信じる心

さて、お待たせしました。ロト&コマキの卒業記事をUPします。やっぱり1回で書くつもりなので長くなりますが、どうぞお付き合いくださいませ♪

と、その前にふたりの新しい名前を!

人間への信じる心を失わず、がんばってきた子たちにピッタリの名前です。

コマキ⇒しん
ロト⇒ジン

ふたり合わせて「信心」です。いいですね。

里親さんちの小窓はあらかじめ全てルーバーがついているので、脱走防止対策は不要でした。
クリックすると元のサイズで表示します

ドアノブを開けてしまわぬよう、上向きにつけ直してくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

マイ太郎さんがお見合い時にアドバイスしてくださって。これなら、お金も手間もかかりません。

また、もともとバルコニーに繋がる大窓の目隠しがほしかった里親さんは、ジンとしんを迎えるにあたり、目隠し兼脱走防止のオシャレな枠を設置してくれました。オブジェのよう!
クリックすると元のサイズで表示します

大昔、私は不動産業でした。だから昔の職業病で、いいなあと思うと、つい写真におさめちゃうの^^; 今でも、マンションや戸建ての宣伝チラシを眺めるのが趣味です。

うちのブログを読んで、脱走防止の具体策がひらめいた方もいらっしゃると聞きます。嬉しいですね。

スピード卒業だったのに、いろいろご準備くださってありがとうございます。大変だったはずですが、里親ご夫妻は、率先してあれこれ考えてくださり、いつも笑顔で楽しそうでした。

主にジンとしんが過ごす空間。水飲み器がまたまた卒業猫なおんちとお揃いだ(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

実はここ、リビング横にある奥さまの専用ゾーン。通称「マンガ部屋」なのです。
クリックすると元のサイズで表示します

ご主人の「楽器部屋」もあります。ギターやサックスが並んでますね。
クリックすると元のサイズで表示します

ドラムをやっているチチは、これらの楽器を眺め、少年のように目を輝かせていました。

ご近隣への迷惑にならぬよう、楽器部屋の中には防音室を完備。
クリックすると元のサイズで表示します

防音室の内部(ごめんなさいもう完全にお届け記事からはずれてて。珍しいんだもん!)
クリックすると元のサイズで表示します

音楽に疎い私にはよくわからないのですが、チチが本気で羨ましがっていて気の毒なほどでした。

チチ、ドラム部屋は無理かもしれないけど、いつかチチがほしがっている「ミニ書斎」を夢見てお互い仕事がんばろうね(笑)。チチがつかってる寝室に犬猫グッズを大量に置いてごめん。まずはそれを片づけますから(汗)。

と、ここまでは仰天するような内容ではないんですが。

まあまあ。

これからだから!

まずは、一般的な記念写真をどうぞ(顔出しの許可は得ています)
クリックすると元のサイズで表示します

では!

ふふ^^

これはどうですか?
クリックすると元のサイズで表示します

なんと、奥さまのご姉弟全員&奥さまのお母さんが、ジンとしんに会いに来てくださったのです!

もうびっくり!

お届けの数時間前に、奥さまから電話が。その時私はファミレスで、農水省の方と獣医さんなどとお話をしている最中でした。

出てみると、「あの~ぉ。田辺さん、今日実家の母と妹たちがジンくんとしんくんに会いに来るそうですが、構いませんか?」と、申し訳なさそうなお話しぶりでした。

ジンとしんは、人見知りしません。誰にでもゴロすりです。だから、「もちろん! お会いできるのを楽しみにしています♪ ではあとで」と電話を切ったのです。

で、噂が噂を呼び? ついには姉弟全員集合。

このご家族、お互い離れて暮らしているんですよ?

ご夫婦の引っ越しパーティにも全員が揃うことなどなかったらしいのですが、ジンとしんが来るのは楽しみで待ちきれなかったそう(笑)。奥さまのご実家は、大の猫好きで、今もシニア猫てるこさんと暮らしていらっしゃいます。

私のキャリー内で超くっさいおしっこをしてしまったしんは、全身がおしっこまみれになったので、新しいお宅に着いた早々、軽く流すことになったのですが……。
クリックすると元のサイズで表示します

タオルドライは、ご家族全員が担当してくださいました。
クリックすると元のサイズで表示します

お母さんの優しそうな眼差し! てるこさんの写真を見せてくださりありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します

ワラワラ
クリックすると元のサイズで表示します

ご姉妹たちに撫でられてうっとり
クリックすると元のサイズで表示します

お姉さんの膝の上のジン
クリックすると元のサイズで表示します

これだけの人が居ても、皆さまが猫の扱いに慣れていらっしゃるから、ジンもしんもへっちゃら。お腹出して甘えてましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

お茶を出してくださったのはご主人。ご家族全員、超仲良しであったかいファミリーでした。
クリックすると元のサイズで表示します

かわゆい猫カップ。ご主人から奥さまへの愛の贈り物だそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

写真を撮り忘れましたが、ロールケーキごちそうさまでした^^

ジンとしんにかかった医療費の他、お菓子やフードもいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

おいしかったです。ありがとうございました。

以下が里親さんから送られてきた写真↓

ご家族や私たちが帰ったあと、ジンとしんはすぐにごはんをペロッと食べ、眠ったそうです。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

すごい順応力の高さですね。さすがにゃでしこ。

ご主人の釣り?(笑) かかったのはジン。
クリックすると元のサイズで表示します

奥に見えてるキャットタワーと空気清浄機は、最近、追加で買ったそう。

全身ノミだらけだったジンとしん。

泣けど叫べど、誰にも見向きされなかった猫たち。

「たかが野良猫」の一語で、黙殺されてきたふたり。

保護した私ですら、もう勘弁してー! と思っていたくらいだったのに、こんなにも望まれ、こんなにも気持ちをかけてもらえるなんて。つい自慢が長くなりましたが、自慢したくなる私の心情を、皆さまならわかってくださいますよね?

だってこの子たちは、「日本」という名の愛の星に生まれてきたんですから。

かつくん「Ⅹ187しん、188ジン、おめでとう。幸せって、やっぱいいね。ぼくももう一度信じる心を持ってみたくなりました。日本の愛の力を。みなさまひとりひとりが意識を高く持ち、野良猫たちに心を寄せてくれるといいなあ。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





わたしのかわいい子

最近保護したロト(6番目に保護した子なのでロト6が名前の由来・笑)&コマキ(8番目に保護)の登場回数が少なかったので、今日はたっぷりお届けします♪

ふたりは703号室の大切な保護猫。忙しくても、ブログネタが豊富でも、ちゃんと紹介したいです。
クリックすると元のサイズで表示します

左がコマキ。右がロト。同じキジトラでも、全然ちがいます。ロトは1歳くらいの成猫ですが、コマキは生後9カ月程度の中猫。体が一回り小さいの^^

ロトは青×ピンクのシュシュを、コマキは水色のシュシュをつけています。
クリックすると元のサイズで表示します

マイ太郎さんのお手製ですよ。

どうですか? (ロト)
クリックすると元のサイズで表示します

似合うでしょ? (コマキ)
クリックすると元のサイズで表示します

あなたたちは、私の自慢のかわいい子。
クリックすると元のサイズで表示します

目に入れても痛くありません。
クリックすると元のサイズで表示します

外で一緒に暮らしていたかどうかは不明ですが、703号室では、会った瞬間から大の仲良しに。お互い寄り添い生きてきたよね。男の子同士なのに、こうやってたくさんのキスを交わしながら。
クリックすると元のサイズで表示します

愛してるよ。
クリックすると元のサイズで表示します

あなたたちの保護は、いっぱいいっぱいだった私にとって、苦悩を伴うことでした。

出会えてよかったと思う反面、会わなければ楽だったのにとも考えました。どうして私の目の前に、現れてしまったの? どうして私ばかりが、と。

ごめんね。こんなにいい子たちなのに、バチが当たるよね。
クリックすると元のサイズで表示します

でもね、今はこう思うのです。

この子たちは、私の手を借りて、行くべき場所に行っただけだと。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、私とあるご夫婦を結びつけてくれたキューピッドだったのではないかと。いや、キューピッドの立場は私か^^; もう、どっちだかわからん(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

私には、どうしてもご縁を結びたかったご夫婦がいます。ある保護猫へお問い合わせくださったのがきっかけで、やり取りがはじまったのです。その猫は別のご 家庭への譲渡が決まり、他にもいろいろ事情があったため、私は、ご夫婦に強い未練を感じながらも、お断りをしなければならず、胃がキリキリする思いでし た。マイ太郎さんにも相談に乗ってもらったっけ。マイ太郎さんは、私と一緒に真剣に悩んでくれました。

私の体調不良や、悶々とする気持ちもあったため、ちょっとお待たせした後のお断りになってしまい、正直、不本意でした。失礼にもあたるのではと悩みました。
クリックすると元のサイズで表示します

それでも、ご夫婦は私の気持ちを理解してくださいました。ご縁にいたらなかったあとも、私のブログを読んで応援してくださっていたのです。本当に、ありがたいですね。
クリックすると元のサイズで表示します

もう察しがついていると思いますが、そのご夫婦が、この度、ロト&コマキを家族として迎えてくださいました。ロトとコマキは、モノではないので、人との相 性があってしかりです。だから、長ーいお見合いを経て、この子たちをお受けしてもらえるか、真剣に話し合っての譲渡です。ご安心くださいね。お見合いには マイ太郎さんも立ち会ってくれました。マイ太郎さん、にゃでしこたちのお見合いは、全部出席の皆勤賞です(笑)。

ロトを保護し、数日が経過した段階で、私はご夫婦へ失礼を承知で打診のメールを送りました。一度ご縁のお話が流れた方へ、他の保護猫を紹介することは私の 中ではイレギュラーです。でも、不思議ですが、なぜか、ロトを紹介したい、いえ、しなければならないと思ったのです。まあ、とは言っても、私の一方的な感 情ですから、お断りされるのは当然。もしかすると、すでに他の猫さんを家族として迎え入れてるかもしれないし……。

メールを送ったあと、しばらく経って、電話が鳴りました。

出てみると、奥さまが明るい声で「ロトくんに会いたいです」と仰ってくれました。

嬉しかったな。

はじめはロトだけのつもりが、お見合いの数日前に、コマキを保護してしまったので、コマキも考えてもらえないかお願いしました。あ、無理にじゃないですよ。もともとご夫婦は猫2匹までのキャパがあるご環境だったのを私が知っていたので、軽くすすめてみただけなんです。

そうしたら、奥さまがにこにこしながら答えてくださいました。

「田辺さんのブログを読んで、コマキくんのことを知りました。こちらに向かう電車の中で、すでに夫とも相談し、ロトくんとコマキくんが仲良しなら、ぜひ2匹で考えたいねと決めていました」

よかったねコマキ♪
クリックすると元のサイズで表示します

保護したばかりなのに、コマキもお家が決まった! マイ太郎さんと抱き合って喜びましたよ^^
クリックすると元のサイズで表示します

こんなに仲がいいんだもん。ずっと一緒にいられるって最高じゃん!
クリックすると元のサイズで表示します

お見合い時にマイ太郎さんのカメラで撮った一枚↓ 奥さまの膝の上でちんまりのふたり^^
クリックすると元のサイズで表示します

こういういいこともたまにはないとね。

はあ。思い出しながら書いてるだけで幸せ♪

次回はお届け記事を。ふたりの登場が少なかったので、お届け記事は2回に分けて書くかもしれません。とにかく、私の10年間の保護活動の中で、前代未聞の? お届けでした(爆)。

いい意味で仰天?

ヒント:集合写真に唖然としちゃうかも?

心あたたまる、いいお届けでした。

お楽しみに!

スポンサーリンク





私の気持ち

福多朗へのご支援を申し出てくれた皆さまへ

福多朗を保護した朝、猛ダッシュで仕事場に向かった私は、遅刻は免れたのですが、仕事場で、社長夫人からきついお叱りを受けてしまいました。私の掃除機の かけ方が雑だ、と。仕事に身が入らなかったので、普段気をつけていることができなかったんです。謝ってもなかなか許しを得られず……。自分が悪いんだけ ど、すごく凹んでしまいました。その後、いったん自宅に戻ったら、ゴンタがうんちを踏みつけていました。サークル中がうんちだらけに。他のお子たちのお世 話もあり、正直ヘトヘト。夜、遠方まで、みゆ改めくるみをお届けするというハードスケジュールも入ってるため、泣きそうでした。いったい何のために、必死 に生きなければならないのか、わからなくなって。体調も最悪。

でも、福多朗が、命の危機をひとつずつ乗り越えてくれたおかげで、私も心に余裕が生まれたのです。あの週はあり得ないほど大変で、1週間で、ロト、福多 朗、コマキを保護してしまったのです。この気持ち、語らなくても分かってもらえますよね? 短期間に福多朗を含む8匹の猫を保護し、彼らの人生をかけたご 縁探しを自分が受ける運びになったのですから。

私はもらってくれれば誰でもいいから譲渡をするというスタイルをとっていないため、里親探しに労力を要します。すごいエネルギーを消耗するのです。保護動物の卒業後は、しぼんだ風船になってしまうのです。このやり方ですから、8匹は、多すぎたと言えるでしょう。

みっともない話、お金の心配もありました。
福多朗をはじめとする保護・医療費用がいったい幾らかかるのか?

カレー屋さんでバイトする私の財力で、賄えるとは思えなくて。

でもね、皆さまからのメッセージやコメントを読んで、私はなんて『人』に恵まれた人生なんだろうと、本当に本当に心の底から幸せを感じましたよ。全然孤独じゃないです。気にかけてくださる皆さまがいてくれるから。

ご支援のお話、すごくありがたいです。
だけど今回は、すでに手を差し伸べてくださった方もいらっしゃるし、私自身も保護した責任を少しでも果たしたいので、これ以上の支援金は辞退させてください。お気持ちだけありがたくいただきます。迷惑を感じて言ってるのではなく、むしろその逆で、涙が出る思いです。

1円でも大事なこのご時世に、703号室や、福多朗に優しい眼差しを向けてくださるのみならず、具体的な支援策まで考えてくださる慈悲深い方がいらっしゃるとは。

これを糧にせずに、なにを糧にしましょう?

今回は大丈夫ですから、ご安心ください。もし次回また福多朗のようなお子と、予想外に出会ってしまい、私の給料だけでは到底賄えないと判断した場合は、ぜひ相談に乗ってくださいね。厚かましくてごめんなさい^^;

703号室より愛を込めて!

↓一つ下にまこと改めとらの卒業記事があります。絶対に読んでくださいね♪

スポンサーリンク





とらはまことに幸せ

本日、長引く咳を診てもらうため、自分の病院へ。長い長い検査のあと、長い長い待ち時間を経て 会計へ(涙)。咳ぜんそくレベルだと思っていましたが、しっかり気管支ぜんそくとの診断が下りました。動物との暮らしはNGだそうです。そんなぁ、今さら NGと言われてもねえ。超多頭なんですけど^^;
まあ、薬をしっかり吸って、掃除機をがんばります。

福多朗についてのありがたい励ましやご支援お申し入れなどのメッセージが寄せられていますが、今日はすでに卒業しているまことについて書かせてください。私の大事な保護猫なので、晴れ舞台をお伝えしたいです!

まこととみもは、亡くなったばかりのまーもを彷彿させるキジ模様でした。まさかこんなにたくさんのキジトラに関わるとは夢にも思っていなかった私たち夫婦は、みもとまことに、亡きまーもの姿を重ね、元気をもらっていたのです。

まこともみもも、驚くほどいい子たちで、共存できた時間は、私たちにとって財産です。
クリックすると元のサイズで表示します

上がまことで、下がみも。まだ去勢したばかりだったので、みもたちの女性フェロモンに耐えられず、超マーキング魔になってしまったまこっちゃん^^; あなたのおかげで家中すごい臭いだったんだから! 去勢後1週間でスプレーはピタッと止まったけど。

まことは「とら」という名を得て、自分だけの家族の元に巣立ちました。

まこと改めとらの顔も体も全部ツボ♪
クリックすると元のサイズで表示します

マイ太郎さんお手製のブルーのシュシュが似合ってるよね。
クリックすると元のサイズで表示します

にゃでしこは全員、水玉模様でおそろいなんだよね^^ まことのお見合いには、マイ太郎さんが同席してくれました。マイ太郎さん、いつもありがとうございます。心強かったです。

おもしろさ一等賞!
クリックすると元のサイズで表示します

甘えん坊で、トイレの中まで着いてくるとら氏が、愛おしくてたまりませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

とらちゃんのご家族に、お手紙を書きました。
クリックすると元のサイズで表示します

先に卒業したなおくんやくるみちゃんのご家族にももちろん送りました。それぞれへのちょこっとしたお婿入り道具の中に入れて^^ あとにつづくにゃでしこ たちのご家族にも、気持ちを込めて書こうと思います。里親さん方は、忙しさを言い訳に、なにもしてやれなかった私に代わり、大切に育ててくださる貴い方々 です。感謝の気持ちでいっぱい。

さあ、ここからはとらさんちの紹介を♪

「ぼくのお家へご案内します」
クリックすると元のサイズで表示します

ジャーン!! 見てこれ↓ 感動なんだけど(鳥肌)
クリックすると元のサイズで表示します

この脱走防止のアミアミ、はじめてみました。猫脱走防止用に開発された専用の商品なのです。なんとこれは、とらのお見合い時にすでに窓に設置されていたの です(笑)。里親さんは、他の猫さんと暮らしているわけじゃないんですよ。これは、とらのために用意したものなんです。お見合いに同席してくださったマイ 太郎さんと顔を見合わせて笑ってしまいました。とらのママさん、すごすぎです。

小さな窓にも、しっかりと対策を施してくれています。
クリックすると元のサイズで表示します

もともと、愛情深いご夫婦ですし、その上、ここまでやってくださったので、とらの安全と明るい未来は保証済みですね。里親さんご夫妻のお人柄に心打たれました。

チリひとつ落ちていないリビング。どうやったらこんなにきれいに暮らせるのでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します

ふふ♪ いたるところに猫がいるんです(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

超猫が好きなんですね。
クリックすると元のサイズで表示します

とらのために用意された水飲み(にゃでしこのなおんちの水飲みとおそろい♪)
クリックすると元のサイズで表示します

とらのベッドもありました。すでに冬支度を考えてくださっているようです。
クリックすると元のサイズで表示します

キャリーも丈夫そう(キャリー内には通院用の洗濯ネットが!)
クリックすると元のサイズで表示します

「ここがぼくんちかぁ。広くて清潔で日当たりいいなぁ。景色も最高」
クリックすると元のサイズで表示します

※景色は本気で羨ましかった。お見せできないのが残念です。

お届けにつき合ってくれた妹は、いいなあ、を連発しまくり!
クリックすると元のサイズで表示します

大丈夫だよ。お前さんの保護猫ぽんたにもステキな方がきっと現れるから。

お見合いの時すでにご挨拶をさせていただいたご主人は、お届け時は不在でしたので、お届けはプチ女子会のよう。とら氏のママさんが出してくださったフルーツ、おいしかったです。
クリックすると元のサイズで表示します

ちっちゃくてほとんど見えないけど、左が妹で右が里親さん
クリックすると元のサイズで表示します

心も容姿も美しいお方なのです(ご主人もステキ)
クリックすると元のサイズで表示します

とら氏自慢のご両親ですね。

「まあ、ね」
クリックすると元のサイズで表示します

里親さんから送られてきたとら氏の近況写真↓
クリックすると元のサイズで表示します

ご主人とソファで寝ている写真もありました。もうベッタベタなんだそうです♪

とらのお届け後、里親さんが書いた「新しい家族が増えました」の文章を読み、私は胸が熱くなりました。私の活動に、理解のある里親さん方は欠かせません。里親さんが家族として名乗りをあげてくれなかったら、私の保護活動は成り立たないのです。

まさか保護した犬猫をすべて自分が引き取るわけにはいかないでしょ? 数百いるんですから。

だからこの世の中で一番感謝すべき相手は里親さんだと、常々感じています。

福多朗のような子も、とらさんのような子も、外で同じようにがんばって生きてきました。我が家でもとらに肩身の狭い思いをさせました。だけどこれからは、きっとキラキラの毎日を送れる思うと、私は少しだけ気持ちが楽になります。

とら氏のご家族、どうぞよろしくお願いします。ペコリ。

おいしいお菓子(うちの妹の分まで!)や過分な医療費をいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとうございました。

「いいなあ。あたちもいつか……」
クリックすると元のサイズで表示します

来週から、みものアピールをがんばるから、みもたん許して^^;

次回はロト&コマキの写真満載でいきます。

福多朗やうちのお子たちのこともちょっとずつね。

カレンダーも販売間近ですから、お楽しみに!

LOVE!

かつくん「Ⅹ186とら、おめでとう。ハハがどれだけとら好きだったか、ぼくは知ってます。新しいお家で、いっぱいかわいがられると嬉しいって。とらへのお祝いコメント、待ってます。飲食店の前に佇んでいたとら。ハハは手持ちの小さなかつお節の袋1つで保護できたらしい。

それだけお腹が減っていたんだよね。

とらを保護した場所と、福多朗を保護した場所は、同じです。福多朗、今日はじめてカリカリに手をつけてくれたようです。みなさまの応援が、しっかり届いているのですね。

幸せになれる犬猫が増えますように。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





福多朗より

「みなさま、ご心配をおかけしています。福多朗です。ぼく、生きてます。先ほど、仕事帰りのハ ハとハハ妹ちゃんがぼくに会いに来ました。時間がないハハは、さんざん迷った挙句、駅から病院までタクシーで来たそうです。もったいないなあと思うけど、 ぼくにも会いたいし、スヌーゴンくんの様子も気になるから早く帰らなきゃならないしで、移動につかう時間を節約するためには、しょうがなかったらしいで す。ぼくはうれしかったので、喉をたくさん鳴らして喜びました。ぼくは人が大好きだもん。

ハハ妹ちゃんのなでなでいいね!
クリックすると元のサイズで表示します

今朝ね、看護師さんがぼくを抱っこしながら病院のお掃除をしたのです。ぼくは看護師さんの腕の中で、看護師さんがちゃんとキレイキレイしているか、見張っていました。

ぼくね、あの日ハハに会うまで、ずっとがんばっていたのです。

他のにゃでしこたちとちがって、ぼくは両足と長いしっぽを失ってしまったけど、他のにゃでしこ同様、ちゃんと生きてます。前を向いて生きてます。

今日ね、先生がハハに2つお話しました。

①ぼくの保護があと1時間でも遅れていたら、ぼくは出血多量で間違いなく死んでいたんだって。保護された時のぼくの体温、聞いたらきっと驚きます。まさに、九死に一生ですね。

②『事故後から保護されるまでの間、福ちゃんは、この世のものとは思えないほどの痛みに耐え抜きました。ぼくたちが想像を絶する痛みだったでしょう』と。

車は大きいから、べちゃっと轢かれると、すごく痛いね……
クリックすると元のサイズで表示します

ぼくはまだ、食欲が完全に戻りません。下痢も続いています。だけどきっと復活して、応援してくれているみなさまを勇気づけることのできる、立派な猫さんになりたいです。

福多朗より、“ありがとう”

PS 今夜、ハハは写真を整理してまことの卒業記事を書きます。楽しみにしててくださいね」

スポンサーリンク