うちの赤ちゃん


※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

すでに明け方ですが、信くんの様子が気になって眠れません。

1111111 (5)

 

 

信くんは少し虚ろな表情を浮かべています。舌の白さ(貧血)も気になります。

1111111 (1)

 

 

そばでジッと信くんの寝顔を見ていたのですが、信くんが休まらないと困るので、今、信くんから離れてパソコンを立ち上げました。こんなときこそ信くんのかわいい写真を皆さまに自慢したくなったのです。うちに生きる子たちは、一生けん命で、そのまっすぐさに圧倒される日々を送っています。

 

 

Twitterにも動画で載せたお水を哺乳瓶で飲む信くん

1111111 (2)

 

 

まるで乳飲み子ですね。

1111111 (3)

 

 

心がくすぐられます。愛らしい姿が、切なくもあります。

1111111 (4)

 

 

先日はニトリで買った「猫を抱っこできる毛布」を巻きスカートみたいに履いて(ちゃんとそれ用に止めるボタンがついているのですよ)中に信くんを入れてみたのです。

1111111 (8)

 

 

ポケットには信くんが入っています。カンガルーの親子みたいですね。

1111111 (6)

 

 

やあ信くん、気に入った?

1111111 (7)

 

 

ぬくぬくとあったかいね。

1111111 (9)

 

 

ちょっとは信くんの温活の役に立っていますか?

1111111 (10)

 

 

正直、信くんは12月までは生きられないと予想していました。

 

 

信くんがここまでがんばれるとは思いませんでした。

 

 

本音は、信くんを連れてこのまま2021年を逃げ切りたい気持ちです。

 

 

2022年の1月に、信くんは703号室に来て1年が経ちます。

 

 

そのお祝いを、私はどうしてもしたいのです。

 

 

でも、信くんの寿命は私にはハッキリとはわかりません。

 

 

だから祈りながら、丁寧に丁寧に足りないものを補う生活をつづけています。

 

 

月曜日まで生きてくれたら、(キュートな印つきの)造血ホルモン剤を打ちます。

 

薬の効き目は約2か月程度だとされるので、まずは2か月しっかりと効果を発揮してほしい。

 

 

その先のことは残念ながら、わかりません。

 

 

けれど、一日、一日、胸に小さな欲と希望をもって、信くんと向き合っていく所存です。

1111111 (11)

 

 

信くんには703号室にいてほしい。

 

 

うちの家族、私の息子だから。

 

 

皆さまもいっしょに祈ってくれたら幸いです。失いたくないです。失ったら悲しいから。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す