703号室の女性たち


うっとうしい雨空をいかがおすごしですか?

 

 

私は家を軽く掃除したあと、しばし「寝逃げ」していました。

 

 

べべが亡くなってしばらくは心のお医者さんのアドバイス「寝逃げしなさい」がむずかしかったのですが、少しずつできるようになっています。不眠はよくないらしいですもんね。お子たちのお世話の合間にのんびりさせてもらっています。

 

 

さて、子猫蝶々を家族募集サイトに掲載してみました。

IMG_4346

 

 

 

こんな美しい女の子と暮らせる方がうらやましい。あどけないのに、どこかエキゾチックで艶っぽいんです。すごいオーラを放っていますよ。まさに逸材です。

yasumi (1)

 

 

 

ご縁が決まったきょうだい源ちゃんと。源ちゃんも絶対イケメンになります。

yasumi (5)

 

 

 

ふふ。我が家の女の子たちも元気にしています。

 

 

 

おむつ姿がたまらんナナ。おむつの中でおしっこをすると自力でおむつを外して知らせてくれます。ナナは天才じゃないかな? と目じりを下げる親ばかの私

yasumi (2)

 

 

 

ナナが不快を感じないよう、お母さんもまめにおむつチェックしないと。

 

 

 

リルは相変わらずチチが大好き。1日に4回ほどチチと散歩へ出かけています。

yasumi (3)

 

 

 

末娘はおりこうです。ごはんは私が半強制的にあげていますが、トイレは失敗しないし物を壊さなくなりました。前は布製品を齧っては割いていたんですけど。

 

 

昔はいたずらに泣かされお手上げ状態でしたが、いざいたずらをしなくなるとそれはそれで淋しいですね。静かな時間が流れているのがどこか妙な感じ。

 

 

私の家族は私より早く歳を取り、ものすごいスピードでライフステージが変わっていきます。若かった彼らがいつの間にか私を追い越し、シニアの域に行ってしまいました。ときどき不安になります。みんなとはぐれてしまいそうな感覚で。

 

 

でも彼らがどこにいても必ず追いつき、全力で守っていきたいです。

 

 

 

猫組紅一点、保護猫十香ちん。さっき机の上でくねくね体を動かしながら、私に「撫でろ」と命じてきました。顔まわりをこちょこちょ触ったら、くすぐったそうに、けれどまんざらでもない風に目を細めてくれました。

 

 

真っ黒の顔をしてゴミ置き場で生ゴミを漁っていた過去が嘘のようです。

yasumi (4)

 

 

 

どの子も幸せになるために生まれ、息を吸って吐いているんですね。

 

 

ほんとうに尊いことです。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





2件のコメント

  • 十香ちんは、茶白の女の子なんですね。
    茶白の子は、我が家の子もそうですが、男の子が多いですよね。
    茶白の猫は、大らかでお茶目でも本当はちょっとだけ繊細で甘えん坊な印象があります。
    でも私が見たことがあるのは、みんな男の子でした。女の子はきっと男の子とは違った可愛さがあるのでしょうね。十香ちんのフワフワな柔らかそうな毛とピンクのお鼻、猫が好きな方なら誰でもが、ずっと見つめていたくなるオーラのある子ですね。
    蝶々ちゃんは、サビ猫さんですね。サビ猫さんは神秘的でゴージャス、近寄りがたく見えて実はすごく性格がいい学生の頃クラスにいた超絶美少女なのに気取っていなくて大人ぽかった、みんなに一目置かれていた華麗な女の子を思い出します。
    サビ猫さんいいなぁ、サビ猫さんとの暮らしに憧れています。

    • anny703

      豆様
      私もさび猫いつかいっしょに暮らしてみたいなあと夢見ています。かわいいですよね。
      蝶々さんすっごく魅力的で一目惚れしてしまいました。
      でも私の場合は、もうさぶで最後の子と決めているので、新たに猫を増やすことは考えていないのですが
      さび猫の魅力にはとりつかれています。
      とかちんは茶白女子です。そういえば男子のほうが多いですよね、茶白は。

コメントを残す




*