卒業生を訪ねる旅1


この前の祝日は、チチと卒業生を訪ねに行きました。そう、ACO改めそらちゃんに会って来たんです♪

 

もう、可愛くて可愛くて、ビックリする位でした。そらは、6㌔台の非常に小柄な女の子。写真だと、中型の茶色のよく居るMIXに見えますが、実物を見た方 は皆その小ささと、黄金色の美しい毛色・シルクのような毛質に驚きます。美しい・・・。本当に美しい。。。今まで多数の卒業生が居て、それぞれ可愛くて、 私は皆大好きなのですが、個人的にそらの外見が一番タイプかも。実物をお見せしたいですよ。本当。

チチに抱っこされて


703に居た時は、私がいつも怒ってばかりいたからか、無愛想でしたが(爆)訪ねた時は、ウレションまでしてニコニコ大歓迎を受けてしまいました♪カワイイ♪


703に居た時(アコ頭巾としてクイズで活躍してくれました!)


里親さんの杉浦さんご夫妻に美味しいお茶を入れていただいたり、手作りのお寿司を頂いたり、とても楽しいひと時を過ごしました。センスの良いお宅で、時間 が経つのも忘れるほど!杉浦さんは可愛い外見と少しギャップのある面白い性格で、お話していて飽きません^^ とっても知的で多趣味ですし・・・。でも、 そらと暮らすようになってからは、そら中心の生活だそうで、殆どお留守番させていないそうです。最近は、ご主人がお仕事へ出かけた後、そらを連れて山登り にも出かけるとか。。。勿論、登山靴を履いてですよ!すごいですよね(笑)。そらは本当に幸せな女の子です。

皆で公園にも行きました!(長いリードに付け替えてボール投げタイム)

 

ママと一緒に遊びます!


走った後、ちゃんと持ってきてくれるんですよ♪


他の犬ともご挨拶!


こんなに幸せなそらも、今の環境からは想像もつかない時期がありました。フィリピン人に飼われ、放置され、狭いアパートに1頭で8ヶ月弱暮らしたあと、ホームレスに引き取られ土手で半年位生きていました。詳細はこちらこちらをご覧ください。

犬猫は、それぞれが生に向かって歩いてる。その本質を知って、その本質を愛して、その本質を許す人間以外は飼うべきではない、誰もが犬や猫と暮らせるわけ ではない、とても残念ですが、犬や猫と暮らせる人間と、暮らしてはいけない人間が居ます。犬猫と暮らせない人間は、収入や人種によって決まるのではなく、 その心が歪んでいるかどうかで決まる、そう思います。どんな環境に陥ったとしても、最期まで愛し抜く、それが出来る人間が飼うのは素晴らしいし豊かな事で すが、少しの環境の変化で自分に寄り添い続けてくれた彼らをゴミのようにぽいっと簡単に捨ててしまう人間も多い。

だから私はそらと出会ったんです。
本当なら、出会いたくなかった。
出会わなければならない環境に、そらが居たから。
それでも、私と出会って、本当の幸せを掴んだそらはまだいいでしょう。

今のこの一瞬も、救いの手が来ない「昔のそら」は沢山居ます。
「助けてください」と声を出すことも出来ない。
そこから逃げ出すことも出来ない。

犬猫を家族だと思える方だけが飼ってください。
家族を愛するのと同じ気持ちで、犬猫を愛してください。
そして、是非、里親制度を利用してください(笑)。

そら、良かったね!!

 

それから・・・
まるくんの 近況ですが、最近、体調が少し良くなって保護主さんが病院へお見舞いに行くと、一段と甘えん坊になってフミフミするそうです^^食欲もあってカリカリを食 べれるようになったとか!体調が良くなっても飛行機が心配なので東京への空輸は見合わせていますが、このまま元気になってくれることをただ祈るばかりで す。何か進展がありましたらお知らせしますね!

少し前の写真ですが、カリカリを食べるまるくん♪

 

★おまけ★

「ハハ、そらちゃんと公園へ行ってボールしたの?(怨)」


「イイナ・・・。あたしも少し遠くまでお出かけしてみたい。。。」


リルは土手で、そらが先に保護されるまで半年間隣同士のテントで暮らしていました。

「ぼくもナナちゃんもお留守番だったのに(恨)・・・。」


「ぼくはいつもお留守番だけどさ(涙)。」

スポンサーリンク





コメントを残す




*