幸せの703号室へ


皆さまこんばんは。皆さまはお子たちのお世話にどのくらい時間がかかりますか?

 

 

私は2パターンあります。

 

 

「仕事や外出の予定がなくのんびりの日」「出かける日」

 

 

「のんびりの日」は起きてからみんなのお世話と家事を終えるとだいたい5時間かかります。

 

 

投薬と療法食を食べさせるのに苦労し、お世話時間が昔の倍以上に増えました。

 

 

老齢、闘病の子ばかりなので一口では言い表せないたいへんさです。

 

 

「出かける日」はダッシュでいろいろやって2時間程度でしょうか? 自分の身支度が約30分なので家を出るまでに合計2時間半かかります(汗)。

 

 

今夜は予定が入っていましたが、みんなとゆっくりしたかったので早起きし、ひとつずつ丁寧にこなしてみました。

 

 

べべ(ちんたらちょっとずつ食べる、大部分を残す)、ナナ、リル(草アレルギー治療中、食べ物に興味を示さないため毎食工夫と苦労)、ほほ、さぶ、あまぱん(お口の調子が戻らず食事の速度が遅い。量が少ない)へのごはんと投薬。あまぱんを除く全員に何種類もの薬を飲ませる。みんな逃げ惑うし、これだけでまず1時間以上かかるのです。

 

 

みんなの食事の合間に犬の手作り食もコトコト煮込んでみました。

 

 

ナナとリルの散歩やトイレの掃除、ジョイのトイレは丸洗い。砂総取り替え。

 

 

汚れたシーツ、マットを3回にわけて洗濯し、干し、乾いている洗濯物を畳んでしまう。

 

 

保護猫ジョイ、海子、サラダにごはん。

 

 

べべ、ナナ、リル、ほほ、あまた、さぶ、ジョイ、海子、サラダの総勢9名へおやつ。

 

 

掃除機をかけ、キッチンの洗い物を済ませる。

 

 

ジョイをケージから出して遊ぶ。海子と遊ぶ。サラダと遊ぶ。

 

 

べべ、ナナ、リル、ほほ、あまた、さぶへの声がけやスキンシップ。

 

 

気がついたらもう、夕方をまわっていて焦りました。

 

 

家にいるのに時間がいくらあっても足りないなんて。

 

 

でも満足。今日は特にたくさんふれ合えた気がするから。

 

 

 

iPhoneで撮ったへたくそ写真ですが、私からベッタリ離れないサラダ坊とババシャツが脱げパンツになってしまった海子嬢の姿を^^; ふたりともほんとうに元野良猫さんですか?

IMG_2830IMG_2837

 

 

 

こんなに甘えん坊が来ちゃったもんだから703号室は大騒ぎですよ(笑)。どうしましょう?

 

 

 

「お母さん・・・・・・時間・・・・・・」

IMG_2868

 

 

 

あ、そうだやばい。まだシャワー浴びていないのにもう40分しかない。

 

 

 

大慌てで支度し、家を出ました。

 

 

いや、実は出る直前にも一騒動。

 

 

心配性だから「鍵かけたかな?」「ガス切ったかな?」「コンセントぜんぶ抜いたかな?」「ケージ閉めたかな?」「危ないものはないかな?」のチェックに10分はかかります。

 

 

よって最近はちょい遅刻常習犯に(涙)。ついでに告白しますと外出自体も億劫の域に。

 

 

 

向かった先は眠らない街六本木。高校生以来25年のつき合いの友人のお店へ。友人の誕生日パーティに呼ばれたのです。体調不良のためキャンセルも考えましたが、私の誕生日は娘さんを連れケーキで祝ってくれたし、「おめでとう」のお返しはちゃんとしないとね!

IMG_2839IMG_2840

 

 

 

お酒がいっぱい! さすがに飲めないのでジンジャエールと持参のユンケルで乾杯しました。

IMG_2845

 

 

 

総勢40人くらいはいたかな? 年に数度会うメンバーも、なつかしいメンバーも。

IMG_2866

 

 

 

40代になってもティーンエンジャーの頃に遊んでいた仲間たちと会えるのはうれしいですね。犬猫保護関係のおつき合いはありませんが、だからこそ肩の力を抜けるのかも。

 

 

とはいえ1時間半でおいとましました。

 

 

風邪がぶり返しては困るし、子だくさんが私の帰りを待ってるもんで。

 

 

 

「おかーさー ごはん しこし くりさい」

IMG_2872

 

 

 

はいよ。ほほ、ただいま♪ お父さんごはんくれたでしょう? 足りなかった?

 

 

帰宅後、マーキングされた玄関マットを風呂場でせっせと洗う。こういうのは悲しい。

 

 

 

しかしジョイをケージから出しブログを書いてると、かわいらしいシーンを目の当たりにしました。

IMG_2880

 

 

 

穏やかな笑みを浮かべながら恍惚中のジョイとやさしくお手入れをしてあげるほほ兄。

 

 

 

たった3時間半の外出なのに、みんなに会いたくて仕方なかったのは、うちのお子たちと保護猫たちがあまりにも魅力的すぎるせいだと思います。

 

 

今もあまぱんが私のひざの上で喉を鳴らしています。

 

 

前より軽くなってしまったあまぱんですが、けれどやっぱりずっしりと、そしてあたたかいです。

 

 

幸せの703号室は愛が熟成されています。

 

 

皆さまのお家もきっとそうですね。

 

 

明日もいいことがいっぱいありますように。

 

 

おやすみなさい。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す




*