10分更新 我が家の構ってちゃん

左目下の盛り上がりが気になって気になってふだんはいっさい見ない手鏡が手放せません。

 

 

負のスパイラルに陥りそうな精神状態。はあ・・・・・・。

 

 

 

しかし家で悶々と落ち込んでばかりもいられないので、気晴らしにプレゼントを持って妹家へ

IMG_3396

 

 

 

妹の誕生日が近いので、コットン&シルクのサマーショール、バスソルト、ケーキを渡しました。

IMG_3413

 

 

 

メインのショールは自分も買おうかと悩んだほど気に入ったもの。大判の薄手。色もいい! 室内と外の寒暖差が激しい季節に活躍しそうな一枚です。喜んでくれましたよ。よかった。

IMG_3403

 

 

 

私の目の不自然なテーピング姿と新たな膨らみを見てふびんに思ったのか? 妙にやさしかった妹。爪だけでもかわいくしようかね? と、ネイルをやってくれたのです。

IMG_3400

 

 

 

なかなか凝ってるね。ありがとう。多愛もない話をしていたらあっという間に完成!

FullSizeRender

 

 

 

帰宅後、我が家の「構ってちゃん」があまぱんと私の間に飛んできました。

FullSizeRender (1)

 

 

 

あまぱんはサクにとって「保険」のような存在なのかもしれません。あまぱんがそばにいると、サクは自分を大胆に出すことができるのです。そういうところ、とてもかわいいねえ。

FullSizeRender (2)

 

 

 

甘噛みされています。指がむずがゆいけど、幸せなひととき

FullSizeRender (3)

 

 

 

サクをちゃんとアピールしていくからね。どんどん剥けているの、皆さまに見てもらおう。

FullSizeRender (4)

 

 

 

「ハハ~ ぼくにも魅力ありますか?」  ※写真MIHOさん

IMG_3302

 

 

 

当然あります。仰山あります。

 

 

 

あまぱんのごはんは奪うけど、サクはべべにベッドを譲るやさしい少年です。

 

 

話を聞きながら首を傾げる姿はこの上なく思慮深いです(笑)。

 

 

 

サク、好きだよ。幸せを求めて歩いていこう。

 

 

明日もいっぱい飛びまわって、ごはんをおねだりしてね。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク

10分更新 うちのお姑ちゃん

先日私は、年に一度か二度企画しているチチの両親への感謝祭を行いました。

 

 

 

両親が出やすいよう上野駅で待ち合わせすることが多いのですが、上野駅に向かう山手線の中でこんなもんを発見したのです。森絵都さんの「みかづき」の宣伝。ふふ。うれしい♪

osyuutome (13)

 

 

 

早めに着いたので、両親へ渡すささやかなプレゼントを選ぶことに。めがねコーナーにあった猫サングラスをかけ、キメています。こわい変態っぽい。

osyuutome (5)

 

 

 

予約した店に向かって歩いていると、ピンクの個人タクシーが目に飛び込んできました。

osyuutome (2)

 

 

 

 

つづいてマリオカートの大群が・・・・・・

osyuutome (4)

 

 

 

 

仰天・・・・・・なんか異様な風景。でもかわいい^^ どうか無事故でお達者で!

osyuutome (3)

 

 

 

今回は中華をチョイス

osyuutome (8)

 

 

 

めったにない機会なので好きなものを飲んでお腹いっぱい食べてもらいたいです。

osyuutome (10)

 

 

 

両親の誕生日、母の日、父の日をぜんぶ込めていますからね(笑)。

osyuutome (7)

 

 

 

 

姑ちゃんは「まあよく気の利くお嫁さんだこと!」とお世辞を言って誉めてくれました。

 

 

 

こういう前向きな言葉はすべて真に受けておきます。へへ。

 

 

 

チチと結婚するとき、姑ちゃんは内心複雑だったようで反対気味でした。けれど長い時間をかけ、お互いを知っていくにつれ、私たちはなんでも話せる仲になれたのです。

 

 

 

若輩者として嫁として行動で両親をたてるのは当然ですが、言いたいことを腹に溜めすぎず、私は両親に伝えてきました。チチを介してかばってもらうことをせず、自分の口、ときにはメールや手紙で直接やり取りしてきました。両親は最後にはいつも深い理解を示してくれています。

 

 

 

姑ちゃんは3人の子どもを育て上げたあと、ペットショップで出会ったアメショーのじゅんちゃん(16歳)と暮らしはじめました。子どもがみんな出て行ってしまってさぞさびしかったのでしょう。

 

 

 

姑ちゃんの心の隙間を埋めてくれたじゅんちゃん、ありがとう。

 

 

 

その後、埼玉県で譲渡活動している女性から保護猫たまちゃんを引き取り、3匹目のサンちゃんは数年前に姑ちゃん自身が外で保護したのです。現在はもちろん全員室内猫!

 

 

 

ちなみに嫁の私からは1匹も猫をもらってくれませんでした(爆)。

 

 

 

何年も前に一回だけ野良猫のことで電話がかかってきたのですが、当時私はてっきり、私の力を必要としているのだと勘違いし、現場に向かうことを考えたのですが、姑ちゃんは現場の住所を私にあいまいにして、捕獲方法のアドバイスだけを求めてきました。

 

 

 

さっそく捕獲箱をプレゼントすると、その箱で家のまわりも含め数十匹の猫をTNR。すごすぎ。

 

 

 

姑ちゃんは近隣に申し訳なさそうにコソコソとひとりでやっています。全額自腹。手術した子たちについては庭先でのごはんを保証し、面倒を見ています。みんなまんまるですよ。

osyuutome (11)

 

 

 

私がプレゼントした捕獲箱の近くでごはんを食べている地域猫さん

osyuutome (9)

 

 

 

上の2枚はだいぶ前に私が撮ったものですが、チチいわく、最近実家へ用事で行くと、家のまわりにコロコロに太った猫たちがたくさんいるんだとか。

 

 

 

チチと結婚したことを後悔した回数は数えきれませんが(あっちもかね?)、姑ちゃんのお嫁さんになれたことは私にとって幸運です。身内自慢してごめんなさい。

 

 

 

姑ちゃんは「個人」の力を身をもって見せてくれたすばらしい女性。

 

 

 

お父さんお母さん、ずっとお元気でいてください。

 

 

 

犬猫とは関係ない写真ばかりになりましたので、最後に本日のリル嬢のごはんシーンを

osyuutome

 

 

 

お母さんの作ったペースト食を食べてくれています。

 

 

 

ちゃんと食べた日は「白雪姫」と呼んであがめています。毎日なかなか辛い。

 

 

 

べべにも自作のペースト食をシリンジで与えています。3本ペロッと平らげてくれました。

osyuutome (12)

 

 

 

 

家族に感謝。家族はあたたかい気持ちにさせてくれる存在だから。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク

10分更新 公園へ

ブログ連続更新中です。よろしければ下の記事もご覧くださいね。

 

 

さっきまで「なおっちさん」と電話。ご友人とふたりで多数の猫の保護をしていらっしゃいます。

 

 

なかなか捕まらない猫がいるとの相談を受けました。捕獲箱はアレンジを加えることで成功率が格段に上がります。内容をここには書けないのが残念ですけど。

 

 

 

私まわりの方々は、実力と信念を持っています。

 

 

 

「丸投げ」や「延々の自分探し」や「世間に対する漠然とした批判」の域にはいなくて、「目的が明確」かつ、できることを自分でやろうとしています。だいたいが目の前に現れた1匹を自分でどうにかしたい、と切実に考えているケースで、それであれば私も具体的なアドバイスをさせていただくことができて実りを感じます。応援しています。なおっちさん、がんばってください。

 

 

 

さて、昨日いっしょに遊んだりょうちゃんもそんな女性ですね。

 

 

 

「なによ? うちの人たちがなんだって?」 ※写真りょうちゃん

???????????????????????????????

 

 

 

 

「なんですか? 遊んだんですか?」 ※写真りょうちゃん

???????????????????????????????

 

 

 

遊んだ、じゃないか^^;

 

 

 

実はレンタル中のケージを返してもらう必要があり、りょうちゃん夫妻が届けてくれたのです。

 

 

 

世間を見下ろす三毛の「しじみさん」。

 

 

 

しじみさんの家族を私が募集し、里親りょうちゃんと出会いました。りょうちゃんはその後、私の紹介で黒猫「ののこ」を2匹目の家族として引き取ってくれて、自宅付近の猫たちをTNR、保護譲渡しています。りょうちゃんの行動力を尊敬します。

 

 

 

せっかくこっちまで来たんだからほんとうは我が家でゆっくりくつろいでもらいたかったのですが、うち最近、泣きたくなるほど散らかっています。目のまわりのオデキの手術を受けた(のを言い訳に)私は細かい掃除ができません。ならせめてお茶でも、ということで、3人でカフェへ♪

 

 

 

事前にりょうちゃんに「お嫁入り道具にしたいからさびのすももに合いそうな猫クッションを持って来てください」とお願いしていたのですが、超いっぱい持ってきた・・・・・・選べん!!

1ssisisi

 

 

 

 

ツイッターでも皆さまのご意見を伺いましたね。

 

 

 

悩みまくってすももの里親さんにも連絡。

 

 

 

皆さま、りょうちゃん、私で、「似合いそう」と目をつけていたひとつを里親さんがチョイス

1ssisisi (2)

 

 

 

 

うん♪ かわいいと思います。私が個人的にいちばんほしいのもピンクのお花のでした。

 

 

 

卒業のとき、プレゼントします。子育てを終えたすももが枕がわりにつかってくれるといいな。

 

 

 

カフェを出ても明るかったので、りょうちゃん夫妻を誘い、公園へ

1ssisisi (3)

 

 

 

なぜ3人で来たのか自分たちでもよくわかりませんが、とにかく気持ちよかった!!

1ssisisi (7)

 

 

 

 

水辺をぐるっと一周

1ssisisi (6)

 

 

 

 

おちびさん発見。9きょうだいとママ。いっしょうけんめい生きています。

kouennhe

 

 

 

 

チーさん(ご主人)は大喜び。釣り具とビールがないのを悔しがるほどでした。

 

 

 

「ビール持っちゃった日には(公園から)出れないね」

 

 

 

だそうです(笑)。

 

 

 

空の色が印象的でしょ?

1ssisisi (5)

 

 

 

 

緑の中を歩くと心が落ちつきます。近々べべ、ナナ、リルとも来たいなあ。

1ssisisi (4)

 

 

 

 

りょうちゃん、チーさん、たのしい時間を共有してくれてありがとうございました。

 

 

 

夜、「おれ風のカレーを作る!」と豪語していたチチを延々と待つも、ソファーで寝腐っていて起きようとしません。日中、チチは上野までわざわざスパイスを買いに行ったんです。

 

 

 

なのにあろうことか、約束を反故にされました。

 

 

 

仕方がないので私はお弁当を食べたのですが、カレーを私にふるまうはずのチチが寝起きに図々しく空腹を訴えてくるという理不尽さ・・・・・・。これが田辺家の実態ですよ皆さま!!

 

 

 

簡単にできるものしか作りたくなかったので、親子丼とスープを出しました。

t

 

 

 

 

憎らしいです。

 

 

 

でもいいの。カフェと公園でストレスを発散してきたばかりだから。

 

 

 

クドクドと失礼しました。

 

 

 

皆さま今週もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク

10分更新 紳士ちゃた幸さん

保護猫ちゃたろは「ちゃた幸(ちゃたゆき)」に改名されました。

yuke (6)

 

 

 

名づけてくださったのは里親の肉球きらりさん。今、お引っ越しの最中です。

 

 

 

保護されたとき、毛色の雰囲気から即席で「茶太郎」になり、ふんわりしたフォルムにしたくて私が「ちゃたろ」に変化させ、そこに肉球きらりさんが愛をたっぷり詰めこんで「ちゃた幸」に。

 

 

 

個性的で、一度聞いたら忘れませんよね。

 

 

 

呼び慣れている「ちゃた」を残したことで、ちゃた自身も混乱がないですし。

yuke

 

 

 

由来は説明不要でしょ?

 

 

 

はいっ。皆さまのお考えで正解。読んだままの意味です^^

 

 

 

ちゃた幸を置き去りにしないよう、狭い一室に幽閉しっぱなしにしないよう、私はリビングと保護部屋を行ったり来たり。それでも、きっと足りないなあ。ぜんぜん足りない。

yuke (4)

 

 

 

 

ごめんねちゃた幸。甘えん坊なのにひとりぼっちの時間が長くて。

yuke (5)

 

 

 

 

これまで「時間」をたくさん失ってきたあなたが、腰を据えていられる空間を、里親さんはいっしょうけんめい作ってくれています。あと少しのがまんだよ。

yuke (3)

 

 

 

週末は2本の手が4本になるのでちゃた幸にとってもうれしい束の間。私だけでなく、チチにもベタベタで、チチのパソコン画面を身体で塞ぎ「構えっ!」と催促しまくりです。

yuke (2)

 

 

いいんだよいいんだよ。自己主張していいの。

 

 

 

伝えたいことがあるんだもんね。

 

 

 

私たちもあなたに伝えたいことがあるから、よくわかる。

 

 

 

心と心、全身をもぶつけ合ってたのしく暮らそう。

 

 

 

ちゃた幸は来月、我が家を巣立ちます。

 

 

 

中年のおっさんですが、立派な紳士ですので、ステキな卒業生になると思います。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク

10分更新 わたしの名を呼んだなら

昨日、里親あっティーさんが子育て奮闘中の保護猫すももに会いに行きました。

 

 

あっティーさんちからemi-goの病院まではかなりの距離があるので、先日は途中の駅まで車で迎えに行ったのです。でも今回はご一緒できず。きっとたいへんだったんだろうな。

 

 

 

「あら ママ一週間ぶり!」

sumomote

 

 

 

あっティーさんに写真を送ってもらいました。

sumomote (5)

 

 

 

 

ちびたち、少し大きくなってる^^

sumomote (6)

 

 

 

 

おめめがパチッと開いたね。とてもきれいよ♪

sumomote (4)

 

 

 

あっティーさんが「すもも」と呼びかけたところ、かわいい声でお返事してくれたんだとか。

 

 

 

あっティーさん喜んでいました。ふふ♪

 

 

 

にこやかで涼しげな佇まい。けれど熱い気持ちを一心にすももに傾けるあっティーさん。きっとすももは幸せになるにちがいないと確信しています。

 

 

 

私は余命宣告をされた重篤な子以外、どんな子にも相応の家庭が見つかるとの信念で里親探しに取り組んできました。もういくらも生きられない子たちは我が家を終の棲家として天国へ送りましたが、可能性のある子たちについては、縁繋ぎにすべてを賭けてきた気がします。

 

 

 

そして、そこに妥協は入れませんでした。

 

 

 

「条件の悪い子だからもらってくれるならだれでもいいや」

 

 

 

とは思いません。

 

 

 

客観的に見れば厳しいタイプの子もいましたが、なんの魅力もない子など存在しないのです。

 

 

 

私の発言を理想論、あるいは机上の空論、はたまた戯れ言と捉えられたくありません。

 

 

 

実行可能であることを多くの卒業生とご家族が証明してくれています。

 

 

 

しかしたとえ私ひとりがどんなにがんばったところで、バトンを受けとってくださる方がいなかったら成しえなかったこと。改めて703号室の里親さんがたに深くお礼を申しあげたいです。

 

 

 

「タナベさん 来週は途中の駅でママを拾ってあげてください おねがいしますね」

sumomote (3)

 

 

 

はいわかりました。必ずそうします。

 

 

 

すももまたお顔見せてね。

 

 

 

あっティーさん、おみやげありがとうございました。これでマーキング臭消します!!

sumomote (2)

 

 

 

皆さまよい週末をおすごしください。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク