あまぱんで繋ぐ

ふうちゃんの卒業(譲渡)記事をUPする時間がなくてごめんなさい。

 

 

次こそは書きます。

 

 

iPhoneを持っていますが、パソコンがないと生きていけない位パソコンにいろいろ詰め込んでいます。しかし先日保護犬まうにパソコンの充電器を齧られてしまいました。

 

 

※目を離すときはコンセントを抜いているのでまうは感電していません。

rr (3)

 

 

テーブルの上にグルグル巻きにして置いていたのですよ。けれどまうは背が伸びたのでいつの間にかテーブルの上のものが届くようになってしまったようです。気をつけないと。

 

 

うっ。Amazonプライムの映画も観れないし微々たる譲渡活動ができない(号泣)。

 

 

大手の電気屋で充電器が売られていないことを知った私は、打ちひしがれて絶望的な気持ちになりました。超がつくほどのアナログ人間ゆえ、どうしたらいいのか全然わからず、ただオロオロするばかり。twitterに苦境を呟いたところ、多くの方が気にかけてくださり、個別に連絡をくださいました。

 

 

親切な友人のおかげで応急処置が終わっています。充電器も注文してくれたとか。

rr (4)

 

 

書き込みをしてくださった方を含め、深謝せずにはいられないです。

 

 

たかが充電器だと笑われるかもしれませんが、私にはたいせつなことだったのです。本当に困ったときに助けてくださるやさしいお心に触れました。

 

 

「ぼくからもありがとう」

rr (2)

 

 

お礼といってはアレですが、うちのあまぱんの写真をおおさめください。

rr (6)

 

 

ドヤ?

rr (7)

 

 

ちょっと奥さん! 聞いてください。

 

 

うちのあまぱんが不経済の「ワルい顔」でお水を大胆に飲んでいますよ。

 

 

まずは水道水のにおいをチェック

rr (9)

 

 

異常がないとわかると、舌をくるっとまるめてお水をじょうずにすくっています。

rr (8)

 

 

まさに飲み放題!

rr (1)

 

 

お母さんの財布事情は知らんぷりだそうです。

 

 

常時お客さんたちの前で水を出せ出せと大騒ぎ。注目の的となっています。みなさんあまぱんを気の毒がって「あの……お水を飲みたがっていますよ」と教えてくださる始末です。

 

 

うち、ふつうに新鮮ぎみの水飲み場をリビングに設けているのですけどね(笑)。

 

 

なにはともあれ、慢性腎不全のあまぱんのお水の催促はうれしいです。

 

 

いつもお接待ありがとう。

 

 

あまぱんがお客さんを和ませてくれるおかげで私は微々たる譲渡活動をつづけていられます。保護動物たちも私と共に育ててくれる頼もしいお子です。

rr (5)

 

 

これからもよろしくね♡

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ウエディングドレス

※ブログを連続更新中。ぜひ遡ってお読みください。

 

 

まりおさんから届いたバザー品の画像を見て安藤さん(運搬担当)と私は仰天

1soresu (1)

 

 

これほんの一部ですよ? この約2倍がまりおさんの職場に保管されているそうです。

 

 

まりおさん、どれだけ大変な思いをしているか……本当にお疲れさまです。あまりにも多いため、まだもふもふ譲渡祭のTwitterやインスタに流しきれていません。商品チェックを楽しみにしてくださっているみなさん、ごめんなさい。できるだけがんばります。

 

 

そしてバザー品を送ってくださったすべての方に心より厚くお礼を申し上げます。

 

 

もふもふ譲渡祭は個人の集合体。個人を応援したい方がこれだけいるとは思いませんでした。皆さまの思いを裏切ることのないよう、しっかりと収支会計報告をし、活動のほうも努力していきます。

 

 

※なお、収支会計報告は時間がかかるため、もふもふ譲渡祭から1週間程度かかります。年内には必ずやりますのでHPへの掲載を終えましたらお知らせします。

 

 

張り切っているのは私どもスタッフだけではありません。

1soresu (6)

 

 

目を離した隙に、もふもふ譲渡祭に参加する保護猫メル子がなんと自作のウエディングドレスをまとい、「嫁行きたい」アピールをしているではありませんか!

1soresu (5)

 

 

メル子の姿を見たとき、私は感動の涙が溢れました。

1soresu (7)

 

 

というのはウソで、笑い転げたのが真実です(笑)。

1soresu (8)

 

 

そして速攻脱がせたのはいうまでもありません。

 

 

メル子、自分でドレス作らなくていいの。衣装担当のマイ太郎さんがこんなにスペシャルキュートな「もふもふ譲渡祭用衣装」を参加犬猫に提供してくれたのだから!

1soresu (4)

 

 

先週のシッター最終日に伺ったときの写真です。

1soresu (2)

 

 

マイ兄とはっちゃんはクリスマスシュシュをつけていました。

1soresu (3)

 

 

マイ兄もはっちゃんもいい家族に恵まれています。もふもふ譲渡祭に参加する犬猫たちのもとにもきっとサンタクロースが来ると信じています。みなさんのお知り合いやご友人で保護犬猫たちと暮らしたい方はいませんか? 参加犬猫たちは保護主さんから完ぺきなケアを受けたキラキラのスターばかり。勇気を出して人前に出る犬猫たちにどうか会いに来てやってください。チャンスをください。

 

 

※参加予定の犬猫たちはもふもふ譲渡祭のインスタやツイッターで見れます。

 

 

「きょうはぼくたちのいきさつをかくんじゃないのですか? ハハひどい……」

IMG_7744

 

 

まうくんごめんね。今からシッターのお仕事なの。

 

 

保護経緯は長くなりそうだったからサクッと書ける内容になってしまいました。

 

 

次回は書きます!

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





アニマモールかわさき1

皆さまこんばんは。昨日はtwitterで大興奮を失礼しました。

 

 

とろろさんのお誘いで、私は兼ねてから夢だった「アニマモールかわさき(川崎市の動物保護センター)」のバックヤードツアーに参加し、視察したのです。

IMG_7302

 

 

「アニマモール」という名は地元の小学生がつけたもの。本物の選挙に使う投票箱を用いて学生が自分たちで投票、開票、集計を行ったのです。アニマルを守る、が由来です。

 

川崎市の動物愛護センターは子どもの教育にも力を入れており、職員(獣医師)が定期的に小学校をまわり、「いのち・MIRAI教室」を開催しています。

 

身震いするほど感動した私は、皆さまに紹介したいことがありすぎて、とても1回ではまとめられません。数回に分けて皆さまにも一部をお見せしますね。

 

 

アニマモールでは朝から保護子猫たちの譲渡会が開催されていました。

IMG_7167

 

 

ボランティアの方ももちろんいますが、市が主体となって行っているのです。

IMG_7172

 

 

ボランティアの方に丸投げする自治体が多い中、アニマモールは(ボランティアの方の力も借りつつ)センターから年間約400頭の犬猫たちを新しい家庭へ譲渡しています。

IMG_7173

 

 

参加している子たちは状態がよく、個体識別や情報開示がしっかりとなされています。譲渡を希望する方に「講習会」を受けてもらうだけでなく、なんと市の職員(獣医師)による里親さん宅の「家庭訪問」まであるのです。すごくないですか?

IMG_7175

 

 

悲壮感が1㎎もない明るい譲渡会

IMG_7174

 

 

大賑わい。季節は冬ですが温度調整されている「ぬくぬくの室内」にて♪

InkedIMG_7169_LI

 

 

ドイツの「ティアハイムベルリン」のミニチュアだと思いました。圧巻です。

 

 

施設の隅々までまわると、2時間近くかかります。あっという間に午後になりました。もうひとつの目玉、FreePetsの「いのちの教室」もこの日の楽しみのひとつ♡

IMG_7205

 

 

講堂に「ヒルズ」の社名が入っているのは「ヒルズ」がアニマモールを支援しているから。スポンサー名があちこちに書かれていました。私たち消費者は、どの企業の商品を手にするべきか、賢い選択ができますよね。ふふ。ロイカナもいいけどヒルズも大好き!

 

 

満員御礼~!

IMG_7332

 

 

テーマは「数値規制」。私がもっとも勉強している分野。女優の浅田美代子さん、獣医師の西山ゆう子先生によるトークセッション。司会は菊池由美さんです。

IMG_7346

 

 

由美さんは2児の母で私より年上ですよ? ウソでしょ?

IMG_7342

 

 

何頭も保護犬保護猫を引き取って暮らしている由美さん。「いのちの教室」を通じて児童教育にも力を入れているお方です。美しいのは顔だけではないのです。

IMG_7337

 

 

由美さんももふもふ譲渡祭に来るんですって(笑)。ぜひお待ちしています。

IMG_7338

 

 

会場で左右隣に座っていた方にももふもふ譲渡祭のチラシを配る私。必死ですよ^^;

InkedIMG_7333_LI

 

 

石黒さんともひさびさにお会いできました。午前中のバックヤードツアーからご一緒させていただいていたのです。石黒さんかわいいカレンダーをありがとうございました。

IMG_7336

 

 

数値規制の第一人者浅田美代子さん。環境省、政治家、自治体、ペット産業、劣悪な業者や多頭飼育崩壊の現場を根気よく個人でまわっています。まさに「現場の人」です。

F9F480E4-0FA4-4E97-BB28-BD914BEC0EF9

 

 

終了後、軽く打ち上げへ

IMG_7348

 

 

由美さん、手に持っているのは食べたお菓子ですね?

IMG_7351

 

 

おいしいおそば屋さんにて

IMG_7358

 

 

皆さまお疲れさまでした。FreePetsの部外者なのに私まですみません。

IMG_7355

 

 

帰宅後、お子たちのお世話を終えシッターのお仕事へ

IMG_7361

 

 

可憐なお花に心癒されるスタイリッシュなお宅です。

IMG_7362

 

 

常連のマイ太郎さんちのマイケルくんと

IMG_7364

 

 

はっちゃんとワクワクの1時間半を過ごしました。今夜も行きます!

IMG_7367

 

 

あああ、かわさき! かわさき! もう言葉がありません。

 

 

センターのイメージを打ち砕いてくれました。アニマモールは日本の希望です。

 

 

よし、私も703号室のアニマモールをめざしてがんばるぞ~!

 

 

卒業生星太郎のママさんがプレゼントしてくれた首輪でおめかしの保護猫メル子

IMG_7165

 

 

メル子あんたはしたない格好はやめなさい。嫁に行けなくなりますよ?

IMG_7159

 

 

メル子はもふもふ譲渡祭に出ます。

 

 

どうかお友だち、お知り合いを誘って会いに来てください。よいご縁を切望しています。

 

 

LOVEかわさき

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





もものお輿入れ1

皆さまおはようございます。

 

 

前夜にブログを更新予定でしたが、チチが延々とテレビをみていてかないませんでした。すっかり遅くなりましたが、本日は長期トライアルを終え卒業生になったお姫さまに登場してもらいます。

 

 

百香(ももか)改め「もも」

IMG_0184

 

 

 

保護したのはなんと1月中旬

 

 

「死地からさらったお姫さま/幸せの703号室」

 

 

ももと出会ったいきさつを書いています。

 

 

私も読み返しました。

 

 

なつかしさに胸が詰まりますね。ナナが生きている頃だったので余計にそう感じるのかもしれません。ももはナナの介護がたいへんな時期に私といっしょに過ごしてくれたたいせつな存在です。

IMG_0133

 

 

 

来たばかりの頃はシャーシャー威嚇し虚勢を張っていたね。

 

 

少しずつ見せてくれたももの「本来の姿」に私は無限の可能性を垣間見ました。

 

 

ずっと言いつづけてきていること。

 

 

「馴れない猫はいない」

 

 

それをうちの保護猫たちが体現してくれているのです。

 

 

ね? もも

IMG_0128

 

 

 

薄皮をはがしたらとんだ甘えん坊がいました。

IMG_0131

 

 

 

私は保護動物と接して学んだのですが、人間のみならず、犬も猫もみんなほんとうは自分の心を預ける場所を求めている気がするんですよ。はじめからチャンスに恵まれた子たちは快適な環境で無邪気に腹を出して眠れるけれど、それ以外の子たちはオーバーリアクションで愛を乞うか、はたまた共存すべき対象を信じることができず、牙を剥いてジタバタと暴れるか。とても悲しいことですね。

 

 

私は彼らの生きづらさを目の当たりにするとまるで自分が生きづらいみたいな錯覚を起こして手を伸ばしてしまうのです。もちろん多くの数はできないけれど、いっぺん取り組んだらとことん突き詰めてしまう。じゃっかんラフなタイプのほうが楽なのはわかっています。しかし私には無理。

 

 

肩に力が入りまくりです。

 

 

命と向き合う場所に「脱力」があってはならないんじゃないでしょうか?

 

 

私は犬猫を擬人化しているわけではないのです。

 

 

ただ、うまく表現できないのですが保護動物は私の中でものすごい存在感があり、私は自分の愛を自分の形で徹底して貫きたいのです。

 

 

昔同じ活動を手広くしている方にクスクス笑われたことがあります。

 

 

「自分の家から巣立った子の名前をぜんぶおぼえているのは逆に不思議」

 

 

そうかな?

 

 

まあその方と私は規模がちがいますが、私は相槌を打てませんでした。

 

 

私には忘れようがないですよ。

 

 

自分なりに一生懸命、珠のように育ててきたんですから。

IMG_0134

 

 

 

もものお見合いの日のことははっきりと覚えています。

 

 

ナナの火葬の日の夜だったからなおさらね。

 

 

精神的にあまりにもキツかったので日にちをずらすことも頭をよぎったのですが、いったいどこにピリオドを打てるかわからず予定通り行うことに。

 

 

今振り返っても、あれでよかったと断言できます。

 

 

そもそもナナとの別れと、ももの幸せは別の次元です。ひとつは抗えないものだとしても、もうひとつは丹念に創作できるのです。ここは前へ進むべきだと思いました。

 

 

けれど私もそこまで強くないので、お見合いのヘルプに来たみいさんにお願いをしたのです。「お見合いが終わるまではナナの話をしないで」と。

 

 

 

「ハハの精神力が試された“お茶会”だったんですね」

IMG_0106

 

 

 

「ぼくのときもシャキッとまとめてくださいね」

IMG_0103

 

 

 

はいよ。あさひ、任せておきなさい!

 

 

ももの里親さんは一途な方で、ももだけにお問い合わせをくださっていました。

IMG_0180

 

 

 

そしてナナの命の終焉を静かに見届け、共に祈ってくださった方です。

IMG_0178

 

 

 

気長でやさしく責任感の強い里親さんに私はバトンを託せて本望です。

IMG_0190

 

 

 

辛い時期でしたが、もものおかげで一筋の光を実感したのです。

IMG_0188

 

 

 

もも、ありがとうね。

IMG_0182

 

 

 

うちでももにしてあげたかったこと、できたはずのこと、いろんな心残りをすべて「譲渡のエネルギー」に変換し、私は安心してお任せすることができました。

IMG_9851

 

 

 

終の棲家で家族のみなさんにクルクル変わる表情を見せてね。

IMG_9855

 

 

 

ペロッと舌を出すもも

IMG_0051

 

 

 

ダイナミックなあくび

IMG_0049

 

 

 

けだるそうな昼顔

IMG_9881

 

 

 

かわいいね♪

IMG_9883

 

 

 

つい撫で撫でしちゃう♡

IMG_9880

 

 

 

もものお嫁入り道具を準備していたら、目の前の霧がうっすら晴れていきました。私は「卒業」させるのが好き。私にとってもっとも有意義な瞬間です。

IMG_1405

 

 

 

遠方のお届けにはマイ太郎さんがつき合ってくれたんですよ。

ga

 

 

 

マイねー忙しい中どうもありがとうございました。

 

 

 

2か月のトライアルを設けたのは、先住猫「るい」くんとももの相性をじっくり合わせるため。るいくんは元保護猫ですが、一匹で保護されたのでほかの猫を見たことがありません。ももがるいくんのお友だちになれるかが要だったのです。

 

 

このたびもものがんばった甲斐があり、まだ道半ばですが正式譲渡のお返事をいただきました。るいくんとももの距離は日に日に縮まっています。

 

 

「皆さま応援ありがとう 次回はわたしのお城に案内するね わたしんちにはお留守番用の猫部屋があるの お父さんが手づくりなんだけど 超快適よ」

IMG_9852

 

 

路地裏で飢えていた一匹のホームレス猫がシンデレラになりました。

 

 

入魂の結果だと自負しています。でも決して難しいことではありません。

 

 

だれにでもできることをしたまでです。

 

 

それによって救われたのは、実は私のほうです。

 

 

困っている猫を見かける猫方は、ぜひやってみませんか?

 

 

LOVE!

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク