いざの際


「この家ですごすのも あと数日ね 一家ですっかりお世話になっちゃって」

neko (3)

 

 

 

いえいえ、十香ちん。とかちんのおかげで毎日が楽しくて仕方がなかった。

 

 

ありがとうね。美しい女の子。

 

 

トライアルが実りあるものになることを祈っています。

 

 

保護譲渡活動をはじめとき、私は今より15歳半若くて、ほとんどの場合、里親になってくださる方々より保護主の私のほうが年下だったんです。

 

 

当時は対等にお話しできるだけの貫禄がほしかった。

 

 

青臭いと思われたくなくて。

 

 

一歩ずつ歩いているうちに、いつの間にか私は40代のオトナになり、まあ中身はさほど変わらなくても、外見と実年齢だけは「熟れたボディ」に。

 

 

近頃は里親希望者さんの多くが私より若い年齢で、ふと気づくと、昔手に入れたかった「貫禄」を知らず知らずのうちに醸し出す瞬間があります。

 

 

そうすると今度は、初々しさに欠け図々しいだけの保護主にならぬよう、気を配りながら場を盛り上げてみたりするのです。なんとなく40代は「中間管理職」のようなむずかしい世代ですよね。

 

 

でも、自分より若い方々が自分の微々たる活動に共感してくれるのは、ほんとうにうれしいです。未来を担う存在は百万力で希望の星です。

 

 

保護譲渡活動は年功序列の世界ではないので、私は年齢や経験を問わず、お心のある方、行動力のある方を尊敬し、学ばせてもらっています。

 

 

私の考える行動力とは、絶えず犬猫を保護するのではなく、自分の思考と情熱と理性を持ち、できることを然るべきときに迷わず実行すること。

 

 

無理に行動しつづけるのではなく、いざの際にするという意思を持っている方。

 

 

べべが亡くなる前(7月14日)に、私に届いたメールをご紹介させてください。

 

 

Yさんより↓↓↓

18歳のときに里親になるということを知り、その当時このブログを読み漁りました。
我が家に里子を迎えて幸せな日々を過ごし、お迎えしてから10年が経った昨年、我が子は亡くなりました。
里親になったときにアンニィさんのブログを見て決意したことがあります。大人になって自分の生活を手に入れたら、一時預かりさんになるということです。
いまだ可愛くてたまらない我が子のおかげか、10年経ってもその思いは変わらずに私の心にあります。
今年結婚予定で夫婦共働きのため、里親を待つ子たちの力になれるのはまだまだ先ですが・・・またアンニィさんのブログを読みはじめ、今の時点でも力になれることを少しずつやっていこうと思いました。
本当はサクに心を奪われる何かがあって、家に迎えたいのが本心ですが。お留守番が多い我が家ではサクが寂しいだろうと堪えています。
どうかサクに良縁がありますように。
そしてべべちゃん。昔見ていたときから変わらずとても可愛いです。むしろ今のべべちゃんは美しささえ感じます。
どうかべべちゃんが幸せな明日を迎えられるように心からお祈りしています。

 

 

18歳の頃、私のブログを読み漁ってくださったYさんは10年を経て私にメッセージを寄せてくださいました。30歳までには自分の夢(不遇な犬猫の一時預かり家庭になること)を実現させようと動いているそうです。

 

 

すばらしいですね。

 

 

すぐにメールを皆さまに自慢したかったのですが、この数日後にべべが亡くなり、かなり経ってしまいました。たまに「変わらないよう努力をする」むずかしさに苛まれます。人は変わってしまうし、私ももちろん例外ではありません。

 

 

しかし、肉づきが変化しても骨格、本筋だけは維持していきたいです。

 

 

「なるほどな」

neko (2)

 

 

 

あのさあさぶ、話を真剣に聞いてくれるのはいいんだけど、ごはんの支度をするときはちょっと端へ移動してくれるかな? これから夕飯だから……

neko (1)

 

 

 

食卓の真ん中に陣取るさぶ。ふわふわと舞うさぶ毛をよけながら、人間は邪魔にならない場所でそっと食べています。

 

 

 

「おれ どく気ないんだよね 並べるならそっちへ……」

neko (4)

 

 

 

うっ……

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*