心やすまる午後のひととき


皆さまこんにちは。11月ってあったの? というくらいあっという間に感じられた私ですが、師走も1日1日が早いですね。皆さまもお忙しい時期だと思います。

 

どうかくれぐれも体調管理をお気をつけくださいね。

 

 

さて、今夜も母の店でバイトです。

 

 

まかないも楽しみのひとつですが、前回は香腸の入ったチャーハンでした。

16 (12)

 

 

個人的にはエビチャーハンが好きだけど、香腸もおいしかったです。

 

 

母がノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)を5冊買ってくれました。

16 (2)

 

 

やった。うれしい♡ いつも変わらない気持ちで応援してくれてありがとう。

 

 

そうそう♪

 

 

前回、よっちゃんにいただいた「紅まどんな」を店に少し持って行ってみんなで食べましたよ。

16 (11)

 

 

甘くて濃厚なお味です。よっちゃん、ごちそうさまでした。

16 (13)

 

 

よっちゃん家に託した卒業猫ひの&くぅの愛らしい写真を添えて♡

16 (15)

 

 

ちなみに我が家も、似た感じの毛色のお嬢さまがのほほんと暮らしています。

16 (14)

 

 

この写真を撮ったとき、私は手に皮下補液用の点滴セットを持っていました。

16 (16)

 

 

慢性腎不全のみーちゃんですから、生きていくうえで補液が必要です。

 

 

だけどこんなにかわいい寝顔を見ていたら、起こすのが不憫になり、しばらく心の葛藤がつづいたという^^; まあ結果的に、いったん時間を置いてきっちりやりましたけど。

16 (1)

 

 

みーちゃんの中で、「警戒」と「リラックス」の割合がどんどんいい方向に変化しています。

 

 

すばらしいことですね。

 

 

さぶにも相変わらず、自宅でできることをやっています。

16 (4)

 

 

年が明けたら病院を予約しないとね。

16 (3)

 

 

「おれ 病院やだ」

16 (6)

 

 

うん。知ってる。

 

 

さぶは通院も投薬もシリンジごはんも補液も本当は大の苦手。

 

 

けれどよくつき合ってくれています。

 

 

私は毎晩、寝る前にさぶと2時間くらいベタベタします。

 

 

さぶを撫でながら、さぶが私にとってどれほど必要かを延々と話して聞かせているのです。細かな日本語はわからなくても、私の気持ちは絶対にさぶに通じていると確信しています。

 

 

さぶの委縮してしまった腎臓を元に戻すことはできない。

 

 

しかし、日一日、後悔の少ないように、さぶと濃厚な生活を送ることはできる。

 

 

長く闘えると信じることはできる。

 

 

そしてそのために残されたあらゆる最善を選択し、継続することができる。

 

 

私は最後の一瞬まで、さぶをあきらめないことをさぶに誓っています。

16 (5)

 

 

17歳と1か月のリルは来週検診へ行きます。腎臓が悪くなっていないか心配です。

16 (7)

 

 

後ろ脚が弱くなり、自力で立つのが困難になってきました。

 

 

でも、一生けん命にリルは自分の寿命を生きています。

 

 

最後に……保護猫牛丸も元気にしています。

16 (8)

 

 

こんな風にトライアル先でも先住なぁさんと仲よくできるといいね。

16 (9)

 

 

牛丸が我が家を巣立つのは淋しいけれど、全身全霊、牛丸の良縁を願っています。

16 (10)

 

 

皆さまもよい時間をお過ごしください。

 

 

私は今からリルとチチとお散歩へ行きます。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す