ポテコテヤマシッター♥


※blogを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

ブログにうれしいコメントが来ました。前田先生の患者さんからと、愛犬の闘病をがんばっていらっしゃる方、読んでいて励みになります。感謝。

IMG_3449

 

 

私は大昔、愛猫かつくんと暮らしていた頃、かつの辛い病状をありのままblogに書いたら「安楽死をさせてやれ!」と非難を浴び、その後コメント欄が炎上したことがありました。

 

 

まだかつは生きていたのにひどいと思いませんか?

 

 

傷ついたし悲しかったです。

 

 

かつの家族は私なのに、なぜかつのために1分も使わず、1円も出さない方に上から目線で指示をされなければならないのでしょう。なぜ自分の価値観を私のblogで私に押しつけてくるのでしょう?

 

 

本当に意味がわかりませんでした。

 

 

たぶんその方なりにかつに思い入れをしたのだと思いますが、私はトラウマに……。以後、後ろめたいことなどしていないのに、うちの医療ケアを紹介するときはほんのり緊張します。

 

 

闘病中のお子を抱えているときに事情を知らない方に文句を言われると苦しさが倍増しますよね。「やるべきこと」「やらないこと」は自分で決断したいです。

IMG_3450

 

 

あまぱんは明日東大病院でいろいろな検査を受けます。

IMG_3412

 

 

前田先生に現況を伝えているので先生も細かく診てくださるでしょう。また輸血かな? 費用がかさむので少しでもお金を稼ぐことも考えないといけませんね。

 

 

ということで火曜の夜と水曜の朝、大好きな卒業生たちの元へシッターのバイトへ行きました。お馴染みのポテチ&コテツ+ヤマト家です。

 

 

夜のバイトの直前までいっしょにいたMIHOさんが近所のそば屋でゴージャスな定食をサクッとごちそうしてくれました。MIHOさんありがとう。元気が出たよ。

IMG_3550

 

 

おじゃまします。里親きーやんさんが自ら保護したヤマト坊を激写♪

IMG_3551

 

 

「来たの?」

IMG_3552

 

 

ノラスタにも登場しているジャイアン改めコテツが接待係をつとめてくれます♥

IMG_3560

 

 

ごはんもリビングでペロリ

IMG_3554

 

 

きーやんさんちの子たちは食いしん坊ですが、かなりシャイ。隠れてしまうため、家族以外の人間が出したごはんを残してしまうのです。残した分をほかの子が食べてしまうと下痢と嘔吐が起きるので置き餌をせず、「みんなに均等に食べさせる」を意識しています。実はこれがなかなかむずかしい。

 

 

ベッドから半分身を出して食べるヤマト坊

IMG_3555

 

 

完ぺきに姿を消すツチノコポテチ(ポテチもノラスタ出てます)

IMG_3561

 

 

室内へ入ってすぐ、ベッドの下に私が潜り込んで、ちゅーるをまぶしたごはんをポテチの前にそっと置くのです。すると食べてくれる率が高い!

 

 

ムダに刺激を与えたくない私は、できればフラッシュを焚きたくありません。でも、きーやんさんに写真を送りたかったので一枚だけがんばってもらいました(笑)。

 

 

コテツ、ヤマト坊、ポテチの順で完食

IMG_3562

 

 

ふふ。空のお皿を洗う気持ちよさ♡♡♡

IMG_3563

 

 

写真つきのラインも送りますが、細かい内容は置手紙にしています。

 

 

翌朝

IMG_3592

 

 

「また来たの?」

IMG_3593

 

 

「ごはんいただきますっ」

IMG_3594

 

 

微妙な心境で食べるヤマト坊

IMG_3595

 

 

大丈夫大丈夫。

 

 

夕方お父さんお母さんが帰ってくるよ。きーやんさん夫妻が帰宅すると幽霊化していたポテチがノソノソ出て来て鳴いてさびしさや不満をぶちまけるそうです。面倒くさいけれど、かわいいよのう。

 

 

朝もしっかり食べてくれました。排泄もいい感じ。

 

 

きーやんさん、ポテチとコテツをたいせつに育ててくださりありがとうございます。

 

 

またのご依頼をお待ちしています♪

 

 

きーやんさんちを出た私は電車で中央区へ健康診断に行きました。

 

 

適温の院内でただひとり分厚いベストを着て震えていた私。完全におかしいね(苦笑)。午後も予定が入っていましたが、検査後体調が悪くなった私は病院の安静室で30分横になりました。真夏に毛布をかぶって暖を取っています。どうして?

IMG_3596

 

 

あ、もうこんな時間。あまぱんへのごはんなど、やることが残っているのでこの辺で失礼します。

 

 

おやすみなさい。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*