3頭分のよしよし

少し前になりますが卒業犬かなた家よりプレゼントとお便りが届きました。

0000j (6)

 

 

 

今年も開催される「兄妹会」のお誘いを受けました。ありがとうございます。ぜひ伺わせていただきます。楽しみ! ちなみに前回のはこちらをご覧ください。

 

 

思い出の詰まった私の大好きな記事です。

 

「Ten years later/幸せの703号室」

 

 

改めて読み返してみました。べべナナリルが全員出てきます。

 

 

胸が絞め詰められます。

 

 

そういえばうちのリルはナナの不在をどう捉えているのでしょう。

0000j (4)

 

 

 

ナナとリルは血縁関係ですし、ナナの生前はべったりの仲でした。

 

 

本気でじゃれついて本気でケンカして、なにをするにもいっしょでした。

 

 

お母さんはリルの心を覗いてみたいです。でも知るのが怖い気もします。

0000j (7)

 

 

 

リルはべべとナナの分までしっかり生きないとね。

0000j (8)

 

 

 

リルを撫でるときは、べべとナナへの愛しい気持ちもてのひらにのせています。べべ、ナナ、リル、3頭分のよしよし。つい長くなるから迷惑顔をされることもしばしば(苦笑)。

0000j (9)

 

 

 

にぎやかだったわが家に大きな大きな穴が空いてしまったような感覚。時間は巻き戻せないんですよね。もし可能なら10分でいいからべべとナナに会いたいな。

0000j (3)

 

 

 

お母さんあなたたちに話したいことがたくさんあるんだよ。

 

 

抱きしめたいし、抱きしめてもらいたい。

 

 

あんなにラブラブだったのに、取り残されてしまったようでさびしいです。

 

 

保護猫あさひを卒業させたら、スイッチを一度完全にオフに切らないと。束の間でも自分を立て直すために気持ちの整理がしたいです。べべを見送ったあとすぐにナナの介護に追われる日々を送りました。ほかのお子たちの闘病も待ったなしの状態。その傍らで自分にできる譲渡活動をコツコツとつづけてきたつもりです。特に地元で保護した、ローズ、ジャイアン、百香、あさひの4匹の成猫。保護主として彼らにはきちんと責任を果たすという意思で取り組んできました。

 

 

しかし内側がドロドロに崩れて、そろそろ限界です。

 

 

いったんリセットできれば、きっとまたがんばれますよね?

 

 

「だいじょうぶですか?」

0000j (2)

 

 

 

「悩みがあるんですね。ぼくでよかったら聞きますけど」

0000j (1)

 

 

 

あら? あさひやさしいじゃないの!

 

 

あとまわしにしてごめんね。そろそろあさひのご縁探しに全力を注ぎます。

 

 

その際は皆さまに応援してもらえたらうれしいです。

0000j (5)

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





心のケガと保護した責任

皆さまこんばんは。内側に闇を抱える40代です(苦笑)。

 

 

最近絶不調で、MIHOさんにもらったべべナナクッションを抱っこの日々。自分でもつくづく「病んでるなあ」と思ったりします。なんだろうね? 超キツい。

1kiryoku (8)

 

 

 

決めたスケジュールをこなせないイライラ感は半端じゃありません。

 

 

あ、ほかの方に当たったりはしないですよ。あくまでも自己完結の焦燥感です。

 

 

昨日は心療内科通院日でした。お世話になっている斉藤先生に胸中を相談し、薬を変えることにしたのです。ひと昔前だったら精神的な病は隠すべき時代だったかもしれないけれど、現代を生きる者としては身体のケガ同様、心のケガがあってもいいんじゃないかと。

1kiryoku (3)

 

 

 

私は宇宙でいちばん好きなべべと活動の源であるナナを失ったのですから、そんな簡単じゃないです。未だ毎日毎日襲ってくる喪失感に太刀打ちできません。

 

 

うー、とにかく早く元通りになりたい。

 

 

萎んでいる最中、テンションの上がるプレゼントが届きました。

 

 

キャー!! emi-goより宮崎産のマンゴーが♪

1kiryoku

 

 

 

卒業生すもも家よりおいしいお魚の切り身が……

1kiryoku (2)

 

 

 

すもも1周年おめでとう。あっティーさんに出会えてよかったね。

1kiryoku (1)

 

 

どうもありがとうございました。

 

 

 

もしなにも抱えていなければ落ち込みたいだけ落ち込んだりできるのかな?

 

 

そうしたら少しは楽なのかもしれない。

 

 

うちにはリル、ほほ、あまぱん、さぶと保護猫あさひがいます。

 

 

たいせつにしなければならない存在があるからこそ、立ったり転んだりを繰り返しながら前進しているけれど、ときどき詰まってしまうと辛く感じる。

1kiryoku (6)

 

 

 

「まあおれがそばにいるから元気出せよ」

1kiryoku (7)

 

 

 

うん。そうだね。家族がいてくれてありがたい。

 

 

 

「ぼくは留学先でちゅーる漬けの日々を送っています」

1kiryoku (4)

 

 

 

ふふ。実はジャイアンは703号室にいないんですよ。

 

 

どこへ行ったかな?

 

 

家に招き入れた時点で、たとえ私の体調がさらに悪化しても、百香、ローズ、ジャイアン、あさひの保護猫4匹はぜったいに終の棲家へ案内しようと固く誓っていました。ローズ、百香につづき、ジャイアンもいいお知らせができるようがんばります。そしてあさひの家族募集も努力します。

 

 

保護した責任を取る、ということの難しさを痛感することもありますが、私の問題と彼らの将来は別物ですので、両者をきちんと分けていきたいです。それが私流の「愛の形」ですから。

 

 

留学先でのできごとは、落ち着いたら触れますね。

1kiryoku (5)

 

 

 

ジャイアンの明るい未来を私と祈っていただければうれしいです。

 

 

保護猫百香の卒業記事は今週中にUPしますね。百香は長期トライアルを経て、このたび正式譲渡が決まりました。応援してくださった皆さまに感謝です。

 

 

晩安!

 

 

スポンサーリンク





おれら生きてるよ

皆さまこんばんは~!

 

 

まる坊を新居に送り届けてきました。ブログの更新が実生活に追いつかず、もたもたしていてごめんなさい。まる坊は元気です。今週中にお届け記事をUPしますね。

1z (10)

 

 

 

さて、だいぶ前になってしまいましたが、少しずつプレゼントの自慢なども^^

 

 

 

MIHOさん、あぱまんとさぶに腎臓フードをありがとう。

1z (1)

 

 

 

2回にわけもらってしまいました。カリカリはコーヒーミルで粉砕します。

1z (8)

 

 

 

時間のないときはこれ↓ 本日注文していたシリンジ食が届きました。

1z (7)

 

 

 

体重減少が著しいあまぱんとさぶで1日1本を目標にしています。ほんとうは1匹1本ですが、お母さんから逃げまくるあまぱんとさぶを捕まえるのが不憫ゆえ、最低目標を設定。

 

 

ふたりで1本ならなんとかがんばってくれています。

 

 

 

点滴も投薬ももちろんつづけていますよ。毎日毎日コツコツコツコツ……

1z (6)

 

 

 

7月に入ったらさぶ、あまぱん、ほほのトリオで東大通院です。

1z (5)

 

 

 

「ゆううつだな」

1z (4)

 

 

 

そうだね。まあ仕方ない。

 

 

 

さぶは慢性腎不全を患って4年半が経とうとしています。長い長い闘病をいっしょにできてありがたい。してあげられることがあるのはいいですよね。

 

 

 

さぶがいなきゃ困るから。

1z (2)

 

 

 

ほほもピンピンしていますのでご安心ください。

1z (3)

 

 

 

またレギュラーメンバーの近況もちょいちょい挟んでいきますね。

 

 

レギュラーメンバーにふれると、どうしてもべべとナナの不在に気づいてしまう。弱虫の私は意識的に避けてきたんです。最近特にべべとナナの大きさに私自身のメンタルがやられ気味だったので。べべとナナの消えた703号室になじめないところがあって、違和感をおぼえます。会いたいです。

 

 

 

けれどこの種の痛みも含めてすべて犬猫と生きる醍醐味だと思いますので、酸いも甘いも喜びも苦しみも懐いていけるように成長しなくては。

 

 

 

皆さまの抱えるご心痛も、時間の経過とともに癒されていきますように。

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





ローズとのリレー 2ゴーニャンニャン

お待たせしてごめんなさい。前回からのつづきになります。

 

 

「主役はもちろんわたしよ」

IMG_0578

 

 

 

突如降りてきたにゃん太さんのアイコンに導かれにゃん太さんに電話をかけた私。

 

 

実は数日前に別件で連絡をもらっていたのです。内容は来年の「にゃっ展」についてでしたが、その中にローズに関する重要な話も出ていました。

 

 

中身は今オフレコですが、いずれお伝えしますね。

 

 

加えて、ローズはにゃん太さんの支援金によって助けられた猫。にゃん太さんにローズを打診しようと決めたのはもしかすると私の中の伏線の回収作業だったのかもしれません。

 

 

もちろん、自分でもよくわからない一方的な感覚ですけど。

 

 

 

私「にゃん太さん、保護猫の里親になるって考えたことありませんか?」

 

 

にゃん太さん「え? はいっっっ? ど、ど、どしてですか?」

 

 

私「あの、ローズとかどうです?」

 

 

からスタートし、私たちは2時間以上しゃべり倒しました。

 

 

 

「ほんとハハは口から先に生まれてきたのね」

IMG_2018

 

 

 

会話が長すぎてぜんぶは書けませんが、私は途中で何度かあきらめかけたんです。「あ、にゃん太さんはこんな風に考えているんだな。ならばむずかしいかもしれない。無理だね……」と。そういえば私はにゃん太さんの正確な情報に乏しすぎる。私の中のにゃん太さんは、力強く、猫が好きで、正義感の強いきめ細やかな女性。「にゃっ展」を取りまとめる主宰者の顔がメインです。

 

 

そもそも私はにゃん太さんの暮らしぶりや愛猫への深い思考をうかがったことがない。

 

 

にゃん太さんの愛猫にゃんタマちゃんたちの年齢もはじめて知ったのです。写真で見るよりずっとシニアだったことに驚きました。逆に言えば、にゃん太さんのケアが行き届いているおかげでにゃんタマちゃんはとっても若々しいのですね。

 

 

キャパシティは人に押しつけられるものではなく、自発的に考えていくものだから、私のこの電話はにゃん太さんに負担と困惑を与えてしまったのではないかと反省。私、焦ってる。なにかちがう方向へ進もうとしている。どうしよう。

 

 

けれど話を持ち掛けた以上、私は自分の意見を最後まで説明する責任があります。

 

 

私はローズをにゃん太さんのアイコンにしてほしいとお願いしました。

 

 

いやらしい意味だと受け取る方もいらっしゃるでしょう。それは皆さまの解釈の自由です。でも私の中ではちがう。にゃん太さんにもそれが伝わっている。

 

 

にゃん太さんはいろんな意味で発信力のある方ゆえ、「ありのままのローズ」を活かし、それを皆さまに披露し、猫の保護譲渡活動に還元できる方なのです。

 

 

私にとってこれは非常に有意義な部分ですので、そこはしっかりと述べて電話を切りました。にゃん太さんはご主人に相談するとのことでした。

 

 

外で苦労してきた猫たちは、必ずしもいい状態の子ばかりとはいえません。

 

 

年を取っている子、感染症の子、人慣れが遅い子、ハンディキャップのある子、病気を患っている子……ぜんぜんめずらしいケースじゃないです。

 

 

カレンダーに載っているようなふわふわの子猫ばかりとは限らない。

 

 

 

ローズ独特の凛としたオーラ

IMG_0295

 

 

 

孤高さ

IMG_9961

 

 

 

陰の雰囲気

IMG_9963

 

 

 

戸惑い

IMG_9958

 

 

 

怒り、不信感

IMG_9701

 

 

 

さびしさ

IMG_0135

 

 

 

忍耐

IMG_0289

 

 

 

物憂げな表情

IMG_0292

 

 

 

闘いつづけてきた、飢え

IMG_0298

 

 

 

ようやく解消しつつある食への不安

IMG_0297

 

 

 

「ごちそうさま」

IMG_0294

 

 

 

苦労のにじむ片目や雑に切られた耳

IMG_0581

 

 

 

私にはこれらすべてをにゃん太さんがプラスに転じてくれる気がしました。

 

 

たしかに、そうなんです。

 

 

あのにゃっ展で魅せてくれる圧倒的なパワーでローズを変えてほしい。

 

 

「飢えだけじゃなくて渇きも問題だったの」

IMG_2026

 

 

 

「新鮮なお水はおいしいね」

IMG_2025

 

 

 

投げた球を待ちきれずに翌日再度連絡すると、にゃん太さん夫妻から「YES」をもらえました。

 

 

電話口で私は大絶叫。興奮のあまり、こめかみの血管が浮き上がるのを自覚したほどです。

 

 

ぃやったっっっ!!!

 

 

 

そして迎えた5月22日(ゴーニャンニャン)

 

 

 

「いい? みんな聞いて? わたしは間もなく未来へ出発しますよ」

IMG_2029

 

 

 

「わたしこんな感じのお家にいくの」

IMG_2055

 

 

※イメージ画はにゃん太さんのご主人が作って送ってくれました(笑)。

 

 

 

「わたしは身ひとつで生きてきたから忘れ物はないの。ハハはだいじょうぶ?」

IMG_0582

 

 

 

いやいや……姫はそうでしょうけど、付き人の私は大荷物ですよ。

IMG_0589

 

 

 

でも、新幹線乗れる~♪

IMG_2306

 

 

 

仙台ははじめてです。楽しみ^^

IMG_0592

 

 

 

チチが上野駅まで送ってくれたので、こっからはローズとのふたり旅

IMG_2316

 

 

 

ローズはキャリーの中で一度鳴いたっきりおりこうにふるまってくれました。

IMG_2312

 

 

 

ありがとう。がんばろうね。

 

 

ボケ~、とiPhoneを眺めること1時間半ちょいで仙台駅へ到着

IMG_0607

 

 

 

ド派手な宣伝カーがローズを待っていてくれました。完全に目を奪われますね。

IMG_2324

 

 

 

にゃん太さんの助手席に乗せてもらい、ローズの新居へ

IMG_0598

 

 

 

津波の被害がひどかった場所を通りすぎました。町自体が新しい建物だらけなのは、失ったものの多さのあらわれなんですね。胸に迫る景色です。忘れません。

 

 

にゃん太さんの案内で一か所だけ立ち寄りました。

IMG_0605

 

 

 

あああ

IMG_0603

 

 

 

美しい……

IMG_0600

 

 

 

ローズあなた、あなたやるねえ、あなたはすごい。

IMG_0610

 

 

 

このあとの記事でローズ邸内部に潜入します。

 

 

最後にひと言。にゃん太さん夫妻とじっくりふれ合った感想を先に書かせてください。夫婦仲がよく、謙虚でラフで努力家で「飾らなさ」がハンパじゃない。超かっこいい。

 

 

「能ある鷹は爪を隠す」

 

 

 

私がこれまで向き合ってきたにゃん太さんとは別の一面を知ることができ、たいへん刺激を受けました。ローズが私ににゃん太さん夫妻を本質を見せてくれたんです。ローズに感謝。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





10分更新 うちのねこたち

毎日があっという間にすぎていきます。

 

 

数日以内に「お母さんの日」をしよ。

 

 

私はお母さんなんだからわざわざ「お母さんの日」なんて作らなくていいのですが、意識しないとうちのお子たちを置き去りにしてしまいそうで不安なのです。

 

 

 

でもご安心くださいね。もちろんケアは欠かさずしていますし、スキンシップもしています。

 

 

ただ、それだけをする日がほしいのです。お子たちのためじゃないな。私のエネルギーチャージのためですね完全に。ここでもまた自己満足ですみません。

 

 

 

みんなシニアになって1日を人間の数倍のスピードで駆け抜けていくから

IMG_7759

 

 

 

きっちりと愛していきたいです。

IMG_7760

 

 

 

闘病はきつい側面があるけれど、決して苦ばかりではないことをうちのお子たちは教えてくれています。だからやりがいがあるんですよね。めちゃくちゃかわいいなあ♥

IMG_2623

 

 

 

こういう姿をいつまでも見ていたいです。

IMG_2622

 

 

 

次回の主役はローズですよ。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク