通院とお知らせ(プップと濃ゆいお三方)


ツイッター情報
◆名前: anny
◆アカウント: @703_anny

なぜか今頃になって保護猫グッチのお尻からうりざね条虫っぽいのが出てきまして(汗)。慌てた私は駆虫薬ドロンタールを箱買い。

さっき卒業生千吉にもドロンタールを送りました。千吉はグッチと同じ空間に居たしね。薬だけだとつまらないからプレゼントのシュシュも同封して!

千吉の最新の写真です。かわいいなあ♪
クリックすると元のサイズで表示します

さあ、今日は最後の方にビッグでサプライズなご報告があるかも?

まずは保護猫プップの通院風景をご覧ください。

昨年11月のスクリーニング検査の結果、HCT値(貧血など)が若干低かったプップ。大巻先生と相談し我が家にいる間は念のため月1のモニターニングをすることに。

12月は微減

今回も下がりつづけていたら少し心配かな?

まずは顔色、体温、体重チャック(結果:異常なし)
クリックすると元のサイズで表示します

爪切り、耳の中のチェック(結果:異常なし)
クリックすると元のサイズで表示します

触診(結果:異常なし)
クリックすると元のサイズで表示します

スクリーニング検査のための採血ですが、ついでにウイルスチェックも依頼。なぜかって? プップは子猫の時に一度検査したきりなんです。まあ、当時陰性で その後陽転する理由がないからほぼ陰性でしょうが、スクリーニング検査のついでだから本猫に負担をかけないし、再度やってみようかと。
クリックすると元のサイズで表示します

結果ウイルス検査はマイナス。懸念事項だったHCTが横ばい
クリックすると元のサイズで表示します

3か月連続で検査していますが、これならまずは安心です。

しばしのブレイク
クリックすると元のサイズで表示します

心臓の聴診およびエコー検査
クリックすると元のサイズで表示します

前の聴診で若干雑音らしきものがあるような? ないような? ことを言われていたので先生の判断で検査することに。
クリックすると元のサイズで表示します

エコーでは100%確実な結果は出ませんが、もしかすると小さな穴のようなもの? が生まれつき空いているのかもとのことでした。あいまいな表現でごめんなさい。大きな異常はないので、これは極論というか……突き詰めての話なのです。

プップは元気に6年近く生きてきたから、この子の体質として受け止めた方が賢明だとの見解でした。

むずかしく書いてしまったけど、特に気になる部分があるわけではありません。ご安心ください。大巻先生は細かいの。その細かさが病気を見逃さないから私は好きですけど。

3カ月通院したプップですが、食欲や体調が変わらないならしばらくはお休みしてもいいと思います! コンディションは極めて良好。

さあ、そろそろ出番ですよ!
クリックすると元のサイズで表示します

今回の通院は卒業前検診でもありました。すべての子にやっているわけではないのですが、中高齢の子、保護が長引いてしまった子、そのほか引っかかる部分が ある子はなるべく細やかな検診を受けさせています。行った先でしばらく病院へ行かなくてもいいよう万全の態勢で送り出したいです。

プップは良縁に恵まれそうです。

先住猫さんがいるお宅なので慎重に考えていますが、応援してくださった方々に取り急ぎお知らせいたします。今日のブログの内容はすでにすべて里親さんに報告済み!

皆さま、どうもありがとうございました。

卒業生として紹介できるよう、あとは祈るのみです。

これから募集を控えている子たち↓

甘えキャラが板についたシロニック・ロブチ
クリックすると元のサイズで表示します

漆黒の天使? グッチ嬢(汗)。
クリックすると元のサイズで表示します

ブサイクなんて言わせない! 貴公子さぶ氏
クリックすると元のサイズで表示します

気になる子はいますか? 濃ゆ~い面々でお送りしますので、次回もよろしくお願いしますm(__)m

スポンサーリンク





コメントを残す




*