ほたるスマイル


関東は冷たい雨が降りましたね。

 

 

私は仕事の打ち合わせの帰りにフラッと行きつけの台湾料理屋へ

 

 

メニューを凝視しながら悩む悩む……

 

 

いや別に「なにを食べようか」と胸を躍らせていたわけではないのです。

 

 

むしろ逆。正直ぜんぶ食べ飽きてしまいました。

 

 

10分かけ選んだのがオエツェン(牡蠣の卵とじ)

tibitaru (10)

 

 

 

お味はまあまあ「まるっ」。

tibitaru (4)

 

 

 

ここ最近気候が不安定ですね。昨日は着る服をまちがえて心療内科へ向かう途中寒さに震えました。天気予報を見ない原始的な人間ゆえ自業自得とも言えます。

 

 

病院の待ち時間は本を読みながらやり過ごしています。

tibitaru (9)

 

 

 

病気と闘う子どもたちの書いた詩集が心に迫りました。

 

 

さて、703号室内は平和です。ナナの病状も大きな変化なし!

tibitaru (1)

 

 

 

お子らのお世話に手がかかるので、夕飯の献立を考えるのが億劫です(という言い訳)。先日いいことを思いつき、精神的にだいぶ救われました。もううちは春まで「鍋」でいいや。キッチンのガスコンロで煮込んじゃえばさらに楽!

tibitaru (7)

 

 

毎晩鍋です。文句は言わせません。栄養バランスを考えてのことですから。

 

 

変わっているかもしれませんが、私は食べることへの執着が薄いです。どちらかというと飢えに強いタイプ。満腹より飢えているくらいのほうが体の調子がいいのです。かれこれ25年間以上ほぼ1日に1食しか食べていません。

 

 

鍋なら1食でバランスのいい食事を摂れますね。最高!

 

 

 

「えー? 不思議~! 生きる楽しみ半減じゃないですか!」

tibitaru (12)

 

 

 

「ぼくなんか隙あらば食べたいですけどね」

tibitaru (11)

 

 

 

そうだね。ポテチは食欲の塊みたいな男だからね。日に日にまんまるに^^;

 

 

「あの」

tibitaru (8)

 

 

 

「わたしは食べるのも好きですが……」

tibitaru (15)

 

 

 

「あそぶのはもっと好きです」

tibitaru (16)

 

 

 

ほたるはすごい勢いで飛びまわっています。

tibitaru (13)

 

 

 

犬も怖がらないし、高い場所にもジャンプしてのぼります。

tibitaru (17)

 

 

 

なんなんですかね? 拍子抜けですよ。

tibitaru (3)

 

 

 

特別なケアなどいっさい要りません。

tibitaru (2)

 

 

 

はじめは落下したら危ないと心配のまなざしを向けていたのですが、落下しません。どこかから降りるときは手を使って距離をはかってから飛ぶのです。

 

 

大胆に見えて実は慎重でとても聡明です。

 

 

「ほたる かわいいでち」

tibitaru (14)

 

 

 

うん。ほほが面倒を見てくれてるね。やさしくしてくれてありがとう。

 

 

保護されてからずっとemi-goの病院の小さなケージの中にいました。たまにフリーの時間があったようですが、忙しいemi-goには限界があったと思います。

 

 

手前味噌ですが、我が家のレギュラーメンバーがほたるにあたたかく接してくれるので、ほたるは恐れるものなしで快活に生きています。

tibitaru (5)

 

 

 

ほたるの笑っているような顔を眺めていると、私は幸せな気持ちになります。

 

 

じっとしていないから捕まえて写真を撮りました。

tibitaru (6)

 

 

 

うまく言えないけれど、命っていいですね。

 

 

無限の可能性を感じるのです。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





2件のコメント

  • 春田

    ほたるちゃん、
    可愛い。
    生き生きして、なんて素敵な生命なんだろう

    無責任な発言になってしまいますが、飼える環境にあったら、ほたるちゃんと暮らしてみたい、そう思いました。

    ハハ様、素敵なご縁がありますように応援しています!

    • anny703

      春田様
      ありがとうございます。飛んで歩いていますよ^^;
      なかなかのおてんばさんです。でもかわいいです。
      いいご縁につなげられるよう頑張りますね。
      応援していただけたら心強いです。

コメントを残す




*