主婦の嘆き

昨日は、出稼ぎに行く前にチチが散歩がてら、愛者を不妊手術へ連れて行きました。私の方はと言うと、実は他の動物病院へ行っていたのです。ベベのワクチンと血液検査(健康診断)の日だったんです。チャリで30分かかる病院でした^^;

病院を分ける理由は幾つかありますが、長くなるので省略します(笑)。

我が家はとても不便な場所にあるので、車が欠かせないのですが、訳あって今、乗れません(涙)。私とチチに問題があるのではなく、車に問題アリなんです。理由も長くなるので省略。

チャリの運転がとてつもなく下手な私はただただ疲れ、帰ってきてグッタリしちゃいました。ふと見るとベベも私の横でグッタリでした……。

でも、主婦に休む暇はありません。掃除に洗濯(汗)。

そんな時、日本では良く「猫の手も借りたい」などといいますが……。

肝心の猫、かつくんは?

寝。ZZZ……。

寝。Zzzzzz。

又、寝。

しつこく邪魔する私から逃げ、ベッドその1(チチの実家で、姑が捨てようとしたの横目で見て、「お母さん、それ要らないなら私にください!」と図々しく持って帰ってきたバーバリー風の猫用ベッド ←説明長っ!)でさらに寝る。

しまいには、やめてくれとばかりに両手で顔を隠していました。

人間みたい(笑)。

誰かーーー!

少しでいいから、お手伝いしてくれーーー!

結論→主婦は悲しい生き物ですね(涙)。

スポンサーリンク





家族

日曜日は幸せ曜日

普段忙しくしているチチ(平日は出稼ぎで単身赴任)とハハですが、日曜日は、あたし達のために、時間を空けることが多いの♪

罪滅ぼしなのか……いつもより優しいし!
ハハは、昨晩明け方まで外で飲んでいたため、今日は特に、優しかった(呆)。

チチと土手へ行った後、くつろぐひと時

家に来て、すっかり慣れた愛者は、キッチンでハハ妹のお手伝い?

かつくんはいつもこんな感じ……。きっと外で起きている、全てのニュースや情勢を知らないし、知りたくもない、または知ってもどうとも思わないようす(-_-;)

みんなで集合写真! あれ? 一人だけ後向き……。

出かけたチチを玄関で待つ愛者。じっと2時間も待ってたの。暇犬。

ハハにも嬉しいことがあったの。いつもはケチなハハ妹が、可愛いお花をプレゼントしてくれたの。ハハはお花が大好きだからすごく喜んでた♪

ハハ『ありがと~ 高かったでしょ?』

ハハ妹『バイト先で拾ったやつだから、タダ』

ハハ『おおお、じゃあ、きっとめでたいお花だわ!』
ハハ妹は、結婚式場でバイトしているため

ハハ妹『めでたい花だよ。良かったね』

ハハ『それに、あんたが買ってきた花でなくて良かったわ!!!』

ハハ妹『何で?』

ハハ『だって、明日は雨かと思ったから……』

ハハ妹『は……?』

スポンサーリンク





家族

我が家のボス

あたしの家にはたくさんの犬猫が来ます。

あたしも2年7ヶ月前にこの家にやってきたの。最初は何もかもが怖くてハハの仲間のIさんの手を思いっきり噛んだり、ハハやハハ妹に唸ったり、これでも結構手が焼ける不良少女だったのよ。

かつくんも今から2年前にやってきた。

でも、ハハが犬や猫を好きになったのはほんの6年位前だったらしいの。

ベベを飼うようになってから全ての犬や猫の虜になったって。

だからあたしはベベをちゃんとボスと認めているの。

ベベは遊ぶのもとても上手

時には呆れながらも優しく見守ったり……。

くどいことをするあたしを叱ったり?

疲れちゃうときもあるらしいけれど

べべ!」とハハに呼ばれると

と顔を上げる

厳しいけれど、ホントはすごく優しいベベ♪

こうやって笑っている顔が、あたし達はみんな大好きです^^

ハハ↓

今から5年半前、ベベは名古屋からお兄ちゃんと一緒に東京に売られてきました。今でこそ、ペットショップで犬を買うのは有り得ない事だと思いますが、当時の私は、ひどく知識不足で、犬はペットショップでしか手に入れることが出来ないものと思い込んでいました。

ベベを連れてどこへでも行きました。いつも一緒でした。
山も、海も、都会も、友人宅も……。どこでもベベは大人気。
私もとても鼻が高かったのを覚えています。でも、ベベが1歳になったあたりから少しずつ保護活動に没頭するようになり、気がつくとベベに構う時間が減っていきました。

疲れていて、一日中、ベベに話しかけない日もありました。
違う子の事が頭から離れず、見上げるベベを無視したときもありました。
いつもいつもベベは後回し。病院も散歩も、遊ぶのも話しかけるのも。

ベベはいつしか自分のことを激しくアピールしなくなり、隣で私と一緒に新しい子を教育したり、見守ったりするようになりました。どんな子が来ても、嫌な顔をしません。したところで、私がべべの思いを飲むことはないのを分かっているからです。
今日は、愛者をしつけようと「伏せ!」を発したら、隣で一緒に伏せていました。「お座り」と叫ぶと横でお座りしてます^^ たまにベベが今もし死んでしまったら、私はどんなに後悔するだろうと考えたりします。

だから明日は、大好きなボール遊びに連れて行こうかな^^

べべいつもありがとう! 私はベベが大大大好きです。

スポンサーリンク





家族

気になるお年頃 完結編

ナナは今度はハハの足元へやってきました。何故だかかつくんを連れています。チチを無視して、ハハに聞きたいことがあるそうです。

ハハ『ん?どしたの? 二人おそろいで』

ナナ『ねえねえ ハハ~ あたしが雑種なら、かつくんも雑種?』

ハハ『うん。そうだよ。かつくんも雑種だよ。 ナナはかつくんを見てどう思う?』

ナナ『う~~ん あまり可愛くない・・・』

ハハ『本当? 本当は??』

ナナ『・・・寝てる顔とかは、まあまあ可愛い』

ハハ『かつくんが可愛いのは寝ている顔だけ??』

ナナ『う~ん・・・大きいお腹も可愛い

ハハ『あとは?』

ナナ『う~ん・・・あたしのシッポを噛むとき以外は全部可愛い』

ハハ『ナナは雑種だけど、とっても可愛い女の子だよ。大きいお目目も、笑った顔も、丸まったシッポも全部可愛い♪』

ナナ『・・・チワワより?』

ハハ『チワワもとっても可愛いけれど、ハハにとってはもちろんチワワより可愛いよ

ナナ『・・・じゃあ いいよ』

ハハ『ん?』

ナナ『かつくんが雑種なら、あたしも雑種でいい。』

ハハ『そう? いいの?』

ナナ『・・・うん。かつくんが雑種なら あたしも雑種


かつくんと一緒ということを知って、ようやくまねっ子のナナは納得した様子です。皆様ご心配をおかけしました。    ハハ

かつ『やれやれ・・・』

ハハ『ん?』

かつ『おんなは・・・』

ハハ『ん?』


スポンサーリンク





家族

気になるお年頃2(全3話)

今日はとってもいいお天気でベベとかつくんは朝から仲良く日向ぼっこ。

そんな中、一人(犬)だけがまだ何やら悩んでいる様子・・・

チチは、二日酔いで腫れた顔をして、パジャマのままで、ダラダラと優しくなだめていますが・・・

チチ『可愛いナナちゃん。日向ぼっこしないの?』

ナナ『ふん

チチ『昨日のこと、まだ気にしてるの?』

ナナ『だってあたしはただの雑種でしょ?』

ハハ『違うよ。ナナ。 ナナは雑種だけどただの雑種ではないよ。とっても可愛くて、価値ある世界に一頭しか居ない愛しい犬だよ

ナナ『でも・・・』

―しばし沈黙ののち・・・

チチ『ち、違うよ!! ナナは実は・・・実は・・・そう!オーストリアン・ピンシャーなんだよ!!』

ナナ『オーストリアン・ピンシャー??』

チチ『そうだよ。来てごらん。ほら・・・』
↓↓↓    ↓↓↓    ↓↓↓

ナナ『あ! ホントだ

ハハ『チチ、嘘はやめなさい!』

かつ『チチ、嘘はよくない』

べべ『チチ、嘘を言うもんじゃない。ごはん、もらえなくなるよ。』

チチ『ご、ご、ごめんなさい・・・』

ナナ『チチ大嫌い!!』

何でもまねしたがるナナは、まだ少し納得いっていない様子。
このドタバタは明日まで続きますが、とりあえずチチはリンチしておきました。             ハハ

最終話へつづく→

スポンサーリンク





家族