深呼吸色のカーテン(犬猫ほとんど出てきません)

映画字幕翻訳家の松浦美奈さんから整腸剤のプレゼントが届きました。卒業生実葉へのお祝いコメントつき! うれしいです。松浦さんありがとうございます。

1katen (7)

 

 

 

松浦さんは猫をふかーく愛する方で、ご自宅のまわりの困った猫を何匹も保護し、厚いケアをしています。障がいのある猫も若くない猫も病を患う猫も関係なしに。保護エピソードは男前で、私は松浦さんをとても尊敬しています。昨年はマックスくんを里子に出しました

 

 

松浦さんが訳された映画はたくさん観ました。アナ雪やアメリカンスナイパーもよかったのですが、私は戦場のピアニストが胸に残っています。珠玉の名作ですよね。また観ようかな。

 

 

 

さて、お昼はサク坊がめちゃくちゃに散らかしたリビングの片づけを^^;

1katen (16)

 

 

 

 

夜は「無料ネイル」狙いで妹家へ

1katen (22)

 

 

 

妹の会社の愚痴をおとなしく「うんうん」聞いてさえいりゃ、タダでネイルしてもらえるのです。

 

 

 

「おまけ」までもらいました。「ガビガビのその顔につけるといいよ」とのこと。

1katen (3)

 

 

 

は、はいっ。そうしますね! ありがとう。

 

 

 

妹んちから帰宅後、iPhoneカメラロールをいじっていると、なつかしい写真が・・・・・・

 

 

 

昨年の秋頃撮ったのが出てきました。よし! これをブログネタにしよ♪

1katen (23)

 

 

 

今回は犬猫ではなく、私の趣味についてです。興味ない方はスルーしてください。

 

 

 

通販で買った寝室の前のカーテン。10年以上使ってボロボロに。繰り返し洗っていたのでけば立っているし、すその方は保護猫たちに裂かれ恥ずかしいレベル。

 

 

 

実葉を保護した頃、私はカーテンの買い換えを決意し、近所のホームセンターと、カーテンじゅうたん王国(知ってます?)の2社をまわり、あれこれ物色。

 

 

 

そしてついに出会ったのです。

1katen (17)

 

 

 

カタログを眺めながらイメージを膨らませる。うちに合うのはどれ?

 

 

 

心がウキウキと弾みました。私は家をいじるのがほんとうに好きです。

 

 

 

予算をちょいオーバーしたけど、定価の50%オフだし、これにする。

1katen (9)

 

 

 

 

布地にかすかな光沢のある2級遮光。気に入ったレースカーテンとの相性がよさそう。

1katen (5)

 

 

 

せっかくカーテンを新調するのだから、むき出しのカーテンレールに「カーテンボックス(バランス)」をつけたい。ボックスの色やサイズを業者さんと念入りに打ち合わせ!

1katen (11)

 

 

 

ボックス設置前。私はレールにチチがYシャツを大量にかけるのがイヤでした。

1katen (2)

 

 

 

ボックスをつけたあと、Yシャツをかける場所がなくなったので、チチはYシャツ類をクローゼットに入れるようになりました。くわえて、ボックスをつけることで「保温効果」を得られ電気代の節約にもなるのです。見た目も格段によくなるし、一石三鳥ですね~!

 

 

 

職人さんによる施工。この職人さんは偶然にも以前うちのリビングのカーテンを修理してくれたことがあるんですって。ふふ。猫の話で盛り上がりました。

1katen (19)

 

 

 

あっという間に、完成。あああ、いい!!

1katen (14)

 

 

 

壁は水色ですが、ボックスは「くすんだ白」をチョイス。天井の色とそろえています。

1katen (4)

 

 

 

保護部屋には木製のブラインドを。これも色が多すぎて迷いに迷ったけど、白に落ち着いた!

1katen (20)

 

 

 

グレーともブルーともつかない色のレースカーテン。時間帯やみる角度によって透明度や色彩感が変わってくるのです。うーん、深呼吸みたいな色?

1katen (8)

 

 

 

 

トルコ産のレース。ひじょーに美しい。毎日自分ちの寝室のカーテンにウットリしています。

1katen (6)

 

 

 

 

しつこい? ついつい目がいくもんで(笑)。

1katen (13)

 

 

 

カーテンの交換後、寝室を片づけようと決めた私

1katen (21)

 

 

 

私にもやればできるんだ・・・・・・

1katen (18)

 

 

 

ライトなんかつけちゃって。もう読書ざんまいですよ。

1katen (15)

 

 

 

しばらくは寝室に入るのが楽しみで仕方がなかったです。

1katen

 

 

 

「お母さん だけど今は?」

1katen (12)

 

 

 

 

へへ。ほんのり変わっちゃったね。そもそもべべの介護でベッドのマットレスはリビングに持っていってしまったし、サイズの合わないマットが無造作に敷かれているだけの状態に(汗)。

1katen (10)

 

 

 

 

でもカーテンはあの日のまま! いつかまた整理して、整理した空間を堪能しようと思います。

 

 

 

それまではフワッとゆるっとね。

 

 

 

数百の犬猫たちがバタバタと巣立ち築年数が二桁の中古マンションですが、私にとっては城。

 

 

 

自活するまで狭い賃貸コーポと古い団地を転々としながら暮らしてきた私は、「ペットOK物件」自体が夢だったし、自分の家に好きなものを置いて犬猫たちと暮らせるなんて幸せすぎます。

 

 

 

磨きながら末永くたいせつにしていきたいです。お子たちといっしょに。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク

保護猫満天 と 台湾旅行(準備~到着まで)

ねえねえ満天~! きみ明日病院ね^^

7598-6

 

 

 

「えマジすか?」

7598

 

 

 

皆さまこんばんは。台北より帰ってきました。

 

 

たった3泊4日なのに大げさだと思われるかもしれませんが、闘病中のお子らを置いて14年ぶりに国外へ出たのです。3泊でも私には長い長い離れ離れでした。

 

だいたい、今まで3泊なんてしたことありません。犬猫と暮らしてから「旅行」をほぼ封印していた私。しかし今回は仲のいい従弟が結婚するとあって、どうしても式に参列したかったのです。

 

年老いたアマー(祖母)に会いたいし、がんで亡くなった叔父らの墓参りも行きたい。仕事が忙しいチチにお子らをお願いするのは心苦しかったですが、わがままを聞いてもらえて感謝しています。でも自分で松嶋菜々子に似ていると言った覚えはありません。だいぶ前に一度だけ、「昔、友人に松嶋菜々子に似てると言われたことがある」と自慢した程度です。

 

 

 

「性別と年代とヒト科が共通項ですのでまあざっくりと【アリ】ですよ」

7568-7

 

 

 

「あ、ハハ怒っている顔は般若で、ぼくの催促を無視する顔は能面に似ていますよね」

7568-8

 

 

 

笑。満天は寝起きの顔が小猿に似てるよ?

 

 

 

保護活動とは関係がない上、ヘラヘラしてくだらないと気分を害する方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかくの機会に恵まれ生まれ故郷にしばし滞在できたので、ブログにつづりたいです。興味のない方はどうかスルーでお願いしますね。

 

 

『準備』

 

ここに書ききれないほど入念にしました。天災、飛行機事故に備え、遺言状のありかを友人に伝え、チチが鍵をなくし家に入れないことを想定し、第三者に合鍵を預けました。

 

 

仮に私の身になにか起きても、お子たちが共倒れしないよう心を配るのは当然のこと。

 

 

庇護が必要な存在だもんね。

7568-6

 

 

 

お子たちの薬を取りにちょくちょく病院へも。

7568-5

 

 

 

妹家には留守番をしてくれる親族が泊まる予定ですが、妹の愛犬まめも心臓病と闘っています。この日は会社帰りの妹を大巻先生の病院の最寄り駅で拾い、まめの薬を取りに行くのをつき合いました。

7598-2

 

 

 

帰り、空腹を訴える妹と行きつけの定食屋へ

7598-4

 

 

 

メニューがいっぱい♪

7598-3

 

 

 

たらふく平らげました。

7598-5

 

 

 

お礼に妹がネイルをしてくれました。

7568-3

 

 

 

日本の結婚式のイメージカラーが「白」なら、台湾は「紅」。傷だらけの手足に華やかな色をのせ台湾風に仕上げてもらいました。無料ですし、ささっとやってくれるので時間も短縮。

7568-2

 

 

 

ありがとう。派手かな? でも一度きりの人生、したいようにするのがいいね。

 

 

クローゼットを開けると、穴の空いたジャージ、ひざが伸びた家着、伝線したストッキング、洗濯しすぎで毛玉が目立つタイツばかりでガッカリ。イカン女子力大事!

 

 

けれど極力出費を抑えたい。となったら?

 

 

 

へへ。庶民のメッカ、主婦の味方「しまむら」でしょう~!

7568-9

 

 

 

パジャマ上下、ストッキング3足、靴下2足で3,260円! だーいすき♪

 

 

 

そしてチチにはカレーを大量に作っていきました。もちろんムダな買い食いを防ぐための節約を兼ねていますが、「ジャガイモいっぱいのカレー」こそが本人の要望だったのです。

7568

 

 

 

準備が大詰めの中、チチは出稼ぎへ出かけたまま。ほんとうは口頭で最終引き継ぎをしたいのにかなわず。もうさんざんうるさく話してきたのだからいいかげんやめようと思いましたが・・・・・・耐えられずにまたやってしまったのです。大量のメモを残すというしつこさ^^;

7568-4

 

 

 

準備に準備を重ね、荷物をまとめ、ダブルチェックを終え12時すぎに就寝。

 

 

常にまわりを巻きこんで2時間前行動を心がけるウザい妹のゴリ押しで朝の4時半に出発。

 

 

チチは午後まで帰ってきません。後ろ髪を引かれる気持ちでしたが、行ってきます。

 

 

 

妹の運転で羽田空港へ。美しいツリーが飾られていたので母と写真を撮りました。

img_2160

 

 

 

3時間以上の無意味な「待ち」をもエンジョイ中

img_2168

 

 

 

ひさびさの飛行機。むろんエコノミークラスでしたが、窓際の席をゲットできました。

img_7153

 

 

 

富士山を眺め息をのむ。日本は・・・・・・すごいきれいです。

img_7154

 

 

 

羽田で朝ごはんを食べ(うどんとおにぎりのセットでした)、機内食を平らげ、台北松山空港着

img_2174

 

 

 

地下鉄に乗り、ホテルをめざしました。松山空港からはたったの4駅。台北は小さいのです。

img_2181

 

 

 

ホテルは妹のチョイス。どういう手を使ったのかは不明ですが、HPに載っている価格よりだいぶ安く取ってくれましたよ。選んだ基準は結婚式を行う従弟の実家から徒歩10分の立地だからだそう。もっと近いホテルもあったのですが、あまりにも近いと過干渉な叔母がちょくちょく様子を見に来そうで不安だったんだとか(笑)。なるほどね。

 

 

荷物をホテルに放り込んで早く街へ繰り出したい。

img_2183

 

 

 
この時点でまだ、台北は午前中でした。ふふ♪

 

 

つづく

 

 

スポンサーリンク

紅い招待状 ほか

今年もまた卒業生ビビのご家族より素敵な贈り物が届きました。

ea1-14

 

 

 

猫型のクッキーおいしかったです。ひとつひとつ表情がちがうんですよ。オシャレ!

ea1-13

 

 

 

へへ♪ ビビアルバム、2冊目だ! うれしいいい!

ea1-18

 

 

 

昨年分はこちらをご覧ください。ビビの卒業記事や募集経緯についても触れています。

ea1-17

 

 

 

今年は家族が増えてます。めくっていてほんとうに幸せな気持ち^^

ea1-16

 

 

 

里親さんがどれほどビビを溺愛してくれているのか、一目瞭然ですね。

ea1-15

 

 

 

すばらしいご縁です。ビビのご家族の皆さま、どうもありがとうございました。

 

 

 

さて、あと数日で我が家を巣立つお二方

ea1

 

 

 

体調はすこぶるいい感じ

ea1-12

 

 

 

ココア、眠そうですね?

ea1-10

 

 

 

ミルク、おなかすきましたか?

ea1-11

 

 

 

ナナがふたりを気にしてサークルのまわりをうろちょろ。姉妹は迷惑そう^^;

ea1-9

 

 

 

異種交流といったところでしょうか?

 

 

ナナちゃん、若者はしつこい年寄りを嫌います。ほどほどにね。

 

 

 

おブスの1枚。いつも美しいからたまにはこんなショットもいいでしょ?

ea1-2

 

 

 

「お母さん あたしはイケてる写真にしてね」

ea1-8

 

 

 

はいよ。イケてるやつね。リルは写真より実物のほうがいいって言われるよね。

 

 

「生リル」がいちばんイケてると思います。毎日独り占めして申し訳ないくらいですよ。

 

 

親バカですみません。

 

 

 

ふふ♪ きたきたっ! 台湾のいとこから結婚式の招待状が届きました。

ea1-7

 

 

 

もうすぐ私は14年ぶりに台湾へ里帰りします。3泊4日の予定です。

 

 

行くのは14年ぶりだけど、いとこや親戚らが毎年だれかしら遊びに来てくれるのでひさびさの気がしません。亡くなったおじの墓参りやアマー(祖母)に会うのが楽しみです。

 

 

 

美男美女夫婦ですね。いとこは右の王文範くん。やさしくてハンサムで礼儀正しい青年。

img_5710

 

 

 

王文範は弁護士をしており、お嫁さんは検事。私とチチとはちがって優秀な夫婦です。

 

 

あああ。テンションがあがりまくり。

 

 

しかしお留守番組がどうしても気になる。おちびさんたちは卒業する予定ですので、703号室にはべべ、ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶ、そして保護猫満天がいます。私がいない間、チチがイクメンしてくれるとのことですが、投薬やごはんがちゃんとできるか正直心配・・・・・・。

 

 

まあ、何度もお願いし申し送り事項を書いておけば大丈夫かなあ。

 

 

 

里帰りが迫っているのに、爪がボロボロの私を不憫に思い妹がネイルしてくれました。

ea1-3

 

 

 

前の残骸を丁寧にオフ。それにしても手が傷だらけで汚い。

ea1-4

 

 

 

趣味で揃えたというセルフネイルマシーン。妹夫婦とおしゃべりしながら仕上げていきます。

ea1-6

 

 

 

おおお。それなりになった! お値段はもちろんタダ。ありがとう。助かりました。

ea1-5

 

 

 

妹夫婦も台湾へ行くのが相当待ち遠しいようで3人の台湾ネタは尽きません。

 

 

たった3泊ですが、今からドキドキしています。フワフワもしています。

 

 

お子たちと離れるのが不安ですが、どうせなら思いっきりエンジョイして来ようと思います。

 

 

明日は保護猫「実葉」に会います。そちらも超楽しみ!

 

 

皆さま今日も一日お疲れさまでした。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク

麦ととろろに会いました

いろんなことがまた滞りがちになっています。関係者の皆さま申し訳ありません。

ごましおの家族募集とPOSTCARDだけはスピーディにやってます(笑)。ご入金確認が取れ次第24時間以内に送らせてもらっています。あまりにも遅すぎる場合は宅配事故などが考えられるので絶対にご一報ください。

 

保護猫ごましおは元気です。あまぱんも引く食べっぷり!

IMG_0338

 

さて、本日私はドライブがてら卒業生のお家に遊びに行ってきました。

このお方たちを覚えていらっしゃいますか?

1 (6)

 

我が家にいた頃は紅緒と長丸という仮名でした。

2匹セットで里親さんのもとへ(画像は里親さんより)

IMG_0320

 

いつもラブラブのおふたり♪(画像は里親さんより)

IMG_0319

 

ひとまわり体の大きなとろろ(長丸)が先に去勢手術を終え次は女の子の麦(紅緒)の番です。

 

「あハハだ! いらっしゃーい!」(とろろ)

IMG_0373

 

 

ママに抱っこされる麦嬢

IMG_0388

 

 

この子たちの里親さんはきょうだい(ライゾー、ボンゾー、みつ豆)の里親さんとも交流があり、5きょうだい同じ病院にかかっています。

ファミリー同士が繋がっていてくれて、保護主としては最高にうれしいですね。

 

とろろがくぐっているブルートンネルはきょうだいの里親さんからの贈り物♪

IMG_0382

 

 

ママにべったりの麦嬢

IMG_0392

 

 

甘ったれモードでした。

IMG_0414

 

 

イケメンとろろくん^^

IMG_0428

 

 

おてんばの一面もある麦嬢!

IMG_0431

 

 

里親さんはこの子たちの成長記録として写真をこまめに撮り、医療ケアのファイルを作って管理しています。ありがたいですね。

IMG_0405

 

 

捨て猫だった麦&とろろはみいさんに運よく保護され我が家にやってきてくれました。里親さんに渡した命のバトンを里親さんは大切に握りしめてくださっています。

こういう姿を目の当たりにすると、ごましおのご縁探しもがんばろうと思えるのです。

かけがえのない時間をありがとうございました。

エネルギーチャージしてパワー満タンの私!

里親さんがネイルケアしてくださったので(手だけ)女子力も上昇です↑↑↑

IMG_0434

 

超お気に入りです。ありがとうございました。

12月はみいさんとともにこの子たちのきょうだいのお家にも遊びに行く予定です。

ところで、深夜に帰ってきたチチ。12時半を過ぎているのに「夕飯なあに?」ですって。こんなに遅くなるんだったら、どこかで食べて来てくれればよかったのに(苦笑)。

まあ、簡単に作って出しましたよ。変な時間に食べてばかりで健康を害さないといいけど。

 

 

スポンサーリンク

ラストネイルケア

ビーナスのお輿入れを前に、今日爪を切りました。

洗濯ネットに入れられた彼女は、無抵抗でありながらもかすかに震えていて……。

彼女の振動に彼女の情緒や意思を感じました。

彼女は人間となんら変わらない“心”を持って生きているんだと改めて気づいたのです。

ais

 

洗濯ネットから出された彼女の手はあまりにも頼りなくて

私はその手を握り締めマジマジと眺めました。

こんなに小さな肉球を地面につけ、あなたは歩いてきたんだね。

ネイルケアを終えたビーナスを洗濯ネットから開放する前に

ネット越しに彼女を抱きしめてみました。

こんぶ姫さま、縁あって共に暮らせて本当によかった。

fha

(写真:猫撮る氏

 

あなた幸せになるべきだわ。

 

 

スポンサーリンク