リル、ありがとう


昨日、うちの末娘リルがスッと旅立っていきました。

 

 

苦しんだ様子もなく、私たちはリルの生と死の境に気づかなかったほどです。

 

 

若い頃は、元気で明るく、少しわがままなところすらも魅力の犬で、昔から大好きなチチにくっついているのがリルの幸せのようでした。体格の割には食が細いのでそれなりに手はかかりましたが、晩年まで大きな病気もせず、実に親孝行でえらかったと思います。

IMG_6195

 

 

最近リルを知った方は、おしめをつけている姿か

IMG_0480

 

 

寝たきりの印象が強いかもしれません。

IMG_2120

 

 

後ろ足が衰えてから、だいぶ時間が経っているものですから。

IMG_0097

 

 

最後は、骨と皮のように細くなってしまいました。

 

 

それでもリルは、精いっぱい生きてくれました。粘り強く、強靭な生命力……

IMG_6200

 

 

話せば長くなるのですが、残念ながら、今、私には書く気力がありません。よって、おおよそを割愛しますが、私はリルを保護する前の子犬時代からリルを知っているのです。

 

 

リルは18年前の秋に4兄妹で生まれました。母犬の名前はタカコといいます。

 

 

リルの本当の誕生日は、(日にちまではわかりませんが)、おそらく10月の中旬以降です。

 

 

でも、家族になったとき、私は意図的にリルの誕生日をちょっと後ろにずらしたのです。

 

 

理由は、「ワンワンワン」にこだわったから。

 

 

リルの誕生日を11月1日、ワンワンワンの日にしたかったのです。

 

 

だからリルは、そろそろ18歳でまちがいありません。

 

 

大きめの中型犬のリルが18歳って、とてもよくがんばりましたよね?

 

 

そんなところもリルはチチと私の誇りなのです。

 

 

元気だった時代の写真を数枚並べておきますので、見ていただければうれしいです。

 

 

病院での定期健診

tuin (9)

 

 

先に天国で待っている、叔母のナナ、べべ公と並んで、703号室にて

poko (17)

 

 

ドッグランでナナと走るリル

nanaba (4)

 

 

シニア期に入ってもこの脚力

ririru (2)

 

 

泥まみれ(あとが大変でした)

1 (5)

 

 

川遊び

0kawahe (3)

 

 

ナナもリルもいいお顔

0kawahe (5)

 

 

楽しい?

0kawahe (7)

 

 

レギュラーメンバー、べべ、ナナ、リルは私の娘

0kawahe (6)

 

 

皆さまにリルのかわいさを自慢しようと、過去のフォルダーを見返したのですが、涙が止まらなくなり、胸の痛みに負けて、途中でやめてしまいました。数えきれないくらいあるのですが、またの機会にでも……。べべ16歳半、ナナ16歳、リル約18歳。私の愛する娘たちは、それぞれの命の丈を使い果たしました。老犬になるまでそばでお世話をさせてくれたことに深謝しています。

 

 

亡くなったあとの写真を載せることを迷いましたが、リルが穏やかな表情をしていたので、ブログに残しておきたくなりました。ご気分を害す方がいたら申し訳ないです。

IMG_6423

 

 

リルは最後までかわいいでしょう? やさしく微笑みながら、息をしているみたいでしょう?

IMG_6421

 

 

古くて不自由な身体を脱ぎ去って、魂はどこまでも伸びていってくれると信じています。そして、べべ、ナナ、ほほ、あまぱん、兄の高菜……その他私が看取った犬猫たちと共に、私を待っていてほしいです。私もいずれは絶対に行くのだから、その日までのしばしの別れ。

 

 

どんな形になろうとも、家族だから、繋がっています。

 

 

生前リルをあたたかく見守ってくださりどうもありがとうございました。

 

 

しばらくは心にぽっかりと空いた穴のせいで不義理をしてご迷惑をおかけするかもしれません。

 

 

皆さまと皆さまのお子たちが笑顔で過ごせますように。

 

 

I LOVE リル

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





10件のコメント

  • しゃんママ

    返信など気になさらないで下さい。
    雑種のしゃんが娘になってくれて、初飼いで、幸せに出来ているのか分からなくて。そんな時703号室に出会いました。
    べべちゃんナナちゃんリルちゃんはいつもしゃんの成長と共に観ていました。
    しゃんを天国に送り、リルちゃんを応援していました。
    みんな親孝行だな。
    ほんとに親孝行だな。
    リルちゃん、本当に穏やかな可愛い、起きている表情だな。
    リルちゃん、立派に頑張ったね。
    大好きなチチさんとハハさんと一緒にいれたもんね。
    リルちゃん、頑張ったね。

    みんな偉い。みんな可愛い。

    ハハ様、チチ様、どうかご自愛下さい。
    リル娘の為にも幸せに笑える日を迎えて下さい。

    • anny703

      しゃんママ様
      ご無沙汰しています。しゃんちゃんも天国からママを見守ってくれていますね。
      私はおかげさまで元気にしています。リルがいなくなったのとほぼ同時にさぶの体調が悪くなって、そちらも気がかりで悲しんでいる余裕があまり持てませんでした。でも、リルがいなくなったことをたびたび痛感することがあり、そのたびに、ああ、リルに会いたい、つい最近までいたのに、と考え込んでしまいます。外で元気な犬を見るとリルに会いたくなり、べべナナのこともよく思い出します。べべとナナとリルといっしょに歩いた時間が本当に愛おしくてとても懐かしいです。
      べべ、ナナ、リル、猫たちにもいつか会えると信じて生きていますが、703号室に犬がいなくなったのははじめてのことで、本当にガランとしていてさびしいです。

  • パルママ

    リルちゃん、本当に良く頑張りました。偉いね。おばちゃんはリルちゃんが大大大好きでした。美人で可愛くてふわっふわの真っ白なコート、本当に素敵でした。今は不自由な体を脱ぎ捨てて天使のようにお空を飛んでるのかな?703号室の皆と会えたかな?今はパパ、ママが寂しくて泣いちゃうから時々下りて来て慰めてあげてね。リルちゃんの可愛さ、忘れません。出会えて嬉しかったよ。生まれて来てくれてありがとう。合掌

    • anny703

      パルママ様
      はい。私は、べべナナリルの中で、ビジュアルが一番好きなのはリルでした。って言ったらべべとナナに怒られてしまうかもしれませんが、リルは真っ白でふわふわで本当に愛らしかったです。終盤は大きな腫瘍に襲われ、身体はボロボロになりましたが、かわいいお顔は健在でいつも私たちを見上げてくれていました。老犬になっても比較的穏やかで満たされたお顔をしてくれていたので、リルがいるだけでとても安らかで幸せでした。今は会いたさでいっぱいです。

  • mido

    リルちゃん、お疲れ様でした。ありがとう!
    ツイッターで知りました。
    アンニイさんとちち様の悲しみは痛いほど分かるつもりです。
    ほぼ18歳は立派でしたね。そして、アンニイさんご夫婦と命を全う出来たことは幸せだったと思います。
    今しばらくは、リルちゃんとの幸せだった思い出の中に生きて、そしてまた元気なアンニイさんに戻って、リルちゃんを安心させてあげてください。
    コメント返しも不要ですよ。

    • anny703

      midoさま
      いつもやさしくお見守りくださりありがとうございます。リルが亡くなるのは覚悟していました。
      もうあの状態だったので、生きているほうが奇跡だと思っていたのです。リルは本当に本当によくがんばってくれて、約18年という長い犬生を送りました。あっぱれの立派な娘だったと思います。私たちにもお世話をさせてくれる時間をたくさんくれて、リルと暮らせて幸せでした。
      いつかまた絶対に会うと信じています。家族だから離れたりはしないんです。

  • たまちょび

    リルちゃん、本当に微笑んで、いるみたいです。お疲れ様。安らかにね。田辺さん、本当によくリルちゃんを最期までお世話したと思います。辛いなか、ブログを更新していただきました。ありがとうございます。気落ちなさっていることと思いますが、どうぞご自愛くださいね。

    • anny703

      たまちょびさま
      コメントをくださりありがとうございました。私は仕事で家を空けることも多かったので、チチがよく面倒を見ていたと思いますが、私もできるだけリルといっしょにいろいろなことをしたつもりです。長い時間、お世話をさせてもらえて幸せでした。
      リルが亡くなったあともいろいろなことが起きてゆっくりと悲しむ時間がありませんでした。でも、リルは私たちの胸にいる気がしてならないのです。でも、姿がないのは寂しいですね。

  • mona

    リルちゃん、静かに安らかに虹の橋を渡っていったのですね…。穏やかなリルちゃんの表情を拝見したら、私も涙がたくさん出てしまいました…。とてもとてもかわいい、ちょっぴりネコみたいなところもあるリルちゃん。1度会えたときはとてもうれしかったです。どうか、アンニイさん、今は無理せずリルちゃんとの思い出に浸り、我慢しないで涙を流してくださいね。また改めてリルちゃんのお仏壇に手を合わせに伺わせていただければです。

    • anny703

      monaちゃん
      ありがとうございます。まるで笑っているかのようなお顔でリルは旅立ちました。リルの生前にもなちゃんに会わせられてうれしかったです。
      ステキな記事にしていただいたこと、とても記念になりました。できれば高菜にも登場してもらいたかったです。
      リルはまだ家の中にいるようで、本当に近くに感じています。でも姿がないのは辛いですね。
      腫瘍がひどかったので早めのお別れとなりましたが、お別れの日は雨で、私たちの気持ちを表しているようでした。
      ステラちゃんとサニーくんが素敵な老犬になりますように。

コメントを残す