スカウトマンと写真集

三毛猫サラちゃんを保護した三春くんのママさんよりキュートなお菓子をいただきました。

siawase (5)

 

 

三春くんのママさん、母の分までお気づかいありがとうございました。ごちそうさまでした。

 

 

卒業ホヤホヤの空美大福のママさんが激萌え写真を送りつけてきました(爆)。

siawase (10)

 

 

なんなの?

こんなの反則じゃないの?

一発でノックアウトでしょう?

構図もさることながら空美大福の表情とかさあ……笑顔なんだもん。

すでにツイッターとフェイスブックで放出済み。多くの悶絶者を出しました。和む~!

 

 

私は強引な変態スカウトマンです。

不遇な犬猫を見たり知ったりすると自分の中のおせっかいスイッチが起動します。

多くはできないかわりに、自分が決めたことは全力で取り組む努力をしています。

 

しかしだからこそ機械のように心が故障することも……。

 

命の譲渡活動は元来チャラい私には荷が重く、ときにプレッシャーに押しつぶされそうになります。本心を表にあらわすかあらわさないかですが、実は毎度逃亡したいです。ただいちおう、小さな信念も持ち合わせているつもりなので故障ラインギリギリの状態を維持中かな^^;

 

 

今日はひさびさに、ほんとうにひさびさに「生きていてよかった」と思いました。

 

 

仕事から帰宅後せわしなく家事をやっつけていた私のもとに届いたプレゼント

siawase (7)

 

 

贈り主名の欄には1年前に703号室を巣立った卒業生ビビの名がありました。

siawase (6)

 

 

ビビ(ビーナス)の苦労や家族募集の経緯はこちら。とても気に入っている記事です。

ビビは703号室卒業犬コロンJの里親megさんが保護したシャイな成猫。

 

 

お米、お手紙、頭痛を緩和するアイマスク……そしてビビの写真集……。

siawase (4)

 

 

 

「こんぶ姫さま わが家へようこそ」

siawase (8)

 

 

「こんぶ姫」はビビの家族募集で私が使ったキャッチコピー。

 

文章はその一行のみでした。

 

 

あとはめくってもめくってもビビの写真がひたすら並んでいます。

siawase (11)

 

 

2ページ分つかっているからきっと里親さんのお気に入りの一枚でしょうね。

siawase (9)

 

 

ビビあなた鼻の傷はとうとう消えなかったけれど、女優みたいにきれいね。

 

1度立ちっぱなしでパラパラとめくり、2度目は椅子に腰掛け一枚一枚を凝視。

 

1度目と2度目に若干タイムラグが生じました。

 

胸がいっぱいでいろいろ溢れてきそうで怖くてなかなかめくれないのです。

 

 

終盤、写真集の中に脇役のご主人を見つけました。

siawase (12)

 

 

ご主人は、あんなに人と距離を置いていたビビのお尻に顔をうずめています。

 

ママのひざの上に乗るビビ。へそ出しのビビ……あああビビ!!

 

 

ラストはビビのおひげが主役でした。マズいね。非常に危険。

siawase (2)

 

 

ビビの卒業の際に私が里親さんにプレゼントした黒猫の「ねこひげスタンド」に、ビビの抜けた黒ひげがたくさん……ひげを見つけるたびに拾いスタンドにさす里親さんの姿を想像したらとうとう涙腺が崩壊です。ビビ史を垣間見れて幸せの一語。

 

( ビビの卒業レポート⇒ こちら1 と こちら2

 

 

先ほどお話した小さな信念ですが……まず私は今の吐き気を催すような理不尽な世界に於いても自分は無力ではないと考えています。自分が果たすべき役割がこの国にはちゃんとある。寝たきりのお年寄りや赤ん坊以外はみんななにかしらできる。

 

そしてどんな犬猫も関わった人間次第では王子さまお姫さまになれると信じています。私が闇雲に妄信しているのではなく、実際そうなのです。

 

こんぶ姫さま、私の話はあってますね?

 

愛と愛の中継を担う私のビビたる活動は辛い悲しいばかりじゃない。悪くない、むしろいい!

 

人生の五里霧中から私をレスキューしてくれたのはいつも犬猫たちのほうでした。

 

私と関わってくれた犬猫たちとご家族へ感謝に、感謝を重ねて。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





デカいきみをスカウトさせて

追記:壁紙地獄工事やらいろいろあり更新までは手がまわりませんでしたがコメントのお返事をすべて終えました。写真の整理もできましたので明日はソレイユ&空美のお家へご案内します。遊園地のようなお宅を前にテンションが上がり、カメラマンでもないのに激写しすぎた私。カメラの中に数百枚写真が入っててビビリました。お待たせしてごめんなさいね。

デカい猫の名も考えないと! デカい猫じゃかわいそう^^; 

 

 

 

「アンちゃん、やるんならじゃあすぐやっちゃう?」

 

「えっと……お願いします」

 

 

急に決まった壁紙工事。今朝7時より一日目がスタート!

KABE

 

 

グチグチ迷っていたのですが、チチとも相談し私の仕事が休みで保護動物がいない隙を狙って一気にやってしまうことにしたのです。

 

 

ところがねえ……まあもしよかったら最後まで読んでください(苦笑)。

 

 

いくつかの業者に見積りを依頼したのですが、我が家の予算では天井部分までの総張替えはむずかしかったので妹の同級生宅に泣きついて実現させました。

KABE (13)

 

 

お父さん、お兄さん、妹の同級生のSくん、安くしてくれてありがとう。

KABE (15)

 

 

築10年程度の703号室。写真だとわかりづらいですがどの部屋もほんとうにボロボロでした。これでやっとシミだらけの天井ともおさらばです。

KABE (17)

 

 

お子たちは全員チチの寝室に避難。とつぜん決まった工事に私の片づけが追いつかず、結局生活臭をたっぷり漂わせたままはじめたのでひどいことに^^;

KABE (12)

 

 

はあ。どうしよう?

KABE (8)

 

 

家がメチャクチャ。ずいぶん大がかりで不安です。

KABE (10)

 

 

冷蔵庫をずらしたら下から毛とほこりにまみれたヘドロ? の塊が出てきて驚きました。

 

きっと元の姿はソースかケチャップだったと推測されます。

 

急いで拭き取ろうとしたものの、べっとりがちがちでどうにもならず。

 

職人さんに混じり額に汗をにじませながら気合いで落としました。1時間かかったよ。

 

そりゃ家がクサい訳だ。異臭源をひとつ見つけ撃退です!

 

 

夕方5時までかかってリビングと玄関が終わりました。パチパチ♪

KABE (14)

 

 

へへ。なかなかいい感じ!

KABE (11)

 

 

壁紙のベースは(いちばんお手頃価格の)ベージュ。ケチ根性を存分に発揮し暗めのトーンにしたのです。さて、なぜでしょう? 答えは汚れが目立たないゆえ長持ちするかなと。

 

 

職人さんたちの帰宅後、一日中バタバタで朝からなにも食べていなかった私は空腹に耐えきれずコンビニに向かいました。軽く食べたら片づけをしながらソレイユと空美の写真の整理を終え、ふたりの卒業記事第一弾をUPしようと考えていたのです。

 

しかし予期せぬ出会いを果たしてしまいました。

 

 

昼、私はみいさんが撮ったブログ未公開の写真をコラージュ。

KABE (18)

 

 

かわいくてもったいないからぜんぶ載せたい。

KABE (6)

 

 

里親さんからは近況写真も届いているので卒業記事の際に紹介しますね。

KABE (4)

 

 

尻切れトンボですが次回必ず。ごめんなさい。

KABE (2)

 

 

コンビニから戻る途中、私はあるマンション前で一匹のメス猫に食べ物をねだられました。人馴れしてそうだったので、仕方なく捕獲箱を準備しもう一度現場に向かうことに。

 

マンションの住民の話では、その子は放し飼いの猫の可能性が高いとのこと。

 

では私はうかつに手を出せません。

 

「しょうがない。帰りますか……」

 

そう言いながらも正直心のどこかでホッとしました。

 

次の日も壁紙工事です。頭痛も完治しません。

 

そしてそれ以前に、私はどうやら疲れてしまったようなのです。

 

 

セットした捕獲箱を持ち帰ろうとしたところ、タタッと目の前をデカい猫が横切りました。

 

新しく現れたデカい猫は紛れもなく野良猫とのこと。エラの張ったオスッ気の強い顔と汚れきっている体を見れば飼い猫でないのは一目瞭然でしたけど。

 

 

まさに今撤去しようとしている捕獲箱にきみ、入っちゃったのね(笑)。

KABE (3)

 

 

なら、きみをスカウトしてもいいかな? 空腹のきみ、私といっしょに行ってくれるね?

KABE (16)

 

 

デカい猫を保護したはいいけど明朝7時から壁紙の工事がまたはじまります。職人さんたちがドアや窓を開けっぱなしにするので、ケージに入れるとはいえ心配。

 

そうだ! emi-goに電話しよ♪

 

 

emi-goが私に捕まりました。自宅にいたのにごめんね。

KABE (19)

 

 

勇敢な先生に診てもらうことに。デカい猫、シャーだけで手は出ませんでした。

KABE (5)

 

 

ワラワラ。てか皆さんいきなり押しかけて申し訳ありません。

KABE (7)

 

 

まるすぎるフォルムに萌えた医療関係者が続々と集まりだしました。

KABE (9)

 

 

デカい猫はFIVキャリアですがスクリーニング検査をクリア。若い男子です。

 

素敵な猫ですので彼に見合う終の棲家をさがしてみようと思います。

 

皆さま、どうぞ応援お願いしますね。

 

 

さあ、明日もハードな1日になる予感最大です。

 

この辺で失礼します。おやすみなさい。

 

 

スポンサーリンク





あつこさんの11匹の子猫たち

今日はこのお方の保護子猫11匹を紹介させてください。

IMG_7131

 

 

仲良くさせてもらっているあつこさん(ねこだるまさん)です。

あつこさんとはじめてお会いした記事はこちら。お顔がばっちり出ています(笑)。

 

地道に地元で保護活動をつづけていらっしゃるあつこさん。被災地飯館村の家なき猫ゴエモン氏を引き取り「里親」としても猫たちを慈しんでいらっしゃいます。

 

先ほど電話で話した際に「もうやだよー」とこぼしていたあつこさん。お察しします。

 

ブログで紹介してもご縁に結びつけるのは簡単ではないとわかっていますが、こんな子いるんだ♪ 的にお見知りおきくだされば幸いです。もし気になる子猫がいましたら、非公開コメントで連絡してください。あつこさんをご紹介します。

 

※東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城が募集地域です。

 

 

①4きょうだい(近日中にこの中の誰かが703号室にやってくるかも?)

IMG_7130

 

 

②5きょうだい(現在風邪の治療中)

IMG_7121

 

 

③2きょうだい(週明けに遺伝子検査の結果が出ます)

IMG_7122

 

 

♂♀あわせ11匹。預ける場所がなく一部の子たちは入院させながら里親を探しています。病院側の配慮で安くはしてもらっているものの、もちろん有料です。

 

私はチチさんを口説きちょっぴりお手伝いする予定です。どうせなら少しでも大きい子にしようかな? というかすでにあつこさんがうちに来る子を勝手に決めてくれているみたいです^^;

 

子猫と暮らしてみたい、そんな方がいたら連絡ください。

 

あつこさんはいわゆる「条件の厳しすぎる保護主」ではなく、また「ご縁をゴリ押しするような方」でもありません。あたたかく真摯に希望者さまの相談に乗り、フラットな視線で「譲渡」を考えてくださる方です。ぜひ!

 

良縁は保護主の活動源です。命の源です。ご縁が決まるから次の一歩を踏み出せるのです。一頭でも多くの保護犬猫たちが終の棲家を得られるといいですね。

 

 

最後に、黒豹写真が撮れたのでまた自慢させてください。

IMG_6162

 

 

SALAにプレゼントしたひつじのぬいぐるみをほほがつかっています。

IMG_6165

 

 

気に入っています。

IMG_6160

 

 

SALAに買ったものだからほんとうは一緒に天国に、と考えていたのですが、今は火葬時にあれこれ入れちゃいけないんですよね。ほほがお下がりをつかわせてもらうことに。

IMG_6163

 

 

「さらちゃ ありがとござまち」

IMG_6167

 

 

いいねほほ^^

 

 

 

~ありがとう~

 

にゃん太さんから大粒の梅干が届きました。すごいプリプリです。

IMG_6098

 

 

にゃん太さんありがとうございました。「にゃっ展」がんばってください。素敵な作品の数々を楽しみにしています。お体を大切にしてくださいね。

IMG_6095

 

 

MWさまよりお手紙とクオカードが届きました。ありがとうございました。

IMG_6099

 

 

お手紙の一言一句が心に沁みました。SALAのこともずいぶん応援してくださって……。

 

 

さて、いよいよ動物愛護週間ですね。

 

昨年はいせやんあらため景虎を保護しました(なつかしい!)が、今年はなにをしようかな?

 

皆さまはどうされますか?

 

 

スポンサーリンク





おれ 景虎 1

「リリースすればよかった。どうしてリリースしなかったのか……」

 

何度かブログで告白していますが、私は彼を保護したことをたびたび後悔していました。

 

私の力ではどうにもできなかったのです。

 

いっときはフリーになった彼のいる保護部屋に入ることすらためらう日々でした。

 

保護部屋の出入り口あたりで私を待ち構えていて、扉を開けると本気で襲い掛かってくる。

 

「タッ!!」

 

「シャー!!」

 

情けない話、手に持ったフードを床にばら撒いてしまうほどドキッとしました。

 

 

私は捕獲箱で無差別に保護することが多いので、家に入れるまで個体別に性格や病歴を把握できません。保護後、たとえその猫が感染症などを持っていようと、老齢であろうと、性格がキツかろうと、数年前からいっさいリリースせずに里子に出してきました。

余命いくばくもない子は我が家で看取りました。

猫が住みにくいわが町に彼らを放ちたくないのです。

 

昔私がTNRした猫が外で殺鼠剤(毒)を食べて白い泡を吐いて無残に死にました。

イボクロと名づけた黒白の1歳くらいのハンサムな男の子でした。

 

うちの近所は猫にとって楽園ではないです。

 

しかし捕獲箱に入ったどんな猫もリリースしない、というのはむずかしいことです。里親募集の難易度が格段に上がるだけでなく、性格のキツい生粋の野良猫たちの扱いに手を焼くことも……。

 

 

“いせやん”あらため景虎は歴代の暴れん坊たちの中でもまちがいなく、最強でした(笑)。

IMG_3967

 

 

チチも私も景虎が人になれるはずがないとまで考えていました。

 

けれどある日、私は突如あまぱんの力を借りてみようと思い立ち、それからは皆さまご存知のとおり、景虎の心の鎧が少しずつはがれたのです。

IMG_4445

 

 

あまぱんの前だと「弟の顔」をする景虎

IMG_4405

 

 

あまぱんのおかげで「条件つきタッチ」ができるようになり……

IMG_4412

 

 

最終的にじぶんの恐怖心を克服するために睡眠導入剤を使ってこんなことまで^^;

 

⇒ 「カップル誕生」

 

ひさびさに記事を読んで吹き出しました。どんだけアホかよ?

(※よい子はまねしないでね。だれもしないと思うけど)

 

でも大真面目の作戦! 自画自賛ですが意外と観察的で緻密なんです~^^;

 

 

おかげで私は景虎の本質を徐々に知るようになりました。

IMG_4450

 

 

と同時に景虎も私を知るようになりました。

IMG_4331

 

 

私たちはとうとう知り合い、求め合い、擁き合える関係になれたのです。

IMG_4458

 

 

時間がかかった分、感慨深さもひとしおです。かわいくてかわいくて。

 

景虎と出会い、私はますます確信を持つようになりました。

 

 

「なれない猫はいない」

DSC_0203

 

 

「どんな猫も、何歳からでも、ちゃんと向き合えば立派な家猫になれる」

DSC_0178

 

 

あまぱんや景虎が私に教えてくれたんですね。ありがたい。

DSC_0177

 

 

もうお知らせしたとおりですが、景虎は卒業生サスケ&このはの家に婿入りしました。

「サスケ&このははどんなお家に行ったの?」

を思い出したい方はこちらをご覧ください。

 

景虎がご縁になった経緯の関連記事はこちらこちら

 

 

景虎は約1年の保護期間中に数多の後輩たちに「卒業」を抜かされました。いろんな子たちを見送ってきた彼が、サスケ&このはの卒業後に限って鳴きながらしばらくウロウロとふたりを探していたのです。

 

そのときの記事を再度読んで泣きました。まさかこうなるとはねえ。

 

⇒  「ダーリンたち どうもありがとう」

 

 

以前、遊びに来たMIHOさんが撮ってくれた写真↓

IMG_6916

 

 

MIHOさんにビビったこのははこのとき隠れていましたが、サスケ、このは、景虎が703号室で仲良くルームシェアしていたのがおわかりいただけると思います!

 

サスケ、このは、景虎の3猫がまた一緒に暮らせるなんて……至福の限りですよ。

 

保護期間の長かった景虎は関連記事がたくさんありますが、ご面倒でなければどうぞクリックしてお読みくださいね。景虎の卒業を記念していくつかリンクしてみました。

 

慢性腎不全ステージ2の景虎を快く迎えてくださったご家族。お届けの日の様子や景虎の近況は次回につづきます。皆さまにも祝福してもらえたらうれしいなあ。

 

景虎の「保護」は長い道のりでした。一筋縄にはいきませんでした。

 

だからこそ、彼のたどり着いたゴールが私には燦々とまぶしいです。

 

 

景虎! おめでとう!

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





愛の塊たちをキャリーにのせて

お得意の「時系列メチャクチャ」記事^^;

 

今日は先週火曜(8月11日)までさかのぼります。

 

の前に! みいさん撮影会の8月9日

シナ&モンは終始ハイパーにはしゃぎまくりでした。ふだんより人の手のぬくもりを多く感じて幸せなひとときだったからでしょう。私も見ていてうれしいような切ないような。

 

このときはまだシナ&モンのご縁が決まる前だったので、なにがなんでも甘やかせてくれるお家を早急にさがさなければ! と気を引き締めたほどだったのです。

 

恒例のみいさん写真♪ (左:シナ 右:モン)

IMG_0058

 

 

卒業まで載せまくりますよ! (手前:シナ 奥:モン)

IMG_0011

 

 

「ねえねえ MIHOさんて なんさい?」   (シナ)

IMG_0003

 

 

「なんさい?」 (モン)

IMG_0014

 

 

「え? ほんと? いがいと年ですね。ぼく もっとお若いのかと」 (シナ)

IMG_0038

 

 

「ぼく とんぼで MIHOねえ にあそんでもらいました」 (モン)

IMG_0015

 

 

「へへ すえっこはどこも世渡りじょうずです」 (モン)

IMG_0016

 

 

と、すごく楽しそうだったシナ&モンですが、翌日の月曜モンが連続嘔吐。

 

ちなみにシナは変わらず元気でした。

 

1日モンを隔離して様子を見ていたのですが、次の日念のため大巻先生の病院へ連れて行くことに。治ったように見えても子猫だから心配です。モンはシナよりひとまわり小さいし。

 

シナは付き添わせました。

診察時、モンの比較対象にもなるのでシナがいたほうがいいのです。

 

ついでに卒業を控えたいせやんも連行。

 

ひとりで3匹。シナ&モンが小さいとはいえ結構たいへんで(汗)。

 

病院到着後。これがこの日撮った唯一の通院写真。いせやんは洗濯ネットの中にいます。

IMG_6093

 

 

診察時すでにモンの吐き気が止まっていたことや、撮影会のはしゃぎぶりなどから推察し、大巻先生は「一過性の嘔吐」と診断。

 

もちろん、いつもどおり丁寧に診察してくれました。シナもついでに診てもらいましたよ。

 

チビたちは大丈夫とのことでつづいていせやんをお願いしました。

 

いせやんを保護したのは昨年9月。若く健康的に見えたので病院は保護当初の1回のみ。卒業にあたり、一度きちんと診てもらいたいと思ったのです。

 

里親さんには通院の了承を得ていました。

 

いせやんが新環境にすっと馴染むとは考えられません。

 

新しいお宅で食欲不振や元気消失が起きた場合、保護主として私は「大丈夫です。いせやんはただ緊張しているだけです」と言いきれる根拠がほしかったのです。

よって血液スクリーニング検査を依頼。外から見てもわからないですものね。

結果、腎臓以外の全項目が「基準値」におさまりましたが、腎臓の数値が若干高め。

腎不全初期 ステージ2(基準値2.4までに対し、クレアチニン2.8)

まずは食事療法とネフガードからスタートすることに。

 

まさかと思っていたので、正直ショックでした。すぐさま里親さんに電話。

キャンセル覚悟で率直にお話しました。

 

里親さんは穏やかな声でこう言いました。

 

「なにに気をつけてあげたらいいんだろう? (病気を)見つけてくれてありがとう」

 

そしてその後届いたライン↓ (左から右へとつづきます)

IMG_6106

 

 

自慢ばかりで申し訳ありませんが、私は本当にすばらしい里親さんに出会えたと思っています。

 

いせやんの丸ごとを受け止めてくださりありがとうございます。

IMG_6192

 

 

彼がどれだけ外をさまよっていたか知る術はありませんが、外暮らしは命の消耗が激しいので若くして腎臓を病む子がいます。特にうちの近所は野良猫たちにいい環境とはいえないし。でも昔のことはどうしようもありません。せめてお届け前にいせやんの体の状態を知れて幸いです。そして里親さんの深い理解のもといせやんが晴れの日を迎えられたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

サスケ、このは、いせやんは今、ご家族とともに努力中です。

 

最高の環境ですが一筋縄にはいきません。

 

心躍らせながら皆さまに卒業レポをお送りできる日を夢見つつ、まずは静かに見守りたいです。

 

長くなりましたね。

 

明日もいい一日になりますように!

 

LOVE!

 

スポンサーリンク