Look at me

追記) コメント欄にて動物虐待の記事の拡散希望をいただきました。関連記事がいくつかありさらっと読んでみました。動画などによると虐待されているのはトイプードルのメルちゃん、だそうです。私は自分のブログに責任を持たなくてはならないので、勉強不足の部分に関しては拡散がむずかしくあまりお役には立てませんが、動物虐待は本当に胸が痛みます。苦しい思いをしている子たちが一刻も早く保護されますように。そして犬猫の生体売買を通じ誰もが気楽に犬猫を買えるシステムに疑問を持つ方が増えますように。心からの願いです。

 

 本日2度目の更新です。

今日から保護猫萌乃の家族募集に本腰を入れます。

皆さま、萌乃をどうぞよろしく願いします。

先ほど萌乃の写真フォルダーからこんなのを見つけました。

7 (3)

 

 

前ブログに載せたことありますねたぶん。

えー、なにをしているかというと……これはですね……人馴れが不十分だった頃の萌乃を洗濯ネットに入れ撫でまわすトレーニング? をしているところをパチッと撮った写真でして。

 

その中の1枚を凝視してひらめきました!

7 (2)

 

 

で、善き方の目に留まるよう願いを込めてみたのです。

 

 

「わたちに注目してください!」

faa-(2)-lookatme

 

 

いかがですか?

迫力満点のアピールフォトになったと思うのですが^^

 

萌乃には申しわけないことをしました。

外で必死の捕獲劇を繰り広げた12月からほとんど彼女を放置してきたのです。

萌乃の保護劇はこちらをご覧ください→ 「Live in hope

保護猫ごましおや保護犬そよ(バービー)を優先するあまり萌乃の魅力を伝えきれていませんでした。目を向けてもらえず、萌乃は淋しかったでしょうね。

犬猫の出入りが激しい上、超多頭の我が家ですから萌乃にとって充分な環境とはいえません。彼女のアピールに力を注ぐことこそが私の萌乃への愛情表現だと信じてがんばります。

さっそく、まだ不調ながらも昨日の夕方、腹ごしらえを終え萌乃の撮影に挑みました。

 

さっと作って食べたのはこちら↓ 釜タマうどん♪

IMG_1993

 

 

はい。どーでもいいですね。

 

撮影を手伝ってくれたのはチチとあまぱんとさぶ。

 

私が萌乃をひざに抱いているシーンをチチが撮ってくれたのですが

IMG_2018

 

 

萌乃はヤル気がなかったご様子で、まともな写真が撮れませんでした(汗)。

7 (5)

 

 

お嬢さま、ヤル気出してみましょうよ!

IMG_2024

 

 

も、萌ちゃん?

IMG_2080

 

 

あのさあ、あまぱんのしっぽはいいから「モデルさん」してよ!

IMG_2067

 

 

オシャレさせようと用意した首飾りのモフドであそぶあそぶ。はあ。

IMG_2088

 

 

「びょーん! あま兄ぃもっとしっぽフリフリしてぇーー」

IMG_2081

 

 

まるで子猫のように無邪気な萌乃です。

7

 

 

「そんなことないもんっ! わたち色気だって出せるのよ」

7 (6)

 

 

ほほう。

じゃあ、やってみ?

 

「ペロペロペロペロ」

IMG_2071

 

 

「うっふん♪」

IMG_2072

 

 

「きりっと正統派も! どうだハハわたちすごいだろ?」

7 (7)

 

 

参りました(笑)。鼻血もんです。

 

 

「おれはべつにタイプじゃないな」

IMG_2101

 

 

「しっぽをよく動かしたぼくはしっぽのダイエットになりました。おなかがすいたよ……」

IMG_2120

 

 

あま兄もさぶ兄もお疲れさま。大変だったでしょう^^; 本当にありがとう。

 

ということで、703号室は今後萌乃嬢の家族探しに力を入れていきます。

7 (4)

 

 

体重:3キロ

年齢:推定2歳

性別:女性

不妊手術、ウイルス検査(FIV/FeLVともにマイナス)、ワクチン、駆虫などの基本的な医療ケアを終えています。萌乃はいつでも嫁に出せますのでどんどんお問い合わせください。

 

保護猫「素なう」もCOMING SOONです。

IMG_1981

 

 

LOVE!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク





春をねがって

昨日保護した猫は1歳くらいの男の子でウイルスチェックマイナスでした。

10570543_529741207165623_5507551510864456382_n

 

去勢手術、ワクチン、駆虫なども終えました。

人に馴れているので「人馴れ」を省略できます。

正直とても助かりますとてもとても。

 

環境に慣れてくれたらテンポよく家族募集していきます。

あ、肝心の仮名ですが「素なう」になりました。異論は受けつけません(笑)。

 

素なう、です。まちがいではありません。

新しい名前は里親さんが決めてくれたらいいのです。

703号室では「素なう(すなう)」でいきます!

 

理由は機会があったらいつか説明しますね。

 

 

「おれね、思うんだけど……前途洋洋の保護ねこに“素なう”、っておかしくないか?」

11002599_827933550611982_3723155956238713778_n

 

 

いいのいいの!

ちゃんと意味あるんだから(笑)。

 

それよりさぶ、さっきはありがとうね。

相変わらずの胃痛ですが、仕事がまた忙しくなる前に保護猫萌乃の写真を撮り溜めようと本日奮闘しました。今いちばんの願いは萌乃を嫁に出すことです。

私に精神的時間的余裕があるときは萌乃と濃密につき合えるのですが、私の生活はご覧のとおりのありさまですから萌乃が不憫でなりません。

彼女と向き合う時間が少なければアピールを十分にできないのでこれからはことあるたびに萌乃に絡んでいこうと心に誓いました。彼女の姿が未来の家族の目に留まることを祈りながら彼女の魅力を伝えていきます。

 

現在萌乃はケージ暮らしがメインで1日に数時間のフリータイムを設けています。

リビングを飛び回る萌乃は少女のように快活で楽しげです。

まるでごほうびを堪能しているかのように。

そういう萌乃を見ると切なくなるのです。

手が回らなくてごめんね。

 

萌乃は人の手にもだいぶ慣れてきました。証拠写真を撮りましたので次回UPしますね。

萌乃と私のパイプ役を担ってくれたのはうちのあまぱんとさぶです。

特にあまぱんは表彰もののがんばりを見せてくれています。

ありがたいです。あまぱんありがとう。手伝ってくれてありがとう。

 

萌乃は我が家に埋もれるのはもったいない逸材ですので近々に里親サイトに掲載します。

応援していただけたらこれ以上の幸せはありません。

どうぞよろしくお願いします。

 

703号室は

「いせやん」♂

「萌乃(もえの)」♀

「素なう(すなう)」♂

の3名が卒業を夢見てステイしています。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク





神さま私はもうお腹がいっぱいです

追記) 過去記事にいただいたコメントのお返事をすべて書きました。コメントをくださった方はよろしければご覧ください。遅くなって申しわけありませんでした。

 

今日は以前書いた絵本作家スギヤマカナヨさんのイベントに行きました。

カナヨさんから任されている特別ミッションも楽しみのひとつでした。

機会があったらいつか書きますが私はカナヨさんの娘さんの同級生にときおり日本語を教えています。彼女は中国からの転校生で日本語が自由に話せません。

そのため、彼女の中学へ行き担任の先生とお話したり、彼女に日本語レッスンと彼女の思春期ならではの悩みを聞いてきました。心根のまっすぐな孝行娘です。

 

青春真っ盛りのしんちゃんです。ただいま日本語勉強中!

IMG_1545

 

 

ちなみにしんちゃんの母親は私よりもお若いです。なんとも切ない現実(笑)。

イベント会場の本屋さんで見つけたけん玉をしんちゃんがほしがったのでプレゼントしました。けん玉を手ににこにこ嬉しそうなしんちゃんがかわいくて^^

ひさびさの再会なのでゆっくりしたかったのですが、実は昨夜からの胃痛がおさまらなず私は先に失敬させてもらうことにしました。

 

「帰ったらそっこう横になろう!」

 

そう心に決めていたのに、帰り道で、出会ってしまったのです……。

10989135_529344880538589_1441523362699104475_n

 

 

どうか私の前に現れないでください。

 

私は猫と出会うたび「さわれるかな?」とその場にしゃがみこんで手を伸ばしてしまうのです。そうしたら「少しならタッチOKだよ」だったご様子でなでなでに成功!

 

ダッシュで洗濯ネットを用意し、素手での保護にトライしてみることにしました。

ネットにさえ入れてしまえば、こっちのもんですから。

外で猫をちょこっと撫でるのと抱いてネットに入れるのは難易度がちがいますが、誰かが代わってくれる訳でもないので自分を信じるしかないですよね。

深呼吸して一気にネットを猫の頭からかぶせ半身以上を入れひっくり返しました。

ネットの中に猫を落としこみ飛び出さないよう入り口を手でぎゅっと縛る。

手にぎゅっと持ったままの形で少しずつチャックを閉めていく……閉めていく……閉めていく……の作業の途中に猫がネットの中でハンパない暴れ方をしました。

萎え、ひるんだ私は一瞬力を緩めそうになったのです。

しかしその「一瞬」の判断ミスがのちに大きな後悔を残すことも体験済みなので、ここはぐっとこらえました。毛布で包んだら若干落ち着いてくれたので、そのまま母の車で文京区のMOMOペットクリニックへGOです。

 

写真だとおとなしく見えますが実際はそうでもなかったので(苦笑)、詳細はまだなんとも。

性別はかろうじて判明。未去勢の男の子です。

11018899_529344850538592_8765912828210297035_n

 

 

猫を入院させ、私は家に帰ってきました。

 

「新たな出会いに感謝です!」

などと言う心の余裕が正直今はありません。

 

帰ったあと、近日中に我が家に移動してくる予定だった保護猫の件の延期をお願いする電話をかけ、ツイッターで皆さまと会話を交わし胃薬を飲んでドロンしました。

 

神さまお願いです。私はもうお腹がいっぱいです。

どうか私の前に猫をよこさないでください。

 

PS 本当にメールが遅れています。不義理、筆不精で申しわけありません。お急ぎの方はその旨をお知らせくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク





きんきんいろいろ

皆さまキットの件ではたくさんのお悔やみありがとうございました。

実際に面倒を見ていたのは保護主さんですが、勝手に思い入れが強くてとても悲しかったです。しかし数値の割には元気そうに見えたし、これでもかというほど苦しい思いをする前に旅立てたことは不幸中の幸いだった気がします。亡骸は穏やかな形相でした。

 

さて、保護猫萌乃の家族募集に際し、華を持たせようと首飾りをつけてみました。

本当は萌乃用に毛糸のモフドを買ったのですが、萌乃の激しい抵抗に遭い断念。かわりにマジックテープで留めるタイプのシュシュをつけることにしたのです。

毛糸のモフドは次来る子につけようと思います^^

 

オシャレした萌乃を抱きイチャイチャしている姿を自撮りしようと奮闘するも……

IMG_1906

 

 

ぜんぜんりーむー(号泣)

IMG_1908

 

 

「なんだよ写真へたくそじゃんか!」

IMG_1931

 

 

いえ腕に自信はあるんです。かわいく撮れないのはモデル側の問題でしょう?

などと言えるはずもなくあっさりと自分の力不足さを認めた私。

修行精進しマシな写真をご覧いただけるようにならなければ!

 

がんばります!

 

そうそう!

家で萌乃と戯れていたら届いたのですよ!

IMG_1962

 

 

友人の太田康介氏(カメラマン)の渾身の一冊が!

「しろさびとまっちゃん」(KADOKAWA)

ネタばれになってしまうので、具体的に書くことはできませんが、感動しました。

感動のあまり、病床の太田さんに電話。電話口に仕方なく出たご本人に「どこがどうすばらしかったか」を延々と語らせていただきました(笑)。

カメラマンですので写真がいいのはもちろんのことですが「松村さんがしてくれたこと」のページの後ろの7行と「あとがき」の15行目から21行目はまさに100%の「太田さんの仰るとおり度」でした。いい一冊です。ほとんど写真なので読み易いですし、誰が手にとってもわかるよう書かれています。お手ごろ価格ですし、ぜひ読まれてはいかがでしょうか?

 

太田康介氏といえば……シンポジウムの件も!

3月11日、私は直木賞作家の森絵都さんが理事を勤める「日本ペンクラブ」のシンポジウムに行きます。ちなみに、前回の写真がPC内に保存されていたので何枚かご紹介します。

 

会場全体の様子

genpatu

 

 

壇上には太田康介氏、森絵都さんが

genpatu (7)

 

 

太田さんの本のモデルの「まっちゃん」こと松村さんもお見えでした。ご両人の後ろにいるのはうちの妹です。

tuiki

 

 

終わってほっと一息の森さん。編集者の菊池氏、703号室里親いっきゅうのママさんも参加しました。有意義なシンポジウムでした。

genpatu (9)

 

 

今回まだ参加間に合うようです。

興味のある方はどうぞ。当日、会場でお会いしましたらいろいろお話しましょう^^

 

 

家で太田さんの本を読んだあと、私は店へ。

703号室卒業犬萌ファミリーが会いに来てくれたのです。

IMG_1948

 

 

もう一頭の愛犬雑種の「ちび太」くんも一緒です。

IMG_1947

 

 

8年前に我が家を巣立ったシーズーの萌くん、すっかり老犬になったけれど大切にされています。

IMG_1952

 

 

ご夫婦は萌のことをよく褒めていました。

萌がただ歩いているだけで褒める。ひとつの段差を乗り越えられたらすぐ褒める。よくできたね、と撫でる。萌がなにをしてもサッと褒めるのです。

 

その姿に私は胸を打たれました。

IMG_1954

 

 

私もうちのお子たちをもっとちゃんと褒めなきゃ。

 

最近新しいカメラを買ったそうで、カメラの話で盛り上がりました。

IMG_1960

 

 

なのにカメラの部品を忘れて帰ったのです。あのご夫婦は(爆)。萌ファミリーは萌だけでなく、うちが保護した成猫むーちゃんも家族にしてくれました。あたたかい方々です。

余談ですが、ご夫婦は鍋を食べていましたが、私はさすがに飽きてしまったので母にしょうがとごま油であえる「そうめん」を作ってもらいました。メイドイン台湾のそうめんですよ^^

IMG_1955

 

 

最後になりましたが、わらひよ家で現在家族募集中の「福」くんを紹介させてください。

20150213-1

 

 

※福くんの写真はわらひよさんより拝借

福くんは卒業生バービーあらため「そよ」と同じ場所(栃木犬死体大量遺棄のペットショップ)からの生き残り犬です。犬種はビションフリーゼ。猫OK。体重5.3キロ。

保護&里親探しを担当しているわらひよさんは保護犬(特に小型犬)の譲渡を得意とする方々で毎度安定したすばらしいご縁を探しております。

このたび私が厚かましく電話で福くんの預かりをお願いしたのですが、二つ返事で快諾してくださいました。わらさん、ひよさん、どうもありがとうございました。

皆さまもどうぞ応援をお願いいたします。

 

 

ではよい週末をお過ごしください。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク





さようなら、キット

今朝、入院中の病院内でキットは逝きました。

 

前回キットについて書いたばかりなのに、残念です。

亡くなる前夜までごはんを完食していたキット。とてもえらいですね。

最後の最後まで辛そうな様子を見せず、オトナらしく静かにがんばってくれました。

 

先ほど、私はキットの保護主宅から戻りました。

キットの入院費、治療費、葬儀にかかるお金などを早く保護主さんにお渡ししたかったし、なによりもキットの顔を見て頭を撫でたかったです。花屋が閉まっていたのでスーパーで買ったピンクのトルコキキョウを持って行きました。

保護主さんから最近のキットの写真を預かってきたのですが、疲れてしまったのと勇気が出ないのとでまだカメラの中を見ていません。TNRの最終報告もいたしますがもう少しだけ時間がかかりそうです。

 

亡骸の状態は極めてよく、やつれた感がなくずっしり重く筋肉質の体です。

IMG_1892

 

 

苦しいときに苦しいといえたら

淋しいときに淋しいといえたら

この子はもっと早くに人間の目に留まっていたのでしょうか?

 

あんな姿になるまでひとり耐え抜いて本当にかわいそうでした。

でも、キットの清らかな魂は深く安らかな眠りにつける場所まで昇天すると思います。

 

 

保護主さんはいいました。

 

「次は、はじめから幸せな猫として生まれてくるんだよ」

私は保護動物たちの前世や来世……生まれかわりを信じるかわりに、「現世でどう生かすか」を掘り下げてきました。だから生まれ変わりを強く意識したことはないのですが、もしもあるなら、もしもあるならば、保護主さんと同じ意見です。

 

次は、はじめから幸せな猫として生まれてきてほしい。

あらゆる祝福を受けながら。

 

キットは命の終盤、多くの方に気にかけていただき支えていただきました。

僭越ですが、ネット環境にない保護主さんにかわって御礼申し上げます。

どうもありがとうございました。

 

 

キットともども感謝の気持ちでいっぱいです。

IMG_1891

 

 

さようなら、キット

 

合掌

 

 

 

スポンサーリンク