百香のトライアルが決まりました♪


亡きナナの話をしている最中ですが、うれしいニュースをお知らせいたします。

 

 

このたび保護猫百香の長期トライアルが決まりました。

ブログ未掲載 (3)

 

 

 

猫と触れ合ったことのない先住猫さんのいるお宅ゆえ、現時点でご縁決定とは申せませんが、いいご報告ができるよう里親さんと力を合わせていきます。

IMG_9894

 

 

 

お届け日を調整中ですのでひきつづき百香に会いに来てやってくださいね。

IMG_0090

 

 

 

そしてご無沙汰になってしまったのですが、あさひはじめ保護猫ローズと

faiaffrgi

 

 

 

ジャイアンも控えています。

IMG_0041

 

 

 

ナナの見送りまでを書き終えたら、あさひとローズとジャイアンを前面に出します。応援していただければほんとうにありがたいです。必ず全員卒業させます。

 

 

 

百香のお茶会の模様を簡単に

momokakimari (7)

 

 

 

百香のお茶会が偶然ナナの火葬と重なり、私はうまく頭を切り替えられるか不安でした。希望者さんとは前々からの約束だったのでできれば動かしたくなかったのです。ナナはナナ。百香は百香。私にとって両方たいせつです。

 

 

そこで急きょ助っ人を依頼。みいさんです。

momokakimari (8)

 

 

 

みいさんと私はつき合いが長い。

 

 

みいさんは私が保護動物たちの写真撮影を頼むことで知られているでしょうか? みいさんは写真のみならず「譲渡」が非常に安定していて絶妙にうまい。私の尊敬する女性です。

 

 

希望者さんに偉そうにしません。けれど伝えるべきことはきちんと伝えます。

 

 

実はこれが意外と難しくて、つい上から目線になってしまう保護主さんが多いのです。まあ逆に希望者さんのご機嫌を伺うような保護主さんもいますよね。

 

 

みいさんはフラットな感情で物事を理性的に話すことができるタイプ。

 

 

実際私は電話でかいつまんで漠然としたイメージを伝えたのみでした。

 

 

「こんな感じのお茶会にしたい」的な。

 

 

それを「うん。わかった」のひと言で済ませるみいさん。私とはあうんの呼吸です。むずかしい説明や細かい詰めは必要ありません。みいさんだからこそです。

 

 

お茶会の直前、私のパソコンにて希望者さんとの一連に目を通すみいさん

momokakimari (10)

 

 

※みいさんであっても希望者さんの個人情報の保護はしています。

 

 

夜、ピンポンが鳴り、いよいよはじまりました。百香がんばれ!

momokakimari (9)

 

 

 

里親募集サイト経由で知り合った里親さんはわが家に着くなり、ナナ(とべべ)の遺骨の前に正座し、手を合わせてくださいました。貴重な涙を流しながら……

momokakimari (11)

 

 

 

この一枚で里親さんのお人柄が皆さまにおわかりいただけると思います。

 

 

リルにもあいさつし、かわいがってくださいました。リル、よかったね^^

momokakimari (12)

 

 

 

ナナには枯れない可憐なお花を、犬猫たちのおやつまでいただきました。感謝!

momokakimari (6)

 

 

 

百香は連日ナナに会いに来ていたお客さまがつづき、戸惑い気味

momokakimari (4)

 

 

 

今夜はあなたが主役だよ。里親さんは遠路はるばる百香の顔を見にいらしたの。

momokakimari (3)

 

 

 

私がお茶を淹れている間、みいさんは百香の性格を説明し、里親さんとともにちゅーるをあげてくれていました。助かるね。ありがとう。

momokakimari (1)

 

 

 

2時間みっちり、私のポリシーと里親さんの環境を擦り合わせていきます。これは703号室の卒業生たちにとって、重要な時間です。すでにお宅の写真と先住猫さんの写真は拝見済み。

 

 

さらに間取り図を書いていただき、開口部を細かく確認しているところです。ケージを置く場所、窓及びドアの位置、活かす窓、壁のように動かさない窓……

momokakimari (2)

 

 

 

おススメのキャリーバッグや通院方法も力説。洗濯ネットに入れるところ

momokakimari (5)

 

 

 

里親さんはひとつずつ丁寧に聞き、質問をくださり、先住猫さん(るいくん)と百香の安全や未来について真剣に考えてくださいました。

 

 

ご主人さまに見せる動画を撮ってお帰りになった里親さんは、家族会議を1日経て熟考し、百香のトライアルを快諾! 私のポリシーと百香は「セット」なので、里親さんは早速脱走防止対策に取り掛かってくださっています。

 

 

ナナの命の灯が消えようとしていた時期にやり取りをしていた私は、里親さんをお待たせしてしまうこともあり、ご迷惑やご心配をおかけしたことと思います。

 

 

しかし常に私にやさしく接してくださり、「気長に待ちます」と仰ってくれました。

 

 

トライアルではありますが、百香の良縁を想像すると気分がハイになります。

 

 

百香、苦労してきたあなたには安楽な一生を送ってほしい。

IMG_0091

 

 

 

里親さん、みいさんに感謝。素敵なお茶会でした。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





6件のコメント

  • 百香ちゃんととびきり素敵な里親様、頼もしいみいさん、尊いアンニイさんの記事に書いてしまってすみません…!

    • anny703

      ゆちゃん
      いつもありがとう。いつもそばにいてくれてありがとう。近々女子会で会おうね。

  • アンニイさんこんばんは。
    ブログについて、こちらで失礼致します。
    ブログの件、色々アンニイさんの心中に想いを巡らせました(アンニイさんの一番大事なツールな気がするので、巡らせきれないですが)。

    そうですね私が注目しているのは、
    ・アンニイさんの考え方、意思、伝えたいこと
    ・家族のこと
    ・保護動物達のこと
    ですね。しかしそれ以外も含めこれまでの記事で、一度たりともつまらなかった事はありません。
    私はあまり一つのブログを長いこと追えないのですが、アンニイさんのは読めています。

    でも“私は”の話ですが、
    もし更新頻度がかなり落ちても、ブログをおやめになったとしても、もう既に過去の積み重ね(記事)があり、それを読みきっていない私は、そちらを読みたいなと思います。
    勿論、やめてイイヨー!って事じゃありませんからね!
    アンニイさんがその判断をした時、私はそうします。
    (本心は、たまにでも良いから更新してくれるのが嬉しいです)

    ちょっと私の話になり恐縮ですが、
    ・想いを伝えたいし、なるべく勘違いして欲しく無いから言葉を慎重に選びたい
    ・書くなら全力で向き合って書きたい
    ・でもそこにかかる膨大な時間も判っているから、向き合える時を計っているうちに、やることに押されて書けないものが出てくる
    ・書きたい気持ちがあっても、“やること”の一つになってしまうと疲れちゃう
    以上の理由から私はSNSやブログを自分でやるのはべらぼうに苦手です。
    だから、やることが沢山ある中でも、ど全力でこれだけ続けてきたアンニイさんは心から凄いと感じます。

    話が変わるのですが、
    いつもコメントやツイッターのご返信、もの凄く嬉しい事を書いて頂いていて、どうも有難うございます。
    早くまたアンニイさんに会いたいです。

    あと、少し前になりますが、アンニイさんが自信を無くしていた時にも色々言いたかったのですが、上手く纏められなくて断念していました。
    最低限伝えたいことは、
    ・も~自分の価値がわかってないな~(乱暴な言葉を失礼致しました)
    ・アンニイさん最高に格好いいんですよ!!!!!
    アンニイさんは完全な中身勝負なのですよ、包装紙が立派でもしょうがないです。(あ!外見は美しいですけれど(これは大事ですね)
    肩書き的なものに関してです。
    ご自身の軸と積み重ねの力、ハンパないですよ!

    • anny703

      ゆちゃん
      このコメントを自信がなくなったときに読み返すように保存しておきました。
      ありがとう。そうだね包装紙よりも中身がたいせつだと私も思います。
      有名無実より無名有実であることを選びます。
      無味無臭の人生よりときに悪臭を放ってでも、自分の生き方をまっとうしたいです。
      結局は自分だからね。自分を好きでいられるかどうか、その一言に尽きると思うんですよね人生は。

  • 山田真由美

    こんばんはアンニィさん。お疲れ様です。703号室ブログの嫌いな部分などありませんよ。嘘くさいですか?
    震災後から偶然読み始め、さかのぼれるところまでさかのぼって初めから読み今に至っています。
    703レギュラーの話もスター達をスカウトする話もご家族の話もチチさんとの話も病院の話も、お仲間の話も里親さんの話も大好きです。
    毎日当たり前に拝見させて頂いていました。
    おやめになるとしたら本当に残念ですが、気が向いたらたまには戻ってきてください。

    • anny703

      山田真由美様
      ありがとうございます。すぐに、という話ではないのです。ただ時々、ブログの更新に使う時間が莫大で、時短を選びながら生きている私は疲れを感じてしまうことが正直あります。でも楽しみにしてくださっているお声を拝聴し、とても励みになりました。感謝感謝

コメントを残す




*