ほほが10歳になりました ほか

う、皆さまこんばんは。大和撫子です。

 

 

オトナになってからの「習いごと」は実にいいですね。過去には写真教室石鹸教室に各2回ずつ参加した私ですが、今回はなんと念願の「和菓子教室」へ!!

 

 

パンでもなくお料理でもなく洋菓子でもない「和菓子」ですよ?

 

 

超ヘルシー。見よこの素朴かつ美しい私の力作「錦玉」を!

IMG_4672

 

 

 

「和菓子教室いろは」を主宰しているのはけいちゃん&さっちゃん。直木賞作家森絵都さんを介して約10年前に知り合いました。先日ひさびさにお会いした際に「今度習いに行きます」って約束したんですが、「絶対来ない」と思われていたそう^^; いや~ 行きますよ!!

 

 

楽しみにしてたもん。和菓子の魅力を教えるのが天才的にお上手なけいちゃんと

yarune (11)

 

 

 

繊細な仕事を完ぺきにこなすさっちゃんと

yarune (10)

 

 

 

撮影は控えましたが、洗練された空間。清潔でムダがなく、広い教室。すばらしい雰囲気の中つくりあげていく「錦玉」は、手前みそながら宝石のようで食べるのが惜しい位です。

 

 

まあもちろん食べましたよ。食べますよねふつう(笑)。そして超おいしかった・・・・・・。参った。

 

 

ごほうびの「試食タイム」にも心弾むし、完成品を持ち帰れるのがなんともうれしい。

 

 

10月も行きます。妹も行きたがっているので妹の分も予約しました。最高!

 

 

けいちゃんさっちゃんの本。日本語バージョンと台湾の翻訳バージョン

yarune (13)

 

 

 

帰りの電車で狂ったように熱読。うん! 和菓子の世界を、全部理解した(気になりました)。

 

 

遠くは青森県からやってくる生徒さんもいるそうです。それわかるわ。通いたくなるもん。

 

 

教室で入手した梅瓶。シロップを捨てずに炭酸水に入れて飲みます♪

yarune (12)

 

 

 

そうそう。錦玉にかける「黒蜜」も教室で作ったのですが、あまりのおいしさにチチが手づくりだというのを信じてくれなかったのです。絶対買ってきたんだろ? だって。失礼しちゃう。

 

 

 

さて、サク自慢しなきゃ!

 

 

 

まずはグチャグチャの写真をどうぞ

yarune (2)

 

 

 

生活臭たっぷりですが、私の料理中です。キッチンには野菜とサンマが。で、サクはどこにいるかというと・・・・・・皆さまサクを見つけられるでしょうか?

 

 

サクはケージに自ら入っているんです。ケージは閉めてません。サンマにノー眼中ですよ?

 

 

 

えらいよのう。成長したよのう。だーい好き!

yarune (3)

 

 

 

おとなしいサクのおかげで庶民の夕飯が完成。ポテトサラダがメインね。

yarune (4)

 

 

 

いろんな意味でサクが成長しているのがブログをご覧の皆さまにも伝わっているといいな。

 

 

 

「ハハ~ たまにはほほ兄との2ショットも撮ってください」

yarune (5)

 

 

 

はいよ。サクは全員とまんべんなく仲よくするのよね。そこも長所だと思う。

yarune (7)

 

 

 

ところで、背後のほほの顔・・・・・・

yarune (6)

 

 

 

牙とべろが出ています。なにこれ萌える。

yarune (8)

 

 

 

七夕の7月7日、ほほが10歳になりました。世界の皆さまありがとうございます。

yarune (9)

 

 

 

重度の水頭症に負けず、短命との予想を打ち消し、ほほは誕生日を迎えました。

 

 

ほほとの出会いはこちらを読んでください。

 

 

私は胸がいっぱいです。明日はほほの大好物しらすをほほに振る舞う予定です。

 

 

ほほおめでとう。末永くよろしくね。

 

 

 

べべ公も生きています。私の足元でストーカー(苦笑)。

yarune

 

 

 

保護猫サクは家族募集中です。どなたかいませんか?

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





オブラート

さかえ先生! おみやげありがとうございました。

1taezu (11)

 

 

 

妹の愛犬まめが歯石取りでお世話になりました。おかげさまで歯がピカピカに♪

 

 

 

 

本日は楽しみにしていたほほの定期検診の日!

 

 

楽しみ、って誤解を招く言い方かもしれないですね。

 

 

でも本当にそうなんです。

 

 

 

彼女(MIHOさん)を助手席、ほほを後部座席に乗せ、しばしドライブ

1taezu (16)

 

 

 

緑豊かな東大農学部の敷地内に到着

1taezu (7)

 

 

 

キャリーの中のほほはすっかり慣れっこです。

1taezu (2)

 

 

 

 

「よゆ ありまち」

1taezu (18)

 

 

 

炎症のひどい左側の歯茎。前回と比べ悪化していなさそうで、ホッ

1taezu (5)

 

 

 

問診、検温、体重測定(200g増えて5キロ超に)

1taezu (3)

 

 

 

この後ほほを先生に預け、私たちは恒例となった散策へ

1taezu (4)

 

 

 

ほほは院内で、頭部エコー、血液検査、身体学検査を受けます。ほほがんばれ!

 

 

 

空腹を訴えるMIHOさんと軽くサンドイッチを食べました。

1taezu (14)

 

 

 

1人前250円だとぉ? 値段の割においしい・・・・・・

1taezu (13)

 

 

 

よそ行きの顔をしています(笑)。

1taezu (10)

 

 

 

「ふふ。ほほ今ごろなにしてるんだろね?」

 

 

ふたりでほほの噂話をしながら・・・・・・

 

 

 

昔はほほを先生方に預けるのが心配でたまりませんでした。

 

 

たとえほんのわずかな間だとしても、ほほをひとりにするのが辛かったです。

 

 

けれど、腹を括って託してみたら、ぜんぶが意外とスムーズでした。

 

 

ほほは私が想像していた以上に順応性があり、精神力の強い猫で、とにかく呆気にとられるほど、ほほは無事だったのです。

 

 

もっとちゃんとほほを信じればよかったね。少し過保護すぎたかな?

 

 

 

お子たちとの暮らしを通じて、私は絶えず「選択」を迫られます。

 

 

命に関わるような大きなこと、日々の生活の中の小さなこと。

 

 

自分の選んだ道が、お子たちのいばら道では、自分にとって正しい道とは言えません。

 

 

お子たちが砂利だらけの険しい道を歩まなければならないときは、私がクッション材になってお子たちの衝撃を和らげたいです。そうすることで、私は自責の念や後悔などの類の負の産物を背負わずに済む可能性が高まります。すべては結局「循環」じゃないかなと思うのです。

 

 

なにが正解なのかは終わってみないとわかりませんが、これからもいちいち掘り下げて、いちいち悩んで、ときには腕から離さず、ときにはかわいい子には旅をさせよの心で向き合っていきたいです。

 

 

必要な一点にこそ緊張感を持ち、それ以外はリラックスの状態が理想ですね。

 

 

 

再会の抱擁。命が詰まっているのでずっしりと重いです。

1taezu (15)

 

 

 

主治医前田先生(左)のお出まし

1taezu (9)

 

 

 

前田先生と出会って、ほほはQOLの維持に成功しました。運動機能が下がったほほを見て激しく凹んでいた私が徐々に立ち直れたのは、前田先生のお人柄と言葉の力です。

 

 

大学病院に対するイメージも一新。偏った「先入観」を強く持ちすぎるのはまちがいですね。

 

 

「ほほさん相変わらず(脳内の)水の量が多いです」

1taezu (17)

 

 

 

前田先生と話すとまるでオブラートに包まれているような気がします。苦みを感じません。

 

 

 

経過観察のために撮ったほほの歯茎

1taezu (12)

 

 

 

こっちは前田先生の個人的なコレクション^^; 流し目のほほを得意げに披露してくれました。

1taezu (8)

 

 

 

ありがとうございます。なかなかハンサムですね。

 

 

今回の検診では特に異常が見つかりませんでした。感謝感謝です。

 

 

 

待ち時間を含め約3時間。会計は薬代、駐車場代を入れて19,435円。帰宅後省エネモードに

1taezu

 

 

 

 

10分ほどダラダラしたのち、点滴組の点滴、薬組の投薬、トイレ掃除、片づけを終え夜の部へ

1taezu (6)

 

 

 

MIHOさんみいさんマイ太郎さん、マイママさん、マイ太郎さんのお姉さん、にーたん(マイ太郎さんのご主人)との食事会を。7人で台湾タケノコを9人前ペロッといきましたよ。

 

 

超たのしい2時間を共有しました。なんとにーたんがみんなにごちそうしてくれたという。

 

 

どうもありがとうございました。

 

 

チチのごはんを作らずに済むよう、あらかじめ1,000円渡しておいたのに、私が母の店から帰る間際になって「やっぱり家でごはん作って」の連絡が来て、一気に興ざめ・・・・・・

 

 

うーん。仕方なく深夜にチチのごはんをせっせと作りましたよ。簡単なやつですけど。

 

 

なのに「夕飯を自分で調達する代」の1,000円を返してくれません。

 

 

まあ、総じて幸せな1日だったのでヨシとしますか。

 

 

 

皆さまもステキな明日をお過ごしください。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





10年選手 ほか

皆さまこんばんは。昨夜は見苦しいシワシワの写真を失礼しました。

 

 

まさか撮られているとは知らず(汗)。チチが私のだいじなパソコンを壊したのかと思い、涙ながらに抗議していたのです。どうしてもメールを送りたい方がいて、そうでなくても、ただでさえ胸が苦しいのに、どうしたらいいかわからなくなって。

 

 

まあ、あとでわかったことですが、チチのせいではなかった模様です。へへ。ごめんなさい。

 

 

 

私にパソコンをくださったお方から素敵なプレゼントが♪

etotoe (10)

 

 

 

直木賞作家の森絵都さんの短編小説「出会いなおし」。毎晩自分へのごほうびに読ませてもらっています。今夜ももちろん読みます。森さんは天才、奇才、鬼才です。

 

 

読んでいて恐ろしさを感じました。誉め言葉です。

 

 

森さんは森さんの人生しか生きていないはずなのに、どうしたことでしょう? 登場人物の心情描写や背景描写があり得ないほどうまいです。うまいというか、「まんま」で驚く。

 

 

オシャレで軽やかなんだけど、ドッシリとした重厚感や深みがあります。語彙力もハンパじゃありません。短編が好きな方、小説に飢えている方はぜひ♪ 森さんありがとうございました。

 

 

ぜったい我が家にカレー食べに来てください。

 

 

 

さて、最近のできごとを少し。本日は長めのお散歩へ。風が気持ちいい季節ですね。

etotoe (12)

 

 

 

散歩後、車内の掃除を。トランクがゴチャゴチャで萎える。

 

 

来週、ガリバーに12万円で引き取ってもらうことになっているうちの愛車。10年間お世話になりました。犬たちとのお出かけ、動物病院への搬送、保護動物の保護やお見合いやお届け・・・・・・東西南北、私といっしょにあちこち駆けずりまわってくれました。

 

 

 

理不尽な10円パンチにも耐えました。コツンとぶつけても保険料の値上がりにビビって修理を渋ったため、よく見ると傷だらけです。近頃は小さな故障を繰り返し、燃費の悪さで私に文句を言われ、ますます満身創痍に。

 

 

 

1円でも安く買いたいガリバーと、1円でも高く売りたい私たちのせめぎ合いの狭間にポツンと佇む姿を見ていたら、とてもじゃないけどただの鉄クズには思えず、さびしさがこみ上げます。

 

 

 

がんばってくれたね。10年間ありがとう!

etotoe

 

 

 

程度のいいのが中古市場で見つかったので、次は燃費のいいコンパクトで丈夫なハイブリッドカーにします。2台目も10年乗るぞ!!

 

 

 

そういえばほほももうすぐうちに来て10年。10歳だ。

etotoe (2)

 

 

 

 

子猫時代から重度の水頭症を患っていたほほ。ほほの10年はロングでディープですね。

etotoe (5)

 

 

 

 

高い場所にのぼってドヤ顔のほほ。目が合った直後私におろされてしまいました。

etotoe (4)

 

 

 

ほほすごいねえ。でも落下したらあぶないから、ごめんね。

 

 

 

リビング反対側はリラックスモード。美女たちがお母さんに「寝よう」の誘惑をしてきます。辛い。

etotoe (3)

 

 

 

 

最後に、保護猫サク&セスの話題を^^

etotoe (14)

 

 

 

ひとり不毛な闘いをつづけていたサク坊(黒白)ですが・・・・・・

etotoe (6)

 

 

 

私にとっつかまり

etotoe (7)

 

 

 

洗濯ネットの中に入れられてしまいました。この後私はサク坊を連れてトイレへ

etotoe (11)

 

 

 

 

万が一洗濯ネットから飛び出しても、トイレ(狭い個室)の中なら簡単に捕まる。だからトイレなのです。私に「連れション」の趣味はありませんので誤解のないようお願いします。ペコ。

etotoe (13)

 

 

 

 

トイレの中でパチパチ。これで人間の流血沙汰が減るってもんですよ。

etotoe (9)

 

 

 

以後、なんだか私は急にサク坊がぜんぜん怖くなくなり、サク坊にパンチされてもコネコネしまくっていたら抱っこOKに! 今サク坊は過渡期です。

 

 

 

「人間を信じてみようかな?」と考えなおしてくれています。さわるとガリガリのサク坊。小さな体でいっしょうけんめい世間に抗っている様子は逆に萌えますね。

etotoe (8)

 

 
もういい。サクは人間にドンと任せながらのんびり生きてみなさい。

 

 

きみたちは人間の扶養家族になるのがいちばんです。ほんとうだよ。

 

 

 

ね、皆さま^^

 

 

ツラツラと失礼しました。

 

 

来週もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

スポンサーリンク





花枝(かえ)のトライアルが決まりました、ほか

皆さまこんばんは~!

 

 

ブログでのご報告が遅れましたが、このたび保護猫かえのトライアルが決まりました。

 

 

かえといえば魔性の女性。きっとどんな男性も虜にするでしょう。

 

 

 

・・・・・・が!

 

 

かえの行く先に待っているのは「お姉さん猫」。703号室卒業生の海子あらためももです。

deded (23)

 

 

 

苦労の多かったもも。ゆえに懐も深いはずですが最近はひとりっ子生活を謳歌し、「がまん」をいっさいやめ、はちゃめちゃ楽しく自分の道を生きているそうです(汗)。果たしてももはかえを受け入れてくれるでしょうか? すべては時間が解決すると私は思いますが、里親さん側は当然不安もあるかと。だから1か月半のトライアル期間を設けることにしたのです。

 

 

なつかしい「もものお見合い」はこちらをご覧ください↓

 

 

「海子のご縁が決まりました/幸せの703号室」

 

 

 

お茶会(お見合い)のたびに近所の花屋へ行く私。ちょこっと気分が華やぎます。

deded (14)

 

 

 

さあ、いらっしゃいました。今回もまずはべべ公をヨシヨシしてくださいました。

deded (9)

 

 

 

里親さんの白くやわらかな手に撫でられべべ公ウットリ。よかったねべべ公。この後べべ公がキッチンでおしっこをしてしまったのはココだけの話(苦笑)。

deded (24)

 

 

 

ご夫婦でお休みをあわせ、かえに会いに来てくれたのです。

deded (12)

 

 

 

まだ人見知りの激しいかえはケージでおふたりをお迎え

IMG_9128

 

 

 

ご主人すでにかえにメロメロでした。

deded (15)

 

 

 

ケージにはりついて離れませんでしたもの^^

deded (18)

 

 

 

お茶会はゆったりな感じで行われています。

deded (21)

 

 

 

ふれ合ったり、おやつをあげてもらったり。満天たちも便乗し、みんなおいしいひとときを過ごしました。満天のお見合いの練習にもなりました。ありがたい。ふだんはほとんど私しか家にいないので社交性の高い猫たちでもみんな徐々に内弁慶になってしまうのが悩みだったのです。

 

 

 

こんな風にね。ほほ、丸見えですよ?

deded (3)

 

 

 

里親さんのiPhoneの中にはももの写真がぎっしり。

 

 

かなり溺愛してくださっています。ご主人のiPhoneの待ち受け画像もやっぱりもも。おふたりにももをおねがいして大正解でした。基準値よりほんのり肝臓の数値が高いももは、現在1~2か月おきの通院と日々の投薬をがんばっています。

 

 

幸せそうでうれしい。もも同様、かえもうまくなじんでご家族みんなで仲よく過ごしてもらいたいと切に願っています。かえだってたくさん苦労してきたんだもんね。

deded (17)

 

 

 

しじみの里親りょうちゃんがかえにプレゼントしてくれたコサージュで記念写真を撮りました。コサージュが大きすぎて固まってしまいましたが、艶やかな主役にはピッタリだと思います♪

deded (20)

 

 

 

かえのトライアルはまだ当分先ですがいいコンディションでお渡しできるよう最善を尽くします。

 

 

 

おみやげありがとうございました。猫たちの大好物です。私もえびせん大好き!

deded (4)

 

 

 

本日の保護猫かえ。つぶらな瞳がかわいいです。

deded (19)

 

 

 

本日のべべ公。お昼寝を堪能中

deded (22)

 

 

 

洗濯物を干し終え室内に戻るとべべ公に仲間が増えていました。

deded (25)

 

 

 

本日の保護猫満天と本日のリル。きみたち、なんかあったかいね。

deded (2)

 

 

 

ステキな方からのメールで満天の前脚が「ハート」に見えると教えていただきました。

deded (7)

 

 

 

あああ、そうですね。感動の発見です。

 

 

本日の保護猫ソイル。ケージばかりだとふびんなので思い切ってフリーに

deded (6)

 

 

 

あまぱんとじょうずにごあいさつ。えらいえらい。ソイルは日に日に家庭生活に慣れています。もうじき家族募集ができるレベルです。いい子ですよ。

deded (8)

 

 

 

最後に、保護猫実葉を預かってくださっているマイママさんから届いた写真を!

deded (16)

 

 

 

マイママさんが近所の動物病院で実葉の二度目の不妊手術の抜糸を終えてくれました。これで長かったカラー生活とも完全にサヨウナラです。実葉お疲れさまでした。

deded (13)

 

 

 

出窓にもあがれるようになり猫らしい生活を取り戻しつつあります。10月のあの保護以後、いろんな方のお力をお借りしながらようやくここまで来ました。皆さまどうもありがとうございました。

deded (10)

 

 

 

実葉もソイルも近日中に家族募集をはじめますので、応援よろしくお願いします。

 

 

 

703号室には保護猫満天、かえ(トライアル決定)、実葉、ソイルがいます。

 

 

それぞれを終の棲家に送り出すのを目標に一歩一歩進んでいきたいです。

 

 

明日が皆さまにとっていい一日でありますように。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





ぼくの魅力(一部)

ピチコさん、猫のおやつやフードのプレゼントをありがとうございました。みんなの大好物です!

fullsizerender-1

 

 

 

さあ、本日より保護猫満天のご縁が決まるまでしつこく満天自慢をしていきます。

 

 

興味を持ってくださったお目の高い方はどうぞお問い合わせください。ペコリ。

 

 

今日のテーマは・・・・・・うーん・・・・・・行き当たりばったりで書いているので思いつきません。

 

 

書いているうちに見つかるかもしれません。まあ、とりあえずやってみよう!

 

 

まずは満天の人間ぽい顔をご覧ください。

fullsizerender

 

 

 

「問い合わせが来ないのは保護主の責任です」

img_8878

 

 

 

いじけた顔がツボ。めちゃくちゃかわいいです。

 

 

セリフをつけていますが、実際は問い合わせが来ないことを憂いでいるわけではありません。お気に入りのベッドを奪い合いさぶと一悶着したのでちょっと叱ったのです。

 

 

満天とさぶはキャラが似ています。

 

 

ふたりともうちのすぐ近所で(捕獲箱を使って)保護したのですが、保護したときの捕獲箱内での暴れぶりはすさまじいものがありました。さぶのときは母に泣きついて台車を持ってきてもらい、台車に乗せて703号室に帰りました。母の存在を心強く感じたものです。

 

 

満天もやはり捕獲箱内で必死の抵抗。満天の入った捕獲箱そのものが怖く感じられたほどでした。やっとの思いで703号室に運び入れ、その後emi-goに泣きついて病院へ運んだっけ。

 

 

その日の様子はこちらをお読みください。

 

 

「負の循環をきみと切る/幸せの703号室」

 

 

外の子を保護するときはたいがい情報が不足しています。病歴、推定年齢、性格・・・・・・けれどたとえ譲渡のハードルが上がるとしても、私はなるべく地元の子たちをやりたいのです。すでにだれかに保護されSNSにあがっている多くの「保護犬」「保護猫」たちは見てもらえるチャンスがあるでしょう。しかしうちの近所の野良猫たちはだれの目にも留めてもらえません。

 

 

だから私は、その子たちにスポットライトを当てたいです。

 

 

一頭ずつ連れて帰り終の棲家へと案内したい。

 

 

そうして家のまわりの野良猫たちを減らしていきたいです。

 

 

きっと怒りん坊で健康状態が悪くたいへんに手がかかるだろうと覚悟を決めての満天の保護。

 

 

なのに蓋を開けてみると、満天は天使のように純粋でやさしい男の子だったのです。

 

 

何度も書いているように、ほんとうに私は神さまにボーナスをもらった心境になりました。

 

 

さぶ、満天、あなたたちすごく気が合うわけではないのよね。

img_0021

 

 

 

似た者同士だからこそ好きなものや行動がかぶり、中にはひとつしかないものをめぐっての衝突もあるよね。よくわかる。人間同士もそうだもの。だけど最後は必ず折り合いをつけるよね。与えられた環境の中で生きているふたりは、ふたりともすごくえらいと思う。

img_0013

 

 

 

満天は若いのに毅然としています。満天とほほの「まえならえ」。10歳になるほほが子分のように見えますね。決して満天がいばっているわけではありません。満天は動じないのです。

fullsizerender-3

 

 

 

もちろん、自分勝手なタイプではありません。レディファーストもできます。満天のケージ。満天は日中、ケージ内のドームベッドでお昼寝をするのが楽しみなのですが、昨日は保護猫花枝(かえ)に場所を取られてしまいました。しばらく満天とかえを観察していた私は、満天の男気に感動。堅い板の上でスヤスヤ眠るかえに寄りそっていたのです。満天、いい男よのう(涙)。

fullsizerender-2

 

 

 

このあと満天とかえにおやつを出したのですが、早食いの満天は自分の分を食べ終わり、かえの分を目で狙っていました。「あっ!」と低い声で注意するとしょんぼり顔になった満天。かえの分を奪うことなくうらやましそうにただ見つめていました。頭がいいし聞きわけがいいのです。

 

 

また、あるときはかえといっしょにドームベッドに入っていました。

fullsizerender-4

 

 

 

自分のiPhoneの下手な写真が心底恨めしい。このときふたりともめちゃくちゃやわらかい表情をしていたのです。眺めているだけでこちらが幸せになってしまうほどの。

 

 

満天を吸おうとするかえの頭を手でバシッと押さえています。

fullsizerender-6

 

 

 

ゴロゴロゴロゴロ・・・・・・ふたりで喉を鳴らしながらゆったりと戯れていたのです。

 

 

かえが甘えじょうずなのか、満天の懐が深いのか。

 

 

私は思わずにっこりしてしまいました。

 

 

図体の大きい満天。かえの体が半分以上ベッドから出ていたのはここだけの話^^

fullsizerender-7

 

 

 

若い子らしく、オモチャが大好きの満天。今回はみいさんが以前撮ってくれた写真を載せますが、毎晩私はねこじゃらしで満天と遊んでいます。ねこじゃらしの先端をまあるい目で追いながらお尻プリプリさせ突進の瞬間を狙う満天。じりじり、じりじり・・・・・・獲物と対峙中。

 

 

「今だ!!」

 

 

後ろ足を思いっきり蹴り上げ、ねこじゃらしに飛びつく満天。

 

 

狙い通り獲物を仕留めた満天。ねこじゃらしを咥え、満足顔の満天。

 

 

あああ満天、お前さんは立派な猫だねえ。

img_0048

 

 

 

狭い家でごめんね。なのに一生懸命私と遊んでくれてありがとう。

img_0009

 

 

 

喉を鳴らす音を聞いた。

 

 

ごはんをねだる声を聞いた。

 

 

名を呼べば必ず返事をくれる。

 

 

だけど一度もおまえさんの文句を聞いたことがない。

img_0005

 

 

 

満天の魅力に気づいてくれる人がいてくれるといいね。私はどこかにいると思う。

 

 

手を挙げてくださるのを、満天ともどもお待ちしています。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク