三つ星

さて、ジョイあらため櫟(くぬぎ)のお届け記事をお送りします。

 

私の都合で延期してもらいましたが、5月3日は大安♪ はりきって朝を迎えました。

 

 

が・・・・・・

 

 

ケージにいれておいた櫟が必死の抵抗。洗濯ネットには入るのを拒否しまくり(汗)。

 

櫟を保護したピチコさんは、我が家に移動させる際に櫟に指先を噛まれケガをしました。人には馴れている櫟ですが、パニックに陥ると手に負えない一面があるのです。チチより私になついているので私がやるしかありません。さぶとあまぱんの力を借り、流血覚悟でなんとかネットにイン。その際櫟はおしっこを漏らしてしまいました。怖い思いをさせてごめんね。

 

 

 

もう怖がらせたくないからおしっこがついたまま出発するしかない。里親さんごめんなさい。

IMG_9544

 

 

 

出発後、またもやアクシデント。いつものところで高速に乗ればいいのに、なぜかチチがほかの場所から乗ると言いはって聞きません。で、こうなった(号泣)。

IMG_9545

 

 

 

白バイさんはぜったいに狙った獲物を離さないから、抵抗しても時間の無駄。櫟を1分でも長く待たせるわけにはいかないので、助手席から白バイさんに吐き捨てました。

 

「同乗している猫がかわいそうなのでさっさと3分以内にお願いしてもいいですか?」

 

 

GWの断続渋滞をなんとか抜け、群馬県へ。遅くなってしまい申し訳ありません。

 

 

 

猫の楽園におじゃまします~!

IMG_9594

 

 

 

超広いお宅。の中でもいちばん日当たりのいい部屋を猫たちが独占しています。床暖房も完備。夜々子とすやがうらやましい。まさに下僕状態の里親さん。

IMG_9558

 

 

 

あ夜々子発見! ひさしぶり~!

IMG_9556

 

 

 

パニックボーイをキャリーから出すためほかのみなさんにはいったん退室してもらいました。

IMG_9549

 

 

 

櫟、あたらしいお家だよ。おまいちょっと、おしっこくさいね(涙)。

IMG_9547

 

 

 

「だれ来たの?」

IMG_9632

 

 

 

夜々子が興味津々だったので、さっそく会ってもらうことに。

IMG_9550IMG_9634

 

 

 

夜々子は怒っていますが、正常の反応です。むしろ私は夜々子のリアクションに安堵しました。

IMG_9602

 

 

 

やや~ 今日から櫟がお世話になるよ。いろいろ教えてあげてね。

IMG_9603

 

 

 

櫟は環境にはビビっていたものの、夜々子の登場にすっかり気をよくし、目で追っていました。

IMG_9605

 

 

 

夜々子も櫟の姿に目をまるくして、初々しいカップルをみているようです。

IMG_9596

 

 

 

「ハハ~ ここどこかわかりませんが、あの黒い子キレイですね。あの子はだれですか?」

IMG_9612

 

 

 

おまいさんの家族になる子だよ。ややこっていうの。703号室にいたもと保護猫さん^^

IMG_9608

 

 

 

ばけねこさん、ややさまのごきげん取りに余念がありません。ポケットからおやつを出す!

IMG_9561

 

 

 

はじめは5分くらい話に参加していたチチですが、なんとあろうことか隣の部屋に寝具を用意してもらい爆睡。へへ。私以外みんなダメな者ばかりですみません。

IMG_9552

 

 

 

ちなみに櫟のケージと猫部屋の位置関係はこんな感じ↓

IMG_9589

 

 

 

チチが寝入っている間、奥さまがキッチンでお茶を用意してくださいました。

IMG_9553

 

 

 

おいしそう。いただきます。

IMG_9623

 

 

 

お茶を飲みながら、カメラでパチパチ

IMG_9626

 

 

 

奥さまが櫟に買ってくれたシュシュをつけておめかしショット

IMG_9627

 

 

 

櫟のお婿入り道具のうちのひとつ、おしゃかにゃん。気に入ってくれるかな?

IMG_9624

 

 

 

もうひとりの703卒業猫すや嬢はといいますと・・・・・・

IMG_9580

 

 

 

窓辺にはりついていました。

IMG_9581IMG_9583

 

 

 

不審者をみる厳しい目です。ふびんなので撮影はこの辺で終わりにしますね。

IMG_9584

 

 

 

うちの子自慢や親バカ談義を伺いながら至福のひとときを過ごしました。

IMG_9567IMG_9566

 

 

 

櫟が加わりどんな家族史が刻まれるのか楽しみです。

 

 

 

そうそう。里親さんは私よりも細やかなので安全対策に力を入れまくっています。

IMG_9588

 

 

 

幅広の玄関に設置された脱走防止柵

IMG_9585

 

 

 

写真には写しきれませんでしたが、家の全部の窓に脱走防止柵

IMG_9559IMG_9560

 

 

 

パニックボーイはむろん、まだ人慣れしていないすや嬢にもこうした対策は必要です。

 

 

しばし歓談ののち、むくっと起きたチチにお茶をすすらせ記念写真を撮ってもらいました。固まっている櫟じゃなくて夜々子を抱っこ(笑)。おみやげや交通費もありがとうございました。

IMG_9641IMG_9643

 

 

 

保護したピチコさん、皆さまの応援のおかげで櫟は終の棲家へのお引っ越しを済ませました。

 

「三つ星★★★」です。ありがとうございました。

 

里親さんのツイッターをチェックするのが私の日課。

 

 

日本には不遇の猫、生き場のない猫たちがいまだに多くいます。

 

その1匹の手を取り、家族のもとへ連れて行く。

 

迷子を送り届けるのと似ているのかなあなんて思います。

 

 

私たちの国日本が他の種にも健全な思い遣りをもてるよう、私たちひとりひとりができることをつづけていきたいですね。

 

 

 

かつくん「x235櫟(くぬぎ)卒業おめでとう。櫟が仲間入りして三つ星になったんだね。まだ緊張の殻の中にいるきみだけど、ぼくも同じでした。お世話をしてくれる人にだけ心を開く。ぼくなんてほかの人の前に姿を現さないからお客さんに【幽霊猫】ってあだ名をつけられていたくらいだよ。でもそれって頭がいい証拠だよ。広いお家を美女ふたりとたっぷり走りまわってね」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





三つのキャリー

今日は群馬県までジョイあらため櫟(くぬぎ)を送り届けてきました。

 

 

ご存じの方ばかりだと思いますが、櫟の家族になってくださったばけねこさんご夫妻は卒業猫夜々子とすやの里親です。先日にゃっ展でお会いしたときの1枚をちいちゃく^^

IMG_1883

 

 

 

夜々子はベッタリですが、すやが人慣れしていません。それでも少しずつ変化を見せてはいます。最近奥さまの手からおやつを食べられるまでになったんですよ。すごいですね。

 

 

夜々子とすやの関係はまあまあ良好ですが、夜々子は人間が大好きで、遊びたがるすやを振り払い里親さんのもとへ駆け寄るそうです。

 

 

やさしい里親さんは独りぼっちになってしまうすやをふびんに思い、何度も家族会議を経て私に相談してくれました。ご自身のキャパを考え、3匹までなら愛育可能との結論にいたり、すやのために猫好きの猫をあと1匹だけ増やしてみようと考えたのです。

 

 

「キャパシティ」―――すなわち受容力。

 

 

私はキャパを超えた飼育が犬猫のためになるとは思いません。

 

うちもレギュラーメンバーが6頭いますが、正直これでも多すぎるくらいです。

 

ちゃんとコミュニーケーションを取ろうとすれば、まずとにかく時間がかかる。

 

世話に手がかかる。自分が病気のときは面倒をみる気力が半減しどうにもならず苦しいです。

 

お子たちの適切な食事や高度な医療をめざせば当然お金もかかる。

 

 

特に今、我が家はお子たちの老齢や疾患に悩まされているので掘り下げてしまうのです。

 

 

夜々子とすやの里親さんもその辺をよく考慮し私ともいろいろ話し合いました。慎重なおふたりなので安心してお任せできます。

 

 

櫟に目を留めてくださった理由は、猫と仲よくできるから。

IMG_9481

 

 

 

夜々子ほど甘えん坊じゃなくてもぜんぜん構わなかったとのこと。

IMG_9543

 

 

 

しかしすでに親バカ発言を繰り返していました。「ハンサム」とか「目がキレイ」とか。

IMG_9342

 

 

 

櫟、おまい、よかったね!

IMG_9538

 

 

 

例のお見合いで櫟が「シャー」「カッ」を連発した際も「すやより表情が穏やか~♪ かわいい~」などと気楽なことを言い余裕の笑みを浮かべていました(笑)。頼もしい限りです。

 

 

夜々子、すやの女子連盟の中にポンと放り込まれた若造櫟が、どういう立ち回りをしてくれるのか楽しみでなりません。

 

 

 

「家族は一日にしてならず」

IMG_9480

 

 

 

きっとはじめはたいへんなこともあるでしょう。

 

 

けれど今日お宅に並んだ三つのキャリーを見て、すべては人の心次第なのかもしれないなあ、なんてふと思いました。

IMG_9593

 

 

 

櫟のお届けの珍事は「つづく」です。

IMG_9477

 

 

 

夜々子とすやにもひさびさに会えてうれしかったなあ。

 

 

愛される猫が1匹でも増えますように。この瞬間も、次の瞬間も。

 

 

スポンサーリンク





招き猫デカ円くん

 ひとつ下に「にゃっ展お話会の感想」を書いてあります。もしよければひとつ下の記事もあわせてお読みください。ご面倒でなければ匿名も大歓迎ですので手厳しい意見などがありましたらぜひお寄せくださいね。

 

 

さかえ先生~ おみやげの数々ありがとうございました。 母と妹と分けました。

narumo (8)

 

 

 

明日はジョイあらため櫟(くぬぎ)のお届けで群馬県に行きます。

narumo (7)

 

 

 

GW渋滞にハマらないことを切に願いつつ・・・・・・

 

 

(夜々子、すやの近況を含む)櫟の卒業レポをお楽しみに^^

 

 

櫟のきょうだい卒業生龍&キャッチは元気です。いたずらばかりしています(爆)。

narumo (2)

 

 

 

昼間里親さんから超ワルい龍の動画が送られてきました。棚に入っているおもちゃを出そうと棚を壊さんばかりの勢い。キャッチも後ろから加勢しています。え。どん引き。あのー、うちにいた頃はもっとおしとやかな男の子でした・・・・・・。

 

 

里親さんはニコニコ目を細めて育てていらっしゃいます。ご主人さまの溺愛ぶりもすごくてベッドやおもちゃを買いまくって来るんだとか。櫟も入れた3きょうだいは幸せになりましたね!

 

 

龍とキャッチの卒業記事はこちらを→ 「バレンタインボーイズ2」

 

 

連日ほんとうにたくさんの卒業生のご家族が近況メールをくださいます。放出が追いつかなくてごめんなさい。卒業生の近況は随時私のツイッターに流しています。

 

 

力になっています。私の活動源。潤滑油。ないと小エンジンの部品がギシギシで(笑)。

 

 

けれど卒業生の数が増え、不義理をしてしまうこともあります。申し訳ありません。

 

 

どの子も超たいせつです。

 

 

今日は悲しいことがありました。胸が痛くて電車の中で立っていられなかったほどでした。

 

卒業生が変な目に遭ったとかじゃないから心配しないでくださいね。

 

ツイッターをみている方はご存じかもしれません。まだ整理しきれていないのでここに書くのはやめますが、ひと言だけ。メルのご家族に「ありがとう」を言いたいです。

 

 

日頃ヘラヘラしている私は、悩みがないと思われがちですが、実は意外と繊細で(自分で言ちゃった)傷つきやすく、神経質のどうしようもない小心者です。イヤなことはあります。そしてそれを敏感に感じています。正直、はけ口がなくて困ることも。

 

 

私が感じるストレスを消しゴムで消してくれるのはうちのお子、保護動物たち、善き里親さん方。あとはにっこりほほえんでくださる皆さま。自分にはもったいないほどありがたい存在です。

 

 

もし出会わずにいたら、自暴自棄でうまく笑えなかったでしょうし、口を開けば不幸ヅラをして誰かの愚痴を言っていたのかなと。明るい自分を演じてはいますが、演じるだけでは内面の仄暗さを消せません。演じているだけではなく、淀んだ部分を抱えながらも私は心から充実しているのです。おかげさまで昔より人生が楽しいです。どうもありがとうございます。

 

 

 

お礼の気持ちを込め我が家の保護猫デカ円に登場してもらい

narumo (5)

 

 

 

一発決めてもらいましょう!

narumo (6)

 

 

 

「ぼく 幸せをまねく まねきねこ~」

narumo (3)

 

 

 

かわいすぎるねあぶないあぶない。

 

 

今週末のデカ円の精密検査の結果が少しだけ怖いですが、たとえデカ円の中になにが入っていようとも私は絶対にデカ円の味方です。デカ円を自分のやり方で守ろうと誓っています。

 

 

おやすみなさい。

 

 

ALL LOVE!

 

 

スポンサーリンク





来週もよろしくお願いします

「だいじょうぶか?」    「さぶ、どうしよお腹こわしちゃった。明日仕事なのに」

tuafrafaf (4)

 

 

 

穴があったら入りたい、いえ、いっそ気体のように蒸発したい・・・・・・挫折感マックスの私に、やさしいお言葉をくださった皆さまありがとうございました。ツイッターの方でいくつか見かけて心が和みました。コメントやメールでも感想をいただいてます。

 

私も会場を激写しようとカメラを持っていったのに、精神的余裕がなかったようで撮れていなかったです。帰宅後カメラの中を見て改めて落ち込むという・・・・・・。

 

 

会場の風景はにゃっ展主催者のにゃん太さんが近日中にどうにかしてくれるでしょう。にゃっ展専門のカメラマンさんがいましたから。そうしたら写真をパクってこちらでもUPしたいと思います。そのときに残りの質問も載せます。どうか少し時間をください。

 

 

一部のスタッフのみなさまと撮った写真を1枚載せておきます。参加者ゆさま、さかえ先生、にゃっほいさま、しじみママのりょうちゃんも写ってます。私巨人みたいにでかいなあ^^;

tuafrafaf (3)

 

 

参加者の皆さまのすばらしいこと!

 

 

帰りに反省会をしたのですが、メンバーの話題は「参加者の皆さまの女子力の高さと意識の高さ、上品さ」。お世辞抜きで人としての品格を感じられる方ばかりでお会いできて光栄でした。

 

 

ほんとうにありがとうございました。私が最後に言った言葉は本心です。参加してくださった方はたいせつなお友だちです。保護譲渡のことで具体的な悩みがある場合にはいつでもメールください。メールアドレスはふだん非公開ですが、ブログのコメント欄にアドレスと内容を書いてくだされば私からメール差し上げます。もちろん、皆さまのアドレスは非公開にします。

 

 

もうすぐ卒業のジョイあらため櫟(くぬぎ)を保護したピチコさんからプレゼントが届きました。

tuafrafaf (5)

 

 

 

ピチコさんありがとうございました。櫟のお婿入り道具にも持たせますね。

tuafrafaf

 

 

 

703卒業猫じゅん&めいママさんに猫おやつや保護猫デカ円へのラブレター、デカ円へのご支援をいただきました。ありがとうございました!

tuafrafaf (6)

 

 

我が家を巣立った卒業猫「じゅん」も「めい」もFIVキャリアの人慣れしていなかった成猫たちです。同じ境遇のデカ円にお心をかけてくださるママさんのあたたかさに感謝。

tuafrafaf (2)

 

 

 

703卒業猫天音のママさんからはマリアージュの紅茶とおもちゃのプレゼントが!

IMG_9534

 

 

昨日のお話会で天音の話が出ましたが、外に放り出された推定15歳前後の天音が今ではシンデレラのように暮らしているのです。譲渡活動って命の再生みたいでステキですよね。

 

 

さて、来週もよろしくお願いします。

 

 

 

5月は櫟が卒業し、703号室メンバー+保護猫デカ円の全員が検診を受けます。

 

 

検診次第ではデカ円のお茶会も夢ではないかもしれません。

 

 

来週もどうぞよろしくお願いします。

tuafrafaf (7)

 

 

 

「びょーいー やでち」

tuafrafaf (8)

 

 

やだね。でも行かないと。

 

 

ほほ頼むから次の通院はお母さんのスカートに怒りの小便を撒かないでください。ペコリ。

 

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





申し訳ありませんでした

明日はジョイあらため櫟(くぬぎ)のお届けを予定していましたが、今里親さんにお電話し日を改めてもらうことにしました。事情を説明し謝ったら快く延期を理解してくださいました。

 

申し訳ありません。気持ちを切り替えられなくて。少しお時間をください。

IMG_9482

 

 

 

本日、お話会にお越しくださった皆さまに心からの感謝をお伝えし、お詫びをしたいです。

 

 

あれもこれも話そうと思っていたのに、緊張感に押しつぶされうまくできませんでした。

 

 

ほんとうに申し訳ありませんでした。

 

 

ひとりの人間の許容量を超えた緊張度でした。なぜここまで緊張したのか自分でも分析できません。途中で何度も逃げたくなったし、お腹が痛くなりなにかを漏らすかと思いました。

 

 

40すぎのオトナなのにノミの心臓です。情けない。とにかく私には分不相応でした。

 

 

沖縄から3名、名古屋、鎌倉からご参加くださった方々もいます。

 

皆さまの真剣な思いを受ければ受けるほどじょうずにできませんでした。

 

貴重なお時間をいただきましたのに、なんてお詫びしたらいいのか。

 

 

そして最後までお話を聞いてくださった皆さまに心より感謝いたします。ありがとうございました。泣く資格もないのにメソメソしてしまいご迷惑をおかけしました。ごめんなさい。

 

 

ふだんひとりでブログを更新しているので周りの反応や時勢に疎い私ですが、同じ志の方とリアルに接する機会を得られて幸せでした。皆さまのご活躍を心より願っております。

 

 

にゃっ展主催者の皆さまにも感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 

 

言いたかったことは、幸と不幸の不公平感に飲みこまれかげのように消し去られる猫が一匹でも減り、家を得られる猫が一匹でも増えるようそれぞれにできることをしていきたいですね、という一語に尽きます。

 

 

明日は703号室で家事などをしながらのんびり過ごします。

 

 

PS 飲み過ぎて今ヘロヘロです。泥酔。

IMG_9515

 

 

 

スポンサーリンク