ひとりあそび

仕事がつづき家の中がめちゃくちゃです。明日もスポットの仕事が入ってますが、昼は絶対に掃除しなくてはいけません。もうどこからはじめたらいいかわからないほど散らかってて。

長い留守番の日はバービーをケージに入れています。

ケージなんかなくても平気なのはわかっているんですけど、里親さんからお預かりしている大切なお嬢さまの身に万が一なにかあったらいけないのでね^^

バービーはトイレがじょうずです。新しいお家でもすぐに覚えてくれそうな予感!

今日は疲れがマックスに溜まってしまったのでiPhoneで撮ったバービーを数枚載せてドロンします。

 

ひとり遊びが趣味のようです。

IMG_1351

 

 

おもちゃが大好きでいつも勝手に遊んでます。

IMG_1349

 

 

少しでも平穏な気持ちで過ごしてくれているといいんだけどなあ。

IMG_1350

 

さっき散歩に連れて行きました。ふたりきりで話をしました。

抱き上げバービーのおでこにチュウしたら本当に子犬のにおいがしました。

バービーの毛穴のひとつひとつまでもが愛おしくて愛おしくて。

 

 

 

 

スポンサーリンク





ぼくの名はじゅん

私はひどい根性なしです。

外にいる猫の写真を撮ることが苦手です。

本当は外にいる猫の写真を撮りたいのですが、精神的に無理なのです。

よってほとんど外猫の保護前の写真がありません。

 

“百聞は一見にしかず”

野良猫が痩せ汚れた姿で生ゴミを漁るシーンを写真で見ていただけたら、幸せになったあととのコントラストをくっきりあらわすことができると思うのです。

だけどもし、捕獲が失敗したら……そしてモタモタしているうちに写真におさめた子が非業の死を遂げたら、私は保存されたリアルな現実に苛まれる気がします。

どこかで吹っ切らないとやっていけませんし、救えなかった子たちを忘れる努力をしなくてはいけません。だから写真を撮れないのです。

そのくせ無事に保護したあとは、いつも後悔します。

 

「あああ、外でのあの雄姿をどうして撮って残しておかなかったのか!!」

 

勇気を振り絞りカメラを構えても、このレベルの写真が一枚二枚撮れるだけ

aaan

 

 

心の乱れが写ってますね(笑)。

かろうじて「猫」を確認できるでしょうか?

彼は7年近く(私が知る限りでは5年以上)外で生きてきた猫です。

 

餌やりさんから「二等兵」と名づけられた一匹のオス猫。

 

もう勘弁して私の前に現れないでと本気で願うほどみすぼらしくて

名づけてくれた餌やり夫婦が引っ越してしまってからは

なおいっそうクタクタメチャクチャになって

 

私は彼が憎らしいと思いました。

保護したくても捕獲箱に入らないくせに、やたら私の前に現れるものですから

いったいどうしてあげたらいいのか混乱して。

 

長い時間をかけやっと保護したとき、私はその場に膝を折ってワンワン泣きました。

その日の記事はこちらです→  「速報 のりまきを保護しました!!」

 

↓の写真は我が家でだいぶきれいになった頃ですが、誰ひとりからもスキンシップを受けたことのない彼は人間不信の表情が能面のようにはりついていました。

lkinn (15)

 

※写真 みいさん

 

FIVキャリア、重度の貧血、高齢、人馴れ(人が触れる状態のこと)はゼロに等しい。

保護当時書いた記事→ 「のりまきの未来は私の夢」

 

家族探しが難しいのはわかっていましたが、彼にも家族が見つかったのです。

 

彼の里親さんはフラットです。

里親さんは長らく海外に住んでいたこともあり、あらゆる差別を一切しない教育環境に育ちました。貧しい者を差別しない、同性愛者を差別しない、障害や病気や感染症の人を差別しない、宗教や思想や国籍や外見や肌の色を差別しない。

野良猫と血統の猫を差別しない、幼猫と老猫を差別しない、障害や病気や感染症の猫を差別しない。自分に甘えてくる猫も自分に爪を立てる猫も差別しない。

「ちがい」を学び知る努力はしても、色分けして排除することをしない。

 

彼にピッタリの家族だと思いませんか?

その里親さんから数日前に彼の近況動画が送られてきました。

 

はじめは開いていた里親さんとの距離が、こんなことになっています。

 

 

この動画を見たとき私は震えました。

外であんなひどい姿を長年見せられていたのです。日に日に傷だらけになっていく彼をうまく捕獲箱に誘導できなかった自分を心底恨みました。

記録に残すのがいやで……保護前の写真もそうですが、彼の存在自体をブログにもほとんど書けませんでした。

私の心を痛くさせるばかりだった彼が、今度は私に、こういうものを見せるもんですから、私は感極まるのです。

 

はじめの数ヶ月は里親さんが触ろうとするだけで攻撃モードに切り替わっていた彼が、動画では触れるのをやめようとする里親さんに「もっと触れ」と催促しているではありませんか!

(関連記事はこちら

 

人から逃げることは得意でも、人を求めることはできなかった彼が、どうしてこんな風に私をくすぐるのでしょう。私は彼の中に「家族」が宿ったんだと思います。

 

アパート住民のバイクの上に乗ってしまい持ち主の男性にほうきで叩かれていた姿

大雪の中トボトボ歩く後姿

引っ越してしまった餌やり夫婦の家の前でぽつんと佇んで待っていた姿

 

あああ

あああ

 

じゅん、よくがんばった。ありがとう。

 

 

供血のお願い

(2月5日のコメントより)

「家の長男にいにの血が足りません
とんでも無いお願いですが、もしこれを見てる方で、健康なウイルスキャリア(エイズ、白血病)でないお子様をお持ちの方で、浦和方面に連れて来て頂ける方が居れば連絡ください
何度も死に掛けてるので、もう麻痺までしてるのですが、なんとこの状態から数か月ぶりに御飯まで食べるのです
でも血が足りなく、一日で無くなってしまう…
此処さえ乗り切れば、なんとかいけそうなのです
もし見てて協力してもいいって思う方が居ましたら、是非お願いします
にいには血液型はA型で一般に一番多い血液型です
そしてかつ君とあまたんと同じ白黒ちゃんです。
http://nekonooyado.blog.fc2.com/  」

 

 

 

 

 

スポンサーリンク





保護動物

追記:供血のお願い

以下2月5日のコメントより↓

 

「家の長男にいにの血が足りません
とんでも無いお願いですが、もしこれを見てる方で、健康なウイルスキャリア(エイズ、白血病)でないお子様をお持ちの方で、浦和方面に連れて来て頂ける方が居れば連絡ください
何度も死に掛けてるので、もう麻痺までしてるのですが、なんとこの状態から数か月ぶりに御飯まで食べるのです
でも血が足りなく、一日で無くなってしまう…
此処さえ乗り切れば、なんとかいけそうなのです
もし見てて協力してもいいって思う方が居ましたら、是非お願いします
にいには血液型はA型で一般に一番多い血液型です
そしてかつ君とあまたんと同じ白黒ちゃんです。
http://nekonooyado.blog.fc2.com/  」

保護犬バービーの卒業準備を着々と進めています。

淋しさからかなんとなくバービーの姿を目で追い、気づくとバービーの名を呼んでしまいます。ちなみに私は最近、彼女を新しい名で呼んでいます。

バービーが部屋のどこかで遊んでいると捕まえに行き抱きしめてしまいます。

そろそろ本格的な「子離れ」の時期に備え私は精神的決着の作業に入らなくてはいけません。こう書くと里親さんは私に対して遠慮がちになることがあります。

よって普段は書きません。

ですがバービーは本当にかわいいのです。

 

里親さんとバービーのお見合いは里親さんにこちらに来てもらう形を取りました。

お帰りになる際に里親さんに聞いてみたのです。

 

「駅まで私とバービーでお送りいたしますが、バービーを抱いて駅まで行きますか?」

 

里親さんはバービーを抱きながら駅まで歩くことがうれしかったらしく、目じりを下げながら答えてくれました。

 

「私が抱いてもいいんですか?」

 

いいんですよ。

もちろんです。

どうぞ抱いてあげてください。

バービーは里親さんのお子になるのだから、私への遠慮は微塵も要りません。

里親さんの細やかなお心に私は申し訳なさとありがたさでいっぱいでした。

お見合い中は、和気藹々としながらもどこか緊張感が漂っていた気がします。

プレッシャーになることもたくさん申し上げたでしょう。

お願いもひとつやふたつではありませんでした。

私の思いの強さや独自のこだわりを里親さんは受け止めなければならず……大変なんだろうなあと察しました。

 

私たちは並んで駅まで歩きました。寒かったけれど、風が気持ちよかったです。

バービーは里親さんの腕の中にまるまっていました。

このとき、「命のバトン」を握り締める人間が交代したのですね。

私も瞬時に頭を切り替えました。

バービーを「保護犬」ではなく里親さんからあずかった大切なお嬢さまとして接していきます。

里親さんはお迎えにむけただいま準備中です。準備が整い次第バービーは新居に移ります。

 

近頃のバービーは、快活な一面がうわっと前に出てきました。

彼女は全力で部屋を飛び回り、小さないたずらをしては私に「あ!」と注意されています。

乳歯をかゆがる子犬のように、なんでも口に入れて齧ってみます。

あなた、生まれ変わったんですね。

 

私も同じだったよバービー。

思えば私も「保護動物」だった。

私が明るく皆さまの前に出てくるようになったのは、べべ、ナナ、亡きかつと暮らしながら譲渡活動をはじめて数年以後の話です。

不幸告白ですが、幼少期は苦労の思い出しかありません。私も妹も学費は100%自分たちで働きながら払ったし、姉の私は家事に追われる毎日でした。ゆっくり勉強できる環境ではなく、当時家が貧しく複雑な事情を抱えていたゆえ、極端に言えば食べるものがない時期もありました。

食べたのは学校給食の1日1回だけ、なんて日も。給食費が払えない月が多く、「ただ飯食ってる」とからかわれることも。もともと図々しい性分なので、同級生のその程度の言葉はまったく気にしませんでしたけど(笑)。

もし、犬猫に出会わなければ、私は自分を恥じ、卑屈で、人生に於いて充足感を得ることなく、過去に経験した嫌なことだけに囚われながら生きていたと思います。

そうして無気力に成り下がり、朝と昼と夜を所在なく過ごしていたでしょう。

けれど私は犬と猫に救われ、前より心豊かに生きることができるようになりました。

私は彼らに保護され、心身をケアしてもらったのです。

 

 

彼らは私にあたたかく接してくれました。

IMG_0354

 

 

私を見つめて、私の話を聞いてくれます。

IMG_1707

 

 

彼らは「老」や「病」や「死」を教えてくれました。

根にある「生」もしかり。

 

 

彼らは絶えず生きることを教えてくれています。

IMG_0934

 

 

彼らは言葉をひと言も発さないけれど、彼らの姿勢を通して私の耳に届いています。

 

「その気になれば、ぼくたちは千度でも生き直せる。過去をポイして」

 

バービーは不幸をさっと脱ぎ捨てました。

お見事ですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク





運の強い日

こんばんは。

聞いてください。悲劇が起こったのです。

夜、ナナ&リルの散歩中に運子を踏みました。

ちょうどわたくしがナナちゃんの排出した湯気むんむんの運子を袋で取っていたときでした。暗がりでナナの運子を取ろうと必死になるあまり自分の足元を見落としていたのです。

でも意識を集中し周りを凝視していたとしてもわからなかったかもしれません。

なにせ街灯も少なく、本当に暗いあたりなのです。

 

この感触はまさか……足の裏を恐る恐る見てみると、信じられないくらいべったり系でした。

 

【メガ盛り】

 

って言っちゃっていいんでしょうね。

 

 

「キャー」

 

汚れを知らない乙女でも良家のお嬢さまでもないわたくしですが、咄嗟に悲鳴が……。

右足裏ほとんど全域が被害に遭っていたのです(号泣)。

 

凹みました。

妹にもらった靴……捨てるしかないなあ。

 

運を拾い運を踏み運を捨てる。

わたくしの人生を象徴しているかのような冬のさむいひとコマでした。

 

はあ……

 

 

「つまりお母さんは……靴を1足ダメにして悲しかったのね」

IMG_1712

 

 

「よいこのみなさま 運子はちゃんとテイクアウトしてね」

IMG_1709

 

 

「ハハさん……ご心痛 おさっしします

告白しますけど

実はわたし

うんちなんかしたことないの

1日に1回

お尻から フローラル系のお花が 咲くだけで……」

IMG_1313

 

 

あれ?

確かバービーは鞭虫が出たのよね。駆虫薬も飲んでるはずなんだけど。

 

ああ……きれいなお花の咲くお尻に虫が寄ってくるのは当然か(笑)。

バビちゃんは頭の中もお花畑ね!

 

 

 

小さめの 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク





わたしの ゆくすえ

「わたし

おとといから

突然変異しました。

ハハさんにおなかをだすように なったのです。

溶けてく……

悪いものが溶けて剥がれて

わたしは

裸になりました」

IMG_1281

 

 

「今日 わたしは

べべちゃんにかりた姫系ドレスで

オシャレしました。

ハハさんと わたしは

イメージトレーニングをかね

並んで

深呼吸したのです。

すーぅ

はーぁ

さあ ハハさん わんばりましょう」

IMG_1298

 

 

「わたしを直接 保護し トリミングし

生き直す チャンスをあたえてくれた ボランティアさん

わたしを 応援してくれた みなさま

わたしを 家族として 迎え入れることを 考えてくれた かたがた

わたしは およめに いきます。

わたしたち 保護いぬねこの 受け皿が もっとひろがるよう 夢みつつ

ありがとうと ありがとうを」

IMG_1299

 

 

皆さま、どうもありがとうございました。

バービーの家族募集を通じて多くの善意に触れました。

心よりお礼を申し上げます。

バービーは我が家を巣立つことになりました。

お届けはもう少し先ですが、我が家で過ごす最後の一瞬まで、バービーをこよなく愛し守ることを誓いながら、皆さまへのご報告とさせていただきます。

こんなにかわいい犬のご縁探しをさせてもらえて本当に私は幸運でした。

皆さまも多幸な日々でありますように。

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク