扱いのわからない服たちに囲まれて(今日のできごと)


来たばかりの頃の保護猫あゆむくん

ffffffs (12)

 

 

ケージの隅っこでどこか緊張顔

ffffffs (10)

 

 

「ぼく いろいろと戸惑っています」

ffffffs (11)

 

 

そしてこちらが最近のあゆむくん

ffffffs (1)

 

 

お友だちに囲まれて、日に日に家猫らしさが増していますよ。

ffffffs (16)

 

 

とはいっても、まだケージ限定の話で、ケージの外で触ろうとすると逃げてしまいます。

 

 

だから急がば回れの精神で、あゆむくんと信頼関係を結んでいきますね。

 

 

「寒くなってきたな」

ffffffs (13)

 

 

「おれはいつも膝の上でぬくぬくだけどな」

ffffffs (15)

 

 

※私(下僕)の二重あごはスルーでお願いします。

ffffffs (14)

 

 

さぶを冷やさないよう、夜な夜な、心を込めてひっついていますよ。幸せ♡

ffffffs (2)

 

 

さて、今日はゆちゃんが一瞬、フラッとうちに来ました。

ffffffs (3)

 

 

ゆちゃんちの愛猫ゆげは、日本に例をみないレベルの重い病気と闘っています。ゆげの症例は世界でも数例あるかないかゆえ、ゆげを診ている東大の先生方(外科、呼吸器内科)や大巻先生は、「勘」と「経験値」と「考察力」で、診察、手術、治療をしているのです。

 

 

そのゆげを支えるゆちゃんは本当にすごい。働きながらだから、簡単なことじゃないですよ。

 

 

ゆげは素晴らしい家族に保護されたラッキーな猫だと思います。

 

 

みーちゃんもゆちゃんに抱っこしてもらってうれしいね^^

ffffffs (4)

 

 

毛艶がよくなった、若くなった、元気そう、と誉められました。長く生きそう、とも♪

ffffffs (5)

 

 

ふふ。ありがとう。みーちゃんは闘病しながらも、のほほんと暮らしています。

 

 

(ここからはウダウダ話です)

 

 

ゆちゃんが帰ったあと、週末恒例の「中掃除」を終え、私はとうとうクローゼットの整理に着手。縦長の極小ウォーキングクローゼット。使い勝手がとてつもなく悪いのが長年の悩み。数年に一度は着なくなった服を処分しないと、ウォークインなのに、クローゼットに入ることすらできません。

 

 

奥にしまったものがまったく取れないから、手前にある服ばかりを着てしまう。

 

 

そして自分がどんなものを持っているのかを忘れ、また同じようなものを買ってしまう。

 

 

それではムダを生んでしまうので、片づけることが大事なのです。

 

 

私がやっているのは、途上国への寄付(古着DEワクチン)

ffffffs (7)

 

 

3,300円の手数料を払い、服を入れる専用の大きな袋を購入します。その一連が、海外の子どもたちへのポリオワクチンに使われるほか、関係諸国で市場や雇用を生み出すのです。また、事業の一環が、日本で障がいを持つ方々の仕事にもなります。一石四鳥位ありますね(笑)。

ffffffs (6)

 

 

私にとっては有意義なことなので、自分の選択でつづけています。

ffffffs (8)

 

 

しかしこの仕分け作業が苦痛でたまりません。3時間かけて4分の1しかできませんでした。

 

 

第一、その服を二度と着ないかどうかなんて、もう自分ではわからないのです(涙)。

 

●お気に入りすぎて、もったいなくて着られない服

●まあまあ高価だけど着なそうな服

●安いけれどヘビロテの服

●たいして好きじゃないけれどなぜか着まくっている服

●好きでも嫌いでもない服

●存在自体を忘れていた服

●着たいけれど、着ていく場所と機会が限定される服

●加齢とともに、無理な若作りみたいになってしまう服

●清潔だけどシワシワで今さら着る気力がわかない服

●カッコいいけれどくつろげないし、楽には着られないタイトな服(体型が……)

●そもそも痩せないと着られない服(でも痩せれば着られるかもしれない服)

●何度も仕分けを搔い潜っているにも関わらず、結局は着ていない服……

 

 

などなどを前に私は茫然とし、意識が遠のくのを自覚しました。

 

 

結局、頭痛を理由に、中途半端に広げたままクローゼットに無造作に突っ込んでギブアップ。残りの4分の3は折を見てやるとします。目標は今月中。あくまでも目標、ですけど。

ffffffs (9)

 

 

まあ、人には「向き不向き」があるのでしょうがないですよねー!

 

 

さて、明日は2か所でのお仕事と、信くんの通院があるのでこの辺で失礼します。

 

 

記事もクローゼット同様中途半端でごめんなさい。

 

 

皆さま今週もよろしくお願いします。ペコリ。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





1件のコメント

  • いつか着るかもしれないけれど何年も着ていない服、もったいないけど着ない服は悩まず手放した方がいいです。考えると手放せないので考えずに、単純に今年も来年も着ないと思う服はしがらみなど考えずに手放す。冠婚葬祭等の服など特別な物以外は、消耗品だと思ってどんどん手放す。手放すと案外すっきりとして、そんな服があった事も忘れます。いつか着るかも知れない服は一生着ないと思います。何年も前の服は手放すのが賢明だと思います。そうでなければ家の中に服が溢れます。

コメントを残す