ぽんこま祭り2 ぼくたちそれぞれの再スタート

「とら兄へ そちらはどうですか? うちにあたらしい しましまが来ました」

koma2 (11)

 

 

 

 

「こんな風貌をしています」

koma2 (9)

 

 

 

 

「先月末からいたそうですが 数日前 はじめて 家の中で姿を見かけたのです」

koma2 (12)

 

 

 

 

「とら兄が 大好きだったぼく」

koma2 (6)

 

 

 

 

「とら兄と いつもいっしょにいたぼく」

koma2 (7)

 

 

 

 

「アニキの大きさと ぬくもりに ぼくは包まれながら生きてきました」

koma2 (17)

 

 

 

「最近は こうして おひざで さびしさを紛らわせています」

koma2 (16)

 

 

 

「と とら兄? とら兄なの?」

koma2 (13)

 

 

 

「こま吉(デカ円)です ぼくは 703号室からやってきました 着いた当初はこわくてこわくて ぼく専用のお部屋のベッド下から出られませんでした」

koma2 (3)

 

 

 

「監視盗撮カメラに写るぼく 勇気を振り絞り ベッドの下から 一歩抜け出したときの証拠写真」

koma2 (4)

 

 

 

「毎日 知らない人に声をかけられて ごはん運ばれて・・・・・・知らない人だったのに ぼくたちはだんだん 顔見知りになっていきました ここにはチチもハハもいません この人たち以外 だれも来ないのです どうして?」

koma2

 

 

 

「ぼくは ちょっとだけ近づいてみることにしました ふたりを ためしてみようと思ったのです ぼくを煮て焼くつもりなのか ちがう意図があるのか この人たちはなにを考えてぼくのもとを訪ねてくるのでしょう?」

 

 

 

「いつの間にか ぼくにも うまく説明がつかないのですが こうして撫でられることが楽しみになってきました ぼくがシャーしても 冷たくしても 相も変わらず にっこり顔を 向けてくるのです こういう人たちを 世間では 【お人好し】と呼ぶのでしょうか?」

koma2 (5)

 

 

 

「ぼくは 基本 ご主人派です 実はけっこう好きです つい甘えてしまうのです ママさんとは まだじゃっかん距離を置いています 理由はぼくが 男好きだからです けれど 手にちゅーるを持ったママさんは例外 つい愛想をふりまいてサービス おお喜んでる 感動してる もういいから その手のちゅーる 早くよこしてください」

koma2 (14)

 

 

(※ この写真を撮ったのはピンできちこさんちに遊びに行ったうちの妹・笑)

 

 

 

【そろそろぽん吉に会わせてみようかね】

 

【そうだね 会わせてみようか】

 

 

 

「いったい なんの会話ですか? この家に まだぼくの知らぬ秘密があるのですか?」

 

 

 

「え だれ・・・・・・」

koma2 (12)

 

 

 

 

「そっちこそ だれ?」

koma2 (15)

 

 

 

「ぼくは 夢中で追いかけました においを たくさん かぎました 鼻キッスもしてみました ぼくがここまで大胆になったことに いちばん 驚いたのはぼく自身です」

koma2 (10)

 

 

 

「まったく相手にされないときは ひとりで くつろいでいます」

koma2 (18)

 

 

 

 

「そして とうとうここまで近づけるようになりました」

koma2 (2)

 

 

 

「ぽん兄へ ぼくは とら兄に比べたら 取るに足らない青二才ですが ぽん兄と暮らすために ぽん兄のお家にやってきました ぽん兄に会った日に ぼくは ぼくが ここに来た意味がわかった気がしました ぼくたちなら 仲よく やれそうですよ? ぼくたちなら たとえケンカしても ぜんぜんだいじょうぶだし ぽん兄がひとりになりたいときは ぼく そっと見守れるよう 努力します ちなみに ぼくもぽん兄と同じ出身地です こま吉と申します すこーしずつでいいから ぼくに近づいてみてください」

koma2 (8)

 

 

 

ぽん吉とこま吉のほほえましいストーリーはきちこさんヒスロックさんのツイッターでごらんになれます。徐々に心の距離が縮まっていくさまにウルウルしています。こま吉がんばれ!

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





ぽんこま祭り1 ご縁のいきさつからお届けまで

べべのことで皆さまにご心配をおかけしてごめんなさい。

 

べべはあいかわらずですが、今日オシャレしてみいさんに写真をたくさん撮ってもらいました。

 

主役は家族募集を控えている保護猫海子だったのですが、みいさんのカメラを覗いたらべべの写真のほうが多く入っていたような気がします。ちなみに人見知りボーイの保護猫ジョイは案の定あまり撮れませんでした^^; いい! ジョイの撮影は私が腕を見せます!

 

うれしい来客も。私と長年いっしょに活動してくだった小宮さんが北海道から会いに来てくださったのです。小宮さんやみいさんが来てくれた日の様子は今度UPしますね。

 

 

お子たちのこと、保護動物たちのこと、703号室は二本柱を軸に放出していきますね。

 

 

今夜はトライアル中のデカ円あらため「こま吉」が主役です。

IMG_9917

 

 

 

こま吉を保護したのは昨年10月。ご存じのとおりなかなか人なれせず家族募集のスタートが遅れました。一般募集も考えたのですが、チチが手放すのが辛いと漏らしていたので、いろいろ考えたあげく、思い切ってぽん吉の里親きちこさんに手紙を書いてみたのです。

IMG_9912

 

 

 

手紙を書いた当時、きちこさんは「とら吉」くんを亡くされてまだ日が浅く、私は迷いながら筆を進めました。もし、失礼に当たったら? 私の本意を誤解されたら? 傷つけてしまったら?

 

 

だからちゃんとは書けませんでした。書いているうちになにを書きたいのかわからなくなってしまい・・・・・・あまりにも意味不明の一通を破き捨ててしまおうかとも思ったのですが、この中途半端さこそ今の自分の気持ちなので迷いながら投函。

 

 

数日後、きちこさんから返事のハガキが届きました。

 

 

私に負けないくらい、もやもやっとした内容でした。

 

 

きちこさんらしい。

 

それから私たちはなんとなく核心に霧をかけながらも、お互いを意識していたと思います。

 

 

半月ほど経過。いや、もっとだったかな?

 

 

きちこさんが「いつ里」や「ペットのお家」を覗く余裕が出たのを知り、私はハッキリとじぶんの思いを伝えました。きちこさんもご主人も私と同じことを考えてくださっていたそうです。

 

 

そして、とら吉くんの49日を終えた翌週、こま吉主宰のあのお茶会が実現。

 

 

きちこさんに手紙を書いた理由は、単にきちこさんのお家で長年FIVキャリアの子たちを愛育しているからではなく、卒業生ぽん吉がぬくぬくと暮らしているからだけでもなく、おふたりの猫に対する愛情と粘り強い根気を知っているからです。きちこさんは外で生き場を失った成猫2匹の保護と家族募集をやり遂げました。猫にいっさいの偏見がなく、深い理解をしめす方です。

 

 

 

長くなりましたが母につき合ってもらった例のお届けの日の写真をごらんください。

 

 

 

ドライブの末、到着~

IMG_9950

 

 

 

何度も遊びに来た居心地のいい空間

IMG_9929

 

 

 

母もすっかりくつろいでいます。

IMG_9923

 

 

 

この猫タワーにこま吉がのぼる日が来るのかな^^

IMG_9928

 

 

 

にっこり

IMG_9927

 

 

 

こま吉用に独立したお部屋とケージを準備してもらったのですが、私がこま吉をじょうずにケージに誘導できず、こま吉はベッド下に籠城。きちこさんごめんなさい。

IMG_9919

 

 

 

こうなったら無理やりやれません。予定外ですが、ベッド下からスタートすることに。

IMG_9921

 

 

 

きちこさんちはマンションにしてはめずらしい造り。こま吉の部屋からリビングまでそれなりの距離があり、こま吉とぽん吉は距離をちょっとずつ縮めていける感じなのです。

IMG_9942

 

 

 

リビング横の和室の押し入れに籠城しているのはぽん吉

IMG_9922

 

 

 

ぽんぽん、ぽんとこまちゃんはふたりとも703号室の近所で保護された者同士。

 

 

同郷のよしみでこまちゃんとなかよくしてくれたらうれしいな。

 

 

 

ソファ横に設置された猫のトイレゾーン。透明のパネルがいいですね。うちもほしい。

IMG_9926

 

 

 

天国のとら吉くんにごあいさつさせてもらいました。

IMG_9948

 

 

 

玄関のとら吉くんのメモリアルゾーンが素敵です。

IMG_9945

 

 

 

お茶とおいしいお菓子をいただいて

IMG_9935

 

 

 

私の無遠慮なところは母親譲りのようですね(爆)。

IMG_9940

 

 

 

女性陣でパチッ

IMG_9937

 

 

 

ベッド下のこま吉はそれどころじゃないので人間だけで記念撮影です。

 

 

 

新鮮なお野菜や

IMG_9964

 

 

 

たくさんのおみやげとこま吉の医療費を過分にお預かりしました。ありがとうございました。

IMG_9962

 

 

 

さて、肝心のこま吉の近況ですが、きちこさん、ご主人のヒスロックさんのツイートやラインで届いた写真をまとめて次回お送りします。トライアルがつづいていますので、かつくんからの卒業生としての紹介はもうしばらくお待ちください。でもこれがお届けレポになります^^;

 

 

こま吉、がんばっていますよ。

 

 

ぽん吉もがんばっています。

 

 

つづきをお楽しみに~♪

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





きみこそが

べべ以外の子たちがレパートリー豊富な食事をしている傍らで

 

べべはみんなをうらやましそうに眺め

 

ときには盗み食いをはたらきお母さんに叱られた上、下痢や嘔吐に苦しんでいたね。

kiminonawo (18)

 

 

 

べべがもうどうにもならなくなったら、そんときは好きな物をなんでも食べさせてあげる。

 

今はまだだめ。

 

べべは胃が半分ないでしょう? 命を賭して何度も大手術したんでしょう?

 

うらやましいのはわかるけれど、がまんしてね。

kiminonawo

 

 

 

ほぼ毎日言い聞かせてきた約束どおり、近頃は毒以外なんでも食べさせることにしました。

 

ときが迫って来たのです。いよいよ、どうにもならなくなったから。

 

なのにべべはあまり食べようとしません。

 

 

よだれを流しながらほしがっていたお肉もヨーグルトもチーズも。

kiminonawo (16)

 

 

 

「食べることは生きること」

 

 

そう言いつづけてきた私にとって、この現実こそたとえようのない悲しみです。

kiminonawo (13)

 

 

 

べべが宇宙上でもっとも好きです。

 

こうなってしまったからべべが惜しくて言っているのではありません。

 

べべが家族になってくれてから1日として欠かさず思いつづけてきたことです。

 

 

 

べべと私がまだお互いに若かった頃、私はそれまでの生活を捨て離婚を決意しました。

 

離婚前は物質的に恵まれていたけれど、べべ以外はぜんぶ要らなかった。

 

べべだけいてくれたら充分でした。

 

 

いわゆるバツ1だった私を支えてくれたのは、べべの存在。

 

私は会社のデスクにべべの写真を飾り、定時が近づくと胸が躍りました。

 

 

ワンルームでクマのぬいぐるみといっしょに私を待ってくれているべべを想像するだけで全身に痛みを感じました。べべに会えない時間は私にとって拷問に近かった気がします。

 

 

べべに出会ってから人生のなにもかもが変わりました。

 

 

実は、私のような人間にも命を慈しむ心がじゃっかん芽生えたのがいちばんの驚きです。

 

 

べべにぞっこんなのに、べべがいたからこそほかの犬猫たちに目が向くようになったなんて、矛盾する話だと思われるかもしれませんが、うまい説明文が浮かびません。

 

 

矛盾の中でべべにさびしさを植えつけたのも事実です。

 

 

でもそれが私の本心です。

 

 

 

昨日、クリーニング屋につき合ってもらいました。

kiminonawo (7)

 

 

 

耳が遠くなってきたから、お母さんの声、届くかな?

kiminonawo (5)

 

 

 

もし耳で聞こえないなら、心で聞いてほしいんだけど、べべいつもありがとうね。

kiminonawo (3)

 

 

 

クリーニング屋の前が子どものたまり場化し、べべの愛車を駐車できませんでした。

kiminonawo (11)

 

 

 

仕方なく端に入れてもらうことに。

kiminonawo (9)

 

 

 

べべは「かわいい」と言ってほしいのに、だれも近づいてくれませんでした。ちょっとガッカリ。

 

 

私は店の外でべべと洗い上がったワイシャツ類を待つことに。

 

 

 

さあ、帰ろ。重いからべべの車に載せてもらうね。

kiminonawo (14)

 

 

 

公園への寄り道。草や土を踏んでごらん。

kiminonawo (17)

 

 

 

いろんなにおいをかいでごらん。

kiminonawo (19)

 

 

 

べべも連れて入れるお店でべべの食べれそうなものをいくつか揃えて帰宅。

 

 

冷蔵庫や食品庫はべべの「食べれそうなもの」であふれかえっています。

 

 

べべが食べれなかったらムダを出さないようチチやほかのお子たちに与えています。

 

 

 

家に戻ったあと、鯛の入ったおじやを作ってみました。

kiminonawo (2)

 

 

 

ほんの数ヶ月前なら目の色を変え喜んでくれたでしょう。

 

 

けれどどこか自信がもてず、ミキサーで潰してみました。

 

 

 

これならどうかな? 一口だけでも、お願いべべ・・・・・・

kiminonawo (4)

 

 

 

お・・・・・・お皿舐めはじめた。興味があるようです。

kiminonawo (6)

 

 

 

ドキドキしながら見守ること3分。ゆっくりとですがべべ完食!!

kiminonawo (8)

 

 

 

べべすごいねえ。やるよね。

 

 

 

ちなみに食にうるさいリルはプイ^^;

kiminonawo (10)

 

 

 

リルが手をつけなかった分はタッパに戻して保存。もったいないもん。

 

 

 

最近のべべの変化にチチも苦しんでいます。今夜はべべを風に当たらせようという話になり、近所のスーパーまで行ってきました。

 

 

私が買い物をしている間、チチはべべを愛車から降ろし、少し歩かせてくれたようです。

 

 

ちなみに買ったのはこちら

kiminonawo (12)

 

 

 

消費が半端ない猫砂2袋。べべの飲めそうな犬用牛乳(結局飲んでくれなかった)。もも肉。

 

 

 

スーパーから出てきた私を、べべはよく見えない目で捉え、うれしそうにしっぽを振りました。

kiminonawo (15)

 

 

 

私はこれから起こることに耐えられないかもしれません。

 

 

べべが私の太陽です。

 

 

スポンサーリンク





同じ病気と闘うおれとナナちゃん

さかえ先生チョコやドレッシングありがとうございました。おいしくいただいています。

mikeisai (2)

 

 

 

さて、703号室のある夜。私は保護猫海子の前でキリリ顔の最中のほほを見かけました。

 

 

「ぼき うみちゃ まもりまち」

kyounoii (10)

 

 

 

保護猫ジョイのお世話役もちょいちょい・・・・・・

 

 

 

「じょぃ は てが かかりまち」

kyounoii (12)

 

 

 

えらいね。ありがとう。ほほがあきらかに変わってきました。足取りもしっかりしています。

 

 

闘病のお子が多いのに保護猫がいたらレギュラーメンバーのQOLが下がるんじゃ?

 

 

そんな心配してくださる方もいるかもしれませんが、うちに限っては逆^^;

 

 

もちろん限度はあるんですが、ジョイや海子がいい意味でお子たちを刺激してくれるのです。

 

 

これこそがウインウインの関係かもしれませんね。ありがたい。

 

 

 

海子と大吉(サラダ)も日々再会を楽しんでいます。

 

 

ふだんは別々の部屋にいますがいっしょに遊ばせることも。親子なのはまちがいなさそう。鳴き声が瓜二つでどちらが鳴いたのか判別つきません。お互いを慈しみあっているのがよく伝わってきてあたたかい気持ちになります。かわいいねえ。萌えるよ。

kyounoii (6)

 

 

 

大吉の里親さんからこんな写真が届きました。

kyounoii (8)

 

 

 

703号室卒業生のはな丸とおそろいのトイレとベッド。オシャレ! お届けまであと数日。

 

 

楽しみにしてくださっているようでうれしいです。まずは「相性の壁」をクリアしてほしいなあ。

 

 

そろそろトライアル中のこま吉(デカ円)についても書かないとね♪

 

 

 

703号室の保護猫たちはがんばり屋さんばかり。うちお子たちも同じです。

 

 

昨日、慢性腎不全ステージ3コンビのナナとさぶを連れて病院へ行きました。まずはナナから。

kyounoii (9)

 

 

 

バイブ機能が作動し、ブルブル震えています。

kyounoii (7)

 

 

 

笑っているように見えるのは気のせいです。

kyounoii (14)

 

 

 

ナナちゃんおサルさんみたい~

kyounoii (5)

 

 

 

「次は おれ?」

kyounoii (4)

 

 

 

「大巻先生 容赦ないんだな」

kyounoii (16)

 

 

 

「先生おれね ジョイとソファの下で待ち合わせしてるから 早く帰らないとまずいんだよね」

kyounoii (11)

 

 

 

どさくさに紛れて看護師さんにボディタッチしまくりのさぶ(汗)。

kyounoii (3)kyounoii (2)

 

 

 

ちなみに大巻先生には見向きもしないです。

kyounoii

 

 

 

宙に浮かされたさぶ

kyounoii (13)

 

 

 

「たまには ほかの腕も いいもんだな」

kyounoii (15)

 

 

 

うーーー 憎いこと言ってぇ!!

 

 

 

ナナとさぶはふたりとも診察→血液検査→点滴を行いました。

 

 

ナナは横ばい、さぶは悪化の結果です。さぶが心配。

 

 

ナナは血管拡張剤のミカルディス、食事療法、ネフガード、(できるときに)点滴を引きつづき。

 

さぶは血管拡張剤のセミントラ、食事療法、ネフガード、週に3度の点滴に。

 

 

そろそろ点滴グッズがなくなるので買いに行かないと。

 

 

さぶは2年半以上ステージ3を維持しています。治せないのはわかっていますが、少しでも長く今の状態を保てるよう自分にできることをつづけたいです。

 

 

闘病ネタばかりで皆さまのお心が沈まないといいのですが・・・・・・。

 

 

でも私は丸ごとの703号室を見ていただきたいです。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





不思議なご縁 いいご縁

今日は予定通り乳がん検診

ナナとさぶの通院

の合間にお世話と家事

掃除を途中で中断

長電話

ラブコールの相手は「ダイソンお客さまセンター」

ダイソンが壊れたかと思ったが不調の原因は毛詰まりだったことが判明

ダイソン復活!

手帳がポストに帰ってきた

松原さんありがとう!

の前半を過ごし、ただいま後半戦

深夜ですがやることはまだまだあります(悲しい)。

 

 

 

さて、昨日の昼私はしじみの里親りょうちゃん家へ! いつも車で行くのではじめての電車にドキドキしながらも迷わずに到着しました。物事は慌てないことが大事なんですね^^

 

 

 

目的はこのお子らのお見合いです。

ioauf (3)

 

 

 

しじみの里親りょうちゃんが保護したベイビーたち♪

IMG_0170

 

 

 

あこ

IMG_0173

 

 

 

みこ(この表情萌える)

IMG_0174

 

 

 

あこみこの晴れの日になぜ私が絡んでいるかと申しますと・・・・・・

 

 

こちらの記事にちらっと書いてあります。

 

 

うちのお子たちの通院やケアに前より時間がかかるようになったので、私は3年以上勤めた職場を離れることに。私の後任として入ってきた方がなんと今回のお見合いのお相手なのです。

 

 

これ、すごいことだと思いません?

 

 

ついでに・・・・・・私の前任の方は猫の保護活動を本格的にしています。なんだろこの繋がり。

 

 

私は職場ではほとんどだれとも話をしませんでした。

 

プライベートの話は自分から一度もしたことありません。

 

 

ひとりで黙々、の職種でしたし、もともと私は仕事と活動を完全に切りわけています。よって3年以上お世話になった職場でも私が犬猫と暮らしていることすら知らない方もたくさんいます。

 

 

隠しているつもりではないのですが、あえて話をすることもなく。

 

 

なのに、後任の方とはふと猫の話になり・・・・・・

 

 

「家族になってくれる子猫をさがしています。ペットショップで買うつもりはありません」

 

 

と伺い、ついペラペラと自己紹介なんぞを。私のブログを職場の方に教えたのははじめてです。

 

 

ほんとうにブログを読んでくださり、非公開コメントでメールアドレスを教えてくださいました。

 

それで私も、紹介できる子猫さんの情報を添えてお返事したのです。

 

 

ご夫婦で「あこみこちゃんに会いたいね」の気持ちが一致し、私へ連絡をくださいました。

 

 

とってもステキな方なんです。「里親」としてパーフェクトな感じの。

ioauf (10)

 

 

 

ご主人さまがまたすばらしいのです。ペット不可住宅に長年お住まいだったのですが、お引っ越しを機に念願だった「猫との暮らし」を実現させようと動きはじめたそう。

ioauf (8)ioauf (9)

 

 

 

あこみこに笑顔で接したあと、マンションのペット規約が載った書類やご自宅の写真を見せてくださいました。真剣にメモを取る様子にも感動。

tyei

 

 

 

譲渡の一連の流れの概要をさっと私が出しゃばり、体調や暮らしぶりの部分はりょうちゃんが。

 

 

りょうちゃんは超がつくほど細やかな女性なので、里親さんも安心されたと思います。

 

 

あこみこは知的でやさしく勇気ある方に保護されましたよ~。心からそう思います。

 

 

 

へへ にっこりの結果!

ioauf (11)ioauf (12)

 

 

 

あこみこの里親さ~ん。私にまでおみやげをありがとうございました。

ioauf

 

 

 

お届けにも図々しくついていく予定です。

 

 

 

「みこのおうち きまったの?」

ioauf (2)

 

 

 

そう。おめでとう。いい猫生を歩んでね。

 

 

 

「あこちゃんもいっしょ?」

ioauf (13)

 

 

 

もちろん。だってきみたちは仲よし姉妹なんでしょ?

 

 

 

「うん」               「うん」

IMG_0172

 

 

 

 

里親さんがお帰りになったあとはりょうちゃんちでダラダラ

ioauf (14)

 

 

 

お昼寝していた姉妹を拉致しひざ上にのせ祝福の嵐を浴びせてやりました。

IMG_0228

 

 

 

「この人しつこい」          「ウザいよね」

ioauf (15)

 

 

 

ののさま~ 会いたかったよお。元気だった?

ioauf (4)

 

 

 

りょうちゃんのご主人チーさんにののこの爪切りを依頼されました。パチパチ切って嫌われちゃったかな? ごめんね。でも痛くなかったでしょ?

IMG_0171

 

 

 

「痛くなかったかどうかなんて どしてあなたにわかるの?」

ioauf (5)

 

 

 

はいはい^^; ののにしかわかんないよね。のの、幸せそうだね。うれしいよ。

 

 

 

ランチも、早めのディナーもごちそうになりました。りょうちゃんのお料理おいしすぎる。

ioauf (7)

 

 

 

家にいるときよりはるかに居心地がよく癒されます(笑)。

ioauf (16)

 

 

 

りょうちゃん、チーさん、ありがとうございました。

 

 

 

行動がもたらすのは結果だと思います。

 

 

望んだ結果を得るために自分はどういう行動を取るべきか、私も常に逆算で考えながら生きていきたいです。りょうちゃんのように。

 

 

 

あ、ちなみに肝心の「しじみ嬢」はご機嫌斜めでベッド下から一瞬も出てきてくれませんでした。しじみ嬢の写真はりょうちゃんにお借りして・・・・・・

si

 

 

 

しじみさん、おじゃましました。長居して申しわけありませんでした(汗)。

 

 

ALL LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク