ぼくは ぜんぶ食べました

皆さまこんばんは。

バービー改めそよの卒業にたくさんのお祝いメッセージありがとうございました。里親さんともども感謝の気持ちでいっぱいです。

 

次はこの方の家族を探します。

kittomoeno

 

 

萌乃さん、そろそろ出番ですわよ!

完全に心を開いたわけじゃないけど、触ればゴロゴロ喉を鳴らすし健康体のかわいい女の子です。これまでバービー改めそよの影に隠れてきましたが、次は保護猫萌乃にスポットライトを浴びせたいです。皆さまどうぞよろしくお願いします。

 

さて、昨日はキットの病院へ行ってきました。

kittomoeno (3)

 

 

キットの保護主さんと仕事を調整しながらつきあってくれたマイ太郎さんと私の3人です。

kittomoeno (10)

 

 

マイ太郎さん、キットに会いに来てくれてありがとうございました^^

kittomoeno (5)

 

 

保護主さんに物資を用意したのですが、食べ物を一切受けつけないと聞いていたのでなにを持っていったらいいのか……とりあえず使えそうなものを少し持っていくことにしました。

kittomoeno (2)

 

 

もう、食べてくれるならなんでもいいです。

腎臓フードにこだわっていてもキット自身が食べたいと思わなきゃ意味ないですから。

 

キットは最近腎臓食を食べなくなったので主治医の先生のアドバイスで食べそうなものはなんでも食べさせるようにしていました。

その矢先、とうとう先週突如激しい嘔吐と血便が。

保護主さんはキットを病院に運びそのまま緊急入院になったのです。

 

「末期の慢性腎不全による尿毒症」

 

主治医の先生はキットの数値を「ステージ5以上(つまり末期中の末期)」と評しています。

 

でもすごい目ヂカで私たちを迎えてくれました。

kittomoeno (6)

 

 

キットの残った左目は驚くほど力強く輝いていました。

うまく言えませんが、「死んで楽になりたい」目ではありませんでした。

むしろ私には生命の塊に見えたのです。

私の願望を差し引いたとしても、本当にそうです。

 

甘えん坊になった彼ですが、慣れない病院内では威嚇する元気も出てきました。

「シャー!」

静脈点滴で体がだいぶ体が楽になったんでしょう。

 

「だいじょうぶよ。えらいいい子いい子」

保護主さんとマイ太郎さんがタオルごしにやさしく撫でました。

kittomoeno (4)

 

 

私はキットにできることをなんでもやらせてもらう所存ですが、「できること」自体があまり残っていません。誤解してほしくないのは、私はもう積極的な治療をめざしてはいないのです。

彼は現在の動物医学では治癒しません。

CREAもBUNも振り切っており、もはや測定不能状態です。

私がやるべきこと、やらせていただきたいことは、彼の緩和ケアの方です。

彼のQOLを尊重し、QOL向上に全意識を置きたいのです。

 

本来なら慣れない病院もストレスかもしれません。しかし保護主宅で血便を垂れ流し、ゲーゲー吐きながらのた打ち回るのも彼にとってはかなりのダメージです。

一長一短ではありますが、保護主さん、主治医の先生と話し合い決めていこうと思います。

 

先生とじっくり話をしました。

kittomoeno (8)

 

 

検査の結果次第にはなりますが、体調を見ながら近日中に一度退院させます。住み慣れた家に戻して様子を見て、再度悪化したらまた病院へ運ぶ。その方向性で考えています。

 

キットは高度医療も可能な都内の総合病院に入院中です。そこにはキットの保護主さんの愛猫たぬちゃんもいました。昨日の朝、乳がんの手術を受けたそうです。がんばったね。

kittomoeno (7)

 

 

キットの保護主さんの愛猫クーくんも病院にいました。クーちゃんもまた具合が悪いのです。

kittomoeno (9)

 

 

重い病気を持つキット、たぬちゃん、クーちゃんの他にも多くの猫と暮らしている保護主さん。ヘルパーの仕事の傍らTNRにも力を注ぎました。

 

「田辺さん……イタリアンは好きですか? 小さいけど、おいしいイタリアンの店があるの。ピザもモチモチで……いつか一緒に行きませんか? 私が招待します」

「ええ? イタリアンは大好きです! いつかぜひ」

 

病院の外でポツリポツリと会話を交わしながら保護主さんはおそらく私に遠慮がある、と思いました。だからこそ今回私が直接先生と今後の方針を話し合えてよかったです。

 

保護主さんに比べたら、私はなにもやっていないに等しいですが、私はキットの一ファンとして彼の穏やかな余生を強く願っています。それが1ヶ月なのか1日なのかはわかりませんが、彼が今を生きていることだけは、しっかりと胸に刻みたいです。

 

最後になりましたが、うれしいご報告が!

私たちが病院に着いたとき、キットの食器は空になっていました。

病院でケアされた元祖食いしん坊は、出されたご飯を完食です。

 

食べることは生きること!

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク





そよかぜの 愛の巣へ

本日2回目の更新です。バービーあらため「そよ」の卒業記事はひとつ下から先にお読みください。

 

みなさま こんばんは

わたしはバービー あらため「そよ」です。

ハハさんとバトンタッチして わたしが みなさまを わたしのおうちに いざないます。

気にいってもらえるといいな……

 

着きました。

わたしの おうちは ここです。

わたしをむかえるにあたり 玄関に柵が もうけられました。

1

 

 

背のひくいわたしには 越えられそうにありません。

 

玄関のすぐよこには 扉もありました。

階段は扉の奥なので 2Fからとびだしても 外にはでれず 安心です。

2

 

 

杉の木の床がかおるリビングに 設置された わたしのハウス

4

 

 

まるで スイートルーム

5

 

 

ふわふわのベッドは 寝ごこちが いいです。

IMG_1801

 

 

ママさんが おもちゃ収集癖のある わたしのために たくさん用意してくれました。

6

 

 

おやつや わたしの皮膚の治療に欠かせない ノルバサン シャンプーも そろっています。

 

こんなによくしていただいて いいのでしょうか?

IMG_1776

 

 

なんだか 申しわけなく 思います。

3

 

 

わたしには チュウ くらいしか おかえしできません。ママさんのゆびに チュウしました。

IMG_1775

 

 

「いらっしゃい」                     「いらっしゃい」

IMG_1774

 

 

パパさん ママさん ふつつかものですが おせわになります。ペコリ。

IMG_1804

 

 

わたしの 先輩 キジトラの ひよ さん。ハハさんの写真がへたくそで ごめんなさい。

IMG_1753

 

 

日あたりのいい窓際に わたしのベッドを 見つけました。

7

 

 

入ってみても いいですか?

IMG_1809

 

 

パパさんと ママさんは わたしが お嫁にくるのを 心待ちにしていたようです。

IMG_1771

 

 

にこにこやさしいえがおのママさん。壁には ひよ先輩のキャットウォークが……

IMG_1760

 

 

和 ゾーン コタツがありました。

IMG_1779

 

 

ポコッとあいたまあるい穴も なごみます。

IMG_1798

 

 

和 ゾーンにねむる先代の「にこ」さん

IMG_1796

 

 

「そよがお世話になります。安らかに眠りながら天国からどうぞ見守っていてください」

 

ハハさんは手をあわせ にこさんに あいさつしました。

IMG_1795

 

 

ハハさんの ハハさんが わたしの家に 住みたがっていました。

ここは光がいっぱいです。

 

オシャレなあったか グッズ

IMG_1758

 

 

「ニーハオ! ここサイコーね! 私も同居するぅ~!」

IMG_1757

 

 

ママさんが ハハさん親子に準備してくれた ケーキやサンドイッチ

IMG_1791

 

 

みんなで たのしく わたしの門出を祝ったのです。わたしは うれしくなりました。

IMG_1793

 

 

わたし 夢を見ているのでしょうか?

なんだか まだ 信じられないのです。

 

先代「にこ」さんの姫系ドレス。手足の短いわたしには ちょっと大きいけれど……

IMG_1799

 

 

そでをまくって ハハさんに 着せてもらいました。

 

 

似合いますか?

IMG_1813

 

 

保護されるまで わたしは ひとりで わんばってきました。

これからは パパさんと ママさんと 近くに住む おじいちゃんおばあちゃんと 先輩ねこの ひよさんと のんびり やっていきます。

 

いままで どうも ありがとうございました。

 

そよ より

 

 

里親さんから届いた近況写真↓

IMG_20150214_064738

 

 

子犬のように無邪気に遊び、食欲良好、トイレもまずまず。わんばっているそうですよ(笑)。

IMG_20150214_115435

 

 

多くの犬猫たちが終の棲家を得られることを祈りつつ!

 

 

LOVE!

 

 

 

かつくん「X214 そよおめでとう。わんばったね。今までの苦労をぜんぶ取り返してね。おーあみさんをはじめそよに関わってくれたボランティアのみなさまに深く感謝して」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





そよかぜに吹かれて

バービーのお届けの記事です。

たくさんの方に応援してもらったので、2回にわけちゃんと書きたいです。

長くなるかもしれませんが、私と一緒に見送っていただければ幸いです。

はじめに彼女の新しい名を紹介します。

バービーは「そよ」になりました。

IMG_1742

 

 

この名を聞いたとき、私はあまりにも彼女のイメージと合うことに驚きました。

そよ……そよ……頭の中で反芻。すぐに私の中でも、彼女はそよになりました。

 

里親さんがそよに用意してくれた首輪と迷子札

IMG_20150214_063638

 

 

私は「刻印型」か「セラミック型の埋め込み式」迷子札が完成するまで犬をお届けしない方針を採っています。お見合い後、名を決め迷子札を発注し「お届け日」までに完成させなくてはならないゆえ、逆算すると里親さん側は大変だったんだろうなあと思います。

 

ここで先に里親さんを紹介させてください。

お見合いはご夫婦揃っての予定でしたが、ご主人さまがお仕事で来られなくなり電話で相談した結果、急遽奥さまだけとお会いすることになりました。本当は延期すべきだったのかもしれませんが、ほかにもそよを希望してくださっている方がいるのでその方々にいつまでも待っていただくわけにはいかず奥さまとまず会うことにしたのです。

その際の電話で私は不躾にもこう伺いました。

「あの……失礼ですが、奥さまは犬に関する決定権をお持ちですか?」

「え……あ、はい。バービーちゃんのことを主人は反対しないはずです」

 

このときの会話で予定通り会うことに決め、当日はそよと共に駅まで迎えに行きました。私は里親さんの顔を知りませんし着ている服などの特徴も伺っていません。でもなぜか瞬時にわかったのです。第一印象は物腰の柔らかくやさしそうな女性、でした。

 

お見合いの日に里親さんが持ってきてくださったお土産を見て仰天

IMG_1721

 

 

瓶物ばかり……重かったでしょうに。はじめはご夫婦揃ってご主人さまの車で我が家に来る予定だったのがよくわかりました。どれもおいしかったです。ごちそうさまでした。

 

私たちは並んで家まで歩きました。里親さんの先代犬「にこ」ちゃんの闘病話や、ご自身で保護し家族になった2匹の愛猫さんたちの話を聞きながら。愛猫2匹のうち、1匹は我が家の亡きかつと同じ病気FIP(ウエット)でこの世を去り、もう1匹の「ひよ」ちゃんは14歳になった今も元気にしているそうです。

 

今回そよの縁を探すにあたり、私は漠然と動物のいるお宅がいいなあと考えていました。もちろん必須ではありません。先住動物がいないからダメ、ということではないのです。

ただなんとなく、家の中に犬か猫がいるお宅の方がそよはより早く馴染むのではないかと。

だから、14歳の愛猫「ひよ」ちゃんの存在は私にとって安心材料のひとつでした。

 

そよの保護経緯や病気のことも改めてお話しました。ニキビダニ(アカラス)の継続治療についてはもちろんのこと、そよのすべてを受け入れてくれる姿勢を感じました。

物静かな方ですが、一本の芯がまっすぐ通っているのです。

事前にメールでお願いしていたお家の写真も見せていただきました。私が見たいのは窓まわりや玄関付近です。保護犬猫の脱走に繋がる部分はあらかじめ確認させていただき、双方で防止策や案を出し合うようにしているのです。

律儀にカメラにおさめられた家の開口部の写真の中にご主人さまの写真も見つけました。

そよを「うちで引き取ろう」と言ってくださったのは、ご主人さまのほうだったとか。

ならば安心ですね^^

 

お見合いのとき、里親さんは終始そよの目線にあわせ、撫でる際も声がけの際も本当に穏やかに接してくれました。もっと人見知りするかな? と覚悟しての席でしたが、そよが自然に馴染んで身を預けていたのが印象的で。

里親さんのもとでゆったりとくつろぐそよの姿を明確に想像できた気がします。

 

こうして、そよの終の棲家が決まりました。

 

お届け前の最後の薬浴

IMG_1436

 

 

中途半端に伸びた毛をカットしてやりたかったけれどトリミングに連れて行く時間がなくてごめんね。まあ、今も今でかわいいよね♪

 

お届け日、長距離ドライブ前のそよ

IMG_1744

 

 

母に抱かれてちょっぴり不安顔です。

IMG_1745

 

 

そよ、行きますよ!

IMG_1747

 

 

緊張しているような? 笑っているような?

IMG_1748

 

 

この写真を撮ったあと、母とそよは後部座席に座ってもらうことにしました。

 

お届けにつき合った母を気づかい里親さんはおみやげを2人分用意してくださいました。

IMG_1821

 

 

新鮮野菜とバナナのマフィンと焼き菓子。おいしくてペロリ。医療費と交通費までお預かりし恐縮の限りです。どうもありがとうございました。

 

そしてきれいな包みに入ったお手紙が……

IMG_1465

 

 

「そよ」が「バービー」と書かれているあたりに思慮深さと奥ゆかしさを感じました。

名もなき一頭のシーズーが「バービー」としてスタートしたところに、里親さんはウエイトを置いて書いてくださったのですね。

 

このあと新しいお家の写真が連なる後半に突入します。お届けの日はもちろんご主人さまも在宅していました。家族揃ってそよを迎え入れてくれたのでご安心を!

 

 

「ハハさん わたし 幸せになりますよね?」

IMG_1749

 

はい。なると思います!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク





膨らむための萎み

追記:キットが緊急入院しました。最後にできることはなんでもやらせてもらおうと思います。予定を繰り上げ月曜病院へ行ってきます。

 

今日はバレンタインですね。

私はチチに小さなチョコをひとつ買いました。チチは今ジムで汗を流しているため家にいないので夜にでも渡そうと思います。

さて保護犬バービーの卒業レポですが、写真をようやく半分くらいにまで絞り込めたので、次回は必ずUPできると思います。早速近況写真も届いてますよ。

バービーが巣立ってから私は萎んだ風船のようになりました。

これは毎度です。毎度萎みます。

一度萎んでから徐々に膨れ上がっていくのです。この作業? は自分にとって大切です。ちゃんと萎まないと、ちゃんと膨らめないのです。だから心配ご無用です^^

最近は1日の平均睡眠時間が短かったので、その分を取り返そうと昨夜は寝まくりました。

12時間寝て逆に気持ち悪くなっちゃった(笑)。

どうやら寝溜めができるほど若くはないようです。

 

更新を終えたら山積している家事を少し片づけのんびり過ごそうと思います。

 

うちのお子たちと♪

IMG_0307

 

 

そういえば、私が見守らせてもらっている片目のキットの調子がよくありません。

もう腎臓フードを食べなくなっています。というか食べ物全般を受けつけなくなっているのです。来週保護主さん宅にお邪魔して追加の医療費と彼が食べそうなものを届けてきます。

自分が面倒を見ているわけではないのにとても悲しい。

私が保護主さんを説得できず保護主さんがキットのリリースを選択したら、私はキットを引き取るつもりでした。チチにも話していました。我が家も余裕があるわけではないけれどどうしてもキットを外で死なせたくなかったです。

幸い彼は保護主さんの手厚い看護を受けることができるようになり、私は後方支援をさせていただく形になりましたが、なんていうんでしょう……一度心に彼の存在を刻んでしまったゆえ、彼は私の中で大きな位置を占めるようになったのです。

彼はおそらく春までもたないでしょう。

今の私にできることは後方支援しかありませんが、自分に悔いの残らないようしっかりとやらせていただきたいです。

 

ピチコさまがフードの大量支援をしてくださいました。

IMG_1735

 

 

キットとさぶ用の腎臓フードも入っています。

IMG_1823

 

 

キットに使えそうなものはぜんぶ保護主さんに渡します。ピチコさまご厚情ありがとうございました。キットに会ったら写真をまた撮ってきますね。

 

ブログを書いている間に私のソウルメイトのMWさまよりチチへ素敵なチョコとお手紙ご寄付が。MWさまは元繁殖犬のユミナさんとご自身が保護した猫たちと暮らしています。

IMG_1827

 

 

MWさまありがとうございました。

 

最後に、私の友人でTOKYO ZEROの呼びかけ人のひとりでもある絵本作家のスギヤマカナヨさんのイベントのご案内です。お子さまのいる方はぜひ! 私も21日に行きます。

15874_10206301989095740_5001270102138570096_n

 

 

カナヨさんは児童教育の第一人者です。

カナヨさんのような親ばかりなら日本の未来は明るいでしょう。カナヨさんは福島県からの保護犬茶々ちゃんの里親でもあり、茶々ちゃんにも日々深い愛情を注いでいます。

10984463_10206301987335696_8602586696114057344_n

 

 

去年私がカナヨさんちに遊びに行き愛犬茶々ちゃんと戯れた日の様子なども機会があったらご紹介しますね。世界に1頭の雑種犬茶々ちゃんかわいかったです。

 

まずはバービーの卒業記事を完成させないと^^;

 

それでは皆さまよい週末をお過ごしください。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





にんじん

ただいま!

無事に帰ってきました。

お届けの様子は少しお待ちください。

写真をたくさん撮ったので整理してから皆さまにお送りします。

皆さまのお心のこもったメッセージ等をあちこちで拝見し改めて感謝しています。

ありがとうございました。

 

里親さんにいただいた土のついた新鮮なにんじんでナムルを作ってみることにしました。

3n

 

洗って皮を剥き包丁で千切りにしていきます。

2n

 

トントン、トントン

トントン、トントン

 

さっと茹でごま油で炒って味付けして……

 

バービーとのいろんなことを思い返しながら完成しました。

1n

 

シンプルなひと品ですが素材がいいからとてもおいしくできあがりました。

真っ赤なにんじんは、バービーみたいですね。

 

朗報を期待している皆さまににんじんの写真でごまかして申し訳ありません(土下座)。

にんじんがおいしいとかどうでもいいですよね。

引っぱるつもりはないのですが、やることが遅くて^^;

近々必ず!

 

今日は母が付き添ってくれたのですが、帰りの車の中でお届けの際の私の真剣な雰囲気を見て驚いたと話していました。13年近く譲渡活動していますが、母を伴ってのお届けははじめてです(笑)。母の持っている娘のイメージからはかけ離れていたのでしょう。

 

いつもはこんなですから↓

IMG_1371

 

先週、ブログを見てくださっているAさまが北京より母の店に食べに来てくださいました。

 

日本にお住まいのお友だちも一緒です。

IMG_1393

 

Aさまは北京でTNR活動をしています。

 

以下、Aさまから届いたメールを一部抜粋して紹介させてください。

 

 

(ここから)
私は北京でTNRを中心にお外の猫のお世話をしています。里親探しはなかなか思うようにいかないため、積極的に取り組んでいません。そのため病気の子を保護したりして、我が家は9頭(他に犬も1頭)になってしまいました。健康な子はあまり手がかかりませんが(お金はかかりますが)、2頭尻尾を骨折して神経が麻痺してしまい人口排泄が必 要な子がいます。この2頭は朝晩決まった時間に排泄させる必要があるため、生活はこの子たちを中心にしたタイムスケジュールになります。残業なんてできませんし(幸い残業のない仕事です)、夜もどうしても外せない場合を除いて会食等は極力しないようにしています。
一時帰国中は病院に預けていますので、友人に会ったり食事をしたり思いっきり息抜きしてます。
くじけそうになった時、アンニイさんからいつも勇気をもらっています。
ありがとうございます。
まだ寒い日が続きますので、どうぞ体調を崩さないようにお気を付け下さい。
(ここまで)

確か……北京って中国ですよね?

日本から遠く離れた場所にいても犬や猫への思いを貫く方がいるんですね。すごすぎます。やりづらいことも多々あるでしょうに。想像の域を超えますよ。本当に。

北京の猫か……日本の犬猫同様、世界各国どこの犬猫もかわいいんだろうな。

Aさまがお店にいらしてくださった日、私は夜から仕事だったのですがどうしても一目お会いしたくて仕事前に店によってあいさつさせていただきました。気さくにお話くださり、ありがとうございました。はじめて会う気がしなかったです。

IMG_1370

メッセージカードやお菓子お茶をありがとうございました。POSTCARDも買ってくださって。

IMG_1738

世界は確かに暗澹の形相だけれども、目を凝らせば光がたくさんあるんですね。

光に焦点を当てるか闇に当てるかによって自分の生き方が変わってくる気がします。私は暗い場所から悲鳴を上げる生活はうんざりなので、小さな光を見つけていきたいです。

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク