私は“一滴”


追記:12月11日~のコメントのお返事をすべて終えました。遅くなってごめんなさい。許して~! 週末はいせやんに一歩近づくのを目標にがんばります。キッドの保護主さんにもプレゼントを渡す予定です。また記事でご報告しまーす!

 

森が燃えていました
森の生き物たちは われさきにと 逃げて いきました
でもクリキンディという名のハチドリだけは 行ったり来たり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます
動物たちはそれを見て
「そんなことをして いったい何になるんだ」と笑います
クリキンディはこう答えました
「私は、私にできることをしているだけ」

~ハチドリのひとしずく~

 

先日、私はおよそ9年の付き合いのみいさんとともに里親さんの主宰する石鹸教室へ

aaaaaaab (8)

 

エプロン持参でやる気満々の熟女ふたり(笑)。

aaaaaaab (12)

 

石鹸を作るのって意外と大変なんですね。緻密さと体力が必要です。私はどっちも欠けている不良生徒でした。先生、申し訳ありません。

もともとご主人のアトピーがひどくて石鹸作りをはじめた奥さま。家族思いのやさしい女性です。

教室に置かれていた見本↓

aaaaaaab (10)

 

みいさんと私が作った石鹸もこんな風に仕上がるのかな?

1ヶ月熟成させたのちマイ石鹸が完成します。今から楽しみ^^

 

ポカポカのお茶

aaaaaaab (9)

 

さつまいもをふんだんに使った手作りケーキ、コーヒー

aaaaaaab (14)

 

ご主人がご自分の夕飯にと作っていたルーローファンまで厚かましくいただいた私たち

aaaaaaab (16)

 

どれもおいしかったです。ごちそうさまでした。

 

ご主人は台湾出身者の私よりも台湾をよく知る方で、雑誌の出版にも携わっています。

aaaaaaab (13)

 

ご主人の名前発見!

aaaaaaab (11)

 

台湾でしか買えないグッズをくださいました。

aaaaaaab (15)

 

手作りリップと

aaaaaaab

 

みいさんとお揃いのルームシューズ(これまた手作り!)は奥さまからの贈り物

aaaaaaab (4)

 

あたたかい気配りを見習いたいです。どうもありがとうございました。

 

雑談ネタはもちろん「猫・犬」。おふたりの親バカぶりがただただありがたいです。

aaaaaaab (7)

 

みいさんとともにご夫妻に譲渡したのは3匹の子猫たち。先日私が遊びに行った麦&とろろのきょうだいボンゾー&ライゾー&みつまめを育ててくださっています。

 

「いらっしゃーい!」

aaaaaaab (2)

 

元保護犬のコロちゃんが若返っててびっくり。ツキちゃん(犬)も元気そうでした。

 

ボンゾー(元:若丸)大きくなったね。きみかなりハイパーだよね(汗)。

aaaaaaab (17)

 

紅一点のみつまめ嬢。成長後も小ぶりです。

aaaaaaab (6)

 

ライゾー(元:安丸)は人見知り男になったんだね。会いたかったよとても。

aaaaaaab (5)

 

悪びれることなく「普通に」子猫を捨てにみいさんち付近をウロウロ歩いていた女性をみいさんが偶然見かけたのがいきさつで、その地域の子猫5匹、成猫3匹を保護することに。

みいさんの性格上、当時の心境は「見たくなかった」「知りたくなかった」「関わりたくなかった」の三本柱だったでしょう。でも、みいさんは見てみぬふりをしませんでした。

それをやったら身を切り裂かれるような後悔に苛まれることを知っているからです。

ならば私も同じ船に乗ろうと思い、3匹の預かりと5匹全員の里親探しを引き受けたのです。

この子たちの立派な姿をこうして拝めるなんて、感無量です。

aaaaaaab (3)

 

※私はリアルファーは着ません。アクリルです。

 

スクスク育ってくれてありがとう。

麦&とろろを含め5匹とも不妊手術を終えオトナの階段を急ぎ足でのぼっています。

 

私はときどき、自分の微力さにうんざりします。

なんでこんなにもできることが少ないのか。

悔しいことが多すぎる。なぜ日本の犬猫たちの地位は、哀れなほど低いのだろう。

私のやっていることは、意味があるのでしょうか?

今までずっとそうでした。定期的に襲ってくる空虚感。これからもきっとそうです。

虚しくて虚しくて自分の弱さや小ささを嘆き、地団駄を踏みつづけるでしょう。

 

でも、そういう自分を癒す方法も、私は少しだけ知っています。

大河の一滴、ひと粒の砂……私の力や存在はその程度です。

自分の微力さを認めた上で、努力すべきことをし、歩きつづければ、やがて自分の暮らしたい世界に近づくと信じています。

 

「やれない」

もしなにもしないうちから言い切ってしまったら、その先にはなにもありません。

希望を宿すには「やる」しかないのです。

私たちの行動は必ず証明できると思います。

この国の方向性を。

私たちは自分の住みたい国を、自分の手で築いていくべきですよね。

生理的に野良猫のみすぼらしい姿が嫌いな私は(笑)、家猫を増やして満足したいです。

ハチドリのひとしずく、だとしても。

 

縁あってうちを経由し「家猫」になってくれた愛おしいあなたたちへ

3be (20)

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





4件のコメント

  • 阿呆の一生

    私が心の拠り所にしてる言葉で、
    成功の秘訣は誰にもできることを誰よりもやる
    というのがあります。
    特殊な能力が無くても一歩勇気を出せば誰にも出来ることってありますよね。例えば朝早く起きるとか。
    思わずコメントさせて頂きました。

    • anny703

      阿呆の一生(チチ)
      いやみをありがとう。
      チチも誰にでもできる仕事をだれよりもがんばってね。チチですよね?
      なんかわかるんだよねチチだと。

  • ピチコ

    眩しいアンニイ様、私はTNRしか出来ないから猫を保護して家猫にしているあなたの偉業が眩しいです。いつも野良猫のえさやり、なでなでのあとはバイバイです。そんな時、アンニイ様ならこの愛しい子達を保護するのだろうと思って切なく悲しいです。でもアンニイ様も、誰だって切ない想いを抱いて生きて行くしかないのですね。生きて行くのが辛い時は、全てが思うように行かない事を味わうためにこの世に生まれて来たのだと思い出し、味わって前を向きます。そうしか出来ないから。眩しいアンニイ様へ。

    • anny703

      ピチコさま
      わたしはお話を伺っている限り、偉業をなしているのはピチコさまのほうだと思います。TNRはだれにでもできることじゃありません。だれにでもできるかもしれませんが、やろうとする人がいったいどのくらいいるでしょうか?
      どうかご自身に正当な評価をあげてねぎらってあげてくださいね。
      どうしても保護したい子がいる場合はメールください。私でもお役に立てることもあるかもしれません。
      そしていつも厚いご支援ありがとうございます。

コメントを残す




*