前菜をどうぞ(保護猫龍とキャッチの撮影風景)

皆さまこんばんは。はじめて703号室に遊びにきてくださった方もこんばんは。おそらくはじめての方は保護猫龍とキャッチがお目当てですね! 彼らの写真をたっぷりお伝えします。

ankimetai (28)

 

 

龍(茶トラ)

生後10ヶ月。ウイルス検査(-)。去勢手術済み。現時点で必要な医療ケアを終えています。健康優良児で甘えん坊。

 

キャッチ(茶白)

生後10ヶ月。ウイルス検査(-)。去勢手術済み。現時点で必要な医療ケアを終えています。健康優良児で食いしん坊。

 

 

あまたの「保護猫」がひしめく家族募集サイトへの掲載にあたり、龍とキャッチの魅力をきちんとお伝えしようと、本日はカメラ女子みいさんを呼び出し写真撮影を丸投げしました。

 

みいさんが一眼レフで撮ってくれた写真は(これを書いている)現在レタッチ中です。

 

したがって今回のブログは私の写真を使います。(※一部みいさんのiPhoneの写真あり)

 

 

はい。他力本願ですね。知ってます。

 

 

でも私なりにいろいろ心を配ったのですよ。たとえば汚れきった家の掃除とか……

ankimetai (29)

 

 

「ハハ~ それだけですか?」

ankimetai (21)

 

 

へへ。 ↑ この龍は私が撮ったの。かわいいでしょう?

 

 

龍くん、それだけじゃありません。かんなさん(ルルさん)からもらった車を組み立てました。

ankimetai (4)

 

 

かんなさんありがと。一台はみいさんにプレゼントしちゃった。

 

 

で、完成したのがこちら↓

ankimetai (8)

 

 

入ってくれたら萌えショットが撮れる♪ との期待も虚しく……怖がって近づかないという。

 

 

おまけに到着したみいさんにビビリまくって固まるし^^;

ankimetai (20)

 

 

龍もキャッチも人馴ればっちりですが、ふだんはほとんど私の姿しか見ていないので緊張しちゃったようなのです。いろんなお客さまが集まるお宅の猫ならもっと社交的になったかも。

 

 

キャッチ、大きなカメラ怖い? ごめんね。

ankimetai (25)

 

 

ふたりがみいさんの存在を受け入れるまでランチでもしておくことに。スーパーで買ったお寿司ですがそれなりにおいしそうに見えるでしょう?

ankimetai (23)

 

 

時間を置いてスーパー出身のデザートも!

ankimetai (17)

 

 

リビングを逃げ惑っていた龍とキャッチがようやく集合し、ちんまり地味に遊びだしました。

ankimetai (24)

 

 

すかさず龍とキャッチににじり寄る中年女ふたり。

ankimetai (26)

 

 

あ、中年女ふたりってみいさんと私のことじゃなくて、みいさんとうちの犬べべ(♀)のことです。

ankimetai (3)

 

 

龍が動かないおもちゃを相手に格闘していたのが切なかった。

ankimetai (27)

 

 

龍、パタパタトンボさん、おとなしくなっちゃったね。

ankimetai

 

 

飛ぶの疲れたのかな?

ankimetai (10)

 

 

「ハハ~ これ動かない……」

ankimetai (6)

 

 

そう? どうしたんだろう? さっき私が近くにいたときはブンブン飛んでいたんだけどな。

 

おかしいねえ。

 

 

「おかしいな~」

ankimetai (18)

 

 

「あ! ぼくわかった! ハハが来ればまた飛ぶの?」

ankimetai (14)

 

 

正解っ!

 

パタパタトンボさんは、猫と人が仲よしになれるよう開発されたオモチャなんだよ。願っているの。だから龍と私の距離が遠いと元気を失ってしまうのよ。

 

 

「へえ~~~ そうなんだあ」

ankimetai (2)

 

 

キャッチもわかったの? あなたたちは単純でいいわね。扱いやすい。

 

 

というノリで明るく楽しく撮影会はすすんでいきました。

ankimetai (5)

 

 

終盤、すっかり電池切れした龍とキャッチをケージで休ませ、みいさんとしばしおしゃべり。

ankimetai (13)

 

 

「みいさんとハハ、効果的なダイエットがどうのとか言いながらおまんじゅう食べてますよ?」

ankimetai (22)

 

 

「オトナにはときどき矛盾があるんだね」     「それを言うなら女性には、でしょ?」

ankimetai (19)

 

 

「ハハ~おまんじゅうおいしいですか?」      「それで何個目?」

ankimetai (15)

 

 

ねーねーキャッチ聞いて……

ankimetai (7)

 

 

あのねえ、うちには最近手の焼ける男子がふたりいるから糖分取らないと体力が追いつかないの。だれとだれのことだかわかる?

 

 

「デカ円くんとさぶ兄でしょ?」

ankimetai (11)

 

 

うーん^^;

 

 

みいさんと私はただボケッとおまんじゅうを食べていただけではありません。みいさんはiPad持参で私が撮ったベストショットをリタッチしてくれました。みいさんいつもありがとう。703号室の多くの卒業生を彩ってくれたのはみいさんです。みいさんのおかげで卒業生たちはやさしい家族と出会い我が家を巣立っていくのです。魔法のプロフィール写真を撮ってもらってね。

ankimetai (12)

 

 

リタッチ後↓ ほら。あのときの写真がもっといい雰囲気に!

ankimetai (9)

 

 

キャッチ最高~!

 

龍とキャッチは家族を募集しています。

 

この子たちは純粋で快活でどこに出しても恥ずかしくない猫です。

 

ふたりセットでも、単体でもウエルカム。お問い合わせをどうぞお待ちしています。

 

幸せになれる犬猫たちが増えることを願って。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





さぶの腎臓、ほか

【切実なお願いです!】

 ※供血猫さんが現れました。ご協力に感謝いたします。

 

血液型がB型の猫さんはいませんか?

 

15歳のラムちゃんからのSOS! 消化器管型リンパ腫を患っています。

IMG_20160303_210004

 

 

明日も雨だそうですね。私は体調がすぐれず予定をキャンセルし家で掃除をしていました。

 

 

明日はみいさんが龍とキャッチの写真を撮りに来てくれます。あの人がどこを這ってもベストショットが撮れるようキレイにしたのです……が……多頭ゆえもうほんのり散らかっています^^;

IMG_8363

 

 

 

みいさん、悪天候はみいさんのレタッチでなんとかしてください。ぺこり。

IMG_8485

 

 

 

保護猫龍とキャッチに首飾りをつけさせフリータイムしました。首の違和感に慣れさせておくと撮影時にスムーズかなと。じゃないと明日首を掻いてばかりになっちゃいそうで。

IMG_8654

 

 

譲渡に自信があるなんて言って、口だけ女にならないよう気を引き締めてのぞみます。

 

龍とキャッチは家族募集中。かわいい盛りのふたりへのお問い合わせをお待ちしています。

 

 

img_3

 

(※ 詳細はバナーをクリック!)

 

 

で、いただいたご質問の一部を公開します。

●里親探しをする際に、譲渡に適した人かどうかを見極めるポイントを教わりたいと思います。

●希望者さんの中で、例えば一人暮らしの方、小さな子供がいる家庭など頭ごなしにお断り対象ではないと思うのですが、その場合大丈夫そうだな、と思えるポイントなど教えて頂ければと思います。

●条件の悪い猫(FIV陽性や慢性腎不全)の里親がなかなか決まらない時の心の持ちようや、具体的な対策が知りたいです。

●外で猫を見つけた場合、明らかに野良猫と分かる場合と、迷い猫か外飼いの猫か野良猫か分からない場合があると思いますが、つまり飼い主さんがいるかどうか分からない場合はどうしたら良いでしょうか?

 

 

ほかにもご質問が来ていますが、取り急ぎ少しだけ載せました。そして本日、保護はしたことあるけれど譲渡は経験がない、という方からのお申し込みも! 多いですよねそういう方も。

 

あと、ネット募集が怖いから結局知り合いに懇願してもらってもらう、という方もいますよね。

 

私はこれまで90%以上がインターネットを使っての譲渡でした(残りの10%は一度里親になってくださった方からの再オファーや紹介など)。だからネットは怖くありません。どうして怖くないかは当日お話できればと思います^^ どうぞよろしくお願いします。

 

 

えー、ここからは私の悩みです。

 

先日検査した際、腎臓の数値が悪化したさぶ。怖くなって大巻先生に聞いてみたところ「うーん……きっとあと一年以上はがんばれると思いますよ」って言われ逆に落ち込みました。

 

そっか。そういう感じか……。

 

 

さぶはほんとうにやさしい猫です。長い間近所をさまよい、野良猫として生きてきました。

IMG_8421

 

 

昔一度私の設置する捕獲箱に入ってくれたのに、お目当ての猫じゃなかったという理由で保護しませんでした。事情があり、ほかの猫(ぽん吉)を優先しなければならなくて。

 

手元に捕獲箱が一台しかなく、迷った末、予想外に入ってしまったさぶを放したのです。

 

それからいくつもの季節がめぐり、ようやくさぶを保護。そのときも実は別の猫(じゅん)を狙っていたのですが、またさぶが捕獲箱に入ってしまったのです。しかしもう放せませんでした。

 

 

捕獲箱には2度入りましたが、外にいた頃のさぶは人間に対しての警戒心がすさまじく、フリーのときは近寄ることすらできなかったのです。まさかこういうキャラだとは知りませんでした。

IMG_8420

 

 

家族になってまだ2年ちょっと経ったばかり。もっといっしょにいたいです。さぶがいなくなるなんて絶対に無理。考えたくもありません。私にはさぶが必要です。

IMG_8418

 

 

私だけでなく、うちのお子たちや保護猫たちにとってもさぶはいなくてはならない存在です。

IMG_8419

 

 

さぶはみんなを和ませるのがじょうずです。男らしいけれど、敵を作ったりしません。

 

さぶの腎臓がだんだんきつくなっているのはわかっているんですが、失いたくないのです。

 

家でできる仕事を探そうかなとか、いろいろ考えています。

 

うまく言えないけど、なんか辛いですね。

 

さぶにいつもありがとうを言いたいです。

 

よし! 湿った話はおしまい! 明日は元気に撮影助手するぞ!

 

おやすみなさい。

 

スポンサーリンク





自分なりのベストショット

まだ枠が空いているようですが、日々にゃん太さんから参加者の皆さまのメールが転送されてきます。メールを拝見していると「保護譲渡」の経験がある方ばかり。もちろん大歓迎です!!

img_3

 

(※詳細はバナーをクリック↑)

 

猫と暮らした経験や保護の経験がなくても、いつかどこかで家を求める猫に出会うかもしれません。そんなとき「飼ってはあげられないけれどどうにか里親さんを見つけてみようかな?」と思える人と逃げてしまう人の間に聳え立っているのは「勇気があるかどうか」だと思うのです。

 

得体の知れない不安に対し、勇気が勝手に芽生えてくれるとは限りません。

 

けれど私は今まで里子に出すと決めた犬猫は全員卒業させました。だれでもいいからもらってくれ、のスタンスは取っていません。特に近年は自分が納得できるご縁を結んできたつもりです。普通の主婦の私にできることなど、だれにでもできること。ノウハウさえわかれば。

 

私はお話のプロではないので大人数は非常に緊張しますが、精いっぱいがんばります!

 

次回はこれまでに届いた「保護譲渡」へのご質問をいくつかご紹介したいです。

 

 

 

さて、話は変わりますが、明日私は数ヶ月ぶりの美容院^^

 

 

「ハハ~ 髪形変えたいなら ざんばら頭にしてみれば?」

huremu (2)

 

 

やだよ。だれがっ!

 

 

ぴょこぴょこズンズン

huremu (6)

 

 

「ぼく 似合うと思うんだけどなあ……」

huremu (7)

 

 

本日の写真はぜんぶ撮りたてホヤホヤ。龍のかわいさが出てるでしょう?

 

甘ったれだからいつもそばに寄ってくるんですよ。落ち着いて本も読めません。でも幸せ~♪

 

 

見てこの一枚!! 近くにちょこんと座るとか。あかん鼻血出るよこれもう……

huremu (5)

 

 

いっぽう、きょうだいのキャッチ坊は食い意地がハンパじゃありません。

 

 

「ちっ なんか小腹減ったなあ……」

huremu (3)

 

 

「お! カリカリの音がする」

huremu (4)

 

 

 

「ハハ~ ぼく 今日まだなんも食べてない~ 食べてない~」 (ウソ)

huremu (8)

 

 

「なんか一口めぐんでください ハハ~ ハハ~」

huremu (10)

 

 

「ちょっとハハ! どーいうこと? 食器がカラなんですけど! 保護猫を飢えさせる気ぃ?」

huremu (16)

 

 

強気に騒ぎ立てたかと思えば、今度はかわいそう面して泣き落とし作戦^^;

 

 

「ぼく 育ち盛りですし……なんか食べたいです」

huremu (9)

 

 

そうね。さぶと比べると小ぶりだもの。大きくなるようにおいしいのあげないと。

huremu (14)

 

 

「へへ やったね ハハくれるって さぶ兄 友情出演ありがとう」    「よかったな」

huremu (13)

 

 

「さぶ兄 ぼく なかなかやるでしょう」    「チビのくせにいい策士だな」

huremu (11)

 

 

キャッチとさぶのキスシーンが撮れました。何度もおたがいの顔を舐め合いほんとうにほほえましかったです。カメラも写真もよくわからないんだけど、自分的にはこれベストショットです。

huremu (12)  

 

 

しかし自分なりのベストショットを撮るまでの道のりは長く険しい。

 

 

実は数百枚のこれ級がカメラの中に(汗)。

huremu (15)  

 

 

 

huremu    

 

 

私はなにが撮りたかったんだろうね?

 

 

保護譲渡活動には写真が重要! などとほざきながらあまり進歩していません。

 

でも日々自分なりのベストショットを狙いながら習練しまーす^^

 

龍とキャッチは家族募集中です。お心ある方の目に留まりますように!

 

LOVE龍&LOVEキャッチ!

 

 

スポンサーリンク





向かい風に包まれて

続々と参加希望が集まってくれているようです。ありがとうございます♪

img_3

 

(※詳細はバナーをクリック!)

 

 

今週みいさんが来てくれることになってるよ。龍くん、キャッチくん、お前さんたち、おめかししていい写真をたくさん撮ってもらおうね。家族になってくださる方の目に留まるよう。

fa8ue (18)

 

 

 

さあて、15歳のこのお方はボールを追いかけて飛び跳ねています。

fa8ue (12)

 

 

「わーい」

fa8ue (14)

 

 

地面を勢いよく蹴り上げ

fa8ue (16)

 

 

ボールに向かって一直線!

fa8ue (19)

 

 

べべが若いときから私は走るべべが大好きでした。

fa8ue (3)

 

 

ひさびさにこの姿を見れて感無量です。

fa8ue (5)

 

 

ということで、土曜はさぶとデカ円の通院、日曜はべべナナリルを連れてドッグランと文字通り犬猫にまみれた週末を送り元気をまとった私は、すでに今週末のことを考えています(笑)。

 

 

ああ。まずは平日をこなさないとね。

 

 

「おかあさーん! たのしい」

fa8ue (10)

 

 

主役ナナは聡明なオトナの横顔でドッグランで出会ったお友だちたちを観察中

fa8ue (7)

 

 

へへ。放送禁止ギリギリラインの一枚。このあとちゃんと水で流しましたよ~!

fa8ue (2)

 

 

小雨がぱらついていましたが、春のかおりを感じる一日。薄着でも過ごしやすかったです。

fa8ue (6)

 

 

ナナちゃんの困ったお顔。萌えるんですよね。14歳になってもすごい美犬だと思います。

fa8ue (4)

 

 

じっとしてくれないリルも抱っこで写真撮影。お友だちがチチの足元をじゃれついています。

fa8ue (8)

 

 

ドッグランに連れてきてもらえる犬たちはいいですよね。ほんとうにみんなイキイキ輝いていました。この子たちの幸せが10年、15年と永くつづくことを祈らずにはいられません。

 

 

ドッグランで1時間遊んだのち、べべの電池が切れる前に大きな公園へと移りました。主役ナナはフリーで遊べるドッグランよりも公園散策派なのです。

fa8ue

 

 

私だけがカメラ目線の悲しい家族写真(涙)。

fa8ue (9)

 

 

公園内を1時間以上歩きまくり~。うち半分はべべを抱っこした状態です。

 

 

たくさん走ったから疲れちゃったんだよね。がんばったね。べべかっこよかったよ。

fa8ue (17)

 

 

心地いい向かい風が吹いてきました。

fa8ue (11)

 

 

ベンチに腰かけた老犬べべは目を閉じ風を一身に受けています。

fa8ue (15)

 

 

べべの揺れる耳を見ながら私はふと思いました。

 

私のべべを今、やさしい風が包んでくれた、と。

 

 

思慮深い表情を浮かべながらなにを考えているのでしょう?

fa8ue (13)

 

 

案外こういうときってなんにも考えていないのかもしれませんね。

 

 

お母さんは考えていましたよ。

 

べべとナナとリルのことを。そして家に置いて来た留守番中の猫たちのことを。

 

家族の存在は尊いですね。

 

うちのお子たちが、かわいくてかわいくて。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





宣誓実行!

ナナの14歳の誕生祝いとしてべべ、ナナ、リルを連れてドッグランと大きな公園へ行きました。

 

そのときの写真は次にしてまずはお見せしたい画像がありますぅ♪

 

 

「へへ。宣誓実行! やったど~!」

fauyf

 

 

不意に抱っこしたのでこの後デカ円氏に怒られましたが、大きな進歩じゃないでしょうか?

 

 

デカ円ぬいぐるみみたいにふわふわです。抱っこ写真……ほんとうはニマニマした私の顔も写っているのですが、自分のあまりのキモさに驚き、トリミング処理してお伝えしています。

 

 

このお二方も元気に過ごしています。手前右側が龍で奥左側がキャッチ。

raof

 

 

走りまわる龍とキャッチに私のカメラ技術が追いつかず、本日もカメラマンかみむらさんの写真を載せましたが、仕事が落ち着いたらパチパチがんばりますね。

 

 

最後にひとつ宣伝を!

 

すでにお申し込みくださった方もいるようですが、4月30日に表参道のにゃっ展2016にて「猫の譲渡」をテーマとしたお話をさせていただくことになりました。フォスターアカデミーでも「猫の譲渡」に特化した会を設けることになっています。そちらも近日中にお知らせしますね。

 

 

にゃっ展の主催者にゃん太さんがこんなものを作ってくださいました↓

img_3

 

 

くわしくはこちらをクリック⇒ 「教えてアンニイさん」 

 

 

非常に恥ずかしいタイトルですが、にゃん太さん素敵な機会をありがとうございます。

ご希望に添えるよう努力します。

 

にゃん太さんの本日のブログにもこれまでのいきさつが書かれています。いい風にご紹介くださり恐縮です。にゃっ展がいつもどおり大成功することを祈っています。

 

コーヒーとお茶菓子つきで500円。いろんな層の方が参加しやすい形になっています。

 

えらそうに経験を語ろうなどとは考えていません。和気藹々の雰囲気で互いに情報交換できればいいなあと考えています。残念ながらスペースの関係で定員が限られているので先着順です。参加を希望する方はにゃん太さんまでお知らせください。

 

 

いろいろとお話したいのですが、ベースを作りたたき台に添って整理していこうと思います。

 

Ⅰ 日本の不遇な猫たちが置かれている状況
Ⅱ インターネットの里親サイトを利用する際のコツ
Ⅲ 希望者への対応の心得
Ⅳ 里親詐欺の種類と目的
Ⅴ 里親詐欺への対策 
このほか皆さまの質問にもできる限りお答えしていく予定です。
ふだんはブログの中だけなので、直接皆さまにお会いできることを楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いします。
では来週もごひいきに~!
私は今からもう一度デカ円抱っこに挑戦します^^

スポンサーリンク