猫は室内でこそ自由に生きられる

猫は、室内でこそ自由に生きられる

 

 

室内なのに、自由?

 

 

自由は外にあるのでは?

 

 

一見矛盾するように思われるかもしれませんが、これが私が18年半の微々たる保護譲渡活動を経て得た答えです。私は永遠にこの考えを手放すつもりはありません。

 

 

最近、SNSで「(首都圏にて)一定数の猫を外に残しておきたい派」の書き込みを目にしました。

 

 

私の解釈だと、その方々は「外猫に不妊手術をし、ロードキル(交通事故死)や虐待について対策をした上で、猫を自然の環境に置くのも理想のひとつ」と述べています。

 

 

ところで、住宅地が密集する首都圏に於いて、自然とはどこでしょう?

 

 

市営公園のことでしょうか? 広い空地のことでしょうか?

 

 

自然とはつまり「どこ」なのか、私にはわかりませんでした。

 

 

次に、自然には野生動物が生息するのが一般的ですが、そもそも猫は「野生動物」ではありません。

 

 

では、野生動物でもない猫たちが、なんの理由で「自然」にいるべきなのでしょうか?

 

 

そして、個人的にいちばん引っかかったのは、ロードキルや虐待についての対策を施した上で、猫を外に置いて見守っていこう、という意見でしたが、具体的にはどう対策するのでしょう?

 

 

首都圏は人口が密集しています。

 

 

当然、交通量も人口に比例します。車の往来の多い首都圏にて、どのようにロードキル対策を取るのでしょう? ドライバーに速度制限をかけるのか? 車両の立ち入り禁止区間を設けるのか?(自然保護区の設立をめざす?) はたまた猫たちに根気よく信号機の意味を教えるのか?

 

 

その方々の仰る、ロードキル対策を具体的に知りたいです。

 

 

虐待防止対策についても同様の疑問があります。

 

 

当該猫の地域の方々が、交代で24時間パトロールをするのですか?

 

 

猫の数をどう把握し、だれがどこをどのようにパトロールしますか?

 

 

万が一虐待が見つかった場合の罰則の強化を現実的にどのレベルまでやりますか?

 

 

動愛法をあと何回改正すれば、虐待は「ゼロ」になりますか?

 

 

また、猫たちにある程度の飲み水やごはんが約束されるとしても、寒さや暑さや病気やケガや寄生虫はどうしましょう? だれが責任者になるのですか? ひとまず病院へ連れて行くとして、資金は地元の猫好きによるカンパですか? だれが猫を丸抱えするのですか? 丸抱えは重要です。

 

 

丸ごとを抱えて責任を取るのは大切です。そこには庇護の実体があるから。

 

 

私は決して、2020年の現時点で、地域猫活動(TNR)をしている方を否定しません。

 

 

外にいる猫を全員は連れて帰れないゆえに、泣く泣く地域猫活動を選択している方を知っているのです。大方、積極的にそうしているわけではなく、完全な消去法ですよね。

 

 

しかし、それがベストかと言われると、ちがうと思います。

 

 

私は猫が外にいるのが「ベスト」だとは思いません。人間を癒すためのほのぼの系の景色として、猫を一定数外に置いておくのが「ベスト」だとは思いません。

 

 

私自身も14年ほど前までは地元でTNRをしたことがあります。(私がリリースした猫たちは、ほぼ1年以内に事故死や病死をしました。毒を食べて死んだ猫もいます。うちの近所は猫が生きづらい地域なので地域差があるのは承知していますが……)

 

 

それに私は、日々必ず車を運転するドライバーなので、外猫が飛び出してくると肝が冷えます。轢いてしまいそうで怖いです。猫を愛するドライバーさんは私と同じ心境ですよね?

 

 

加えて、多様性を受け入れる私たちは、虐待魔や猫をいじめる人間は断じて許すことができなくても、どうしても猫が苦手、という方の気持ちは想像してもいい気がします。むろん、そういう方にとっても、猫は目に触れない「室内」にいたほうがいいですものね。

 

 

さあ、「猫は室内でこそ自由に生きられる」のフレーズに戻りますが、ここで私が述べている自由は、間仕切りのある世界かどうかではなく、動物としてのQOLの話です。

 

 

動物福祉の理念である「動物の5つの自由」を猫たちに担保できるのは、室内での適正飼育のみでしかありえないのです。では、5つの自由とはなんでしょうか?

 

①飢えや渇きからの自由

②不快からの自由

③痛み、外傷や病気からの自由

④本来の行動をする自由

⑤恐怖や苦痛からの自由

 

 

私は、外で眼光鋭く虚勢を張る猫たちと幾度となく出会いました。

 

 

我が家のさぶがいい例で、外にいた頃(7年前)は、本当に2メートル以内には近づけない存在だったのです。完全な人間不信で、少しの音でも逃げ惑う、目が合っただけで速攻どこかに身を隠してしまう、さぶはそんな猫でした。保護したとき、ノミやダニが被毛に数えきれないほどいて、すでに腎臓病に侵され、水ばかり飲んでいました。けれど、今さぶは自分の意志で私の膝に飛び乗っています。

aisiteru (1)

 

 

みーちゃんも日に日に明るくなっています。

aisiteru (5)

 

 

若返っています。

aisiteru (4)

 

 

ベッドの中でいびきをかいています。体重が増えました。

aisiteru (6)

 

 

保護猫牛丸は足のケガが治り、毎日おやつやおしゃべりに夢中です。

aisiteru (2)

 

 

外にいた頃とはちがう生き物みたいです。

aisiteru (3)

 

 

猫たちは、言葉で私に伝えることをしません。

 

 

でも私は、確かに彼らの声を聞いています。

 

 

人はそれぞれできることやキャパがちがいます。

 

 

誤解してほしくないのは、私はどなたかが一生けん命に取り組んだ一頭のTNRや、地域猫活動や、ほかの活動方法を非難したくてこれを書いているわけではありません。

 

 

ただ、猫は自然(外)にいるほうが幸せだ! とは思わないというだけです。

 

 

ご理解いただけると信じています。

 

 

猫にとっても犬にとっても人にとっても暮らしやすい社会になりますように。

 

 

お読みくださりありがとうございました。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





肉球のぬくもり

皆さまこんばんは。リルと保護犬つるは糊ではりつけたようにくっつき合っています。

0kke (2)

 

 

ほっこりするなあ♡

 

 

さて、溜まっている「お仕事で出会った素敵なお子たち」を少しずつ放出していきます。

0kke (6)

 

 

先月、ひさびさにお世話させていただいたのはコテツくんとコユキちゃん

0kke (3)

 

 

だいぶ間が空いてしまったので、打ち合わせもしました。計3回会えてうれしかったです。

 

 

「遊んでくれるなら遊んであげてもいいですよ?」

0kke (7)

 

 

よし! じゃ猫じゃらしやってみる?

0kke (8)

 

 

被災地出身のコテツくん、おもちゃに夢中なお顔にキュンキュンします。

0kke (9)

 

 

お二方は幸せに暮らしています。保護に関わった方にも見ていただけますように。

0kke (13)

 

 

コテツくんは私にベタベタというわけではありませんが、興味を持って近づいてくれます。

0kke (5)

 

 

だからコテツくんの大好きなちゅーるで仲よし作戦ね^^

0kke (14)

 

 

よほどおいしいのか、私の膝に片足をのせてくれました。ふふふ♪

0kke (15)

 

 

いっぽうのコユキちゃんは完全にシャイなタイプ

0kke (4)

 

 

コユキちゃんが怖がらないように、私は敢えて一定の距離を保っています。

 

 

ごはんとお水とトイレのお掃除をきちんとこなせば最低限のQOLが維持できますものね。

0kke (12)

 

 

お写真を撮ってごめんね。でもすごく美しいから何枚か皆さまに自慢させてね。

 

 

植物の水やりや庭猫さんのお世話もさせてもらいました。

0kke (11)

 

 

不妊手術済のハチちゃん。お腹いっぱい召し上がれ!

0kke (10)

 

 

動植物のケアを、なんでも喜んでお受けしています。

 

 

2回目のお世話を終え、飼い主さんにお手紙を書いていたら、コテツくんが近づいてきてくれました。このとき、私はちゅーるもおもちゃも持っていなかったのに……どうして?

0kke (1)

 

 

コテツくんの肉球のぬくもりがとてもありがたくて、本当に胸に沁みました。

 

 

コテツくんとコユキちゃんは私の大切な友人の愛猫さんたちです。

 

 

見ていますか? ふたりともツヤツヤで完全に元気にしていますよ!

 

 

これからも末永く、健やかに、のんびり生きていってほしいです。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





あまたの「円満」と「にっこり」

ひのちゃんとはじめて会ったのは、emi-goの病院の捕獲箱の中をのぞきこんだときでした。emi-goが私に言ったのです。「この子を見てください」と。

keufa (1)

 

 

TNR対象として捕獲されたひのちゃんは不妊手術を終え、リリース待ちの状態でした。

 

 

写真だとあまり伝わらないかもしれませんが、瘦せっぽちで本当にボロボロ。目が白濁していて視力に問題があるのは一目瞭然だったのです。

 

 

視力に問題のある猫をリリースしたら、外で生きづらいかもしれない。

 

 

私も心配になり、「なんとかならないの?」とemi-goに聞きました。

 

 

のちに中島先生とemi-goは、ひのちゃんをTNRに連れてきた方にひのちゃんを家猫にするよう説得。その甲斐あってひのちゃんは家に入れることになり一同大喜びしていたのです。

 

 

ところが、どういうわけかひのちゃんを連れて帰った方の考えが変わり、ひのちゃんはリリースされました。emi-goづてで事実を知った私はいてもたってもいられなくなりました。

 

 

私と同じ気持ちだったemi-goは直ちにその方に電話し、病院で引き受けるのを条件に外にいたひのちゃんを再保護してもらったのです。

 

 

こうしてノラスタひのちゃんは、emi-goの病院に戻りました。

IMG_1597

 

 

いつ行ってもちょこんとおりこうにしていてかわいかったです。

IMG_1331

 

 

emi-goの病院に感謝だねひのちゃん♡

IMG_1280

 

 

スタッフのみんなにもたいせつにされ、ピカピカ女子に大変身♪

IMG_1281

 

 

emi-goの病院は私と同区内なので、ひのちゃんは私の地域の猫。ひのちゃんにすっかり恋をした私は、ひのちゃんを703号室に連れて帰り、ひのちゃんの赤い糸をいっしょに探そうと決意。

 

 

ふふ。それがひのちゃんと私のなれそめです。

IMG_1479

 

 

実際生活を共にすると、ひのちゃんが弱視であることが顕著にわかります。

IMG_1475

 

 

想像の域ですが、きっと視界に靄がかかっている状態でしょう。

IMG_1478

 

 

涙もよく出ます。

IMG_1483

 

 

ちょっと怖がりさんでもあります。

IMG_1530

 

 

でも、何ごとにも一生けんめい。耳をピクピク動かし、前足で「確認作業」してから行動をする聡明な猫なのです。ひのちゃんの仕草のひとつひとつに私は「意味」を感じました。

 

 

ひのちゃんがあくびをする顔がとても好きでした。

IMG_1531

 

 

ひのちゃんを幸せにしたい、と心から思ったし、私にとってひのちゃんは人を幸せにできる力のある自慢の保護猫です。ふんわり漂う儚さがひのちゃんの魅力

IMG_1538

 

 

抱っこするとしがみついてきます。

IMG_2844

 

 

名を呼んだらカメラ目線をくれました。うれしい。やったね!

IMG_2845

 

 

ほかの保護猫たちとも仲よくしてくれてありがとう。すっかり姫だったよね。

IMG_3214

 

 

外猫が1匹家の中に入れば、あまたの「円満」と「にっこり」が訪れます。

 

 

まず、猫のひのちゃんがにっこりします。

 

 

次に、ひのちゃんの保護に関わったemi-go、中島先生、お世話してきたスタッフ、ひのちゃんをTNRに連れてきた方、それから私がにっこりします。

 

 

そして言うまでもなく、里親さんがにっこりします。

 

 

まだあります。外猫ひのちゃんのみすぼらしい姿に胸を痛めたであろう道行く「猫好きさん」たちが(結果的に)にっこりします。そうでしょ?

 

 

最後に、猫がキライな方、苦手な方にとっても、ひのちゃんが目の届かない場所へ行き、どこかで家猫になるのはにっこりの喜ばしいことではないでしょうか?

 

 

ひのちゃん、あなたは素敵です。

 

 

大きな存在意義を持って生まれてきました。胸張っていいですよ。

 

 

里親さんの元で末永く暮らしてくださいね。

IMG_1477

 

 

牛歩ですが、「然るべき場所への移動」をこれからもコツコツとやっていきたいです。

 

 

皆さま、ブログを読んでくださってありがとうございます。遅くなりましたが、次回はひのちゃんのお家にご案内しますね。メル子の卒業記事も控えています。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





心のど真ん中に

皆さまこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

 

 

私はさぶを膝の上に載せてパソコンの前に座っています。

 

 

さぶとは相変わらずラブラブです♡

20 (9)

 

 

「なあなあ」

20 (11)

 

 

「おんぶしろよ」

20 (10)

 

 

一週間はあっという間ですね。今日は月曜日にタイムスリップします。

 

 

朝郵便局と役所へ行ったあと、私はパワースポットへ

20 (12)

 

 

猛暑でしたが青い空がほんとうに気持ちよかったです。

20 (13)

 

 

あまぱんの退院を妹と母に任せて私はお仕事の打ち合わせに向かいました。

20 (14)

 

 

こんなに立派なデスクで働かせてもらうなんてちゃんとできるか心配です。しかもコアタイム採用とあってありがたい限りです。理事の方から仕事の内容について教えていただきました。まったくの初心者なのでつとまるかドキドキ……

 

 

うれしかったのは、火災時の避難はしごについてじっくり説明してくださったこと

20 (15)

 

 

次に向かったのはシッターのお仕事の打ち合わせ

20 (16)

 

 

手づくりですって……素敵!

20 (2)

 

 

気高く凛としていて美しかったです。

20 (17)

 

 

美しいお庭

20 (19)

 

 

TNRされた3匹の外猫ちゃんもいました。

20 (20)

 

 

段ボールハウス

20 (18)

 

 

カメラまで……

20 (1)

 

 

保護して飼う、あるいは里親さんを探すことがいちばんかもしれませんが、このお宅の事情を伺い、私は身銭を切って精いっぱいご自身にできることをされている気がしました。逆に実際にはここまでできる方は多くはないと思います。

 

 

その頃、妹と母は東大病院にいました。

20 (4)

 

 

静脈点滴をつづけていたあまぱんは、残念ながら腎臓の数値が下げ止まったので、いったん退院させることにしたのです。補液量を増やして家で看護します。

20 (8)

 

 

妹がラインで送ってくれたあまぱんの画像

20 (7)

 

 

目が意外としっかりしていますよね。

20 (3)

 

 

妹と母のおかげであまぱんが703号室に無事帰ってきました。感謝感謝です。

 

 

次の通院は明日。貧血がひどくなっていませんように。

 

 

いったん帰宅してあまぱんのケアを終えた私は、emi-goの病院であまぱんの補液グッズを買いに。毎週なにかしら買わせてもらっています。emi-goありがとう。

20 (5)

 

 

ラクテックは1日に1本使ってしまうのでオトナ買いしないと間に合いません。

 

 

と、ここで朝からなにも食べていなかったことを思い出し、お気に入りの定食屋で自分へのごほうびご飯を注文しました。ニラ玉が超おいしいです♪

20 (6)

 

 

ぺろりとエネルギーチャージ完了!

 

 

帰宅してあまぱんのそばで貴重な夜を過ごしました。

 

 

いっしょにいられる時間もいられない時間も、私の心のど真ん中にあまぱんがいます。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ミラクル2(リレー)

奇跡的にハンサムなミラクルが間もなく703号室を巣立ちます。

kurosinnsirona (1)

 

 

足にボールを挟んだミラクル♡ かわいいでしょ?

 

 

丹念にブラッシングし、長かった爪も切りました。ピカピカになっています。

kurosinnsirona (2)

 

 

ミラクルを磨く動画1

 

 

ミラクルを磨く動画2

 

 

 

保護期間の短いミラクルに時間を掛けてあげられなかったのが心残りです。

 

 

もっと仲よくしたかった。けれど新しいご家族の市川さんがたっぷりと愛情を注いでくださるので私はなんの心配もしていません。

 

 

卒業記事の際にくわしく書こうと思っていたのですが、ミラクルは地域猫として岡山県のあさみさんに寵愛された猫。あさみさんは東京都よりいろいろな意味でたいへんな地で個人で保護譲渡活動をしている女性。太陽のように明るい方でいつもたくさんのメッセージを送ってくださいます。

 

 

近隣の理解がいっさい得られない中、あさみさんは自腹を切り数十匹の猫たちのTNRと譲渡をしてきました。四面楚歌、孤軍奮闘。そんな四字熟語が頭に浮かんできます。ブログで吠えている私も近所では同じ状況なのでよくわかります。

 

 

あさみさんは、自治会によって保健所送りにされそうになったミラクルのことを山路さんに相談。ミラクルは山路さん率いるHGA48(保護動物の啓もう活動のグループ)のメンバーだったので山路さんが心配し、あさみさんと私を繋いだのです。

 

 

弱小の私はふだん自分の活動で精いっぱいです。近所の子以外はemi-goの動物病院、あつこさんなど昔からの友人の保護犬猫たちを細々と引き受ける程度ですが、直接お話したあさみさんの熱意とお人柄と事情に突き動かされ、ミラクルの受け入れを決めました。ミラクルが移動してきた日のことは別の機会にUPしますね。

 

 

落ち着いたらミラクルの家族を募集しよう、と意気込んでいた私ですが、山路さんのSNSの投稿を見たお仕事仲間の市川さんがミラクルを心に留めてくださったおかげでミラクルはすんなりと良縁を得たのです。まさに個人のリレーですが、正直私は役に立っていません。ハンサムなミラクルとの甘い日々を堪能させてもらっただけの得な役。でも、責任を持って市川さんへバトンタッチしますね。

 

 

ミラクルのお茶会の様子と新しい環境は後日まとめてご報告します。

 

 

近ごろ不調でブログやツイッターに写真を挙げきれていないのですが、うちのお子たちも保護猫たちも卒業生たちも元気にしています。皆さまへのいいね、もあたたかいコメントのお返事もろくにできずに申し訳ありません。

 

 

我が家は今、あまぱん、さぶ、リル、タカナのレギュラーメンバーと保護猫すずらん、リタ、黒真珠、白まんじゅう、ミラクルがステイしています。emi-goの病院とコラボしている子もいます。保護動物たちを全員終の棲家へ案内するまではがんばる所存ですので、見守っていただければ幸いです。

 

 

私にアイスのおすそ分けをもらう昨夜のタカナくんを添えて

kurosinnsirona (12)

 

 

 

生きていますよ。うちのタカナは立派な犬です。

kurosinnsirona (11)

 

 

 

Smile!

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク