あたちをみて

まくバナーがはれないよー! リンクができない(泣)。

ホグちゃんの家族を募集しています。
クリックすると元のサイズで表示します

詳しくは⇒ http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-146532.html をみてください。

★★★

追記:バイト行けませんでした。チチも早く帰ってきて、家族でのんびり過ごしています。べべが風の音を怖がるので、もうパソコンを閉じてベベを抱っこして早めに寝ます。皆さまも外出を控え、お大事にしてください。

うちのお子たちを眺めていると、ときどき、怖くなります。

この子たちがもしいなくなってしまったら、私はどう生きていけばいいのかと。

それほどうちのお子たちは、かわいい。

私が外出から戻ると、口になにかを咥えながら、歓迎の舞を披露してくれるリル。
クリックすると元のサイズで表示します

この日は、ナナもリルの真似をして、骨型のおもちゃを咥えていました。
クリックすると元のサイズで表示します

おそろいです。
クリックすると元のサイズで表示します

リルは自分に注目してほしい時、口にものを咥えるのです。

多頭飼育の我が家ゆえ、身につけたくせでしょう。

いつの間に、ナナも同じくせがつきました。

少しでも自分に振り向いてほしくて。

カメラで写真を数枚撮った後、使ったカメラを放り出して、この子たちを抱きしめました。

「大事だよ。大事だよ」

私にはもったいないくらいすばらしいお子たちです。

私はもっといいお母さんになりたい。

うちのお子たちにふさわしいお母さんに。

「じゃあ、ごはーんっ」
クリックすると元のサイズで表示します

それとこれは話が別っ!

かつくん「今、ハハ妹ちゃんから電話があり、今日は強風だからバイトを休むよう言われたハハですが、今日は強風になるんですかね? TVを一切みてないから、ハハは情報に疎いのです。

追記:強風のため、チチは6時頃帰ってくるそうですが、ハハはバイトを休めなかったので、行く予定だそうです。行けるのかなあ? 電車が止まらないといいけど。

みなさまも、強風には気をつけてくださいね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





泰雅+ソルにゃん家

日曜日の今日は、起床後、ベベナナリルを連れて、土手に長い散歩。これ、毎週末の恒例行事で す。チチとおしゃべりしながら、1時間以上歩きつづける。お子たちだけでなく、私たち夫婦にとっても、いい運動になります。帰宅後は大掃除。忙しく、出か けてばかりだと、家の中に目が届かず、すぐにごちゃごちゃになってしまう。それがイヤでたまらないのです。家がきれいになると、気分が晴れます。家事は大 変ですが、成果が自分の気持ちに跳ね返ってくるから、私はなんとなく好きです。

達成感、ってやつ?

大掃除のついでに、チチがリルを洗ってくれました。べべ、ナナは少し前に私がシャンプーしたので、本日はリル嬢のみ。ピカピカでふわふわになりましたよ♪

チチ、ありがとう。昨日はハハ妹家に出張し、カレーを作ってくれました。本格的なカレーに、ハハ妹&たかちゃんは大喜び。私はサラダを担当し、みんなでおいしく食べました。たくさんのお金をかけなくても、気持ちを伝えることができるんですよね。チチからのささやかな結婚祝いに、一同にっこり

前置きが長くなりました。

さて、卒業猫泰雅(タイガ)のお家に遊びに行ってきた時の様子を!

泰雅^^ お元気そうね~。久しぶり~。
クリックすると元のサイズで表示します

お邪魔するのは、泰雅の卒業の日以来ですが、中がずいぶん変わってる(笑)。このお部屋は、完全に猫部屋になってますね。ママさんがどれだけ、泰雅に夢中か、一目でわかっちゃいました。
クリックすると元のサイズで表示します

「あたしもいるんですけどっ」  「ハハ~! ソルにゃんのことも紹介してよ」
クリックすると元のサイズで表示します

はいよ。

ソルにゃんこと「ソルト」ちゃんは、ママさんが保護した推定8歳すぎの女の子。泰雅と暮らすようになったママさんは、外で瀕死の状態だったソルトちゃんを ほっとけず、何度も保護にチャレンジして、家に連れ帰ったのです。保護される前のソルトちゃんの写真をママさんに送ってもらったことがあるのですが、正 直、目を覆いたくなるほどひどい状態でした。首のあたりは血まみれで? 骸骨のごとく痩せ細り、生きているのが不思議なほどでした。

ソルにゃん、がんばったね。
クリックすると元のサイズで表示します

はじめは治療後に里親さんをさがすつもりでしたが、検査の結果、ソルにゃんは重度の慢性腎不全で、毎日補液が必要な体だとわかったので、ママさんは、里子に出すのをやめました。現在、定期的な通院に加え、毎朝自宅でソルにゃんに点滴を施しています。

泰雅も例外ではありません。保護当初より猫風邪がひどく、推定2歳の若さでありながら、歯が溶けていた泰雅。先日卒業したくりちゃんより、何倍も状態が悪かったです。歯だけでなく、目からも常に、黒っぽい涙が出てしまうほど……。

それがママさんのケアで、みるみる蘇り、今じゃ「ごはん催促おしゃべり男」なんですから。

ね! 泰雅! この日もごはんほしい音頭ばかりだったもんね♪
クリックすると元のサイズで表示します

ママさんは、本当にすばらしい人。

泰雅のママさんと一緒の空間で息を吸っているだけで、心が洗われます。

ママさん手づくりのケーキ&私のために用意してくれたマカロン
クリックすると元のサイズで表示します

男性バリに働き、自分ひとりの力で分譲マンションを購入したママさんですが、自炊が得意なので、女性的でもあります。泰雅&ソルにゃんは、幸せ者だよね。

私の悩みも聞いてくれました。非常に的確で理知的なアドバイスをもらい、心強かったです。
クリックすると元のサイズで表示します

約2時間ほど居座った後(爆)、ママさんと一緒に、浅草寺へ。
クリックすると元のサイズで表示します

私は、体調を崩した卒業生の回復祈願をしました。

泰雅のママさんは、うちの保護猫「きのこ」の良縁祈願をしてくださったそうです。

ママさんが祈ってくれたなら、最高の卒業ができるにちがいありません。いつかきのこも、泰雅のようになれると信じてがんばります。

マカロンのおみやげもいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

いい一日でした。泰雅のママさん、どうもありがとうございました。ペコリ。

「よかったねお母さん」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼく、ちょっとさびしかった」
クリックすると元のサイズで表示します

ごめんねあまぱん。すぐお母さんのお膝においで~!

かつくん「いい里親さんに恵まれて、ハハは幸せ者ですね。泰雅くんのお家を間違ってしまい、他のマンションに入ってしまったハハ。いったいどんだけ方向音痴でしょうか?

世話が焼けますね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





お前たちがいてくれるから

今日、耳鼻科へ行ってきました。諸検査を済ませ、薬を処方されました。がんばって治療します。ご心配をおかけして申しわけありませんでした。そして、くりちゃんへのお祝いコメント、メール、ありがとうございました。

私は、くりちゃんにとても感謝しているんです。
クリックすると元のサイズで表示します

くりちゃんのおかげで、引きこもらず、日々を過ごせたのだから。

里親探しは私にとって、消耗戦です。良縁を頭の中にシュミレーションしながら、自分を奮起させています。これがなかなか大変で^^; そんな中、とんでもなく悲しいことが起きてしまったので、正直言って、なにもかも投げ出そうとまで考えました。

もう全部終わりにして、どこかへ消えてしまったら、楽なのかな、って。

でも、現実はそんな甘くないでしょ?

辛いことが身に降りかかってきたからって、人と人との大切な約束や、人と犬猫との大切な約束を投げ出して、自分だけ逃げるわけにはいかないですよ。私の保護猫に会うのを楽しみにしている里親さんが、私からのメールを待ってくれているのに、知らん顔できないでしょ?

それ以前に、うちのお子たちのお世話もあるし。
クリックすると元のサイズで表示します

うちのベベナナリルは、時間がくれば散歩に行きたがります。

どの子も、お腹がすけば騒ぎます。

スヌーゴンのお世話。シーツの洗濯。

彼らは、生きていて……生きるために、私の手を必要としてくれている。

自分だけが卑屈な黒トンネルに潜りこんで、追ってくる彼らを追い払うなんてこと、できないじゃないですか。彼らの最後の日まで、ちゃんとお世話をするって、一緒にいるって、約束して迎え入れたわけですから。私の都合でその約束を破棄するのは、違いますよね。

実際、落ちこんでいる間も(今も落ち込んでますが)、私は止まることなく動きつづけたのですが、それが自分の精神を鍛える上で、かなりプラスになりました。

もし、私の家族がチチだけだったら、私は間違いなく、立ち直れなかったでしょう。チチだってそうです。今回ばかりは、凹んでいましたから、お子たちがいなかったら、仕事に行く気力が失せてしまったかもしれません。

だから犬猫って、すごいなあと改めて感心。

きのこのことや、ある子ちゃんのこと、よい方向へ向かえるよう、全力を尽くします。

そう思わせてくれる対象がいる私は、恵まれていますね。

「まわりくどいなあ~。ハハ、つまりはぼくがいてよかったってことでしょ?」
クリックすると元のサイズで表示します

ご縁をなかなか掴めないのは残念だけど、きのこがいてくれて助かった。
クリックすると元のサイズで表示します

しっかりしなきゃ! って思わせてくれてありがとう。美しい王子さま。
クリックすると元のサイズで表示します

次の目標はきのたんの卒業記事。くりちゃんのように幸せになろう。

★★★ありがとう★★★

森絵都さんから、きゃわゆいブリザーブドフラワーが届きました。嬉しいメッセージつき。
クリックすると元のサイズで表示します

結婚したうちのハハ妹に も、プレゼントを贈ってくれました。ハハ妹から奪っちゃおうかな? と思うほど上品なブリザーブドフラワーを。山田平安堂の漆器に入っていました。ハハ妹 は、たいそうな喜びようで、いただいたブリザーブドフラワーを、リングピローにするとはりきっています。なるほど。大きさもちょうどいいね。

森さん、ありがとうございます。大切にします。

それから皆さま、森さんの、「女たちのペット救出」はもうお読みになりましたか? お子たちがいてくれたおかげで止まらずに済みましたが、それだけでな く、私は森さんの「女たちのペット救出」を読んで、心に灯りが灯りました。このレポートに支えられたのです。森さんと仲良くさせてもらっているから宣伝し ているのではありません。読んだ方はわかりますよね。このレポートにどれほどの魂が宿っているか。著者の森さんの勇気にも恐れ入りました。ぜひお読みくだ さい。

かつくん「そうだね。お子たちがいると止まれないもんね。他にもやることがたくさんだし、仲良くさせてもらっている方、里親さんたちがいるし、引きこもれないよね。昨日、ハハは卒業猫のお家に遊びに行きました。その様子は次回お送りします。

明日はハハ、ハハ妹ちゃんのウエディングドレスを見に行くんだそうです。ハハ妹ちゃんは、いつもひとりでドレスショップをまわっているから、明日はハハと一緒にワイワイおしゃべりしながら選びなね。ランチは韓国料理がいいって。ドレスショップの近くにあるといいね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





わたしのおうち2

「お待たせしちゃってごめんなさい。代筆係のハハに、急な用事ができてしまい、遅くなりました。わたしの家族紹介のつづきをどうぞ。テヘ」
クリックすると元のサイズで表示します

「ママに大事に抱えられ、お家の中に入りました。ここがわたしのお城です」
クリックすると元のサイズで表示します

「パパはお仕事だから、夜まで会えないけれど、わたし、お家の中を探検しながらのんびりと帰りを待つつもりです」
クリックすると元のサイズで表示します

「ママ、お家の中は、日当たりがいいねえ。わたし、お日さま大好きだからうれしい」
クリックすると元のサイズで表示します

「うららさんがママにお薬やサプリの与え方について説明してくれました」
クリックすると元のサイズで表示します

「ママは笑ったり、真剣な表情を浮かべたり、メモを取りながらふむふむと頷いたり」
クリックすると元のサイズで表示します

「そのうち、学ラン姿のお兄ちゃんが、息をきらせながら帰ってきて、着替えた後、ママの隣で一緒に話を聞いてくれました」
クリックすると元のサイズで表示します

「お兄ちゃんが、走ってお家に帰ってきたのが、うれしい。わたしが家族に加わることを、楽しみにしてくれていたのが、うれしい」
クリックすると元のサイズで表示します

「はじめてくるお家なのに、なんか不思議。こんな風にリラックスできるのです」
クリックすると元のサイズで表示します

「おトイレも完璧! みんながすごいって誉めてくれました」
クリックすると元のサイズで表示します

「こうしてわたしは、新たな世界へと、一歩踏み出しました。応援してくださったみなさま、どうもありがとうございました。ペコリ。里親探しにおいて、 “ハードル”という言葉を耳にすることがありますが、ハハにとって、わたしは、なかなかハードルが高かったそうです。さび猫は、もともと好き嫌いがはっき りと分かれるし、わたしは年齢不詳で、持病があり、他の猫さんとの相性が合わないから、難しかったみたいです。でもだからこそ、わたしのご縁が、誰かに とって、どこかの犬や猫にとって、小さな希望に繋がればうれしい。

記念写真。うららさんは顔出しをパスしたので、ママとお兄ちゃんとハハとぱちっ!
クリックすると元のサイズで表示します

わたしを保護してくれたメロディ&マリアのママさん、診察してくれた先生、みんなありがとう。そしてハハから私を預かってくれたうららさん、わたしを珠のようにかわいがってくれてありがとう。うららさんちで過ごした時間は、わたしの宝物です」

「わたしの医療ケアはこれからもつづきます。他の猫さんたちより、お金がかかるかもしれません。だから今回、保護期間中の医療ケアにかかったお金は、全額 ハハが負担させていただく旨を、ハハが勝手にママに強くお願いしたのですが、ママは、会う度にステキなプレゼントを、ハハとうららさんに贈ってくれまし た。

お見合い時にはかわいいお菓子を
クリックすると元のサイズで表示します

病院に来てくれた時は、桜模様のクッキーとチョコを(アーモンドクッキーはうららさんからハハへ)
クリックすると元のサイズで表示します

お届けの時は、ルクレーゼのペアカップやお散歩バッグ、保冷バッグを、うららさんの分も合わせて、毎回2つずつ。わたしのママ、センスがいいでしょ?」
クリックすると元のサイズで表示します

「そして最後に、わたしの近況写真をお送りします。お兄ちゃんの膝の上に乗った一枚。ハハはお兄ちゃんの足にかけられた毛布をみて、お兄ちゃんのやさしさに心を打たれたんだって。わたしを抱っこするために、ピンクの毛布を敷いてくれているのです」
クリックすると元のサイズで表示します

「ママに手を握ってもらいながら寝ている一枚。他にも、すでに数十枚のわたしの写真が、ハハとうららさん宛てに送られています。
クリックすると元のサイズで表示します

わたし、幸せになります。くりより」

かつくん「写真撮るのを忘れましたが、うららさん、どら焼きごちそうさまでした。今回は本当にうららさんにお世話になりました。ハハと一緒にくりちゃんを送りだしてくれて、ありがとうございます。うららさんのおかげで、ハハは心強かったです。

あ、言うのを忘れましたが、猫初心者のご家族ですが、ご夫婦ともに医療人なので、くりちゃんのケアについては心配いりません。プロですから。

くりちゃんの代筆係のハハは、急いでつづきを書くつもりでしたが、スヌーゴンがうんちを踏んでしまったり、弁護士からの電話とFAXで、書面をみながら話しこんでしまったり……。なんだかんだで、また遅くなりました。ごめんなさい。

Ⅹ181くりちゃん、おめでとう。名前は変わりません。くりのままです。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





わたしのおうち1

「わたし、うららさんのお家で、ときどき考えてた。幸せって、なんだろうって。わたしと暮らすことで、幸せになれる人が、いてくれるのかなって。いてくれたらいいのになあ。そうしたらそれこそが、わたしの幸せなんだろうなあって……」
クリックすると元のサイズで表示します

「みなさま、この度、ようやくわたしも、幸せになれるチャンスを得ました。今日はそのご報告です。みなさまが、一緒に喜んでくれることをねがって、一生懸 命レポートします。よろしくね。わたしはお見合いの時にもしていた、“勝負バンダナ”をつけて、新しいお家にやってきました」
クリックすると元のサイズで表示します

「新しいお家で、快適に過ごせるよう、うららさんとハハが、たくさんのお嫁入り道具を用意してくれました。毛布、ごはん、一部のサプリメントはうららさん から。1か月分のお薬、他のサプリメント類はハハから。お薬ばかりになっては、つまらないからって、ハハはわたしのお昼寝用のクッションやシュシュなんか も持たせてくれたけど、写真に撮るのを忘れちゃったみたい」
クリックすると元のサイズで表示します

「お届け当日、わたしはうららさんの車に乗って、ハハを迎えに行きました。ハハを拾ってから、わたしの本当のお城へ。わたしが寒くないよう、怖くないよう、うららさんが、キャリーを毛布で包んでくれました。あたたかくて、心が落ちついたよ。うららさん、ありがとう」
クリックすると元のサイズで表示します

「ここだけの話、到着寸前で、お家の周りの激細道にはまってしまい、うららさんは大変な苦労をしながら通り抜けたのです。親切な近所のおじさまの誘導で、 少しずつハンドルをきりながら進んでいくうららさんは、すごかったなあ。超、スレスレだったんだから。うららさんの車が無事でよかった」
クリックすると元のサイズで表示します

「家の近くで待っていてくれたママが、わたしを連れて、中に入っていきます。ハハはその背中を撮りながら、ひとりひそかに感動していたらしい」
クリックすると元のサイズで表示します

「新しいお家は、かわいいものがいっぱい」
クリックすると元のサイズで表示します

「お兄ちゃんが作ったオブジェ」
クリックすると元のサイズで表示します

「わたしのために用意されていた猫型の爪とぎ」
クリックすると元のサイズで表示します

「好奇心旺盛のわたしは、ずっとキョロキョロ。ここがわたしの終の棲家になるんだね。
クリックすると元のサイズで表示します

わたしのパパ、ママ、お兄ちゃんは、猫と暮らすのがはじめてだから、はじめは子猫をさがそうとも考えたみたい。けれど、里親サイトでわたしに目を留めてく れた。なぜかわたしのことが、気になって仕方がなく、悩んだ末、ハハにメールを送ってくれたのです。それがママにとっての、はじめての“お問い合わせメー ル”でした。それから、約1か月の時を経て、わたしは晴れの日を迎えたのです。

わたしは、感無量です。

わたしの卒業レポは、まだ序章。この後後半につづきます。みなさま、またみてくれるかな?」

かつくん「いいとも! って言ってあげてください。ぼくからのお願いです。

お見合いの日まで、ママさんもお兄ちゃんも迷いがあって、一度会ってみないことにはわからないとのことでしたが、お見合いの時、必死に自分をアピールするくりちゃんを眺めていたら、ふたりとも、すぐにメロメロになりました。

ママさんは、くりちゃんの“媚びないオトナ顔”がたまらないんだそうです。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク