩したとあとで聞きました。翌朝には体調が完全回復したものの、なんかもう、申し訳ない気持ちでいっぱいです。ごめんね。

 

 

 

入田さんは私が渡したお礼を頑として受けとろうとはせず、このたびの入田さんとロックくんの善意にどうお返しをすればいいのか、ほんとうに悩ましい。この先、私が入田さんやロックくんのお役に立てるなにかがあればいいのですが・・・・・・。

 

 

 

入田ロックくん、田辺べべ、見事にクロスマッチ!! 血液型おそろいです。

1yuketudai (2)

 

 

 

やった。これでより安全に輸血できる。一歩ずつ一歩ずつ・・・・・・

 

 

 

7月13日。病院休診日

 

 

 

7月14日。べべ輸血のため半日入院。おのさん、よろしくお願いします。

1yuketudai (22)

 

 

 

おのさんの穏やかな笑みを前に涙が溢れてきました。うまくいきますように。

 

 

 

保護猫エリーゼのお届けをはさんで、べべ公を迎えに!

1yuketudai (8)

 

 

 

輸血は問題なく終わったのに、なぜか首を上げられずグッタリ

1yuketudai (6)

 

 

 

玄関先でべべの姿を見たチチからは「どうなってんの?」的な視線。

 

 

すかさず謝ると、「決めたことだからしょうがないよ・・・・・・」と。

 

 

それほどべべは力なく横たわっていたんです。食べもせず、飲みもせず。べべは立ち上がる気力すらありませんでした。もしかすると私、どこかでなにかを間違えたのかもしれない。

 

 

急に怖くなり、大巻先生に電話。

 

 

先生の「拒絶反応は出ていませんでした。問題ないはずです」のひと言にすがりながら、べべを抱っこ。べべの歯茎と舌がピンクに色づいているのが、私の唯一の心の救いでした。

 

 

 

7月15日午前中。貧血の値を調べるため病院へ

1yuketudai (4)

 

 

 

昨日よりいくぶん顔つきがしっかりしている気がします。

1yuketudai (10)

 

 

 

輸血後の最新の血液検査↓ おおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!

1yuketudai (14)

 

 

 

貧血が改善され、正常値に戻っています。ありがとうありがとうありがとう・・・・・・

 

 

ロックくんの血が、べべの中で生きています。ロックくんにべべが生かされています。

 

 

強き者と病む者の血が混ざる。ロックくんがべべを引っぱってくれています。ありがたい。

 

 

 

大巻先生の病院の愛猫しょうくん&テンくん、ひさしぶり♪

1yuketudai (17)
 

 

あああ、見るものすべてがまぶしいとはこのことですね。

 

 

 

この数日お母さんがバタバタしていたからナナもさびしかったかな?

1yuketudai (12)
 

 

昨夜ワインのコルクを囓って壊してたね。目撃したよ、しっかり^^;

 

 

 

たった今のべべ公。立っています。歩いています。歯茎と舌は相変わらずピンクです!

tate

 

 

 

 

皆さまにご心配をおかけして申し訳ありませんでした。ひと山乗りこえました。

 

 

 

ロックくんに感謝

 

 

 

万物に感謝

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





べべ公のこと、エリーゼのこと、サクのこと

べべ元気ないです。近くで見ていたいので、いろんなことが滞ったままで失礼します。

 

 

まめに更新している割には、書きたいことがぜんぜん書けていないこのブログ。書こうと思ったネタがどんどん溜まり・・・・・・自分の性格と最近の生活のミスマッチが辛いです。

 

 

気持ちを落ちつかせてゆっくりパソコンの画面の前に座る時間が足りません。かわりに、iPhoneで気楽にできるツイッターはしつこいほど流していますね。バランス悪い^^;

 

 

 

本日はべべを病院へ送り迎えしました。ほかにはナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶ、サク、ポテチ、エリーゼ、十香のごはん、トイレ掃除、それぞれの薬、目薬、点滴、散歩を何度か。

 

 

 

合間にチチのランチと夕飯作り。買い物、ゴミ捨て。掃除。仕事。洗濯洗濯洗濯。床でおしっこしちゃう子が多いから、常時洗濯機をまわし、お風呂に入っているときはリビングの床に敷いているマットを黙々と洗うのです。もともとお風呂がきらいな私はますますゆううつに。

 

 

 

ふう。吐き出した。ごめんなさい。

 

 

 

なんかえらいことすごいことをやっているわけじゃないんだけど、時間が足りないんですよね。

 

 

 

べべは生きていますのでご心配なく

bebegannbare (4)

 

 

 

さっきちょっといっしょに横になりました。

bebegannbare (3)

 

 

 

 

知っている方もいらっしゃるでしょうけれど、昼間実はエリーゼのお引っ越しもしたのです。

bebegannbare (2)

 

 

 

ゴミ置き場で保護して1週間。超特急だけど、とっても幸せになると思います。

bebegannbare (5)

 

 

 

保護期間が1週間だろうが1年だろうが、私が責任を持って関わった子はみんな私のだいじな子。日にちがかかるかもしれませんが、卒業記事はきちんと書きます。

 

 

 

里親さんご夫婦とは面識がありましたし、ツイッターなどでもやり取りをしていました。はるか昔から私のブログを読んでくださっている方で、愛猫さんたちへの溺愛ぶりを知っている私がエリーゼをすすめたんです。今の私にもっとも必要なのは「ご縁」。

 

 

良縁を結び、私が責任を持つ頭数を減らすことで、私は生活に余裕が生まれるのです。

 

 

恩人ですね。ほんとうにありがたい快諾でした。聞いたとき、涙が止まらなかったですよ。

 

 

chikakoさん、ご主人さまありがとうございました。

 

 

 

あとはサクを卒業させたいな! 私の直近の夢です。

bebegannbare (8)

 

 

 

7月9日深夜の写真

bebegannbare (7)

 

 

 

サクは紳士です。べべと同じ毛布でねんね♪

bebegannbare (9)

 

 

 

先日非公開でコメントをくださった方が、うれしいことを言ってくれました。サクはおじいちゃんおばあちゃん(べべたちのことです)に育てられているからやさしいんだって。そうかも^^

bebegannbare

 

 

 

人間を信じるまでに一拍かかる子ですが、自分より年上の犬猫にも、年下の猫にも、男の子にも女の子にも、サクは心を開いて寄り添ってくれます。サクは仲間をたいせつにします。

 

 

正直な話、もっと人間にベタベタ甘える猫もいるでしょう。微塵も動じず、怯えず、警戒せず。

 

 

 

しかしサクはそうではありません。サクにはじゃっかん、臆病な一面があります。

 

 

 

結局どこにウエイトを置くか、ですよね。

 

 

 

角度はひとつではないし、考え方も然り。

 

 

 

サクを見てください。身を預けるべべ公の表情を見てください。サクはこんなに立派なんです。

bebegannbare (6)

 

 

 

サクへのお問い合わせをお待ちしています。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





ときどきリンク、703号室にて

MWさま、アマー(祖母)へのお心遣いありがとうございました。うれしかったです。MWさまのお宅には複数の保護猫たちがいます。猫との暮らしを考える方はぜひ覗いてみてください。

 

 

 

703号室は保護猫サクの里親募集を開始しました。良縁をめざし、サクと共にがんばりますので皆さまどうぞよろしくお願いします。

rabu (24)

 

 

 

サクのアピールはもちろんのこと、ツイッター(@703_anny)やブログには闘病中のうちのレギュラーメンバーや外出先でのできごとも書きたいです。

 

 

素敵な子たちと暮らしているので1日に何度も自慢したくなるのです。お許しください^^

 

 

 

さて、ここ2~3日のiPhone写真を♪

 

 

 

【サク 朝ごはんは仲よくシェア の巻】

rabu (3)

 

 

 

 

あまぱん(右の大きい黒白猫)にあげた朝ごはんをサクがふつうに食べに来ます。

 

 

朝6時半の光景。よーく見てくださいね。最初にあまぱんがひとつぶ食べる。

rabu (14)

 

 

 

「次 ぼくね」

rabu (15)

 

 

 

「ぼく ひとつぶ食べたから 次はあま兄の番」

rabu (12)

 

 

 

写真が3枚しかないのですが、皿が空になるまで延々とふたり一皿ひとつぶずつ食べていました。我が家で見慣れた光景です。ちなみにふたりに足りる分を入れているのでこれで大丈夫。

 

 

ひとりで食べてもおいしいけれど、たまにはふたりで食べるのもいいよね。

 

 

あ、サクの未来のご家族へ! サクはひとりでもごはん食べますからご安心ください。

 

 

 

【ハハたいへんです! べべちゃんに姉妹登場! の巻】

rabu

 

 

 

サクちがいますよ。それぬいぐるみです。

rabu (4)

 

 

 

べべが硬い床で寝るのがイヤで、以前、SALAにプレゼントしたぬいぐるみを出したの。

rabu (22)

 

 

 

べべ公、いいねえ。フワフワでしょ?

rabu (23)

 

 

 

べべ公が硬い床で寝るのには理由があって、私、その理由わかっているんですけど、でもせめて枕だけでもやわらかくしたいんですよ。

rabu (6)

 

 

 

「寝ごこち まあまあ」          「ずいぶん過保護だな」

rabu (10)

 

 

 

だね。もう自己満足の世界ですよ。

rabu (8)

 

 

 

お、目が合った♪ べべ公おはよ~!

rabu (9)

 

 

 

「スンスン・・・・・・なんだぬいぐるみか ぼくてっきりあたらしい保護動物かと」

rabu (7)

 

 

 

サクはいつもべべ公に親切です。とびっきりの「スリスリごあいさつ」でべべ公に元気を分けてくれます。こんなやさしい猫と暮らせる方は幸せですよ。心からそう思います。

rabu (5)

 

 

 

【わたし えいちゃんに会ったよ の巻】

rabu (19)

 

 

 

ふふ。先日べべ公を病院へ連れて行ったのですが・・・・・・

rabu (17)

 

 

※ 停車中です。今回運転中は猫キャリーに入ってもらいました。

 

 

大巻先生の病院でバッタリ妹に出くわすという。妹は会社帰りに愛犬まめ(元私の保護犬)の心臓の薬を取りに病院に来たらしいのです。おおー! べべ公よかったね!

rabu (16)

 

 

 

おかげでべべ公とお母さんの2ショットも撮ってもらえました。ちょっと画像を明るくしてくれたらしい。べべ公の穏やかな表情が最高にかわいいね。私にとっては、ですけど(笑)。

rabu (2)

 

 

 

下痢の改善をしたくて大巻先生に相談。ついでに血液検査をお願いしたところ、結果が最悪でここに書きたくないほどです。肝臓の数値は振り切って測定不能。貧血も進んでいます。

rabu (21)

 

 

 

苦い肝臓のお薬を吐かずに飲んでいるのにね。

 

 

貧血は生活の質(QOL)に大きく関わる事態。

 

 

2週間後の再検査で数値が更に悪化していたら輸血を視野に入れることに。犬の輸血はいろいろたいへんですが、ほかに選択肢がありません。

 

 

供血犬としてべべに血をわけてくれるお友だちを私のほうで用意するか、大学病院などの専門機関へ行くかは考え中。あちこちに電話をかけ、手はずを整えている最中です。

 

 

しかしその前に鉄分を補うサプリをスタート。今日チチが大巻先生の病院で買ってきました。万が一このサプリが効果を発したら輸血は見送ります。

rabu (11)

 

 

 

下痢、血便を緩和する目的でこちらの2つも開始

rabu (20)

 

 

 

どちらがよかったのか? ふたつをミックスしたからか? べべは本日コロコロのいい運子をしてくれました。よし! いい調子! それなりの希望を感じています。

 

 

シリンジごはんを食べても食べても、胃の巨大なガンが栄養を奪い、べべは骸骨のように痩せていきます。貧血なのに血便が出るのも悲しい。

 

 

しかし実際のべべはさほど苦しそうに見えません。そしてこの状態を維持するためにたくさん薬を飲ませていますが、飲むのも日に日にじょうずになっているんです。

 

 

ある日私はべべの大量の薬を前にため息を漏らしました。

 

 

「べべはこんないっぱい(薬を)飲まなきゃいけないんだもんね。べべ辛いよね」

 

 

私の独り言をそばで聞いていたチチがひと言。

 

 

「年寄りは薬が増えるもんだよ。みんなそうじゃん」

 

 

ふーん。自分のまわりを想像したら、妙に納得。ああ、そうかも。たしかにご高齢の方は薬を飲んでいるケースが多いわ。40代の私だって何種類も飲んでるし、いっしょだ!

 

 

まあ、自分の意思で飲んでいるか、お母さんに飲まされているかのちがいはありますけど。

 

 

なにはともあれ、私がもっとうまく飲ませられるよう努力していけばいいのかな、と。

 

 

 

保護猫サクはサクのフィールドで、サクの年代を、若き世界を生きています。

 

 

べべはべべのフィールドで、べべの年輪を、余生を静かに生きています。

 

 

ときどきリンク、703号室にて。

 

 

 

保護猫サクは家族募集中です。サクに目を留めてくださる方はいませんか?

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





10分更新 リルの検診ほか

いろいろありすぎてブログの更新が追いつかない状況に陥っていますが、今日は木曜のできごとを。木曜はチチとリルを連れてemi-goの病院へ行ったのです。

 

 

【気になること】

①リルの背中にできた直径1cm程度の腫瘍らしきもの

②リルの両目のまわりがほんのり赤くなっている

③以前言われていた心臓のかすかな雑音

④常に食欲不振

 

 

 

ところが、病院近くのコインパーキングに車を停めて降りようとした瞬間、ゴツンと後ろを当てられてしまいました。中古車ですが、我が家にとっては新車(の気持ち)。たいせつに乗っているのでやるせなかったです。警察を呼び長くなりそうだったので、私はリルを連れて病院へ避難。目のまわりの傷の日焼けも怖かったし、なにごとも時間節約につとめたいですから。

rirutuuinn (10)

 

 

 

 

リル先にお母さんと診察をして待っていようね。

rirutuuinn (12)

 

 

 

 

腫瘍らしきものは細胞診を(どうやら悪いものではなさそう)。血液検査は外注。心臓はこの程度の雑音なら問題なしとのこと。現在外注した血液検査の結果を待っています。

 

 

リルの腫瘍↓

rirutuuinn

 

 

 

目はアレルギーの可能性が高い。慢性的な食欲不振はいちおう血液検査の結果を見て考えることになりました。1週間以内には血液検査の結果が出るかな?

rirutuuinn (8)

 

 

 

 

リル、お疲れさま。よーくがんばりました。

rirutuuinn (9)

 

 

 

 

病院へきたついでと言ってはなんですが、すももの顔を見せてもらいました。

rirutuuinn (7)

 

 

 

すもも、明日もまた来るよ! 触らせてくれてありがとう♪

rirutuuinn (11)

 
母からお姫さまに生まれ変わろうとしているすももは日に日にかわいくなっていきます。

rirutuuinn (2)

 

 

 

子犬たち。この甘ったれの女の子はまだ里親さんが決まりません。

rirutuuinn (3)

 

 

 

リュウの子犬の頃にそっくりの男の子は決まりました。少しシャイな彼のためにemi-goがトレーナーさんを病院に呼び、やさしいトレーニングを経て「人間とのつき合い方」を教えています。

rirutuuinn (4)

 

 

 

ご対面の図

rirutuuinn (5)

 

 

 

emi-goが保護した乳飲み子はずいぶんまんまるに。ふてぶてしい態度でねんね中^^

rirutuuinn (6)

 

 

 

みんな幸せになってほしいです。

 

 

 

まずはすももですね。

 

 

 

土曜(昨日)はちゃた幸のお届けで、本日はいよいよすもものお届けです。

 

 

 

来週のブログは幸せいっぱいになると思います。

 

 

 

皆さまよい休日をお過ごしください。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク