貴く、贅沢なごほうび(べべ)


幸せの703号室のブログをはじめてから、べべはずっと脇役です。

あるときは届いた物資のはじにちょこんと写り

あるときはスポットライトを当てた保護猫の横にちょこんと写り

あるときは体の一部だけがぼやっと写真に写っています。

私がパソコンやiPhoneの小さな画面を凝視している間も

他の子を撫で抱きしめている間も

べべは私を見つめています。

べべの視線に気づきながらも、私はなにも返してやらないことが多いです。

私の注目を引くために猫砂を食べたり

吠えたり

他の子を追い回したり

いい歳をしていたずらに興ずるべべの姿をたびたび目撃します。

べべ、注目されたいんだね。

たとえ怒られるとしても、自分を見てほしいのでしょう?

私が留守にしている間も、べべはドアの前でじっと私を待っています。

私の声を聞き洩らさぬよう耳を立て、今か今かと。

玄関を開ければ、べべが真っ先に飛んできます。

まるで100年ぶりの再会のように大はしゃぎで喜びます。

保護動物のお見合いで来客の日は、べべがはりきります。

べべは主役じゃないのに、しつこくお客さまにじゃれます。

どこからともなく、ボールを口にくわえ運んできます。

てくてくてくてく

べべは知っているのです。

お客さまが自分に会いに来たわけじゃないのを。

だけど必死にアピールします。構ってほしくて。

べべは主人に従順ではなく、保護動物をたてる名脇役でもなく、ただのわがままな犬です。こういうわがままな犬は、注目してやらなければならないし、構い、抱きしめなければなりません。もっと向き合わなければべべの輝きがもったいない。惜しいのです。

べべは7歳頃に胃がんの大病を乗り越えたので、生きているのが当たり前だとは思っていませんが、ときどき、私は当時胸に誓ったことを忘れてしまいそうになります。

「べべの余生を共に堪能しよう」

あんなに強く誓ったのに。

たくさんの病気を乗り越えながら、べべは13歳になりました。

度重なる手術で体にはいくつもの傷跡があり、がんで胃と腸としっぽを半分失いました。1日2回、5種類の薬と決められたフードを食べなければ生命を維持できません。

食いしん坊には辛い措置ですが、我慢させられるべべも我慢させる私も、怒ったり笑ったりしながら日々やりくりしています。

べべが今生きていることが、自分にとってどれだけ貴く、贅沢なごほうびか。

べべ、そばに居てくれてありがとう。

どうか来年の同じ日もべべの誕生日記事を書けますように。

プレゼントはべべが唯一食べれるおやつにしました。
クリックすると元のサイズで表示します

保護猫の駆虫薬ドロンタールを買うついでに買ってあげただけですけど(笑)。

夜が明けたら、べべにくっついているつもりです。

誕生日は特別の散歩コースに招待する予定。

バースディソングも歌います。

ごはんは缶詰をあげようかな。

どんなことで喜んでくれるのか、考えるだけでワクワクします。

ジャンピング抱っこはできませんが、べべは抱っこが大好きなので、1日中抱きつづけたいです。

べべが与えてくれる愛の10分の1にも満たないけれど、私はべべの愛に報いたい。

本日主役は703号室のべべ、でお送りしました。
クリックすると元のサイズで表示します

パチパチ。

スポンサーリンク





コメントを残す




*