七色 4、ちっち


追記:下の文章は、数日前に70%程度書いたものです。七色や赤ちゃんたちの状態がまだじゃっかん不安定ゆえ、私もジェットコースターに乗っているように気持ちが変化し、感情的になっていた(る)部分もあります。本日も乱文をお許しください。

 

↓↓↓

 

七色ファミリーをあたたかい眼差しで応援してくださっている方に、残念なお知らせをしなければなりません。すでにご存じの方も多いかもしれませんが、七色の4匹の赤ちゃんのうち、「ちっち」と名づけた黒白の赤ちゃんが亡くなってしまったのです。

IMG_1462

 

 

ちっちは、1週間の命でした。

IMG_1464

 

 

ほかのきょうだいたちに比べちっちが小さいのと、(生後6日に)七色やきょうだいたちの仲間にうまくは入れていないことが気になり、翌朝、病院へ連れていきました。

 

 

七色は産後2~4日は比較的穏やかだったのですが、子猫たちがハイハイできるようになってからは、私が子猫に触ろうとするとものすごい勢いで人間に向かってきます。人間に自分の赤ちゃんを奪われたくないといった様子は、現在もなおつづいています。

 

 

いろんな葛藤が私の中にあったのですが、ちっちを病院へ連れて行ったときには、ちっちだけ人工保育に切り替えてでも無事に育てたいと考えていました。

 

 

ちっちは私がへその緒を切った3匹のうちの1匹でした。

 

 

せっかく生まれてきたのだから、生きてもらいたかったのです。

 

 

なのに私は図体ばかりがデカい役立たずで、ちっちを助けることができませんでした。

 

 

七色にもちっちにも大変申し訳ないことをしました。

 

 

正直なところ、どの時点でどうすればよかったのか、何百回も考えたのですが、いまだによくわかりません。ですが、なにかができたのに私はしなかったのかもしれません。

 

 

病院へ連れて行ったとき、妙なしゃっくり?(しゃっくりじゃないかもしれないです)をしたので、大巻先生に横隔膜(または脳)の先天的な異常があったのではないかと言われました。ちっちは精密検査できる大きさではないので、あくまで大巻先生の知識と勘と状況による推察ですが、大巻先生は私の信頼する獣医師のひとりですので、私も素直に受け入れています。それでも、現にうちのほほが先天性の重い水頭症を患いながらも、11年4か月生きてくれたので、ちっちについても可能性がゼロだったとは思えず、ちっちの死後、自責の念に悶々と締めつけられています。

IMG_1764

 

 

大巻先生の病院には、卒業生ポテチ&コテツ(+ヤマト)の里親きーやんさんも駆けつけてくれたのです。診察の時点では、私たちの胸にはまだ希望がありました。

IMG_1765

 

 

私はどうしても2時間だけ仕事に行かなければならないので、その間、ちっちはきーやんさんが授乳してくれました。きーやんさんとご主人に深謝しています。そして、ちっちはその後急変し、大巻先生、きーやんさん夫妻、私が見守る中、お昼すぎに天国へ旅立ってしまったのです。

 

 

自分でも想定外の打撃を味わいました。

IMG_1767

 

 

赤ちゃんが誕生したことがうれしくて浮足立っていた自分が恥ずかしいです。

 

 

ちっちの亡骸の写真の公開は控えますが、一度連れて帰って703号室に一泊し、次の日にお花を供えて病院葬をお願いしました。残りの3匹の赤ちゃんについては無事に育つことだけを祈りながらケアしています。とはいっても、七色は現時点で私を完全に信じてはいませんので、私やチチが赤ちゃんにさわるのを警戒します。1日に1回の体重測定がやっとといったところです。

 

 

大巻先生も中島先生とemi-goも「母猫に任せる以上、母猫の性格を考えると、自分たちなら体重測定すらしないかもしれない」と話していました。決していいかげんなことを仰っているのではなく、むしろ絶えず生死と対峙する先生たちの広義的で深い愛情を感じる発言だと私は受け取っています。

 

 

ですが、やはり赤ちゃんたちの体重だけは知りたいので、1日に1回、なるべく手際よく(30秒ずつ)、七色がちゅーるを舐めている隙に赤ちゃんを借りて体重を計っています。増え幅が悪い日は吐きそうなほど心配ですが、とにかく母猫が栄養を摂ってお乳をたくさん出せるよう、七色の生活の質をまじめに考えています。母猫が快適なら子猫たちはスクスクと育つはずだから。

 

 

「母猫の出産と育児は、母猫の生理現象です。その生理現象と生き物としての自然の摂理を尊重してください。田辺さんが関わるのは最低限でいいとぼくは思います」

 

大巻先生の言葉にハッとしました。

 

 

自分もそれをめざしていたつもりだったけれど、ちっちを失ってからはいろいろわからなくなり、周りが見えなくなってしまったのですね。後半のほうは、たった今、書き足しています。あたたかいまなざしで見守ってくださる皆さまに、ご報告をさせていただきました。肩に力を入れすぎずに、しかし、ちっちの死を無駄にしないことを強く意識しています。

 

 

ちっちが確かにいたことを、4匹で生まれてきたことを、忘れません。

 

 

合掌

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す