あまぱんの病名


昨日、あまぱんのシステムトイレのチップとあまぱんの補液グッズを買いに行き、あまぱんの通院で使う車のガソリンを入れてきました。

IMG_3620

 

 

帰宅後、リビングの棚の下に隠れていたあまぱんにさぶがグルーミングをしている姿を見つけてほっこり。思わず動画に撮り、ツイート。さぶは人間みたいな猫だなあ。

 

 

うちはほんとうに助け合って生きているのです。在りし日のほほとさぶ

IMG_9292

 

 

4年前のあまぱんとさぶ。さぶ重くないの?

IMG_8576

 

 

隣のベッドにはべべ公とほほもいますね。ああ、みんないますね。

IMG_8583

 

 

戻れるなら戻りたい。

 

 

5年前のあまぱんとさぶ

IMG_9346

 

 

ふふ。笑える。お笑い担当です。

IMG_9347

 

 

ごはんが遅いと文句を言っているのでしょうか?

IMG_9348

 

 

あまぱんはカメラが好きじゃないからだいたいこんな顔

IMG_9351

 

 

まあるいね。まさに「あまぱん」です。

IMG_9352

 

 

あまぱんについて書いた過去blogの中でもっとも気に入っているものを紹介させてください。めちゃくちゃかわいいので皆さまに読んでもらえたらあまぱんとも共々うれしいです。

 

 

外猫カンタくん/幸せの703号室

 

 

あまぱんがどんないきさつで703号室にきたのかがわかります。あまぱんは私が里親サイトで発見し、家族希望を出した唯一の子。とてもたいせつな存在ですよ。

 

 

そのあまぱんの貧血の原因が判明。すぐに確定診断出ました。東京大学動物医療センターの「病名を突き止める能力の高さ」はスバ抜けてケタ違いに優秀です。

IMG_3624

 

 

私がFIPの次に恐れている奇病(難病)肝アミロイドーシス

IMG_3629

 

 

非常に稀なので猫と暮らしている方や保護活動をしている方でも知らない方が多くいらっしゃるでしょうが、私は10年ほど前にこの病気で保護猫(卒業生)ほのを看取ったのです。だからこいつの厄介さ恐ろしさを痛感しています。当時の記憶がハッキリと自分のトラウマになっているほど。

 

 

原因不明で対処法もナシ。かろうじて効果があるとされているステロイドの投与は腎臓病で免疫力も下がっているあまぱんにはできないのでどうしようもないのです。しかし病名を突き止めることがあまぱんのQOL保持に繋がったのはまちがいない。なぜならば、病魔の正体を知ったことで「変な格好の抱っこ」や「腹部への圧迫」をしてはいけない、外圧を加えてはいけないとわかったのです。

 

 

理由は肝臓が破裂してしまうから。

 

 

シンプルだけど、お世話をする上で重要ですよね。

 

 

いろんな数値とあまぱんの状態をあわせて考えると、さようならは目前に迫っています。

IMG_3630

 

 

(腎臓を楽にするために)緩和ケアの一環として数日入院させることにしました。チチの仕事が不調ゆえ、あまぱん、さぶ、保護猫たちの生活費、光熱費、医療費(家賃以外のすべて)は昨年の秋頃から私がひとりで払っています。さぶの膿胸もあったし、いや、なかなかね(苦笑)。だから私なりにわずかですがポツポツと仕事をしています。仕事と看病の兼ね合いがうまくいくのかが今いちばんの心配。言ってもしょうがないけれどせめてお子たちの半数だけでもペット保険へ加入するべきだったのではと後悔しています。夏ですがいっそあまぱんとふたりで冬眠したい。いっそ消えたい。

 

 

さあ、残り時間はわずか。あまぱんとの日々を愛で埋めつくさないと。

 

 

前田先生から届いたあまぱんの写真を添えて♡

dav

 

 

見苦しい愚痴を含めてしまい、失礼しました。ポジティブな内容を書けなくてごめんなさい。読んでいて不快になる方はどうか無理をせずスルーしてください。

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





8件のコメント

  • みちよ

    あまぱんがカタカナになってます。
    ごめんなさい。

    • anny703

      みちよさま
      ぜんぜん大丈夫です(笑)。

  • みちよ

    いつも楽しく703号室拝見しています。
    我が家も、老犬、老猫さんと一緒です。

    ノラ猫あがりのスターたち
    セブンアンドワイでいくら待っても入荷待ちのまま。
    主人にお願いしてアマゾンでお願いしました。
    今日、届きました!
    あまりの厚さにビックリ。
    ゆっくり楽しみながら読ませていただきます。
    アマパン大好き!

    • anny703

      みちよさま
      ノラ猫あがりのスターたちを買っていただきありがとうございます。
      もしよろしければ感想を教えてくださいね。率直な感想でもちろん大丈夫です。
      Amazonだといちばん早いのですよね。
      ネットでお求めの場合はAmazonをおススメしています。
      それともしいいなあと思ってくださった場合にはぜひ周りの方にもおすすめいただければこれ以上うれしいことはありません。
      どうぞどうぞよろしくお願いいたします。
      あまぱんは生きています。

  • ハハ様もあまた君も出来る事を全て頑張っていますね。
    我が子が病気になってその原因を突き止めたい気持ち痛いほどわかります。攻めの為の治療じゃなくて、守るために原因を探したいのですよね。
    原因が分かれば、してはいけない事しなくてはいけない事がわかりますよね。治す以前にしてはいけない事が分かれば、あまた君の体に少しでも負担をかけないように工夫が出来ると思います。
    私も我が子の病気は原因が知りたくなる方です。以前、くい止められない病気の原因を探って何ができるのかと人に言われた事があります。言い返しませんでしたが、私は我が子が可愛いので原因を知って、今より少しでも我が子が楽になればいいと思っていたので、それを分からない人には理解できないだろうと思いました。
    ハハ様、一瞬一瞬が大切な宝物ですよね。

    • anny703

      豆さま
      いつも私の気持ちを理解してくださり本当にありがとうございます。昔かつくんのときにさんざんイヤな目に遭いました。
      私の医療方針によそ様が上から目線で指示してくるのがホトホトイヤになり、いっそblogをやめたいとも思いました。
      でもブログをやっていていいこともたくさんあるし、なにより保護動物たちの縁結びに使ってきているのでつづけてよかったと思っています。ただあの時はほんとうにほんとうに死にたくなるほど辛かったです。
      私は豆さまの仰るとおりあまぱんに関してはもう攻めの医療などは夢にも見ていません。
      今はただ原因を探って楽にすること、一点のみで医療にかじりついています。
      おかげさまで病名がわかりました「肝アミロイドーシス」という奇病、難病です。
      我が子がなぜこの病気にかかったのかと恨めしい気持ちですが、自分にできることをこれでもかというほど精いっぱいがんばります。

  • ring

    あまぱんくん、大変な病気だったんですね。
    annyさん、診断がついて少しホッとされたのではないでしょうか?
    これから辛い方へ向かって行くかもしれないけれど、それなりの心構えが出来るように思います。
    私も病院に行く前は、また悪くなっていたらどうしよう‥といつもくよくよしていました。
    どんな小さなことでも良い事を言われると心が軽くなり、また頑張ろう!と意欲が湧きました。
    自分の事ならこんなに落ち込まないのに‥とも思いました。
    東大の構内の四季の移ろいにも心が癒されたのを思い出しました。
    annyさんが辛いと皆も悲しくなるので‥。
    体調に気を付けて下さいね。

    • anny703

      ringさま
      ありがとうございます。前田先生に「おなせん(同じ先生)の方がコメントをくださったのですよ!」と伝えておきました。
      どなただろう? ととても気にされていましたよ。
      東大の四季折々の雰囲気、私も何年も通っているのでほんとうに自分の一部のように感じています。
      すばらしい場所ですよね。
      あまぱんは余命宣告をされていますが、残された時間をなるべく笑顔で過ごすために自分にできることをやっていこうと思います。
      あまぱんは穏やかに生きてくれています。それだけでもとてもありがたいです。

コメントを残す




*