わたしは ほたる

「みなさん こんばんは わたしは ほたる」

hotaru (9)

 

 

 

「わたしは5きょうだいで生まれてきました わたしがいちばん体大きいよ

わたしのきょうだいたちは みんなあたらしいお家で幸せに暮らしています

源ちゃんはたれ目がとくちょう 蝶々はだれもがうらやむビジュアル お珠ちゃんもキュート♪ つぎの卒業生記事の主役になる 樹々も あでやかな長い毛が目を引きます みんなとてもきれい わたしのじまんのきょうだいたち」

hotaru (1)

 

 

 

「病院にいたころ きょうだいたちはひとつのケージにいました わたしはその斜め上の小さなケージにいました きょうだいの気配や 鳴き声は聞こえていたの みんな仲よくあそんで わたしすこしうらやましかった」

hotaru (3)

 

 

 

「たまにいっしょにあそばせてもらっても どうしたらいいか きょうだいたちとうまくつき合えない みんなをかじって 追いまわして わたし からまわりばかりです  ほんとうはわたしも お友だちがほしかったのに」

hotaru (2)

 

 

 

「わたしは 未来の家族と会うために 703号室にきました

ここにはわたしと 肩をならべてくれる お友だちがいます」

hotaru (10)

 

 

 

「10歳のほほ兄は わたしと同じ黒ねこ 個性的なおかおをしているそうです どんなおかおをしているかは見えないけど お腹が出ていて立派なの ほほ兄のとなりにいると あったかいです」

hotaru (8)

 

 

 

「みなさん わたしとほほ兄の動画はみましたか? ハハがツイッターで流しています わたしがはしゃいでいる姿 萌えるでしょ?」

hotaru (12)

 

 

 

「ほほ兄はトロいから ごはんを食べるのがおそいのです」

hotaru (15)

 

 

 

「ほほ兄 食べないならそれください!」

hotaru (14)

 

 

 

「この家には 小姑みたいなおばさん犬が ふたりいます」

hotaru (5)

 

 

 

「あ いけない ヒソヒソお話していたのに 聞こえちゃったみたい リルさんは わたしの次に耳がいいのです 悪口はほどほどにしないとね」

hotaru (4)

 

 

 

「わたしのお部屋の中 源ちゃんちにもらったぬいぐるみたちがいて 満天さん&十香さんちにもらった毛布があるの わたしの憧れの “703号室卒業生”」

hotaru (6)

 

 

 

「仮住まいですけど まあまあ快適です 明日わたしはハハとみいさんちに行きます  みいさんのお誕生日会に参加するの みいさん写真を撮ってくれるみたい わたし モデルさんみたいに キラキラ写るかな? たのしみです」

hotaru (7)

 

 

 

うっとうしい雨ですが選挙へ行きました。夜は選挙特番を観ようかななんて思っています。ひさしぶりのTV鑑賞。皆さまもよい休日をお過ごしください。

hotaru (11)

 

 

 

ほたるより皆さまにLOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





ほたるスマイル

関東は冷たい雨が降りましたね。

 

 

私は仕事の打ち合わせの帰りにフラッと行きつけの台湾料理屋へ

 

 

メニューを凝視しながら悩む悩む……

 

 

いや別に「なにを食べようか」と胸を躍らせていたわけではないのです。

 

 

むしろ逆。正直ぜんぶ食べ飽きてしまいました。

 

 

10分かけ選んだのがオエツェン(牡蠣の卵とじ)

tibitaru (10)

 

 

 

お味はまあまあ「まるっ」。

tibitaru (4)

 

 

 

ここ最近気候が不安定ですね。昨日は着る服をまちがえて心療内科へ向かう途中寒さに震えました。天気予報を見ない原始的な人間ゆえ自業自得とも言えます。

 

 

病院の待ち時間は本を読みながらやり過ごしています。

tibitaru (9)

 

 

 

病気と闘う子どもたちの書いた詩集が心に迫りました。

 

 

さて、703号室内は平和です。ナナの病状も大きな変化なし!

tibitaru (1)

 

 

 

お子らのお世話に手がかかるので、夕飯の献立を考えるのが億劫です(という言い訳)。先日いいことを思いつき、精神的にだいぶ救われました。もううちは春まで「鍋」でいいや。キッチンのガスコンロで煮込んじゃえばさらに楽!

tibitaru (7)

 

 

毎晩鍋です。文句は言わせません。栄養バランスを考えてのことですから。

 

 

変わっているかもしれませんが、私は食べることへの執着が薄いです。どちらかというと飢えに強いタイプ。満腹より飢えているくらいのほうが体の調子がいいのです。かれこれ25年間以上ほぼ1日に1食しか食べていません。

 

 

鍋なら1食でバランスのいい食事を摂れますね。最高!

 

 

 

「えー? 不思議~! 生きる楽しみ半減じゃないですか!」

tibitaru (12)

 

 

 

「ぼくなんか隙あらば食べたいですけどね」

tibitaru (11)

 

 

 

そうだね。ポテチは食欲の塊みたいな男だからね。日に日にまんまるに^^;

 

 

「あの」

tibitaru (8)

 

 

 

「わたしは食べるのも好きですが……」

tibitaru (15)

 

 

 

「あそぶのはもっと好きです」

tibitaru (16)

 

 

 

ほたるはすごい勢いで飛びまわっています。

tibitaru (13)

 

 

 

犬も怖がらないし、高い場所にもジャンプしてのぼります。

tibitaru (17)

 

 

 

なんなんですかね? 拍子抜けですよ。

tibitaru (3)

 

 

 

特別なケアなどいっさい要りません。

tibitaru (2)

 

 

 

はじめは落下したら危ないと心配のまなざしを向けていたのですが、落下しません。どこかから降りるときは手を使って距離をはかってから飛ぶのです。

 

 

大胆に見えて実は慎重でとても聡明です。

 

 

「ほたる かわいいでち」

tibitaru (14)

 

 

 

うん。ほほが面倒を見てくれてるね。やさしくしてくれてありがとう。

 

 

保護されてからずっとemi-goの病院の小さなケージの中にいました。たまにフリーの時間があったようですが、忙しいemi-goには限界があったと思います。

 

 

手前味噌ですが、我が家のレギュラーメンバーがほたるにあたたかく接してくれるので、ほたるは恐れるものなしで快活に生きています。

tibitaru (5)

 

 

 

ほたるの笑っているような顔を眺めていると、私は幸せな気持ちになります。

 

 

じっとしていないから捕まえて写真を撮りました。

tibitaru (6)

 

 

 

うまく言えないけれど、命っていいですね。

 

 

無限の可能性を感じるのです。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





田辺家のルール

※ブログ連続更新中!

 

 

「ぼくは一発OK! むしろ議論にすらなりませんでした」

tam (3)

 

 

 

「ぼくは保護猫ポテチ ハハが外からぼくを703号室に連れてきました スターにするため ぼくを近所でスカウトしたんだそうです」

tam (6)

 

 

 

「ぼくをスカウトしたとき 台湾から戻ったばかりのハハはドタバタで べべちゃんの体調も悪化の一方だったけど ぼくは田辺家のルールに則り なんの問題もなく あたり前にきました」

tam (5)

 

 

 

「わたしは保護猫ほたる わたしはチチの反対に遭い わたしが703号室に来るまで チチとハハの間でバトルがあったらしいです」

tam (8)

 

 

 

「わたしは卒業生十香 わたしとわたしの産んだ子猫3匹が703号室にきたとき べべちゃんはもう 弱々しい状態でした でも わたしも子猫たちも チチは即受け入れました 田辺家のルールは 不思議ね」

tam (4)

 

 

 

そうね。ポテチと十香と子猫たちはよくて、ほたるはしぶったチチ、理解に苦しむでしょう?

 

 

けれどいちおう理由があるのです。

 

 

(チチの決めた私に対する)田辺家のルールを皆さまに少しご紹介します。

 

①保護動物の世話をきちんとする

②保護動物が来ても、家事や炊事やレギュラーメンバーのケアに手を抜かない

③「保護動物がいるから○○できない」の言い訳をしない

④(原則的には)自分(私)が見つけた子を保護する

⑤ほかの方に頼まれた子、ほかの方が保護した子は基本的にはダメ

 

 

⑤はきびしいですね。ご存知のとおりたびたび破っています(苦笑)。

 

 

チチいわく、ほかの方が保護した子たちはその方自身が責任を負い、私はアドバイスや部分的な手伝いにまわるべきとのこと。過去にいろいろな摩擦を目の当たりにしてきたチチからの忠告ともいえる「ルール」がこの家には存在します。

 

 

しかし私は臨機応変に対応したいのです。

 

 

たしかに昔、裕福で時間のある方から一方的に保護動物を押しつけられ、そういう方々が旅行や趣味に興じている合間に私が汗だくでその方の保護した犬猫たちのケアや譲渡をしたことがあります。一連で忙しくなり家のことを疎かにし、ストレスの果てに不満や悔しさを口にした記憶も。

 

 

だからチチは、私が自分で見つけた犬猫たちを直で保護するのが、自分たちの納得できる形に近いと言うのです。それに、だれにも目をかけてもらえていない犬猫たちのほうがその子たちにとっても私たちにとっても、状況が切迫しています。そういう子たちの声なら喜んで聞こう、と。

 

 

ほたるは保護した方や病院が関わっています。「なら来る必要はない。里親探しなら、きょうだい同様、病院に置きながらがんばれば?」の一点張り。

 

 

いやいや。わかってます。そりゃそれがいちばんですけど……。

 

 

けどさ、募集するにあたって、手元にいたほうが円滑じゃない?

 

 

チチは「家族募集」についてよく知らないのです。まるで私が魔法をパッとかけてご縁を結んでいる風に映っているのでしょう。ハンデのある子もない子も、老猫も若猫も、私は簡単だとは考えていません。子猫は決まりやすい、とも思わないです。実際、どの子も苦労してきました。苦労の種類こそまちまちですが、ラフな気持ちでゴールを切ったことなど一度もありません。

 

 

中でもほかのきょうだいに比べ、ほたるは現実的にむずかしい。誤解のないよう捕捉しますが、ご縁が決まらないと嘆いているのではなく、ハードルの高さを実感するという意味です。

 

 

だからほたるの姿をなるべくたくさん放出したい。

 

 

そのためにほたるが私の横にいてくれるのは理想です。

 

 

話し合いを重ね、最後は拗ねていじけて口を利かない戦術を貫きました!

 

 

結果、私の勝利♪

 

 

ふふ。まあ負ける気がしなかった戦ですが、どうせ首を縦に振るならはじめからニコニコ賛成してくれたらいいのに、面倒くさい(笑)。

 

 

結局、来る直前になったら「何時にくるの?」「まだ来ないの?」とかほたるを気にしまくっていたチチ。来たら来たで円形サークル内に入り浸りです。

 

 

「おかしいね」

tam (2)

 

 

 

「はあライバル出現か……」

tam (1)

 

 

 

本妻ちゃんは悩みが尽きないようです。

 

 

「ほたるは おともだち でち」

tam

 

 

 

うん。ほほも遊び相手になってくれているよね。ありがとう。

 

 

ルールとかうるさいチチですが、子煩悩なのはたしか。本日は保護猫ポテチとほほにごはんが届きました。チチが買ったらしい。明日はナナのごはんが届く模様です。チチ、みんなのごはんをよろしくお願いしますねー!

tam (7)

 

 

 

ごはんといえば、703号室は「ロイヤルカナン」が多いです。

 

 

里親さんたちへのお嫁入り道具などもロイヤルカナンを持って行ってます。もっと良質なのもあるのですが、療法食も私はヒルズよりロイヤルカナン派なので、日常的なフードもついロイヤルカナンを選びがちに。うちの子たちの嗜好には合うようです。巣立った先で各々が信じる食事を与えていただければいいので、里親さん方には「良質なもの」以外の提案はしていません。

 

 

ちなみにべべは6歳までナチュラルハーベストを食べていたのですが、多発性の腫瘍体質のべべには合いませんでした。ヤラーなども長く試したのですが、最終的に合ったのは「ロイヤルカナン低分子プロテイン」だったので(8年以上食べました)なんとなくロイヤルカナンを選んでいます。

 

 

たまにフードについてのご質問を受けるので書いてみたのですが、ロイヤルカナンも賛否両論ですし、ぜったいにおススメというわけではありません。

 

 

愛するお子たちがおいしく食べてくれればいいですよね。

 

 

では次回は十香の卒業記事をUPします。

 

 

来週は昨夜卒業ホヤホヤのじゅじゅ改め麦の卒業記事を。

 

 

卒業記事が終わりましたら、ポテチかほたるの家族募集を開始します。

 

 

ポテチとほたるが気になる方は早めに教えてくださいね。

 

 

田辺家のルールとフードの話を読んでくださりありがとうございました。

 

 

ルールは破るためにある! へへウソです。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





ゆびちょうだい

今夜ほたるのケージに入り浸りのチチに聞いてみました。

 

 

「来る前反対してたじゃん? なのになんでちゅーるとかあげまくってんの?」

 

 

返ってきたのは不思議な答え……

 

 

「ほたるがさあ、お山(ピンクのクッションのことらしい)にのぼって一生懸命耳を立て澄ませるから、なんかね……いいねえかわいいねえ」

aisi (11)

 

 

 

お山(クッション)どころじゃないですよ?

 

 

蓋閉めないとサークルからふつうに外に出てきます。

 

 

「あのね チチがわたしにメロメロぎみ」

aisi (9)

 

 

 

ねー! 簡単だよねー!

 

 

「ねー! ふふ」

aisi (10)

 

 

 

ほたるのきょうだい源ちゃんの里親さんからのプレゼント(ぬいぐるみ軍団)をお友だちとして投入してみました。毛布はemi-goが持ってきたものです。

aisi (3)

 

 

 

ほたるはふかふかのベッドが大好き。遊び疲れるとお友だちたちといっしょにごちゃごちゃ寝ています。安心している顔を見ると私もニコニコ^^

aisi (2)

 

 

 

ほたるうちに来てくれてありがとう。いいご縁を見つけようね。

 

 

この子たちといると、私はときどき不安に駆られます。

 

 

余計な感傷に支配されていないかな?

 

 

過度な熱さは自分をも燃やし灰にしてしまうおそれがある。

 

 

必要なものと不必要なものの選別ができているかな?

 

 

持っているべきものと、解き放たれるべきものとのバランスは取れているかな?

 

 

負の感情や世界に支配され気力を落としてしまわぬよう、雑多な情報に惑わされ埋没してしまわぬよう、ニュートラルに戻る修練をしなくては。

 

 

極論、犬猫たちの声と里親さんの笑顔そして応援以外は雑音かもしれません。

aisi (13)

 

 

 

私もほたるみたいに「聴力」を鍛えなくては。聞く力と流す力の両方を。

aisi (12)

 

 

 

「あたしは耳もいいし顔もいいし鼻も利くの」

aisi (1)

 

 

 

「あ ハハだ」

aisi (8)

 

 

 

「ハハ~ ゆびちょうだい」

aisi (4)

 

 

 

「あハハのゆびだ ホタテ味かな? かつお味かな?」

aisi (5)

 

 

 

「ぼくが (・´з`・)してあげる」

aisi (6)

 

 

 

ありがとうポテチ。でも今日は味しなかったでしょう? 残念だったね。

 

 

ポテチに(・´з`・)してもらえるよういつもは指にちゅーるをぬっているんです。

 

 

「騙された でもいいです 先払いしたので ハハつぎはなんかくださいね」

aisi (7)

 

 

はいよ。

 

 

おやすみなさい。皆さままた明日お会いしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク





ほたるが来たよ

私がほたると名づけた子猫がやってきました。

ahoe (3)

 

 

 

ほたるはemi-goの病院に保護された「源ちゃん」「あんず&かりん」「麦」の姉妹です。当初男の子だと勘ちがいしていたけれどほたるは女の子でした。

ahoe (4)

 

 

 

なんとなくほたるが気になっていたけれど、私が目を奪われたのは蝶々(あんず)。蝶々は私のドストライクでとにかく魅惑的な子猫だったのです。

 

 

障害のあるほたるのほうではなく、蝶々にロックオンされたことを私は自然だと思っていますし、自分の直感をぜんぜん恥じていません。

ahoe (2)

 

 

 

注目度の高かった蝶々を筆頭に、つぎつぎにご縁が決まっていくきょうだいたち。みんなとってもかわいいです。里親になってくださった方もすばらしい方ばかり。軽いノリで家族希望してきた方はいません。

 

 

 

いっぽう、離れたケージの中には、いつもほたるがいます。

 

 

きょうだいたちとケージを分けたのには理由があるのですが、私は次第にひとりぽつんと佇むほたるに心が寄っていくのを自覚しました。

 

 

ほたるにきょうだいと接触する時間を設けるよう提案すると、emi-goはできるだけそうしました。最近は見ていられるときに遊ばせていた模様です。

 

 

きょうだいだけでなく、同じ月齢の保護猫たちともごあいさつ

ahoe (9)

 

 

 

ほたるはちょっぴり気が強く、姉妹のじゅじゅ(麦)と女子同士のけんか。劣勢ぎみのじゅじゅの姿に私たちは笑わせてもらいました。ちなみにけんかと言ってもほっこりレベルですのでご心配なく。

ahoe (8)

 

 

 

5匹で産まれ、5匹揃って保護されたのです。

 

 

なら5匹とも、終の棲家へ旅立たないと辻褄があいません。

ahoe (7)

 

 

 

よしほたる。きょうだいたちはみんな未来へ旅立つことになったから、ほたるは703号室へ移動して持久戦で私とがんばろう。

ahoe (5)

 

 

 

ほたるは生まれつき眼球がありません。全盲です。

ahoe (6)

 

 

 

猫の目は宝石のような輝きを放っています。目は私の大好きなパーツです。

 

 

しかしほたるには目がない。そういう意味では不憫だし、不便ですね。

 

 

けれど、目は全部じゃない。目がすべてではないのも事実です。

 

 

蝶々の家族募集の際に使ったピンクのリボンをほたるにつけてみました。

ahoe (18)

 

 

 

ふふ。まだブカブカだ^^

ahoe (17)

 

 

 

皆さまにほたるがどんな風に映っているのかはわかりません。私自身がほたるについてどう表現すればいいのかも、迷うところです。

ahoe (16)

 

 

 

ただのかわいそうな子ともちがうけれど、正直「超絶美猫」も厳しいですよね。

 

 

でも私たちの社会は、捨てたもんじゃありません。

 

 

いろんな考え方、いろんな価値観を持った方々がいます。

 

 

どこにウエイトを置くのかは各々の自由です。

 

 

揃っている状態に安心を感じる方もいれば、あるものを駆使する能力に唸りをあげる方もいる。美しさはひと通りではないことを私たちは知っています。

 

 

私はほたるの卒業をめざして、ほたるの魅力を精いっぱいお伝えしていきますので、皆さまどうぞよろしくお願いしますね。黒猫だから写真むずかしいけど。

ahoe (19)

 

 

 

広いスペースにごきげんです。

ahoe (20)

 

 

 

ほほを投入

ahoe (25)

 

 

 

異物(ほほ)に気づいたほたるが1度シャーしました。

ahoe (1)

 

 

 

ほたる、ほほはやさしいから大丈夫。きっと仲よくなれるよ♪

 

 

 

病院でペットシーツを使っていたのに、うちで猫砂にかえたら一発で大成功!

ahoe (23)

 

 

 

やるね! ほたるあなた天才じゃない?

ahoe (24)

 

 

 

ほほ、ほたるが来たよ。

ahoe (21)

 

 

 

ほほがほたるにあれこれ教えてあげてね。

ahoe (22)

 

 

 

さぶもね。いい?

ahoe (14)

 

 

 

「まあ やれるだけやってみるな」

ahoe (15)

 

 

 

「おれ ちびの教育担当だから」

ahoe (13)

 

 

 

さて、我が家は全盲のほたるとFIVキャリア成猫のポテチの2スターになりました。「譲渡」の観点からするとどちらもハードルは低くありません。

 

 

だけど私はポテチとほたるを素敵なお宅に卒業させたいです。

IMG_6557

 

 

 

ポテチなんか愛嬌度10000%ですよ。

IMG_6560

 

 

 

ほかの子たちのアピールに追われて、ポテチの出番が少なかったですが、これからたっぷりと皆さまを魅了していきます。

IMG_6553

 

 

 

そしてポテチとほたるの放出の合間にうちのレギュラーメンバーも登場しますので、クスッと笑っていただければ幸いです。

ahoe (12)

 

 

 

「この手は離さない」

ahoe (10)

 

 

 

うん。そうだよね。その手はリルの夫の手だもんね。毎晩手を繋いで寝てほほえましいね。お母さん邪魔しないから思う存分にラブラブしてください(笑)。

ahoe (11)

 

 

 

リルは相変わらずチチにべったりですが、ポテチともまあまあ友だちです。

 

 

 

平和がいちばんっ!

 

 

Smile

 

 

 

スポンサーリンク