キッドへのクリスマスプレゼントと6女子のTNR

私が後方支援している片目のキッドに本日クリスマスプレゼントを渡しました。

hyoukei (3)

 

 

703号室POSTCARDをお買い上げくださった皆さまのご厚情で実現したのです。

皆さま、どうもありがとうございました。

ポストカードはまだ在庫がありますが、クリスマス前に一度渡したいと思っていたのです。

本当は私がキッドの保護主家に持っていくはずでしたが、今日保護主さんがたまたま我が家の近所で仕事をしていたので、持って帰ってもらうことに。

また折を見てキッドに会いに行きます。

野良猫時代に比べまるまると太ったキッドですが、実は血液検査の結果は悪化しています。

慢性腎不全の彼は輸液をがんばっていますが、すでに貧血がはじまっているのです。

次の(12月22日)通院の結果次第では近々、新しい治療も考えていかなければならないので、私もできるかぎり支援しつづけていこうと思います。

それともうひとつ!

キッドの保護主さんは、ヘルパーの仕事先で見かけた成猫(全員メス)6匹の不妊手術および医療ケア(ワクチン&レボリューション)を順次していくそうなので、不妊手術および医療ケアにかかる代金を私の方で全額寄付させていただく所存です。

ポストカードの売り上げと、お預かりしているニャンニャンBOXの売り上げから。

少し時間をいただくかもしれませんが、手術の際は個体の写真を撮りこちらにUPしますね。

1匹目は12月25日に手術予定で病院も予約済みです。1匹目にかかる不妊手術および医療ケア代金は本日キッドの保護主さんに手渡ししました。

キッドの医療費と一緒に!

IMG_1090

 

※これまでのキッドの医療費を単純計算し、6か月分と書きましたがキッドの体調が悪化したので実際は6ヶ月に満たない金額になるかもしれません。

 

「ありがとうございます。皆さまによろしくお伝えください」

IMG_1088

 

保護主さんから皆さまへの感謝の言葉を預かりました。

IMG_1087

 

プレゼントはフードと物資のほか、ドームベッドとかわいい爪とぎを♪

IMG_1083

 

※皆さまからの応援物資もちょっと混ぜています。

 

いっぱいですが、自転車で持って帰る気満々のガッツある保護主さん(笑)。

IMG_1082

 

さすがですね。

何度「大丈夫ですか?」って聞いてもお返事は「はい」でした。

 

あんまりにもかわいくて超気に入ってしまった赤のドームベッド

IMG_1085

 

うちのお子たちにもひとつほしかったのですが、最後の一個だったのです(涙)。

やわらかくモコモコの手触り。上部にハンドルもついているのでポコッと持ち上げられます。

病魔と闘うキッドが快適に過ごせますように。使ってくれるといいな^^

 

「いいな。わたちもほしい」

IMG_0675

 

萌乃にも買ってあげたいけど売り切れだったの。 今度他のを探してみようね。でもドームベッドを与えたらますます引きこもり女子になりそう(汗)。

 

ポストカードやニャンニャンBOXを通じてキッドや野良女子猫6匹のTNRへの支援をさせていただくことができました。ネット環境にない保護主さんにかわり、僭越ながら私から重ね重ねお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

「べべじゃないよ! 似てるでしょ?」

IMG_7345 (1)

 

東京都在住のOさまが送ってくださった写真とメールをご紹介して本日の更新を終えます。

 

田辺アンニイ様
かわいいかわいいポストカードが届きました。
ありがとうござました。
アンニイ様の日々の活動への敬意と感謝の気持ちを込め、
使わせていただきたいと思います。
703号室のレギュラーメンバーの健康と
卒業を夢見る保護動物たちの幸せを願っております。
我が家にも病気と闘うJRTがおります。
アンニイ様のブログを拝見し、
いつも勇気と希望をいただいております。
今年も残すところ2週間ほどになりました。
どうぞご自愛ください。

スポンサーリンク





私は“一滴”

追記:12月11日~のコメントのお返事をすべて終えました。遅くなってごめんなさい。許して~! 週末はいせやんに一歩近づくのを目標にがんばります。キッドの保護主さんにもプレゼントを渡す予定です。また記事でご報告しまーす!

 

森が燃えていました
森の生き物たちは われさきにと 逃げて いきました
でもクリキンディという名のハチドリだけは 行ったり来たり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます
動物たちはそれを見て
「そんなことをして いったい何になるんだ」と笑います
クリキンディはこう答えました
「私は、私にできることをしているだけ」

~ハチドリのひとしずく~

 

先日、私はおよそ9年の付き合いのみいさんとともに里親さんの主宰する石鹸教室へ

aaaaaaab (8)

 

エプロン持参でやる気満々の熟女ふたり(笑)。

aaaaaaab (12)

 

石鹸を作るのって意外と大変なんですね。緻密さと体力が必要です。私はどっちも欠けている不良生徒でした。先生、申し訳ありません。

もともとご主人のアトピーがひどくて石鹸作りをはじめた奥さま。家族思いのやさしい女性です。

教室に置かれていた見本↓

aaaaaaab (10)

 

みいさんと私が作った石鹸もこんな風に仕上がるのかな?

1ヶ月熟成させたのちマイ石鹸が完成します。今から楽しみ^^

 

ポカポカのお茶

aaaaaaab (9)

 

さつまいもをふんだんに使った手作りケーキ、コーヒー

aaaaaaab (14)

 

ご主人がご自分の夕飯にと作っていたルーローファンまで厚かましくいただいた私たち

aaaaaaab (16)

 

どれもおいしかったです。ごちそうさまでした。

 

ご主人は台湾出身者の私よりも台湾をよく知る方で、雑誌の出版にも携わっています。

aaaaaaab (13)

 

ご主人の名前発見!

aaaaaaab (11)

 

台湾でしか買えないグッズをくださいました。

aaaaaaab (15)

 

手作りリップと

aaaaaaab

 

みいさんとお揃いのルームシューズ(これまた手作り!)は奥さまからの贈り物

aaaaaaab (4)

 

あたたかい気配りを見習いたいです。どうもありがとうございました。

 

雑談ネタはもちろん「猫・犬」。おふたりの親バカぶりがただただありがたいです。

aaaaaaab (7)

 

みいさんとともにご夫妻に譲渡したのは3匹の子猫たち。先日私が遊びに行った麦&とろろのきょうだいボンゾー&ライゾー&みつまめを育ててくださっています。

 

「いらっしゃーい!」

aaaaaaab (2)

 

元保護犬のコロちゃんが若返っててびっくり。ツキちゃん(犬)も元気そうでした。

 

ボンゾー(元:若丸)大きくなったね。きみかなりハイパーだよね(汗)。

aaaaaaab (17)

 

紅一点のみつまめ嬢。成長後も小ぶりです。

aaaaaaab (6)

 

ライゾー(元:安丸)は人見知り男になったんだね。会いたかったよとても。

aaaaaaab (5)

 

悪びれることなく「普通に」子猫を捨てにみいさんち付近をウロウロ歩いていた女性をみいさんが偶然見かけたのがいきさつで、その地域の子猫5匹、成猫3匹を保護することに。

みいさんの性格上、当時の心境は「見たくなかった」「知りたくなかった」「関わりたくなかった」の三本柱だったでしょう。でも、みいさんは見てみぬふりをしませんでした。

それをやったら身を切り裂かれるような後悔に苛まれることを知っているからです。

ならば私も同じ船に乗ろうと思い、3匹の預かりと5匹全員の里親探しを引き受けたのです。

この子たちの立派な姿をこうして拝めるなんて、感無量です。

aaaaaaab (3)

 

※私はリアルファーは着ません。アクリルです。

 

スクスク育ってくれてありがとう。

麦&とろろを含め5匹とも不妊手術を終えオトナの階段を急ぎ足でのぼっています。

 

私はときどき、自分の微力さにうんざりします。

なんでこんなにもできることが少ないのか。

悔しいことが多すぎる。なぜ日本の犬猫たちの地位は、哀れなほど低いのだろう。

私のやっていることは、意味があるのでしょうか?

今までずっとそうでした。定期的に襲ってくる空虚感。これからもきっとそうです。

虚しくて虚しくて自分の弱さや小ささを嘆き、地団駄を踏みつづけるでしょう。

 

でも、そういう自分を癒す方法も、私は少しだけ知っています。

大河の一滴、ひと粒の砂……私の力や存在はその程度です。

自分の微力さを認めた上で、努力すべきことをし、歩きつづければ、やがて自分の暮らしたい世界に近づくと信じています。

 

「やれない」

もしなにもしないうちから言い切ってしまったら、その先にはなにもありません。

希望を宿すには「やる」しかないのです。

私たちの行動は必ず証明できると思います。

この国の方向性を。

私たちは自分の住みたい国を、自分の手で築いていくべきですよね。

生理的に野良猫のみすぼらしい姿が嫌いな私は(笑)、家猫を増やして満足したいです。

ハチドリのひとしずく、だとしても。

 

縁あってうちを経由し「家猫」になってくれた愛おしいあなたたちへ

3be (20)

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





猫型の血糊

私はさっき、スーパー横の駐車場でいやなものを見ました。

できれば見たくなかったけど、ふと落とした視線の先に血糊を見つけたのです。

赤黒い血の塊はべったりと「猫の形」をしていて……変な言い方、まだフレッシュでした。

ほんの少し前にここで死んだ猫がいる。

身を切られるような寒さを必死に耐えた猫がベチャッと果てた生々しい痕。

私は足早にスーパーの中に入りました。

あの血の量はおそらく成猫……場所から推察するとバッグする車に轢かれたのか?

男の子だったのか女の子だったのか?

即死できたのか悶え苦しんだのか?

食後だったのか空腹だったのか?

なんのために生まれてきたんだろうね。

本当に悔しい。

 

不謹慎ですがひとつの死を目の当たりにして私はちょっと吹っ切れたのです。

実は保護猫いせやんのことをずっと悩んでいました。

IMG_1041

 

 

どんな表現をすればいいか……いせやんの人慣れはかなり厳しいです。

私がいせやんを保護したのはまちがいだったのかもしれない。

どこかでそう思っていました。去勢手術後、リリースした方がよかったのかなと。

先日保護した萌乃もまだ完全に人慣れしていませんし、慣れていない子を慣らすのはのちのちの喜びが大きいとしても渦中の消耗が激しくて。いせやんは特にね。

でも、あの血糊が一喝してくれました。

それはちがうよ、と。

 

私は年単位の時間がかかってもいせやんを家猫として卒業させたいです。

霧の中を抜けて。

1年かけても2年かけても。

IMG_1042

 

 

いせやん。

これ以上絶対お前さんからなにも奪ったりしないから、いつか心を開いてください。

図々しくつきまといいせやんを怒らせるかもしれないけれど私たちはいせやんを思っています。まんまるの目でよーく見ててください。私たちがあなたの敵か味方か、ちゃんと。

 

ありがとう♪

毎冬、保護活動をしていらっしゃるわらひよさんがイチゴを送ってくださいます。

IMG_0913

 

甘ーいイチゴ。チチや従姉妹のシェンシェンとみんなでいただきました。ごちそうさまでした。

 

ピチコさまよりフードとおやつ

IMG_1028

 

リジンのプレゼントをいただきました。

IMG_1030

 

ありがとうございました。いつもすみません。恐縮の限りです。

 

703号室卒業猫みも&あかりの里親さんが先日柿を持ってきてくださいました。

IMG_1026

 

猫の話に盛り上がりました。みも&あかりを大切にしてくださりありがとうございます。

IMG_1017

 

みももあかりも私が近所で保護した大事なお嬢さまです。特にあかりは車道のすぐそばで出会ったので保護をためらいませんでした。確実に交通事故に巻き込まれる場所だったので。

その彼女たちが、今はぬくぬく室内を満喫しています。

 

みも

image

 

あかり

DSC_3936

 

警戒心の強かったあかりがやんわりした雰囲気に!

いせやんにもこんな日が来るのかな?

だったらいいなあ。

私が見たいのは無残な猫型の血糊じゃなく、腹を天に向け無邪気に眠る猫の姿です。

私は理不尽に猫たちがベチャベチャ車に潰され亡くなっていくのが生理的にダメなのです。

生ゴミを漁る猫の形相も、寒さに震える猫の背中も生理的に無理。

嫌いです。

猫たちにその程度の生き方しかさせてやれない自分たち人間のケチさを思い知らされるから。

 

「うちにおいでよ」

1匹でも多くの子たちにそう言ってやりたい。

暖や食や憩いを分け合いたい。

 

私たちは“仲間”ですから。

IMG_0931

 

「はいっ」

IMG_0930

 

痛みを知るもの同士、ね。

 

 

スポンサーリンク





レッドカーペット2

お待たせしました。

皆さまをごましおの新居へご案内します。

トライアルへ向かう車内のごましお。大物の佇まいで落ち着き放っています。

IMG_0688

 

 

さすが! この子の精神は大概のことではビクともしません。

ごましおの里親に名乗りをあげてくださったのは、マイ太郎さんの卒業猫瑠璃ちゃんの里親さん。実は約1年前の瑠璃ちゃんのお見合いに同席させてもらった私は、里親さんの環境やお人柄をよく存じ上げていました。

理知的、温和、そして責任感の塊のような女性です。

里親さんは基本的に在宅でお仕事をされているので留守はほぼないのですが、瑠璃ちゃんを家族として迎え入れてからは出張などもキャンセルするほどに。

どうしても断れないお仕事で1泊家を空けたときは、鍵を預けている後見人のKさんに「万が一、自分の乗った飛行機が墜落したらこうしてほしい」とまでお願いしていたそうです。

Kさんがこっそり教えてくださいました(笑)。

里親さんは瑠璃ちゃんと毎晩1時間以上の猫じゃらし遊びを欠かさず、常時溢れる愛情で接しています。瑠璃ちゃんは幸せという一語では足りない位満たされたお嬢さまになりました。

 

「こんちは。あたちが瑠璃よ」

IMG_0750

 

 

ひろーいお家の中を走りまわる瑠璃お嬢さま!

2匹目の家族としてごましおを検討してくださったのがいきさつでこのたびのご縁となりました。

マイ太郎さんが里親さんにごましおをすすめてくださったのですが、里親さんはすでに703号室ブログでごましおを見てかわいいと思っていたようで、話がトントン拍子に進んだのです。

ごましおを自分の保護猫のように考え動いてくださったマイ太郎さん、うちのブログを7年も読んでくださっている瑠璃ちゃん&ごましおの後見人Kさんにも深謝します。

1年ぶりの瑠璃家。1年前は1年後にごましおを連れて来るなど夢にも思いませんでした。

IMG_0733

 

 

ご縁って本当不思議ですね。瑠璃ちゃんが使ったケージを今度はごましおが使います。

IMG_0695

 

 

ごましお、後見人Kさんに撫でられています。

IMG_0754

 

 

Kさんはご自身も元保護犬&元保護猫と暮らしています。我が家のさぶが大好きだそうで、さぶのポストカードの詰め合わせを買ってくださいました。ありがとうございます。

 

掃きだし窓には頑丈な脱走防止パネルが

IMG_0712

 

 

整理整頓された明るいキッチン(ごまー! いたずらだめだからね)

IMG_0703

 

 

桜色の猫トンネル

IMG_0752

 

 

あちこちに無造作に置かれている防寒対策

IMG_0748

 

 

爪切り時に野生化してしまう瑠璃ちゃんを抑えるための? 猫カラー

IMG_0737

 

 

今回新しいカメラ持参で伺った私。林家パー子のごとく撮りまくりました^^;

IMG_0716

 

 

ごま、ここはいろんなグッズが揃っているね。

IMG_0724

 

 

ごまが入っているドームベッドもふんわりしていていいねえ!

IMG_0707

 

 

やさしい里親さんに抱かれて

IMG_0722

 

 

お世話になったマイ太郎さんもなでなで

IMG_0784

 

 

ドームベッドの中でちまっと

IMG_0787

 

 

この日は女子会も兼ねていたので人間たちはティタイムを楽しみました。

IMG_0700

 

 

上品な食器で

IMG_0727

 

 

おいしいケーキ

IMG_0758

 

 

お茶

IMG_0759

 

 

フルーツを堪能しながら猫の話に花を咲かせる至福のひと時♪

IMG_0788

 

 

「あたち主宰の女子会へようこそ」

IMG_0779

 

 

「みんなくつろいで行ってね」

IMG_0781

 

 

瑠璃ちゃんありがとう。そうさせてもらうね。

と、ここまで普通に上機嫌だった瑠璃ちゃんですが、このあとケージ内のごましおの存在に気づいてしまったのです。

 

「およ?」

IMG_0768

 

 

「ん? クサイ! なんかいる!」

IMG_0776

 

 

「ママー! だれこれぇ? うちは男子禁制よすぐに追い出して!」

IMG_0775

 

 

なんて、ほっこりのセリフをつけてみたのですが、実際の瑠璃嬢の怒りや戸惑いは私たちの想像をはるかに超えていました。

大げさ抜きに私の譲渡活動で接してきた「先住猫」の中で一番すさまじかったです。

聞いたこともない唸り声でケージにのぼり、ドームベッド内のごましおめがけ飛び、叫び、膨らみ、手を入れてパンチするを繰り返しました。

その場にいた全員が閉口するレベルの瑠璃嬢の野生ぶり。

半端なかった……お見せしたいのですがパー子の私にも写真を撮る余裕などなくて。

 

途中、マイ太郎さんがなだめ一度我に返った瑠璃嬢ですが

IMG_0774

 

 

またすぐに臨戦態勢に……

IMG_0783

 

 

いつもは先住さんと別の部屋からスタートするようお願いしますが、今回はそこまで考えなかった私の見積もりの甘さが招いた事態です。

自分の中の瑠璃ちゃんのイメージが子猫のままで。

心身ともに成長した瑠璃嬢に自我が芽生えるのは当然の話。保護主として配慮に欠けていたことを猛省しました。瑠璃ちゃん、驚かせちゃってごめんなさい。

怖いのはごましおだけじゃないもんね。瑠璃ちゃんだってどうしたらいいかわからなくなるよね。

瑠璃ちゃんが怒っている間中、ごましおはハウスの中で静かに過ごしていました。

IMG_0705

 

 

この子は自己の問題を解決する能力に長けた猫なのです。

そのときの顔が、また仏様のようで。

私は心の中で何度も繰り返しつぶやきました。

「だめだったらいつでも帰っておいで。がんばり過ぎない程度に、ごま、がんばれ!」

 

そして興奮状態の瑠璃ちゃんを一瞬別室に隔離してもらい、ごましおと記念撮影

IMG_0792

 

 

マイ太郎さんが作ってくれたクリスマスシュシュをつけたハンサムなごましお。いつの間に背丈が伸びている……。写真の私は笑顔だったけど、どうなるのか少し不安で。

でも、前向きな瑠璃嬢とどこででも生きようとするごましおの折り合いも信じたくて。

ごましおを預けてからは、まめに里親さんと連絡を取りました。

里親さんはごましおのケージを和室に移動し一からふたりの距離をはかりなおしてくれました。

祈る気持ちで見守ること数日

里親さんから写真つきのメールが届いたのです。

ごましおを正式にわが子にしたいこと、ふたりの距離が一気に縮んだこと、瑠璃ちゃんがごましおを「ごまお~」「ごまお~」と呼びながらついて回っていること……

こうも書かれていました。

「瑠璃にあれだけ威嚇されてもめげずに心を開き続けてくれたごまちゃん。えらい!」

 

あああ。

ごま、やるねぇ! 瑠璃ちゃんもありがとう。

 

「ハハ、ついにねえ、ぼくにも家族ができたよ」

bokuno

 

 

ごましおの得意そうな表情を眺めていたら、涙が止まらず、ごましおに会いたくなりました。

とても会いたいです。

いっぱい心配したけど、ごましおに任せておけばだいたいうまくいくんだね。

ありがとう。

ごましお、ありがとう。

里親さん、瑠璃ちゃん、ごましおはいい男です。どうぞよろしくお願いします。

里親さんからお菓子と紅茶をいただきました。ごましおにかかった医療費の一部もご負担くださいましたので、今夜、保護に携わってくださった看護師さんに渡します。

IMG_1032

 

 

ごましおの新居のエントランスに飾られた大きなクリスマスツリー

IMG_0692

 

 

少し早いけど、ごましお、メリークリスマス!

サンタは私なのかお前さんなのか?(笑)

 

かつくん「X213ごましお、おめでとう。自分の力で縁を勝ち取ったごましおはすごいよ。

“ごまお~!”

姫にそう呼ばれたらすぐに駆けつけないとね。日本の男の立ち位置はその程度が円満の秘訣だよ。ごましおの最後の一瞬まで、ごましおが幸せでいられるよう703号室は祈ります。

痛みや逆境に耐え愛をふりまいたごましおへ」

1 (348)

 

 

 

スポンサーリンク





レッドカーペット1

交通事故によって二度の手術を経た保護猫ごましお。

事故の衝撃で腰の骨は砕け曲がってしまったけれど、彼の心はまっすぐにのびたままです。

 

「折れない」

けれど彼は大樹ではなく、風の動きにしなやかに変化する柳の木のイメージです。

そしてときどき、不平不満をもらすことなくどんな環境も運命をも甘んじて受け入れる彼の顔が、仏様に見えることがあるのです。

IMG_0653

 

 

小さな彼が、実はものすごく達観しているようで、頼もしくて誇らしくて。

IMG_0652

 

 

いつも誉めてばかりいたい衝動に駆られました。実際誉めてばかりでした。

IMG_0659

 

 

彼は基本、だれに対しても穏やかでやさしいのです。

IMG_0335

 

 

だから当然、みんなに好かれます。

IMG_0293

 

 

私は正直、ごましおと暮らせる人がうらやましかったです。

IMG_0661

 

 

彼といると、あたたかい気持ちにも前向きな気持ちにもなれるから。

IMG_0667

 

 

どこに出しても恥ずかしくない我が家のホープ。心の美しい男の子。

IMG_0189

 

 

そのごましおが、縁あって703号室を巣立ちました。

喜ばしい反面、一縷の淋しさが胸をかすめました。

あまりにも愛らしいから。

 

ごましおと折り重ねた日々を私は忘れません。

IMG_0106

 

 

ごましお、私はごましおがかなり好きでした。

一見飄々としたきみの立ち振る舞いは楽観や若さゆえの行動ではなく、あらゆることになるべく執着しないことで自分自身が傷つかないよう努力していると気づいてからは、なお。

あどけないきみの包みをはがすと、中に強い芯を感じた。

 

「ぼく、生きる」

どんなに抜いているように見せても、常にひたむきだったよね。

 

ならごましお……

 

Go for it!

 

「自分」を精いっぱい生きてね。

 

「ハハありがとう。

多くの善意に支えられ、ぼくは未来の椅子に腰かけました。

これからは家族とともにぼくの道を歩みます。

みなさまが応援してくださったおかげでぼくはやわらかく踏み心地のいいレッドカーペットを進んでいくことができますが、外の猫たちは、いばらの凍った砂利上を這っています。

慈悲深いみなさま、どうかぼくの仲間にも光を照らしてください。

ぼくへの応援ありがとうございました。次回はぼくの女系女帝家族を紹介します」

IMG_0105

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク