百香のトライアルが決まりました♪

亡きナナの話をしている最中ですが、うれしいニュースをお知らせいたします。

 

 

このたび保護猫百香の長期トライアルが決まりました。

ブログ未掲載 (3)

 

 

 

猫と触れ合ったことのない先住猫さんのいるお宅ゆえ、現時点でご縁決定とは申せませんが、いいご報告ができるよう里親さんと力を合わせていきます。

IMG_9894

 

 

 

お届け日を調整中ですのでひきつづき百香に会いに来てやってくださいね。

IMG_0090

 

 

 

そしてご無沙汰になってしまったのですが、あさひはじめ保護猫ローズと

faiaffrgi

 

 

 

ジャイアンも控えています。

IMG_0041

 

 

 

ナナの見送りまでを書き終えたら、あさひとローズとジャイアンを前面に出します。応援していただければほんとうにありがたいです。必ず全員卒業させます。

 

 

 

百香のお茶会の模様を簡単に

momokakimari (7)

 

 

 

百香のお茶会が偶然ナナの火葬と重なり、私はうまく頭を切り替えられるか不安でした。希望者さんとは前々からの約束だったのでできれば動かしたくなかったのです。ナナはナナ。百香は百香。私にとって両方たいせつです。

 

 

そこで急きょ助っ人を依頼。みいさんです。

momokakimari (8)

 

 

 

みいさんと私はつき合いが長い。

 

 

みいさんは私が保護動物たちの写真撮影を頼むことで知られているでしょうか? みいさんは写真のみならず「譲渡」が非常に安定していて絶妙にうまい。私の尊敬する女性です。

 

 

希望者さんに偉そうにしません。けれど伝えるべきことはきちんと伝えます。

 

 

実はこれが意外と難しくて、つい上から目線になってしまう保護主さんが多いのです。まあ逆に希望者さんのご機嫌を伺うような保護主さんもいますよね。

 

 

みいさんはフラットな感情で物事を理性的に話すことができるタイプ。

 

 

実際私は電話でかいつまんで漠然としたイメージを伝えたのみでした。

 

 

「こんな感じのお茶会にしたい」的な。

 

 

それを「うん。わかった」のひと言で済ませるみいさん。私とはあうんの呼吸です。むずかしい説明や細かい詰めは必要ありません。みいさんだからこそです。

 

 

お茶会の直前、私のパソコンにて希望者さんとの一連に目を通すみいさん

momokakimari (10)

 

 

※みいさんであっても希望者さんの個人情報の保護はしています。

 

 

夜、ピンポンが鳴り、いよいよはじまりました。百香がんばれ!

momokakimari (9)

 

 

 

里親募集サイト経由で知り合った里親さんはわが家に着くなり、ナナ(とべべ)の遺骨の前に正座し、手を合わせてくださいました。貴重な涙を流しながら……

momokakimari (11)

 

 

 

この一枚で里親さんのお人柄が皆さまにおわかりいただけると思います。

 

 

リルにもあいさつし、かわいがってくださいました。リル、よかったね^^

momokakimari (12)

 

 

 

ナナには枯れない可憐なお花を、犬猫たちのおやつまでいただきました。感謝!

momokakimari (6)

 

 

 

百香は連日ナナに会いに来ていたお客さまがつづき、戸惑い気味

momokakimari (4)

 

 

 

今夜はあなたが主役だよ。里親さんは遠路はるばる百香の顔を見にいらしたの。

momokakimari (3)

 

 

 

私がお茶を淹れている間、みいさんは百香の性格を説明し、里親さんとともにちゅーるをあげてくれていました。助かるね。ありがとう。

momokakimari (1)

 

 

 

2時間みっちり、私のポリシーと里親さんの環境を擦り合わせていきます。これは703号室の卒業生たちにとって、重要な時間です。すでにお宅の写真と先住猫さんの写真は拝見済み。

 

 

さらに間取り図を書いていただき、開口部を細かく確認しているところです。ケージを置く場所、窓及びドアの位置、活かす窓、壁のように動かさない窓……

momokakimari (2)

 

 

 

おススメのキャリーバッグや通院方法も力説。洗濯ネットに入れるところ

momokakimari (5)

 

 

 

里親さんはひとつずつ丁寧に聞き、質問をくださり、先住猫さん(るいくん)と百香の安全や未来について真剣に考えてくださいました。

 

 

ご主人さまに見せる動画を撮ってお帰りになった里親さんは、家族会議を1日経て熟考し、百香のトライアルを快諾! 私のポリシーと百香は「セット」なので、里親さんは早速脱走防止対策に取り掛かってくださっています。

 

 

ナナの命の灯が消えようとしていた時期にやり取りをしていた私は、里親さんをお待たせしてしまうこともあり、ご迷惑やご心配をおかけしたことと思います。

 

 

しかし常に私にやさしく接してくださり、「気長に待ちます」と仰ってくれました。

 

 

トライアルではありますが、百香の良縁を想像すると気分がハイになります。

 

 

百香、苦労してきたあなたには安楽な一生を送ってほしい。

IMG_0091

 

 

 

里親さん、みいさんに感謝。素敵なお茶会でした。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





ナナ16歳のお誕生日会

※1日に2回以上更新しています。スクロールしてお読みください。

 

 

明日もナナの通院ができることを祈りながら書いています。

 

 

ナナはまだ生きています。闇がすぐそばに迫って来ている気がする。

 

 

たとえ一寸先は闇だとしても、私は今をたいせつにしたいです。

 

 

ブログにUPしそびれていたナナの誕生日会の様子をお送りします。

 

 

3月3日にナナは16歳のお誕生日を迎えました。つい先日ですね。

 

 

家族で長い散歩へ出かけた一度目のお祝い記事はこちらをクリック!

 

 

二度目はみいさんMIHOさんと平日ランチパーティーを開催♪

IMG_9852

 

 

 

保護猫あさひは隠れちゃってダメでしたが、保護猫百香はみいさんに素敵な写真を撮ってもらいました。首元のおしゃれが似合うなかなかのいい女です。かわいい。

ブログ未掲載 (4)

 

 

 

持ち寄りで勝手に食べてくつろぐのが我が家流。無精ですみません。

IMG_9853

 

 

 

お料理上手のみいさんは手の込んだごちそうを、私は適当な感じ……

IMG_9854

 

 

 

パンはみいさんが作ったのを私が切るだけという。ふふ。おいしかったなあ。

IMG_0050

 

 

 

みいさん毎度あり~!

IMG_9851

 

 

 

主役のナナもがんばってタッチしてえらかったねえ♪

IMG_0065

 

 

 

黄色のワンピースを着せたんです。

IMG_0066

 

 

 

ナナの登場が多めですが、猫チームも

IMG_0037

 

 

 

リルももちろんいっしょにいます。

IMG_0055

 

 

 

途中でだらしない格好でのシリンジごはんを挟むナナとお母さん

IMG_9848

 

 

 

普段はパジャマだから雑でも違和感ないけれどスカートだとさすがにおかしいね。でもナナとちゃんとした写真を撮ってほしくて着替えたんです。

IMG_9847

 

 

 

個人の主観ですが、写真はいい意味で思い出に繋がると思う。

IMG_9857

 

 

 

人生の瞬間瞬間を記憶してくれますものね。

IMG_9856

 

 

 

ナナとお母さんはふたりきりの写真が少ないから絶好の機会でした。

IMG_9862

 

 

 

ナナ、ハンパなく愛しているよ。

IMG_9863

 

 

 

両思いだと信じているけれど、片思いでもぜんぜん構いません。

IMG_0036

 

 

 

首絞めてないよ(笑)。

IMG_0002

 

 

 

ナナ最高の表情だね。ほわッとしていて萌えます。

IMG_0017

 

 

 

お二方がかわるがわる撮影してくれました。お礼に私もパチッと!

IMG_9975

 

 

 

セルフタイマーで集合写真

IMG_9865

 

 

 

じゃーん! 前から食べてみたかったケーキ登場

IMG_0044

 

 

 

MIHOさんが注文してくれたのです。ハート型で真っ赤ですよ? 上に乗っている2枚のハートはチョコレートでできていて食べられます。味も形も美しい。

IMG_0061

 

 

 

ナナ、改めて16歳のお誕生日(3月3日)おめでとう♪

IMG_0059

 

 

 

お母さんの子でごめんね。けどお母さんはナナのお母さんでいられて幸せです。

IMG_0047

 

 

 

仮に近い将来悲しいお別れが来るとしても、お母さんはさようならをも擁けるよう心を強く持って生きたいです。ナナは凛とした娘だからお母さんも見習わないと。

IMG_0001

 

 

 

ナナ、勇ましいナナ、ほんとうはさびしがり屋のナナ、繊細なナナ

IMG_0025

 

 

 

ナナ生まれて来てくれてありがとう。

IMG_0011

 

 

 

もしよければ、いられるだけここにいてください。

IMG_0040

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





昨日の通院(中島先生)

※ブログを速い速度で更新中。どんどんスクロールしてお読みください。

 

 

にゃん太さんが作ってくれた百香のバナー。こういうのありがたくてうれしい。

IMG_0329

 

 

 

今ナナがたいへんですが、百香の家族募集はつづけています。

IMG_0187

 

 

 

どんな状況でもいったん乗った船を私は降りるつもりがありません。百香はすばらしい猫で、空気を読み、邪魔にならないよう振舞っています。かわいくて、かわいそう。こんな家でごめんね。どなたか百香を考えてくださいませんか?

IMG_0185

 

 

 

私の娘のナナには3人の主治医がいます。

 

 

東京大学の前田先生、MOMOペットクリニックの大巻先生、大師前どうぶつ病院の中島先生。症状に合わせて私は病院を使い分けるようにしているのです。

 

 

長年ナナを診てくれた大巻先生の病院が少しお休みに入るとのことだったので、昨日はemi-goの病院(emi-goは中島先生の奥さんです)へ行きました。

 

 

大巻先生と中島先生は先輩後輩の間柄でとても親しいです。

 

 

大巻先生からの引き継ぎ書を手に、中島先生とナナの今後を考えることに。

 

 

さあナナ、お母さんとふたりきりのドライブだ!

IMG_0337

 

 

 

到着。私は裏口から入ります。スタッフが撮ってくれました。

IMG_0342

 

 

 

敢えて私は病院の休憩時間を狙いました。emi-goへの特別なお願いです。私たちの仲だからこそ実現可能なのです。ありがたい。もうナナの状態が悪いから待合室で長い時間待てないの。※ふだんはこんなことはしません。

IMG_0341

 

 

 

emi-go夫妻は休む暇もなく働いていました。いつご飯食べてるんだろう?

IMG_0339

 

 

 

ナナの子犬時代にそっくりなちゃぼぼがナナにごあいさつ

IMG_0344

 

 

 

診察がはじまりました。

IMG_0346

 

 

 

大巻先生のデータがあるのですが血液検査を再度します。

IMG_0351

 

 

 

ナナ、がんばろうね。お母さんがそばにいますよ。

IMG_0349

 

 

 

前日よりさらに熱があがり体重が減りました。よくないなあ……

IMG_0347

 

 

 

つづいてエコー検査の準備

IMG_0352

 

 

 

ナナはほとんど眠っていました。

IMG_0354

 

 

 

動画に中島先生とのやり取りを動画で一部記録しています。

 

 

 

※相談の結果鎮痛剤は結局選択せず

 

 

一拍のあと、血液検査が出ました。前日大巻先生の病院ではかったときより、爆発的に悪化。膵臓、肝臓、腎臓の数値が振り切っているという恐ろしい結果。簡単に説明すると劇的な膵炎を起こしたことにより改善されていたはずの腎臓並びに肝臓に多大な悪影響を及ぼしているのです。

 

 

点滴の量を250ml増やし排尿を促す作戦。鎮痛剤はナシで、セレニアの鎮痛機能や吐き気止めの力に賭け、抗生物質(腎臓に負担のかかりにくいタイプ)を処置

IMG_0356

 

 

 

これまでどうにか均衡を保ってきたナナの体内が今、乱れに乱れています。

IMG_0358

 

 

 

私はQOLだけを追求し、ナナを愛していこうと決めました。

 

 

病気だから苦しいのは当然です。しかし100の苦しみと10の苦しみはちがう。

 

 

ナナの苦痛を減らす。可能の限り、お母さんが減らす。ぜったいに。

 

 

帰宅後、ナナは少しだけごはんを食べてスヤスヤ眠ってくれました。

IMG_0364

 

 

 

チチと力を合わせ、24時間体制でナナを守っていきます。

IMG_0362

 

 

 

あ、そろそろ支度しなきゃ!

 

 

本日もナナは通院します。生活の質を維持するために。

 

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





ゴクウがきたよ

正直今ナナはかなり下火です。

 

 

膵炎の暴れ方がハンパじゃないです。

 

 

劇症的と言っても過言ではありません。

 

 

けれどこんなときだからこそ、私はナナのきょうだいゴクウと楽しく遊んだ日のことを書きます。ゴクウ家は覚悟を決めてお誘いくださり、来てくれました。両家のうれしくて、苦しい胸のうちを皆さまにはご想像いただけるかと感じています。並大抵の気持ちでお会いしたわけではないのです。

 

 

まずうれしかったのがゴクウ家からのプレゼント

IMG_0359

 

 

 

見つけた瞬間「あ! アンニイさんだ!」と即買いしてくれたんだそうです。

IMG_0356

 

 

 

SNSに載せたところ、多くの方が「似ている」と褒めてくださいました。手前味噌ですが、私もなんとなくそんな気がします。一生たいせつにしますね。

 

 

ちゅーるや

IMG_0397

 

 

 

お茶のときみんなでいただいたイチゴ大福もゴクウ家からのおみやげです。

IMG_0363

 

 

 

手ぶらで来てね、ってお願いしたのに恐縮です。ありがとう。

 

 

お姉さんが抱っこ役。お母さんの運転で遠路はるばる来ました。

IMG_0303

 

 

 

ゴクウの紹介は後ほど別記事で詳しくお伝えしますね。

IMG_0322

 

 

 

2月から寝たきりになったゴクウが、なんと自力で立って歩きまわったのです。

IMG_0333

 

 

 

卒業後もお泊りに来ているから違和感はゼロ。むしろはじめからうちにいたような錯覚も。しかも動きづらくなったしっぽをぶんぶん振り回し喜びをアピール

IMG_0342

 

 

 

ゴクウが歩き、しっぽを振った。その姿を見て私は感慨に耽ました。

IMG_0373

 

 

 

正直、生きていてくれてありがとうという言葉しか思い浮かびませんでした。

IMG_0365

 

 

 

私のことも、この家で紡いだ日々もゴクウはぜったいに記憶しています。

IMG_0320

 

 

 

ナナのきょうだいだからビジュアルだけでなく仕草もそっくり

IMG_0315

 

 

 

ゴクウとナナが同じ表情や行動をするたび、「わーいっしょだ……」と里親さん

IMG_0314

 

 

 

チチもゴクウに再会できてよかったそうです。

IMG_0305

 

 

 

不思議なことですが、隠れん坊のほほも積極的に出てきました。

IMG_0392

 

 

 

猫たちも落ち着いています。

IMG_0388

 

 

 

 

里親さんは猫たちの名前を熟知。1匹ずつ名を呼んでかわいがってくれました。

IMG_0383

 

 

 

仲間外れのあさひ(笑)

IMG_0398

 

 

 

あさひだけはじゃっかんビビってたかな?

IMG_0400

 

 

 

「ぼく知らない人はまだ少し苦手です」

IMG_0390

 

 

 

うん。わかるよ。あさひはあさひのペースでがんばっていこうね。

IMG_0389

 

 

 

「わたしは平気」

IMG_0377

 

 

 

そうね。家族募集中の保護猫百香はあさひに比べ堂々としたもんだよね!

IMG_0376

 

 

 

みーんな血が繋がっています。ゴクウとナナの姪がリルですから。

IMG_0395

 

 

 

ナナにしているケアをゴクウにも披露しました。

IMG_0347

 

 

 

もちろん無理強いじゃないですよ。ゴクウは皮下補液をすると体が楽になるので、4日に1度通院しているのです。通院のストレスもさることながら経済面から見ても自宅でできるようになればいいなあと。選択するのは里親さん自身!

IMG_0346

 

 

 

結局自分ちの子のことは自分がいちばんわかっているんですから。

IMG_0350

 

 

 

1本1000円するシリンジ食を与えているとのことだったので、私がやっているシリンジ食の作り方を見てもらいました。簡単で安く、そして安心です。

 

 

ゴクウに使ってもらおうと、ケア用品をプレゼント。ゴクウママは遠慮していたのですが、ほかならぬゴクウが使ってくれるなら私はぜひ渡したかったのです。

IMG_0364

 

 

 

左の裸娘がナナ。右の紺の服をラフに着た紳士がゴクウです。

IMG_0379

 

 

 

ゴクウ、会えて最高だった。

IMG_0371

 

 

 

7年も土手で耐えてきたあなただからこそ、1日も永く穏やかにこの世界にいてほしい。

 

 

生まれて来てくれてありがとう。ゴクウ、ありがとう。

IMG_0370

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





ナナのお母さんより

まずはごめんなさい。現在703号室は保護猫百香の家族募集の最中ですが、お問合せをいただいてもお返事が明日以降になります。どうぞお許しください。

momomomomo (1)

 

 

 

昨日はナナのきょうだい犬(703号室卒業生)ゴクウがうちに遊びに来ました。

 

 

ひさびさの再会がとってもうれしかったです。記事は改めてUPしますね。

 

 

ナナはめずらしく3回嘔吐。でも夜はいつもどおりお母さんとねんね♪

momomomomo (2)

 

 

 

抱きしめていないと騒ぐし暴れるし落ち着かないのです。ふたりセットならナナは心が穏やかになるようで、ナナとお母さんはそのまま朝を迎えました。

 

 

私より先に目が覚めたチチがリビングにきてナナの異変に気づき、大声で私を起こしました。ナナは私の布団の中に潜り込んでいたらしいのですが、出してみると舌が出た状態で呼吸が荒い。チチはナナが窒息したと思い込んでいたようです。

 

 

ナナに酸素やお水を与え様子を見ているチチ

momomomomo (3)

 

 

 

私は窒息はないと踏んでいたのですが心配で大巻先生に電話。ナナを動かすのを反対するチチといささか激しく話し合い、結局私たちはナナを病院へ連れて行きました。動かすといっても、シートがフラットになるタイプの車ゆえ、ナナに大きな負担はないはず。ナナの横には私が座ってるし。

momomomomo (8)

 

 

 

ぐったりしていたので、無理を聞いてもらい、いちばんに診てもらいました。

momomomomo (4)

 

 

 

つい先日東大病院へ行ったばかりですが、改めて再度諸検査を

momomomomo (9)

 

 

 

血液検査とエコーとレントゲンすべて受けました。結果、膵炎が悪化しているのが判明したのです。ナナは慢性腎不全と膵炎の両方と闘っています。

momomomomo (7)

 

 

 

食事療法ひとつをとっても、慢性腎不全と膵炎のごはんは「真逆」。慢性腎不全と膵炎のどちらにウエイトを置くのかを私は常に臨機応変に選択してきたのです。

 

 

膵炎の食事療法や治療をすれば慢性腎不全が悪化し、慢性腎不全のケアを優先すれば膵炎が悪化する。ほんとうに葛藤と苦渋の連続です。

 

 

せっかく慢性腎不全の数値が改善されたのに、今度は膵炎が暴れだして、また食事を膵炎用に戻す運びとなりました。ナナは実にむずかしい体質です。

 

 

ビタミン剤入りの皮下補液にセレニア(吐き気止め)の注射、抗生物質の注射をしていただきました。膵炎特有の腹痛対策も考えています。

 

 

私はなによりナナのQOLがたいせつです。

 

 

痛いのや苦しいのや気持ち悪いのを緩和してやりたい。決して無理な延命措置をしたいのではなく、あくまでナナの「生に則った」正しいことだと信じています。

 

 

誓って断言しますが、盲信ではありません。確信です。根拠があるのです。

 

 

私以上にナナをわかっている人間は世界のどこを探してもいない。

 

 

私がナナのお母さんです。

momomomomo (6)

 

 

大巻先生の治療のおかげで、ナナはスヤスヤお昼寝してくれました。私とは対立や衝突をするけれど、ナナを深く想うチチは1日中ナナのそばを離れませんでした。

momomomomo (10)

 

 

 

ナナがどこまで生き永らえるかは敢えて想像しません。

 

 

しかし私は、自分にできるすべてをささげる覚悟でナナに「生活の質」を保証してやりたいです。なぜならばナナは私の愛する娘だからです。

momomomomo (11)

 

 

 

ナナの闘病がいよいよ深刻になってきましたので、多方面で遅れが出て不義理をすることと思いますが、どうかご寛大なお心で見守っていただければ幸いです。

 

 

 

ナナのお母さんより

 

 

 

スポンサーリンク