祖父の家


「ぼくは2.3日に1度のひんどで おじいちゃんちにあそびにいくのです」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼくは門扉をとびこえることができません だから 門扉の柵が ちょっと(ぼくがとおれるくらいのすきま)あいているときをねらうのです」
クリックすると元のサイズで表示します

「うまくはいれました」
クリックすると元のサイズで表示します

「まずは お庭を たんさく このとき ぼくの視線は だいたい地面にむいています おじいちゃんが食べ残したごはんがないかをさがすためかどうかは 秘密」
クリックすると元のサイズで表示します

「おじいちゃんの 寝室を のぞいて 見舞うぼく おじいちゃんは ねんねの 最中です 年をとると なかなかねれず おじいちゃんは 苦しむときがあり ます 体がうごかず イライラすることもあります 大きな声 だすから ぼくは 驚くこともあります だけど ぼくは おじいちゃんの ねがおが すきで す」
クリックすると元のサイズで表示します

「若輩者の ぼくなんかは おじいちゃんの域には 達していません きっとぼくより うんと うんと がんばって 生きてきたのでしょう ぼくなんかは おじいちゃんの 足元にも およばないのです だから お年寄りを たいせつにしたいです」
クリックすると元のサイズで表示します

福多朗、そういってる割にはあんた!!

おじいちゃんがお庭で倒れている間に、おじいちゃんの寝室を乗っ取っちゃったじゃないの!!

「…………」
クリックすると元のサイズで表示します

おじいちゃんを大切にするんじゃないの?(笑)

かつくん「福多朗は完全にハイエナです。おじいちゃんの家に行く目的は、まれに落ちているカリカリを探すため。ぼくもハハも、ちゃんと知ってますから。小遣いをせびりに行くワルイ孫ですね。

ゴンちゃんは、今日20分に1度の割合で大絶叫を繰り返しています。どうしたらいいのでしょう? けたたましい鳴き声に、他のメンバーの神経がすり減って しまいます。ゴンちゃんは、起きたいのです。でも、ハハが起こしても起こしても、ゴンちゃんはすぐに転んでしまいます。だからまた鳴くのです。起きる!  起きる! 歩く! 歩く! ゴンちゃんの悲痛な叫びを、悲願を、かなえてあげたいのですが……。

エンドレスサークルの購入を検討したハハですが、サークルが円形じゃないと転んでしまったり、上手に歩けないのではなく、もはやゴンちゃんの足自体が、力 を失いつつあり、もつれて歩けないようなので、まだしばらくは住み慣れたサークルのままにしておくそうです。問題山積の703号室ですが、今日も1日、無 事に過ごせたことに感謝して」
クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*