そらのお届け

土曜、ユキちゃんと一緒に、ととのお届けへ行きました。
車の手配がつかず、路頭に迷っていたところ、ととの新しいご家族になるパパさんのご好意により迎えに来ていただくことが出来ました。大荷物だった為、本当に助かりました。ありがたかったです^^

ととの新しいお名前は「そら」。

とっても清々しくて良いお名前で、お名前が決まってからそらと呼んでいたのですが、「そらー!おいで!」と言っても、3頭まとめて来ちゃったり^^;ある いはあおいが来ちゃったり^^;まあ、まだ分からなくて当たり前だよね^^; これからいっぱい素敵なお名前で呼んでもらって、ゆっくり覚えていくんだも んね!

新しい家族を募集して出会ったのが、そらのパハさん゚ママさんそれから息子さん。
東京都在住のご一家です。
とっても優しそうで、知的な感じの方で、そらの事を大切にしてくれそうと、ユキちゃんと意見がピッタリ合いました。犬を飼うなら、お金を出して買うので はなく、恵まれない子を!という事で、そらを気に入ってくれました。そらは甘えん坊気質なので(他の2頭も甘えん坊気質^^;)きっといい意味で、ご家族 に甘えながら成長していくんだと思います。

はじめて703号室に来てくれた日


800gしかなかったね(6月29日 2.20kg)


おにぎりみたいな可愛い顔♪


仲良しのあおいと(まんまるで毛もまだ短め)


写真撮影の間、小さなモデルさんはすぐに疲れて眠っちゃいました。


だから写真は殆ど寝顔ばかり(笑)。


本当なら、この時点で保護する事も出来たのですが、母犬のプリンともう少し静かな環境の病院で過ごさせた方が精神的に良いだろうと皆で判断し、他の兄弟達 と一緒に病院へ戻しました。その間に新しい家族を探し、お見合いの時、又703号室へ数泊させ、それから病院へ戻した後も、ちょくちょく行って顔を見て、 仲良しの看護士さんや先生に様子を聞き、その後数日預かって、お届けの運びとなりました。

手を抜いたつもりはありませんが、この間も、他の保護活動や、去年亡くなった私の父親の法事のことや、かつくんが具合悪くなってしまったりとバタバタして しまい、そら達には申し訳ないことをしてしまいました。私にもっと力があったら良いのに、家がもっと広かったら良いのに、私以外の誰かがやったら、もっと うまく出来たのかもしれない、もっともっと時間が欲しい・・・。色んなことを考えましたが、これからはきっと、新しい家族があなたを幸せにしてくれるか ら、その点では私はとても安心しています^^

新しいお宅へは、数時間後にお届け予定のうさおも連れて行きました。
(うさお、そらのケージ内で足が伸びきっていますね・笑)


ボロカメラで分かりづらいかもしれませんが、パパさんお手製のケージでくつろぐそら


素敵なお宅には、ご両親も一緒に待っていてくださいました。皆さん犬好きで優しそうでした♪


お兄ちゃんと一緒に!


はい、もう1枚!!


ケージは大きめなので、そらがのびのび見えました。


1日経って、夜鳴きをしたそうですが、我が家に居るあおいも同じなので、もう少しすれば落ち着くと思います。生後8週(8週と2日)越えていますので、 ちょっと兄弟が恋しいのかも?本で調べてみたのですが、子犬は移動した日から3日ほどは良く鳴く事があるそうで、これから新しい生活に少しずつ順応してい けば問題ないと思います^^

色々な選択肢がある日本で、そらの新しいご家族は、いのちを買わず、そらと暮らすことを決めました。こういう方が増えることは、私たちにとって希望が増えるということ。

無知だった私は、犬を買った経験があります。
でも、お金を出して買ったベベと、お金を出さずに飼っているナナ・かつくん・リルの間に差は一つもありません。皆とっても大切で、皆大好きです。だからこそ、思います。

良い犬は、店に置いてあるとは限らない。
良い犬は、何処にでも居る。
良い犬かどうかは、それを見る人間で決まる。
犬の容姿や血統に激しく拘るか?
心を育て、中を見るか?
人間の見方が正しければ、悪い犬は1頭も居ない。
ちゃんと向き合っていれば、簡単に分かること。
解決できない問題は少ない。
良い人間の横には、良い犬が寄り添う。
きっと日本には、良い犬しか居ない、居ないはずだと。

次回は、うさちゃんのお届けの様子を~♪


スポンサーリンク





卒業生を訪ねる旅1

この前の祝日は、チチと卒業生を訪ねに行きました。そう、ACO改めそらちゃんに会って来たんです♪

 

もう、可愛くて可愛くて、ビックリする位でした。そらは、6㌔台の非常に小柄な女の子。写真だと、中型の茶色のよく居るMIXに見えますが、実物を見た方 は皆その小ささと、黄金色の美しい毛色・シルクのような毛質に驚きます。美しい・・・。本当に美しい。。。今まで多数の卒業生が居て、それぞれ可愛くて、 私は皆大好きなのですが、個人的にそらの外見が一番タイプかも。実物をお見せしたいですよ。本当。

チチに抱っこされて


703に居た時は、私がいつも怒ってばかりいたからか、無愛想でしたが(爆)訪ねた時は、ウレションまでしてニコニコ大歓迎を受けてしまいました♪カワイイ♪


703に居た時(アコ頭巾としてクイズで活躍してくれました!)


里親さんの杉浦さんご夫妻に美味しいお茶を入れていただいたり、手作りのお寿司を頂いたり、とても楽しいひと時を過ごしました。センスの良いお宅で、時間 が経つのも忘れるほど!杉浦さんは可愛い外見と少しギャップのある面白い性格で、お話していて飽きません^^ とっても知的で多趣味ですし・・・。でも、 そらと暮らすようになってからは、そら中心の生活だそうで、殆どお留守番させていないそうです。最近は、ご主人がお仕事へ出かけた後、そらを連れて山登り にも出かけるとか。。。勿論、登山靴を履いてですよ!すごいですよね(笑)。そらは本当に幸せな女の子です。

皆で公園にも行きました!(長いリードに付け替えてボール投げタイム)

 

ママと一緒に遊びます!


走った後、ちゃんと持ってきてくれるんですよ♪


他の犬ともご挨拶!


こんなに幸せなそらも、今の環境からは想像もつかない時期がありました。フィリピン人に飼われ、放置され、狭いアパートに1頭で8ヶ月弱暮らしたあと、ホームレスに引き取られ土手で半年位生きていました。詳細はこちらこちらをご覧ください。

犬猫は、それぞれが生に向かって歩いてる。その本質を知って、その本質を愛して、その本質を許す人間以外は飼うべきではない、誰もが犬や猫と暮らせるわけ ではない、とても残念ですが、犬や猫と暮らせる人間と、暮らしてはいけない人間が居ます。犬猫と暮らせない人間は、収入や人種によって決まるのではなく、 その心が歪んでいるかどうかで決まる、そう思います。どんな環境に陥ったとしても、最期まで愛し抜く、それが出来る人間が飼うのは素晴らしいし豊かな事で すが、少しの環境の変化で自分に寄り添い続けてくれた彼らをゴミのようにぽいっと簡単に捨ててしまう人間も多い。

だから私はそらと出会ったんです。
本当なら、出会いたくなかった。
出会わなければならない環境に、そらが居たから。
それでも、私と出会って、本当の幸せを掴んだそらはまだいいでしょう。

今のこの一瞬も、救いの手が来ない「昔のそら」は沢山居ます。
「助けてください」と声を出すことも出来ない。
そこから逃げ出すことも出来ない。

犬猫を家族だと思える方だけが飼ってください。
家族を愛するのと同じ気持ちで、犬猫を愛してください。
そして、是非、里親制度を利用してください(笑)。

そら、良かったね!!

 

それから・・・
まるくんの 近況ですが、最近、体調が少し良くなって保護主さんが病院へお見舞いに行くと、一段と甘えん坊になってフミフミするそうです^^食欲もあってカリカリを食 べれるようになったとか!体調が良くなっても飛行機が心配なので東京への空輸は見合わせていますが、このまま元気になってくれることをただ祈るばかりで す。何か進展がありましたらお知らせしますね!

少し前の写真ですが、カリカリを食べるまるくん♪

 

★おまけ★

「ハハ、そらちゃんと公園へ行ってボールしたの?(怨)」


「イイナ・・・。あたしも少し遠くまでお出かけしてみたい。。。」


リルは土手で、そらが先に保護されるまで半年間隣同士のテントで暮らしていました。

「ぼくもナナちゃんもお留守番だったのに(恨)・・・。」


「ぼくはいつもお留守番だけどさ(涙)。」

スポンサーリンク





輝くそら

とわが3日、ACOが4日に卒業し、何だか家が広く感じます。まだ8頭も居るのですが、どうや ら頭数の問題ではないようで(笑)私とチチは軽い喪失感に悩まされています。けれど、私たちの希望通り、幸せになってくれたので、軽い喪失感と充実感を天 秤にかけたら喪失感は軽快に心の渦の中に飲み込まれてしまいます。愛しい彼らを絶対に忘れはしないけど……。

ACOは、6キロ台の小柄な体で、ちょっと生意気で、それでいて最高の毛並みと目ヂカラを持ったエキゾチックな犬でした。土手で初めて会ったのは、昨年の6月。昔の記事を読んで経緯を知っている方も多いと思いますが、初めてあった日から、私はACOに惹かれていました。

この犬を救いたい。
土手から出したい。
そう思って毎日毎日考えこみました。
だから保護できた時は、今死んでも後悔など何もないと思うほど嬉しかったです。

来たばかりのあなたは


いつも淋しそうにしていましたね。


あなたと言葉を交わすことが出来たら


少しはその淋しさを共有できたのに……。


だからせめて、あなたに光を与えたかった。あなたがとても好きだから。


お渡しする前の日は、ハハ妹の家にACOとナナを連れて泊まりに行きました。703にはチビ犬も沢山いるし、ACOとゆっくり過ごしたかったので。

ACOとナナとハハ妹の飼い犬まめ。


女の子同士、楽しかったね!


少しは落ち着いて過ごせたかな?

ACOがACOとして生きるのは、この日まで。
次の日からは、そら(宙)として生きていくことになります。ACOという名も悪くなかったけれど、そらという名はもっと素敵だね。あなたを待ちわびている新しいご家族がつけてくれた素敵な名前。無限のそら(宙)は、あなたの目の輝きに良く合っているよ。

新しいご家族は、埼玉県にお住まいのご夫妻。お渡し前に何度か会い、私のそらに対する思いをお話しました。奥様はいつも穏やかで、可愛らしくて、優しい方。私の思いに負けないくらい、そらを思ってくださっていました。だから昨日は、何の心配もなくそらを届けたのです。

新しいお宅は、マンションの最上階。


まるでモデルルームのように素敵でした♪


素敵なお家と


素敵な犬。


とっても絵になりますよね^^


私が紅茶好きと知って、素敵なカップで美味しい紅茶を淹れてくださいました。そらちゃんのために揃えた可愛いお洋服や(本当に可愛い)グッズを見せていた だいたり、とても楽しいひと時を過ごしました。どの洋服もグッズもイケてて、私はギャルのように?(笑)大騒ぎしました。今までつけていた赤いバンダナで すが、それも新調されていました。

チチは横で不安そう……。
私が羨ましがって無駄遣いするのでは?と勘ぐっていました(笑)。

帰り道、何だか爽快な気持ちになりました。
ただの雑種として生まれてきた犬が、色々な流転を繰り返した末、たどり着いたお城のような家。まるでおとぎ話です!

犬の輝きと比例する人間の輝き。
犬がキラキラ輝いて見えるとしたら、それは飼い主の輝きかもしれない。


そら、良かったね。
2ヶ月間、一緒に居てくれてありがとう。
昨日のあなたは、今までで一番輝いていましたよ。

どうか信じられないくらい、長生きしてください。

スポンサーリンク





大地とそら

小さな頃、犬や猫を拾って帰ると決まって「捨てて来い」と怒られました。亡き父には悪いけれ ど、いつも悲しかった。一度抱き上げた犬や猫を元居た場所に捨てるほど、虚しいことはありません。気がつくと、私は犬や猫や、自分より弱いあらゆるものを 見ないようになっていました。そして更には、見てもどうも思わない青春時代を送りました。だって命は、捨てて当然でしょ? そうパパが言ったもの。

遠い回り道をしてきた私から一言。

親が言ってはならない代表的な言葉が「お前なんか生まなきゃ良かった」。そしてもう一つは、優しい気持ちで連れて帰ってきた犬や猫を「捨てて来い」。言い 方を変えてもダメですよ(笑)。子供はバカではないから。「元の場所に戻してきなさい!母猫がこの子猫を探してるわ」など、子供の心には通用しません。 「捨てて来い」と全く同じ意味だと分かってしまいます。

命とは慈しむべきものではなく、捨てるものなんだ。邪魔なんだ。
弱いものは、切り捨てられて当たり前なんだ。
子供は無意識のうちにこういうことをあなたから学びます。
そういう子供が歩む人生は、決して豊かなものではありません。
可哀想なくらい淋しくて、虚しい人生です。

なら、どうするべきか?

飼えないなら、里親を見つけてください。そしてその姿を子供に見せつける。たっぷりとしっかりと。子供はあなたを誇りに思うでしょう。あなたの子供として 生まれたことを心底喜ぶ。そこから巣立った子は、揺れない誇りを体に刻んで、素晴らしい人生を送るでしょう。大きくてまぶしい人格者になって。

さて、本題です♪
今年最後になるであろう?子猫の里親募集です。
里親会のときは、まだとても小さくて、健康状態が不安定だったので募集を見送りましたが、可愛い盛りになり、健康状態も完璧なので、新しいお家を探すことになりました。

1ヶ月半前にハハ妹が抱っこして撮った時


黒白の女の子は、目に傷があるので、みなちゃん(保護活動仲間)の知り合いが引き取ってくれることになりました。元は4兄弟でしたが、保護した翌日に1匹 亡くなってしまったので、今回は2匹の募集です。亡くなった子の分まで幸せにしたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

天使のように可愛い大地君(♂)と


天使のように可愛いそらちゃん(♀)


長い尻尾を丸めて同じポーズ♪(左♀ 右♂)


健康状態最高で、犬猫共に仲良く暮らせます。現在2ヶ月半過ぎ。お留守番も出来ます。甘えん坊達のお家を探しています。やばいくらい可愛いです! お心ある里親さんを募集しています。

それから……朗報です!

5年間虐待され続けたヨーキーのココアの里親さんが決まりました!


少し早いと思われるかもしれませんが、保護場所がないココアは現在、病院内の狭いケージの中で暮らしています。今回は応募が多数あり、また現在の状況か ら、一日も早く里親さんのお宅で生活させてやりたいと思い、スピードをアップしました。里親さんはとても素晴しいご夫妻なのでご安心を。5歳で、心臓に雑 音があり、オシッコすると殴られるため、長年に渡り我慢を重ねた結果、膀胱炎になってしまい、足も変形してる。正直、同情だけでこの子を飼うのは出来ない と思います。それらを全て承知で、明るく迎え入れてくださる里親さんに心より感謝です。今迎え入れる準備をしてくださってますので、18日のお届けが楽し みです^^UPしますからお楽しみに~。

新しいお名前も決まりました。
苦労しても尚、一生懸命力強く生きている小さなココアにぴったりの素敵なお名前です。それもお届け後のお楽しみとして、今はまだ内緒にします(笑)。

大地とそら、ココアは703で保護していませんが、写真撮影などは703で行いました。保護仲間みんなが口を揃えて誉めてくれます。「ここに居る子はなんていい子なの? 他の犬猫が来てもとても穏やかで優しい……」


ありがとうね。


いつもありがとう。


常にハイパーな君は、ちょっとうざかったかな(笑)。

スポンサーリンク





ACOの嘆き

あたしの毛はふわふわでサラサラ……。
ハハは毎日、何万回もなでなでしてくれるの。

もうこの上なく綺麗で軟らかい毛並みなの。最高の可愛い子だわ♪ 食べちゃいたいくらい大好きよ。子狐ヘレン似だわ!
と、まあこんな感じで。


そしてお外へ行くと必ず、「あ、子犬ですか? きれいですね! まめにお手入れしてるのね。とても可愛い子だわ!」と言われるの。ハハは満面の笑みで嬉しそう。

ええ、まあ。お手入れが趣味なので。暇さえあればやってます」とか言ってるけど全部嘘(呆)。703号室へやってきてからまだ1回しかシャンプーしてないし、ブラッシングなんてチチが1回してくれただけ。きれいなのはもとからよ。フンっ。

でもこの前、


理由あって、べべちゃんも、ナナちゃんも、あたしもお風呂場に連れて行かれて、みんな一斉に洗われちゃいました(涙)。

理由は……。

ほら、


これ。


来ちゃったから……。


あたしは嫌だったの。


迎えになんか行きたくなかったもの。

ささ、ハハと交代ね!
ACOちゃん、シャンプーお疲れ様! よく頑張ったね。って事で、金曜の夜、新しい子来ちゃいました(笑)。みんなを乗せて車で入院先の病院まで迎えに 行ったのですが、あまりの臭さに私とチチは鼻がおかしくなるかと(涙)。嘔吐反射が止まらず、生きた心地がしませんでした(泣)。接触したので、みんな シャンプーの刑。臭い匂いプンプンで登場したのは、とわ(永遠)くん。2歳。3回以上洗っても、まだ少し匂いが染み付いていました……。どうしたらい いの(嘆)。猫みたいにグルーミングしてくれないかしら……。

経緯は今度UPしますが、ちょっと可哀想です。まあ良くありがちですが。

赤ちゃんを作りたいご夫婦が犬猫を飼うのは反対ではありません。
でも、せっかく男女が愛し合い、いのちを育むのなら、傍にいるいのちを粗末にしないで下さい。犬猫は壊れたぬいぐるみではありません。オモチャではありま せん。犬猫を手に入れたときから、彼らの運命は飼い主の掌に委ねられています。彼らは無限大の可能性を秘めています。だからこそ、よき方向へ導いてくださ い。人間として、安っぽい生き方をしないでください。 もう! 多いですよ……。この手の飼育放棄理由。

あ、何となく分かっちゃいました?

とわと名づけたのは、もとの名前に似ているのと、永遠に幸せになってもらいたいとの願いからです。見ての通り、天使の様なコーギーです。ただ、社会性がゼロですが。

今日は、友人である訓練士を招いて、猛特訓。

何を?

勿論、「全てを」です。

で、その頭の良さに驚きました。
すごい。すご過ぎる。
手をかけたらメチャクチャすごい犬になりますね。これは……。

とわが来てから、かつくんは違う部屋に引きこもってしまいました。


「だって、僕を追い回すから怖いんだもん」だそうです。
かつくんにも怖い犬がいると言うことをはじめて知りました(驚!)。

クイズ、月曜の22時まで受付中です。
フードと花器、人気ゼロ。
競争率ほぼなしですので(笑)、狙いやすい穴かも……?!

~お知らせ~
幸せの703号室」が雑誌WanDayの第3号で紹介されました。
好評発売中です。良かったら見てください♪

スポンサーリンク