食べ物がほしい顔(ペタ、グッチ)


B型の猫さんいませんか? 命を助けるにはオペが必要で、オペには供血猫さんが必要です。飼い主さんのお気持ちを思うといたたまれません。B型の猫さんを知っている方はどうか一つ下の記事の連絡先まで直接ご連絡をお願いします。

【保護犬ペタと保護猫グッチが主役】

本日も簡単更新になりそうです。すみません。

ペタへのお問い合わせは順次お返事していますが、まだ届かない方がいましたら、ブログのコメント欄にてお知らせください。

テディベアのような外見のペタくん
クリックすると元のサイズで表示します

かわいさ満点です!
クリックすると元のサイズで表示します

ペタの視線の先にあるのは私の手ですが、私はこの時ひと粒のドライフードを持っていたのです。すごい食欲。必死です。
クリックすると元のサイズで表示します

自力で立ち上がることもできない……餓死寸前まで虐待された過去を持つ犬だとは思えないほどキラキラの目を輝かせ、食べ物を追い、おもちゃを追い、ひたむきに生きています。
クリックすると元のサイズで表示します

みんな生まれたからには生きたいのです。

それは人間も犬猫も同じですよね。

「あにょん♪ グッチだよ あたちも目先の食べ物に夢中です。チチ その手にあるかつおバーを はやく ちょうだいよ」
クリックすると元のサイズで表示します

グッチ嬢、野良猫時代は生ゴミで命を繋いできました。
クリックすると元のサイズで表示します

ペタのような故意で悪質な虐待とはちがうけれど、私はグッチも悲惨な社会悪の犠牲者だと思うのです。

本来、どの子も祝福されながら生きるべきなのに。

私たち人間は、自分の生活にとって「損をするか得をするか」だけにとらわれ、そこから漏れた者については、知らぬふりをしてしまうさびしい生き物になった気がします。

この子たちを守る知恵が、抱きあげる手が、私たちにはあるのに。

私は自分の愛猫たちと同じ姿をした野良猫たちが家もなく飢えていることに我慢できません。出会った子については全員保護したいです。だけどキャパがあるので、グッチを里子に出して次の子を家に入れるしか方法がないです。

グッチの里親に名乗りをあげてくださるってことは、次の野良猫、そしてまたその次の野良猫の活路を開いてくださるってことなんですよ。

グッチは家に入れましたが、今も外で生ゴミを漁っている猫たちがいます。慈悲深い皆さま、どうか私にその子たちを迎えに行く勇気とチャンスをくださいませんか?

犬のペタと猫のグッチは家族募集中です!

それにしてもこの顔……グッチあんたいったいどんだけ食べたいのよ?
クリックすると元のサイズで表示します

最後のグッチの写真、はあああああ悶える~♪

こんだけかわいい子が世界に存在するとはね(爆)。

※本日の写真は全部みいさんが撮ってくれました♪

☆☆☆お知らせ☆☆☆

にゃっ展 2014(http://nyan-nyan.com/charity.html)楽しみです。

私は5月3日の午後にお邪魔させていただく予定です。

にゃん太さんマイ太郎さんに会えるのも楽しみのひとつ。関係者の皆さま! がんばってくださいね^v ゜

明日はもうーすさんと待ち合わせて、一緒におーあみ避難所主催のパーティに行きます! お子たちはチチが見てくれるので助かります。次の日はチチの飲み会なので、私が終日家にいる予定。夫婦で力を合わせ、なるべくうちのお子たちや保護動物たちにさびしい思いをさせないよう心を配りながら日々の生活を楽しみたいです^^

皆さまもいい日々をお過ごしください。

LOVE!

スポンサーリンク





コメントを残す




*