同じ病気と闘うおれとナナちゃん

さかえ先生チョコやドレッシングありがとうございました。おいしくいただいています。

mikeisai (2)

 

 

 

さて、703号室のある夜。私は保護猫海子の前でキリリ顔の最中のほほを見かけました。

 

 

「ぼき うみちゃ まもりまち」

kyounoii (10)

 

 

 

保護猫ジョイのお世話役もちょいちょい・・・・・・

 

 

 

「じょぃ は てが かかりまち」

kyounoii (12)

 

 

 

えらいね。ありがとう。ほほがあきらかに変わってきました。足取りもしっかりしています。

 

 

闘病のお子が多いのに保護猫がいたらレギュラーメンバーのQOLが下がるんじゃ?

 

 

そんな心配してくださる方もいるかもしれませんが、うちに限っては逆^^;

 

 

もちろん限度はあるんですが、ジョイや海子がいい意味でお子たちを刺激してくれるのです。

 

 

これこそがウインウインの関係かもしれませんね。ありがたい。

 

 

 

海子と大吉(サラダ)も日々再会を楽しんでいます。

 

 

ふだんは別々の部屋にいますがいっしょに遊ばせることも。親子なのはまちがいなさそう。鳴き声が瓜二つでどちらが鳴いたのか判別つきません。お互いを慈しみあっているのがよく伝わってきてあたたかい気持ちになります。かわいいねえ。萌えるよ。

kyounoii (6)

 

 

 

大吉の里親さんからこんな写真が届きました。

kyounoii (8)

 

 

 

703号室卒業生のはな丸とおそろいのトイレとベッド。オシャレ! お届けまであと数日。

 

 

楽しみにしてくださっているようでうれしいです。まずは「相性の壁」をクリアしてほしいなあ。

 

 

そろそろトライアル中のこま吉(デカ円)についても書かないとね♪

 

 

 

703号室の保護猫たちはがんばり屋さんばかり。うちお子たちも同じです。

 

 

昨日、慢性腎不全ステージ3コンビのナナとさぶを連れて病院へ行きました。まずはナナから。

kyounoii (9)

 

 

 

バイブ機能が作動し、ブルブル震えています。

kyounoii (7)

 

 

 

笑っているように見えるのは気のせいです。

kyounoii (14)

 

 

 

ナナちゃんおサルさんみたい~

kyounoii (5)

 

 

 

「次は おれ?」

kyounoii (4)

 

 

 

「大巻先生 容赦ないんだな」

kyounoii (16)

 

 

 

「先生おれね ジョイとソファの下で待ち合わせしてるから 早く帰らないとまずいんだよね」

kyounoii (11)

 

 

 

どさくさに紛れて看護師さんにボディタッチしまくりのさぶ(汗)。

kyounoii (3)kyounoii (2)

 

 

 

ちなみに大巻先生には見向きもしないです。

kyounoii

 

 

 

宙に浮かされたさぶ

kyounoii (13)

 

 

 

「たまには ほかの腕も いいもんだな」

kyounoii (15)

 

 

 

うーーー 憎いこと言ってぇ!!

 

 

 

ナナとさぶはふたりとも診察→血液検査→点滴を行いました。

 

 

ナナは横ばい、さぶは悪化の結果です。さぶが心配。

 

 

ナナは血管拡張剤のミカルディス、食事療法、ネフガード、(できるときに)点滴を引きつづき。

 

さぶは血管拡張剤のセミントラ、食事療法、ネフガード、週に3度の点滴に。

 

 

そろそろ点滴グッズがなくなるので買いに行かないと。

 

 

さぶは2年半以上ステージ3を維持しています。治せないのはわかっていますが、少しでも長く今の状態を保てるよう自分にできることをつづけたいです。

 

 

闘病ネタばかりで皆さまのお心が沈まないといいのですが・・・・・・。

 

 

でも私は丸ごとの703号室を見ていただきたいです。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





おれらのあいさつ

最近気分が少しおかしいです。落ち込みが激しいというかテンションが上がらないというか。

 

 

たぶんすぐに元気復活すると思うのでご心配なく^^

 

 

今日はiPhoneで撮り溜めたへたくそ写真を放出してみますね。

 

 

 

昨日の通院組はあまぱんとナナ。あまぱんは口の痛みが悪化し食べれなくなってきました。通院嫌いのあまぱんを説得しキャリーへ。お散歩と勘違いしにっこり顔のナナも入れパチッ!

amanana (2)

 

 

 

車で30分弱。大巻先生の病院へ着きました。あまぱんは洗濯ネット&キャリー。ナナはダブルリードで安全に移動。トップバッターは点滴のナナです。

amanana (3)

 

 

 

ナナ診察台にあがると途端にバイブ機能がスイッチオンしブルブルしはじめます。

amanana (4)

 

 

 

今回もがんばりました。大巻先生に「ナナちゃんは腎不全の犬とは思えないほど毛艶と肉づきがいいですね~」って誉められましたよ♪ うれしいね。

 

 

 

つづいてあまぱんの診察。だましだましやってきましたがもう口内炎のひどさが限界です。

amanana (5)

 

 

 

高齢のあまぱんへの麻酔が心配ですが、食べることがなにより好きだったあまぱんに口の痛みを気にせず満腹になってほしいのです。いよいよ全顎抜歯手術の予約を5月末に取りました。それまでは対処療法でしのぎます。ステロイド、抗生物質の注射をお願いし、終了。

amanana

 

 

 

医療費は2頭分で8,850円。駐車場代300円。今月分をすべてあわせると124,170円です。

faouie (2)

 

 

 

帰宅後、犬のおやつを煮込んでいたら食いしん坊ジョイと自分のごはんは残すのによそのごはんにはハイエナをするべべ公が群がってきました。

faouie (3)

 

 

 

キッチンにいると実にいろいろな面々に遭遇します(笑)。べべ率は99%ですけど。

faouie (5)

 

 

 

ほかにも何枚かご紹介します。

 

 

中途半端な写真ですが、ブラッシング中の保護猫ジョイ

faouie

 

 

 

ジョイは忠犬のような性格なのです。今度ゆっくり書かせてくださいね。

amanana (6)

 

 

 

きちこさんの写真を勝手に保存したのですが、天国のとら兄(手前)と奥のぽん吉の2ショット!

faouie (4)

 

 

 

デカ円あらためこま吉は奥のぽん吉とのロングトライアル生活をスタートさせます。

 

 

期待する反面、自然体で応援したいなとも考えています。こま吉の近況写真はまた次にでも!

 

 

 

最後は我が家の問題児ちゃんに登場してもらいましょう。

amanana (7)

 

 

 

ほほ、やめれ! さぶ痛いわ!

amanana (8)

 

 

 

ウーウー唸りながらとがった犬歯でさぶの首根っこを容赦なく噛むほほ。さぶは黙ってやらせています。むしろときどき振り返りほほの頭を舐めている・・・・・・。

amanana (9)

 

 

 

床に転がり無抵抗でほほに噛まれ、いじめられているんです。

amanana (10)

 

 

 

遠近法もあるんでしょうが、実際ほほとさぶは大きさが同じです。いや、ほほのほうがじゃっかん重い。なのにさぶがとても大きく見えるのは私だけでしょうか?

 

 

いい男だなあと思いながらふたりを眺めていました。さぶの余裕面を見てください。惚れるよ。

 

 

気をよくしたほほはこのあとあまぱんにも絡んでお母さんに怒られました。

 

 

あまぱんもほほのなすがままにさせています。やさしいですよね。

 

 

ほほ、あまぱんは今、お口が痛いの。さぶは首に点滴の針を刺すから小さなかさぶたがいくつもあるの。ほほが強いのはわかっているんだから、ちょっとだけお手柔らかに頼むよ。

 

 

 

「なあなあ 気にしなくていいんだよ。おれが好きであそこにいたんだから」

faiu

 

 

 

さぶ、ありがとう。さぶの存在はほんとうに助かります。

 

 

 

スポンサーリンク





ちょこっと貯金

本日はべべ、ナナの通院。通院ネタばかりですみません。年寄りが多いもんで^^;

okaeri (10)

 

 

 

採血の結果べべは肝臓と炎症の数値が下がっていました。胃薬をあらたにくわえ、3種類の薬をつづけていきます。胃薬、肝臓保護薬、抗生物質、薬代は合計月1万5千円くらい。

okaeri (11)

 

 

 

ナナは点滴と腎臓の数値の検査を!

okaeri (2)

 

 

 

ゆううつそう。かわいそうに(涙)。

okaeri (5)

 

 

 

若いときは比較的動物病院のお世話にならなかったナナ。狂犬病注射、ワクチン、フィラリア検査、投薬(陽性から陰転)、年に1度のドッグドッグ、目のイボの除去手術、たまに下痢? などで通院した程度。ナナの健康に助けられて家計がパンクせずに済みました。

okaeri (3)

 

 

最近は医療費がやたらかかりますが、我が家の月の収入で払っているのではなく、私の「うちのお子たちがシニアになったらいずれつかうでしょう! 貯金」から捻出しています。だから毎回想定内と言っているのです。お子たちを家族に迎えてから毎月3千円~5千円貯めてきました。生活費が足りず数千円の余裕すらなく500円しか貯められなかった月もありました。でもコツコツつづけてきたおかげで、もちろん大金はありませんがまだだいじょうぶなのです。

 

保険に入らない予定の703号室の里親さんの皆さまに「ちょこっと貯金」をオススメしています。

 

そして犬猫と暮らしはじめたばかりの皆さまにもぜひオススメしたいです。月の収入を上回る医療費がいつかかかるかもしれません。そのときのために少しずつでも貯めていれば医療の選択の幅が広がりますよね。

 

 

今日の明細がこちら

okaeri (9)

 

 

2頭分で16,410円。駐車場は300円で抑え16,710円です。前回までの分を足すと115,020円。

 

 

あ、ナナも腎臓の数値が下がりました。やったね!! すごくうれしいです。

 

 

 

明日はほほが通院します。

okaeri (8)

 

 

 

さぶは703号室の懐事情で来月にさせてもらうかもしれないけど、ちゃんと診てもらおうね。

okaeri (7)

 

 

 

帰宅後冷蔵庫の残り物で犬用おやつを作りました。ムネ肉、シャケ、大根、冷凍ごはん、無塩バター少々を煮込んだだけ。こういうのあると投薬のときに役立つのです。おやつは高いでしょ? なるべく買わず冷蔵庫整理を兼ね手作りしています。食品の廃棄を出さずに済むし。

okaeri (4)

 

 

 

それからひとつお知らせがあります。

 

 

 

「モジモジ気まずい・・・・・・」

okaeri (6)

 

 

 

この方を保護したピチコさんへはすでにご報告済みですが、ジョイが我が家に戻ってきました。迎えに行ったとき、ジョイはまったく無抵抗でした。応援してくださった方には申し訳ない気持ちでいっぱいです。図々しいお願いではありますが引きつづき見守ってくだされば幸いです。

 

ジョイには何度も謝りました。だれが悪いとかじゃないので誤解しないでください。だれも悪くありません。悪い人間がいるとすれば私です。私の勉強不足、経験不足、至らなさが原因です。

 

ブログには書きませんでしたが今回はトライアルの要素を含めた譲渡でした。ジョイはかわいがっていただきましたが、ここでは説明しきれないいろいろな事情があり、連日話し合いを重ねこのような結果になりました。

 

 

皆さまにはただ、お帰り、とだけ思っていただければありがたいです。

 

 

ジョイは悠々と家中を走りまわり、さぶとごはんを食べのんびり過ごしています。自分のちんけな経験値に傲らず、勉強を怠らず、反省し、ジョイのご縁探しをしていきたいです。前向きに^^

 

 

 

最後に、ひし形の輪郭の保護猫をご紹介します。

okaeri

 

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





週末晴れたよね

土曜の午前中は保護猫デカ円の爪切りとべべの誕生日検診へ行ってきました。

kaiten (11)

 

 

家だと爪を切られている腕を振りまわし激しいパンチを繰りだすデカ円ですが……

kaiten

 

 

アウェイ感満載の病院では借りてきた猫状態でらくらくチョキチョキ!

kaiten (12)

 

 

爪切り完了! よしよし^^ これでパンチされても痛さ半減です。

 

 

つづいてべべが診察台へ

kaiten (4)

 

 

笑顔に見えますが実は「かんべんして~」の表情です。

kaiten (14)

 

 

「わたし 余裕にゃ~い」

kaiten (2)

 

 

べべは血液検査、エコー、レントゲンを依頼。さぶの慢性腎不全の薬セミントラ2本、ほほの水頭症の薬もお願いしました。

 

 

べべはPLT、ALT、ALKP値が高いとの結果。PLTは抗生物質、ALT、ALKPは肝臓保護薬で様子をみることに。そのほかは大きな異常はみられないとのこと。ホッ。

 

 

通院後、私は母のお店へ

kaiten (7)

 

 

妹と母がオープンに向け準備中でした。

kaiten (8)

 

 

店の外でひときわ目を引いた情熱レッドの二段のスタンド花。贈り主は前の店にさんざん食べに来てくださった直木賞作家の森絵都さん♪ 森さーん! 感激です。ありがとうございました。

kaiten (6)

 

 

同じくさんざん食べに来てくださった絵本作家のスギヤマカナヨさんからもゴージャスなお花が! カナヨさんのは店内の目立つ場所に飾らせていただきました。ありがとうございました。

kaiten (3)

 

 

FIVキャリアのぽん吉の里親きちこさんより届いたオシャレな花束と

kaiten (13)

 

 

虐待され瀕死の状態だった子猫のセサミの里親ぴんぽんさんの可憐で春らしいお花にも

hana

 

 

うっとりさせていただきました。きちこさん&ぴんぽんさんありがとうございました。

 

 

花に負けない(華やかな)熟女たちもご来店

kaiten (5)

 

 

MIHOさんはAランチを、お肉を食べないみいさんはCランチを……揃ってペロッと完食(笑)。

 

 

ふたりからも美しいお祝いのお花をもらいました。ありがとう!

kaiten (9)

 

 

おかげさまでランチ完売。夜も満席で忙しいスタートとなったようです。

 

 

あつこさんが成田山まで出向いてくださったからですね。あつこさんありがとうございました。商売の神さまがにこっと微笑んでくれましたよ。

kaiten (10)

 

 

日曜の今日は、とにかく溜まっていた家事をやりまくり。

 

 

仕事つづきだったので一週間ぶりの掃除機です。気分爽快っ!

 

 

車を出すのが面倒になり「大きな公園」ではなく「近所の土手」に変更させてもらいましたが、べべナナリルと長い散歩を楽しみました。寒いね。だから思いっきり走ろうね。

IMG_0233

 

 

ロングリードにつけかえ自由を謳歌中のべべ

 

IMG_0242

 

 

べべ検診お疲れさま。心臓が丈夫だから来年の誕生日も夢じゃないかもよって大巻先生が言ってくれたよ。お母さん期待しすぎないよう気をつけながらも実は少しうれしかったです。

 

 

帰宅後、注文していた荷物の受け取りラッシュ。さぶの腎臓病療法食も届きました。

IMG_0246

 

 

4キロあるから2ヶ月近くもつかな?   さぶは点滴もがんばっています。

 

 

毎日あっという間ですが、いい時間を過ごしています。

 

 

扶養家族が多いので明日も仕事を休めませんね。皆さまもよい一週間でありますように。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





痛くないよわたしは強いの

べべと保護犬バービーを連れてお出かけしてきました。

向かった先は「大きな公園」と「動物病院」です。

公園散策記事は次回にし、本日は動物病院からUPします。

 

まずはバービーの診察

t45n (2)

 

 

★汚れていた耳を掃除してもらう。

★触診クリア、心音クリア、体重測定(5キロ→痩せぎみ)、体温測定(38.8度=犬の平熱)

★推定年齢は3~4歳? 歯石は少しついてるものの高齢ではなさそうな感じ

★フィラリア検査(マイナス)

★肛門しぼり

t45n (6)

 

 

爪を切ろうとした大巻先生がバービーの足のカサブタ? に気づきポリポリ剥がす。

 

カサブタを剥がしたところ、中から血が噴き出しました。

t45n (3)

 

 

我が家に来た頃から足は若干赤くなっていたのですが、前の動物病院でアレルギーかもしれないと診断されたとのことで様子を見ていたのです。

大巻先生が病変部を顕微鏡で調べてくださったところ、ニキビダニが見つかりました。

普段は毛に隠れて見えない上、痛がったりかゆがったりする風でもなかったので気づいてやれなくてかわいそうなことをしました。病院で診てもらえて本当によかったです。

 

ニキビダニについて先生からいろいろ伺いました。

t45n (7)

 

 

命に関わる疾患ではないのでほっと一安心。まずは薬浴、投薬、注射をはじめることに。

この注射を痛がる犬が多い中、バービーはびくりともせず立派に耐えました。

t45n (13)

 

 

「わたしはだいじょうぶ 痛いけど がまんできます」

t45n

 

 

しばらくは週に1度通院し経過観察することに。

ニキビダニは免疫が下がったりストレスを感じたりすると発症することがあるそう。あれだけ劣悪な環境下に生きていた子ですからこれくらいは予想の範疇です。それより、よくがんばったねえと誉めてあげたい。

あと、ヒート(生理)中は免疫が下がることがあるので、それも関係するかもしれません。

 

★全身の状態を詳しく知りたかったので、スクリーニング検査(34項目)を依頼

→スクリーニング検査の結果は全項目基準値内で大安心でした。あああよかった!!

 

★検便の結果、鞭中が見つかりドロンタールを処方され駆虫(来週再検査予定)

念のため、同居するべべ、ナナ、リルにもドロンタールを処方してもらいました(泣)。

 

ニキビダニは見つかりましたが、ほかに大きな異常がなくて神さまに感謝の気持ちです。

大巻先生いわく、「手に痛みが出ているはず」なのに、バービーはこれまで一切痛がるそぶりをしませんでした。小さくても忍耐強い女の子です。

そのため治療を開始したのが遅れてしまいバービーには申し訳ないことをしましたが、バービーを心から誇りに思います。

ごめんね、バービー。痛い思いをさせてしまって。

 

「わたし ぜんぜん平気 こんなの たいしたことないですよ」

t45n (8)

 

 

前向きのおおらかでやさしい女の子です。

t45n (4)

 

 

未来のご家族さま、バービーをいっぱい誉めてあげてくださいね。

t45n (12)

 

 

すばらしい犬ですよ。

 

つづいてはこの方

t45n (5)

 

 

べべの曲がった腰の骨を診察してもらいました。

t45n (9)

 

 

バービーと正反対にべべは診察台で暴れまくり^^;

ドロンタール(駆虫薬)を飲ませようとした大巻先生と私を噛みました(汗)。

 

「ハハさん~ べべちゃん 怒ってますね」

t45n (11)

 

 

診察の結果、べべの腰の曲がりはやはり「加齢に伴う」症状でした。

病名がつかないのは幸いだけど、ちょっとショックです。

まあしょうがない。べべはもう若くはないから。

 

べべの診察中も、バービーはこうして看護師さんの足元におとなしく座っています。

t45n (10)

 

 

看護師さんが振り返るとバービーはかすかにしっぽを振ってあいさつし、看護師さんが動こうとすると、バービーは邪魔にならぬよう隅っこにそっと移動するのです。

 

バービー、べべ、お疲れさま。帰りの車の中でぐっすりおやすみなさい。

 

明日は仕事で行きなれない場所に行くのでドキドキします。

でも、子だくさんの我が家……仕事を増やして節約がんばらないとね!

 

※大巻先生と相談しましたが、家族募集は問題なく開始できますので、予定通り今週中にはバービーを里親サイトへ掲載します。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク