10分更新 脱皮まで

にゃん太さん、プレゼントとお手紙ありがとうございました。笹かま今夜いただきます!!

poteti (8)

 

 

 

「みいさん まだ?」

poteti (2)

 

 

 

ふふ。

 

 

本日(7キロのダイエットに成功した)みいさんが、保護猫サクを撮りに来てくれたのです。

 

 

サクに首飾りをすると、決まって口にハマってしまいます。首に激しく違和感を感じるんでしょうね。結局首飾りの事前練習がままならず、いきなり本番を迎えてしまいました。

 

 

 

ふだん慣れていない首飾り+みいさんとみいさんのカメラにビビったサク。暗い場所に隠れてしまいました。無理やり撮っても硬い表情の写真になってしまうので、途中から諦めてみいさんとのおしゃべりを楽しむことに。でもまあ、少しは撮れたかな?

 

 

 

サクは来週家族募集サイトに掲載します。応援よろしくお願いします。

 

 

 

みいさんの帰宅後、サク坊はリラックスモードに。なんだよもうーー!!

poteti (15)

 

 

 

みいさんがiPhoneで撮ったリビング。703号室は「時間が穏やかに流れている」だそうです。

poteti (16)

 

 

 

かもね。午後の静寂のひととき、といったところでしょうか?

 

 

 

「リルちゃん~~~」

poteti (3)

 

 

 

「べべちゃーん♪」

poteti (7)

 

 

 

みいさんの登場に気をよくしたのか? べべ公は最近の中でいちばん動きまわりました。歩いたりトイレを成功させたり。お母さんはビックリです。べべ公、うれしかったの?

 

 

 

みいさんおみやげありがと。みいさん&MIHOさんアマーへの気持ちありがと。母に渡します。

poteti (9)

 

 

 

台湾から戻った母は元気に店を開けている模様。やるね!

poteti

 

 

 

みいさんと別れたあと、私は2番目のミッション、保護猫ポテチのお迎えへ

 

 

 

とその前に、病院近くの定食屋で腹ごしらえ。ニラ玉おいしかった。ミニコロッケもぺろりっ!

poteti (11)

 

 

 

 

ごめんね私だけ。ポテチはまだカチコチなのに・・・・・・

poteti (10)

 

 

 

 

さあポテチ帰ろ!

poteti (12)

 

 

 

 

ここがポテチのお部屋だよ。まずはしっかりこの場所に慣れよう^^

poteti (14)

 

 

 

 

ポテチ、怖いかい?

poteti (13)

 

 

 

 

寝る前に「だいじょうぶだいじょうぶの歌」を歌うね。作詞も作曲も私がしたの。

 

 

 

人間には聴かせられないレベルだけど、ポテチの耳元なら恥ずかしくない気がする。

 

 

 

ポテチ、脱皮までつき合うから、要らないモンは徐々に脱いじゃっていいよ。

 

 

 

ようこそいらっしゃい。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク





アマーに会えました 大興奮の追記あり!!!!

アマーのお別れ会から無事に戻ってきました。うちに帰ってみんなに会えて幸せです。

 

 

つくづく、分離不安を患っているのはお子たちではなく、私のほうだと痛感。特にべべが気になって仕方なかったです。台湾へ行く前の日あまり調子がよさそうじゃなかったから。

 

 

 

行きの空港にて。ハードスケジュールのはじまり

taiwa (2)

 

 

 

今回の目的地高雄は前回の台北より遠いです。着いてすぐアマーのいる病院へ。台南の従姉妹や叔母たちと合流。子どもの頃毎日一緒に遊んでいた同じ歳の従妹と数十年ぶりの再会

taiwa (4)

 

 

 

葬儀で使う蓮の花を108個作ります。

taiwa

 

 

 

アメリカ在住の叔父が喪主。お坊さんと共に全員でかなり長い時間、お経を唱え、解散。ホテルに戻ったのは深夜12時を過ぎていて、翌朝は5時20分から葬儀です。

 

 

 

フワフワのベッド。しかし予定がタイトなので3時間寝れるかどうか・・・・・・

taiwa (3)

 

 

 

 

ごはんを食べる時間すらありませんでした。ホテルでお菓子を食べたあと爆睡

taiwa (6)

 

 

 

 

疲れきっていますね。

taiwa (5)

 

 

 

葬儀は約8時間。参加型ゆえ泣く時間もありません。何度も土下座のように地面に額をつけたり、アマーのまわりをみんなでグルグルまわったり、大きな声でアマーに話しかけたり・・・・・・

taiwa (8)

 

 

 

日本の「しめやかに」や「しっとりと」のような雰囲気は皆無。けれどみんな大まじめです。

 

 

 

死生観、価値観、送り出す方法はそれぞれ。こうでなければならない、という固定概念は不必要だと思いました。私たちの心にアマーがいる。アマーはルーツ。それがすべてです。

 

 

 

犬がたくさんいました。まるまるしています。犬の奥で頭を掻いているラフな男性も私の従兄

taiwa (7)

 

 

 

ガソリンをかけ、紙の蓮の花(108個)、紙でできた天国でつかうお金(一億円)を燃やします。

taiwa (10)

 

 

 

 

絶叫に近い声で「アマーにお金をあげる。どうか受けとって!!」を延々とくり返します。

taiwa (9)

 

 

 

日本での生活に慣れている私には正直生々しいかけ声。でもこれはある種「故人へ対するのこされた者の未練」、あるいは「故人の家族に対する未練」なのかもしれないと直感したのです。台湾はもしかすると日本より生と死の境界線があいまいなんじゃないか、と。

 

 

死は終わりではなく、次のステージ。そう考えるといろいろと合点がいきます。もちろん、全部私の個人的な感想だからほんとうのことはわからないんですけど。

 

 

 

体力温存中

taiwa (12)

 

 

 

妹がおもしろがってパチパチ撮って送ってくれました。

taiwa (13)

 

 

 

午後3時前に解散。アマーは高雄から台北に「引っ越し」ました。喪主のアメリカ在住の叔父がアマーの遺骨をリュックに入れ手に抱き新幹線でアマーを台北のお家(納骨堂)へ連れて行く役目。そこで第二の葬儀がはじまります。台北には多くの親族たちがスタンバイしていました。

 

 

 

不思議ですよね。ぜんぜん日本とはちがうんです。

 

 

 

あまりのハードさに喪主の叔父が倒れないか心配でたまりません。

 

 

 

葬儀が終わったあと、少し時間が空いたのですが、母も妹も私も気力体力が限界に達しつつあるのでホテルの近くで夕飯を済ませ1時間程度街をふらついて部屋に戻りました。

taiwa (14)

 

 

 

街で配られていた無料のアイパックを貼り伸びきっています。もうキメ顔とか無理・・・・・・

taiwa (15)

 

 

 

3時間半寝て今朝は4時に起床。朝6時台の飛行機に搭乗し、いよいよ703号室に戻ります。

taiwa (16)

 

 

 

ただいま! どこでもドアがあったらどんなにいいかそればかり考えてたよ。

taiwa (20)

 

 

 

おしっこで歓迎してくれました(笑)。かわいいです。

taiwa (18)

 

 

 

今日からまたずっといっしょだ~♪ よろしくね!

taiwa (17)

 

 

 

べべのことばかり書いたけど、ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶ、保護猫サク、全員無事でよかった。やっぱりガヤガヤ騒々しい我が家は最高です。

taiwa (19)

 

 

 

サクが私のことを忘れていたらどうしようと悩んでいたけれど、大丈夫でした。

taiwa (11)

 

 

 

チチがお子たちの面倒を見てくれたおかげで私はアマーに会えました。感謝しています。

 

 

 

さて、私はお子たちとイチャイチャするのでこの辺で失礼します。

 

 

LOVE!

 

 

と、今ブログを書いていたのですが、大展開あり!!

 

 

夕方から近所の方の庭先に捕獲箱を仕掛けさせてもらっていたのですが、なんとお目当ての子が入りました。だれにも言わなかったのですが、実は私にはどうしても保護したかった猫がいたのです。何回も失敗したけど仕切りなおして作戦を変えたら入った!!

hta

 

 

 

やったーーー!!

 

 

 

肉体は疲労の塊と化していますが、心はどこまでも解放されています。

 

 

 

スカウト成功。ありがとう茶白ちゃん!!

 

 

 

スポンサーリンク





体臭つきモコモコ枕 ほか

※Scoutさまからのコメント。最後に「私文書です」と書かれていたのですが、非公開希望という意味ですか? 感動したのでご迷惑でなければ公開したいのですがダメでしょうか?

 

 

卒業生千吉改めぐーちゃん家からプレゼントとお手紙、ぐーちゃん&妹分ココちゃんの写真が届きました。ぐーちゃんは私が近所で保護したFIVキャリアの成猫男子(黒白ハチワレ)

taiwanhe (14)

 

 

 

のちに家族の一員に加わったココちゃんもFIVキャリア。シャイなココちゃんは3本足のハンデを乗りこえ元気いっぱい家の中を飛びまわっています。

 

 

 

で! なんとぐーちゃんの里親ご夫妻と今日お会いしたんです。偶然うちの近くに用事があったお二人。ふふ。ファミレスに入って3年半ぶりにゆっくり談笑しました♪

taiwanhe (7)

 

 

 

かわいいおみやげをありがとうございました。ぐーちゃんココちゃんの動画を見せてくれまくり。ぐーちゃんはやさしい猫なので妹分ココちゃんの面倒もよく見ています。いいね、最高ですよ♪

taiwanhe (8)

 

 

 

 

そして先日は車でサクッと卒業生すもも家へ。すももをケージに戻してきました。

taiwanhe (11)

 

 

 

環境の変化に戸惑い押し入れに籠城していたすももを一から馴らす作戦。まだすももにはお部屋が広すぎたかな? 病院で長いことケージだったもんね。ということで里親あっティーさんと今後をシュミレーションしながらいろいろお話ししました。

 

 

想像よりワイルドだったすももですが、短時間に洗濯ネットに入れられて一安心

taiwanhe (12)

 

 

 

上の写真はケージに入れ直した直後に撮ったものなので、姫は緊張顔ですが、私が帰ってから徐々にカバーの掛かったケージの中で心が落ちついてきたんだそうです。よかった。

 

 

 

気を遣っておみやげを用意してくださったあっティーさん。かえってすみません。

taiwanhe (9)

 

 

 

中にマンゴーが!! あっという間にペロリ。おいしかったです。ありがとうございました。

taiwanhe (6)

 

 

 

行きは高速、帰りは下道。渋滞なしのスイスイコース。いつもどこででもこうだといいですね。

taiwanhe (10)

 

 

 

 

さて、私は明日から台湾にてアマーの葬儀です。本当は1泊を希望していたのですが、飛行機に空きがありません。仕方なく2泊に。でも、帰りは朝6時の飛行機に乗るので午前中には成田に到着します。半日だけでも時間を節約できる!

 

 

投薬、点滴、家事、荷造り、遺書、チチへの伝達メモの作成、チチのごはんの作り置き(ビーフンやカレーなど)などでてんてこまい。行く前からじゃっかん疲れ気味です。

 

 

 

いちばん心配なのは病状がもっとも深刻なべべ公

taiwanhe (13)

 

 

 

ポケットに入れて連れて行けたらいいのに

taiwanhe (4)

 

 

 

床にへたり込むからSALAの介護のときにプレゼントしていただいたマットを出してみました。

taiwanhe (2)

 

 

 

お母さんの体臭が染みついたモコモコのお洋服を枕に「おやすみなさい」

taiwanhe (3)

 

 

 

穏やかに眠っている姿は私にとって、まるで天使です。愛おしい。

taiwanhe (5)

 

 

 

最後に、今日のサクを

taiwanhe

 

 

 

サクはべべ、ナナ、リルにベタベタスリスリ。犬と暮らせる猫ですよ。ポイント高いですね。

 

 

果たしてサクはおりこうにお留守番してくれるんでしょうか? チチがブログを更新するらしいので、夜ホテルでお子たちの様子をチェックするのが楽しみです。

 

 

 

来週もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





10分更新 宝物のワンカット

10分更新をまめにしていきます。更新までの間隔が短いので、ぜひスクロールしてくださいね。

 

 

 

本日こちらは雨でした。強い風もゴーゴー。雨が好きと仰る方もいますが、私は苦手。雨だと気分が滅入ってしまうのです。午前中、チチにブランチを作って母の店へ

79hue (2)

 

 

 

ピンチヒッターでランチのお手伝い

79hue (3)

 

 

 

途中満席御礼となり、ドタバタ忙しかったです。コテツのママさんもご来店くださいました。

 

 

 

バイト代に2000円(交通費込み)をもらって帰宅。店までの交通費だけで(往復)1000円近くかかるので実際は時給250円といったところ(笑)。まあないよりはいいか^^;

 

 

 

午後私にプレゼントが届きました。素敵な靴が2足!! 豆さまありがとうございます。

19397046_976722839134122_6563222823290293074_n

 

 

 

夏らしいですね。無地の服が多いので活躍しそうです。ペコリ。

 

 

 

そうそう。先日受けたリルの血液検査の結果が返ってきたんです。車をぶつけられたあの日。その後車は相手方の保険をつかって無事に修理を終えましたし、リルもコレステロール値がじゃっかん高い以外はとくだん問題がないとわかり、心底ホッとしています。よかったー!

 

 

 

秋で14歳になるリル。食が細いのはやはり繊細な性格のためだったんですね。

IMG_4988

 

 

 

ちなみにコレステロールオーバーはチチと私のせい。食べてほしくてついつい無塩バターやら油をトッピング。これからはちゃんと気をつけていこうと思います。

 

 

 

お気に入りの1枚。あれリルちゃんベッドのサイズおかしくない?

79hue (4)

 

 

 

ふわっふわのやわらかい毛並み。撫でるとクセになるんです。

 

 

 

これもお気に入り。みいさんが撮ってくれたべべ公16歳の誕生日会のワンカット

79hue

 

 

 

べべの顔がすごく穏やか。やさしい目をしているでしょ?

 

 

写真を撮ったときからもうすぐ5カ月経とうとしています。16歳の誕生日を目標に闘病をがんばってきたのに今もまだいっしょにいれるなんて、よくよく考えるとまるで夢のようですよ。

 

 

改めてべべに感謝。そばにいてくれてありがとう。

 

 

 

最後に、保護猫サク坊にも登場してもらいましょう!

79hue (5)

 

 

 

ねえねえサク、サクってお顔が小さいよねえ。もしかして頭も小さめ?

79hue (6)

 

 

 

「なにが言いたいのですか? ぼく骨格はスマートなほうですが 脳みそはぎゅうぎゅうの シワシワです!! ハハ 知らないの?」

79hue (7)

 

 

 

ふふ。そうだったそうだった。近日中にサクの目線でサクの1日に密着取材してみようかな?

 

 

 

サクは(703号室内で)顔が広いから結構多忙のご身分ですよ(笑)。お楽しみに♪

 

 

サクは家族募集中です。ちょっとでも気になる方はどうぞお問い合わせください。

 

 

 

さあ、そろそろナナとリルのお散歩の時間です。

 

 

ではまた元気よくお会いしましょう。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





あたちの食べるおにぎりの中に

皆さまこんにちは。ちゃた幸の卒業記事は次回UPします。写真の整理が終わっていないんです。マイ太郎さんの保護猫結ちゃんも同じお宅へ巣立ったため、写真が膨大に^^; 2匹分ですのでなかなか削れず、ふだんより多く載せるかもしれません。おつき合いくださいね!

 

 

今後の流れですが、ちゃた幸の卒業記事を終えたら保護猫サクのアピールに力を入れます。

 

 

サクに家族が見つかったら、次の子を保護しようかなと。細々とですが、無理のない範囲でやっていければと考えています。どうか応援してくださいね。

 

 

昔私は、ワッとお子を増やしました。だからうちのお子たちはざっくり言って同年代です。

 

 

16歳のべべ、15歳のナナ、13歳のリル、10歳のほほ、推定13歳以上のあまぱん、推定10歳以上のさぶ。べべとほほが6歳差ですが、「シニア期」として括れば似たようなもの。

 

 

最近は持病や老いとの闘いがつづいています。

 

 

病と闘うには精神的なエネルギーと物理的なお金がかかります。時間と体力も。主にチチがお金をどうにかする担当で、私はケア担当。人間が2人いるので役割が決まっていたのです。

 

 

ですがチチも本当はお子たちのそばでお子たちの余生をいっしょに過ごしたかったようです。今、その気持ちを叶えるべく、いろいろなことを模索しています。実は辛いこともいっぱい^^;

 

 

全部を吐き出せたら楽になれるかもしれませんが、全部を吐き出した瞬間、後悔をしてしまう気もします。とにかく明るく元気にお子たちと向き合っていきたいです。

 

 

生きていればなにかとありますよね。私だけでなく、皆さまも同じですよね。

 

 

お互いがんばりましょう! 皆さまにいいことがいっぱい起きますように。

 

 

 

さて、本日は末娘(といっても秋で14歳)リルの食事について

 

 

 

手作り食もたまに作っていますが、リルは基本的に「低分子プロテイン」のドライフードを召し上がっています。少しアレルギー体質のリルには低分子プロテインが合うのです。

turo (4)

 

 

 

しかしこれだけだとまず食べません。過去に数えきれないほど多種多様のトッピングをしてきました。リルは我が家に来た3歳5カ月のときから慢性的に食欲不振なのです。

 

 

では土手にいた頃はなにを食べていたかというと、リルを飼っていたホームレスさんの食べるお弁当の残りや、私が土手に運んでいた安い犬缶(ビタワン)を生命維持最低量、自力で細々と食べていた模様です。当時1カ月にかかる土手犬たちの食費が約2万円。フィラリア予防薬やほかの医療ケアの分も合わせると、毎月3万~5万以上の出費になります。本当はもっといいごはんを与えたかったけれど、私には質にこだわる余裕がなかったのです。

 

 

でも私は質こそは落としましたが、量はじゅうぶん持っていきました。

 

 

飢えるのはかわいそうだから。けれどリルのブースだけはやたら消費が遅かったな。

 

 

つまりリルは保護される前からずっと食が細く、保護後も食に対する執着の薄い犬です。

 

 

いっときお米のパンにハマっていたのですが、ある日突如リルの中でお米のパンブームが去り、以後また「食べないリル」に戻ってしまいました。ふう。

 

 

おっと逸れた。

 

 

低分子プロテイン(ドライフード)にトッピングしたのは、サラダ油、亜麻仁油、オリーブオイル、ココナッツバター、ごま油、無塩バター、ヨーグルト、犬用牛乳、山羊ミルク、レバー缶、ササミふりかけなど・・・・・・もはや数えきれません。なんだったらスムーズに食べてくれるのでしょうか?

 

 

近ごろは噛むのを面倒がるので(歯は丈夫です)コーヒーミルでドライフードを粉砕

turo

 

 

 

でも、なかなか食は進まない・・・・・・

 

 

 

頭にキタ私は無心でおにぎりをこさえてみました。

 

 

 

材料は低分子プロテインのカリカリ35g(粉砕)をベースに、ad缶大さじ1、ヨーグルト大さじ1、無塩バター少々。とにかくこねて「おにぎり」にしてみたのです。粘土じゃありません。

turo (6)

 

 

 

形は三角じゃなくてもいいのですが、なんとなく遊び心を出してみました。

turo (5)

 

 

 

これが意外と好評で、リルはもちろんのこと、横にいるナナまでほしがる始末。仕方ないので、ナナ分も腎臓サポートのドライフード(粉砕)でおにぎりを作ってナナに与えています(笑)。

 

 

 

昨夜はチチが作ったおにぎりを。食欲が失せる形にリルもドン引き?

turo (7)

 

 

 

まあ、いちおう完食。いい感じです。

 

 

 

今回もいつリルブームが終わるか不安ですが、1日1日の積み重ねが重要なので、今朝食べた分がしっかりとリルの血と骨となってくれたら本望です。

 

 

 

私は個性豊かな面々に手を焼かされています。

turo (3)

 

 

 

なのに不思議と、この上なく幸せです。

turo (2)

 

 

 

コロ1年、ゴンタ2年2カ月、sala1カ月、かけがえのない家族の介護の経験が、彼らの生と死が私をたくましく成長させてくれたのかなとうぬぼれています。

 

 

リルのおにぎりの中にはたしかにコロやゴンタやSALAが詰まっています。

 

 

 

クッシングと全身のガンと闘ったコロ、ありがとう、大好き!

korolove (52)

 

 

 

重度の認知症と血管肉腫と闘ったゴンタありがとう、大好き!

0j (7)

 

 

 

痛い骨のがんと闘ったSALAありがとう、大好き!

aiya (7)

 

 

 

コロとゴンタとSALAにもらったぜいたくで濃厚な時間が礎となって、私は前より大らかな気持ちで前より自信を持ちながらお子たちに接しています。

 

 

 

LOVE、コロ、ゴンタ、SALAそしてリル

 

 

 

スポンサーリンク