まあるいミミ玉と明るいあまぱん


昨日は母の家に泊まりに行きました。同じベッドで並んで寝て楽しかったです。

 

 

朝、帰宅すると保護猫ミミ玉が甘い声を発して「お帰り」を言ってくれたんです。

0otomari (6)

 

 

お腹が空いていただけかな? でもすごくうれしかった♡

0otomari (5)

 

 

昼すぎのミミ玉は寝ぼけています。

0otomari (8)

 

 

ミミ玉のまあるいフォルムが好物です。

0otomari (7)

 

 

ピンクのシュシュでオシャレするミミ玉

0otomari (10)

 

 

イケてますね♥

0otomari (9)

 

 

未来の家族に縁を繋ぐまでがんばりますのでどうぞお見知りおきください。

 

 

さて、先週末の話題を少し^^

0otomari (20)

 

 

まなちゃんが泊まりに来てくれました。

0otomari (18)

 

 

みんなでわいわいしゃぶしゃぶを!

0otomari (4)

 

 

遊びに来たのが半分、残りの半分は活動の用事。お互い「個人」で細々と猫たちの保護譲渡をしていますが、助け合える部分もあるので定期的に会っています。

 

 

私たちは「数より質」を重視し、一頭一頭をだいじにするスタイルを取っています。

 

 

ミミ玉にちゅーるをあげてもらいました。

0otomari (16)

 

 

ミミ玉はふだんチチや私しか見ていないので、こうしたコミュニケーションは大切ですよね。おとなしいミミ玉ですが、人見知りせずにおやつをもらえました。えらーい♪

0otomari (17)

 

 

発泡酒で乾杯

0otomari (19)

 

 

おしゃべりタイム

0otomari (21)

 

 

翌朝はまなちゃんにリルの皮下補液を体験してもらいました。

0otomari (1)

 

 

じょうず~! リル、気がついていません^^;

0otomari (3)

 

 

近々補液をすることになるかもしれないということでうちでレクチャーをしたのです。

0otomari (2)

 

 

ヒルズさんに提供してもらったごはんもまなちゃんの保護猫くりぼーにほんのりお裾分け。ふふ。保護猫たちの口にちゃんと入っています。まなちゃん、また来てね。

 

 

ちなみに前回泊まってくれたときはあまぱんがまだ生きていたのですよ。

0otomari (13)

 

 

MIHOさんと3人で「保護猫アピール」の簡単な作戦会議をしたのです。

0otomari (14)

 

 

お客さん大好きのあまぱんが張りきっていたのが懐かしい。

0otomari (11)

 

 

体調が悪かったはずなのに、「添い寝したい、するする」と出しゃばってきたあまぱん

0otomari (15)

 

 

まなちゃんから届いた写真を見て、余計にあまぱんが好きになりました。

 

 

あまぱんがくれたものの中でいちばん目立っていたのは「ポジティブな気持ち」と「明るい気持ち」。あまぱんを見るといつだって笑顔でいられたのです。

 

 

今、あまぱんはどこかで私を待っていてくれている気がします。

 

 

一生けんめい私の残りの余生を全うしてあまぱんに会いに行きたいです。

 

 

よーし! まずはミミ玉の運命の赤い糸をちゃんと結ばないと!

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*