まるスマイル

無気力かつバタバタで時間がかかってしまいました。お待たせしてごめんなさい。

 

 

まる坊の新居へ皆さまをご案内します。

 

 

お届けはまるをお世話してくれたemi-goといっしょに行きました。

 

 

私は個人で保護譲渡活動をしていますが、すべてに於いて独断的かと言われると実はそうでもありません。関わった人の気持ちは常にたいせつにしていこうと考えています。

 

 

今回もまるの譲渡にあたり、なるべくemi-goの意見を聞き、尊重できる部分はすべてしています。透明性も然り。emi-goが納得してこそのご縁だと思うからです。

 

 

まるを乗せて迎えに来てくれたemi-go。黒田さん宅のそばで黒田さんも合流

IMG_0738

 

 

 

まるが待ち遠しかった黒田さんは、ド緊張状態でよく眠れず、何度も吐き気に襲われた模様。犬が家族に加わる。黒田家にとってはまさに一大事ですね(笑)。

IMG_0741

 

 

 

まる、わかる? それだけ真剣なんだよ。

IMG_0740

 

 

 

頑丈なキャリーとまるで合計20キロ以上はありそう^^;

IMG_0744

 

 

 

へへ。私はこまごまとした荷物持ちの役で助かりました。

 

 

 

到着~!

IMG_0777

 

 

 

オドオドのまる氏

IMG_0763

 

 

 

「えっと……どこ?」

IMG_0751

 

 

 

「はじめての場所はとりあえず警戒します」

IMG_0753

 

 

 

そりゃそうだね。まあ、ゆっくり慣れればいいから。

IMG_0775

 

 

 

まるは黒田さんの仕事部屋(寝台もあります)からスタートします。

IMG_0761

 

 

 

黒田さんの仕事部屋(10畳弱)→娘さんの部屋→物置→寝室→リビングと広い黒田家を徐々に制覇していく予定。最終的にお庭にも出られるよう一歩ずつならしてもらう作戦です。トレーナーさんは散歩へ行けるまで3か月かかると踏んでいますが、私の予想ではもっと早く外に出れるのではないかと。まあ、焦らずのんびりね。

IMG_0776

 

 

 

玄関。猫とちがってまるはこの高さの柵をまたぎません。

IMG_0747

 

 

 

 

玄関の左側にまるの居住スペースがあります。

IMG_2854

 

 

 

まる用にいろんなグッズが用意されていました。うれしいね。

IMG_0755

 

 

 

悩みに悩んで選んだごはん。まるの体調に合わせて臨機応変にチェンジしていくんだとか。ふふ。計量カップもふたつ置いてある。黒田さん抜かりないなあ。

IMG_0762

 

 

 

リビングに繋がる廊下にはもう一つの柵が

IMG_0749

 

 

 

リビングから見るとこんな感じ。つきあたりがまるルーム

IMG_0773

 

 

 

そして専用庭。庭へ連れ出す際はもちろんリードをつけてもらうのでご安心ください。

IMG_0764

 

 

 

まるがケージ内でくつろぎはじめたので一同はリビングへ移動

IMG_0791

 

 

 

emi-goがまると黒田さんのために用意した分と私からのささやかなプレゼントを手渡しました。黒田さん、まるがお世話になります。どうぞよろしくお願いします。

IMG_0799

 

 

 

リビングの一角に設けられた「タロゾーン」。タロの写真がいっぱい……

IMG_0771

 

 

 

アルバムも見せてもらいました。なつかしい。703号室同窓会の日の写真ですね。

IMG_0797

 

 

 

譲渡誓約書や医療明細や各種証明書もファイルされきれいに残っています。

IMG_0794

 

 

 

黒田さんとタロの歴史、黒田さんと703号室の歴史を実感します。タロのおかげでほんとうにいい人間関係を築かせてもらえました。タロに感謝です。

 

 

ここで二代目のまるは、めいいっぱい幸せになると確信しています。

IMG_0811

 

 

 

だって黒田さんにとっては、簡単なことじゃないんですよ。

IMG_0801

 

 

 

乗り越えるべき壁をぜんぶ越え、大きな覚悟を持って迎え入れてくれたのです。

IMG_0803

 

 

 

だからきっとまるの未来は明るいはず。

IMG_0802

 

 

 

現に不思議なことですが、まるが異常に落ち着きを放っていたんです。

IMG_0810

 

 

 

この譲渡の意味がまるにも伝わったとしか思えません。

IMG_0809

 

 

 

ドキドキは最初だけで、すぐに穏やかな笑みを浮かべたんです。

IMG_0808

 

 

 

「以心伝心です」

IMG_0787

 

 

 

そうそう。まちがいないね。

IMG_0783

 

 

 

まるのくつろぎぶりに胸を撫でおろし、おいしいケーキをいただいて、お腹いっぱい♪

IMG_0792

 

 

 

キュートで表情豊かだから写真を連写しまくりですよ。

IMG_0786

 

 

 

結局選べなくてほぼ載せるという……

IMG_0784

 

 

 

これが私の写真ならキツくて皆さまは耐えられないでしょうが、モデルさんはまるなのでいいですよね? ハンサム王子の画像を仰山おがんでやってください。

IMG_0788

 

 

 

変顔

IMG_0789

 

 

 

やる気ない顔

IMG_0804

 

 

 

あほっぽい(あほとは言ってません!)

IMG_0785

 

 

 

利発で聡明なニコニコフェイスも添えて

IMG_0807

 

 

 

まるの写真を見つめていると、子犬のあどけない頃を回想します。

IMG_0805

 

 

 

おんなじおんなじ。まるの無邪気さは、ちゃんと残ってる。

IMG_0806

 

 

 

まるの一生は、巻き戻してスタートを切ったばかり。この先は素晴らしい日々を送っていくことでしょう。さっそく新居でやりたい放題との報告を受けています。

 

 

黒田さんのTwitterアカウント→ @KurodaJunichi  タロパパ

 

 

まるの笑顔は霧がかかった視界に一気に青い空を広げてくれた気がします。

 

 

黒田さんの視界、emi-goの視界、私の視界、まる自身の視界。

 

 

理不尽ばかりではないこと、絶望ばかりではないこと、むしろ強い希望がこの世には溢れている、いたるところに。思わずこちらがふとつられ笑いしちゃうほどに澄んでいます。シンプルな表現ですが、犬も猫も最高にかわいいですよ。パートナーですもん。

 

 

獣医志望の小2の娘さんが描いた絵。左の犬はタロかな? まるかな?

IMG_0813

 

 

 

父親黒田さんからの「注意」

IMG_0812

 

 

 

黒田さんご支援とおみやげの数々をありがとうございました。

IMG_2882

 

 

 

かつくん「x262まるおめでとう。こわいこわい世界を乗り越えてワクワク圏に突入したまる。粗相やいたずらはほどほどにしないとね。でもまるがまるらしく意気揚々と過ごしているのを眺めるのはやっぱり気分がいいね。黒田さんはたいへんだろうけど……逸材まるから目が離せません。まる、ずっと家族とともにハッピーでいてね」

1-3483

 

 

 

 

スポンサーリンク





パピーまる坊

iPhoneのカメラロールの中をまさぐってみたら、ちっこい頃の保護犬まるが出てきました。妹犬もいっしょに写っています。萌え~! 去年の6月の写真↓

IMG_3927

 

 

 

1年の間にいろんなことが起きました。

 

 

 

新たなスター候補たちと出会い、試行錯誤を経てスカウトに成功。卒業生たちとして送り出すなど有意義なこともありましたが、私にとっては総じて悲しいことが多かった1年だった気がします。

 

 

 

べべを失い、ナナを失い、台湾のアマーも天国へ旅立ったのですから。

 

 

 

私のメンタルは、未だ暗いトンネルの渦中にいます。どんなに“ふつう”に振舞おうとしても、いや振舞っていても、べべやナナの死からは到底逃げられません。

 

 

 

まるの写真を挟むように、カメラロールの前後にはべべナナの写真が大量に保存されていて、正直見るのが辛いです。自分の過去ブログも読みたくありません。

 

 

 

まるの里親になってくれた黒田さんもきっとそうだったんだろうな。

 

 

関連記事はこちらです。改めて読み返してしんみり

 

「合掌 黒田タロ/幸せの703号室」

 

 

この記事で私、タロに生まれ変わったら黒田さんちに行くよう勧めてますね。ふふ。ならもしかしてまるがタロの生まれ変わりだったりして。

 

 

 

最愛のタロと別れて黒田さんがどれほど意気消沈したか

IMG_2870

 

 

 

タロを呼ぶ黒田さんの声が今でもはっきりと私の耳にこびりついています。

IMG_2869

 

 

 

タロと歩く黒田さんの姿が私のまぶたに焼きついています。

IMG_2871

 

 

 

12年前、センターに収容され殺処分対象になったタロが、黒田家の一員という不動の居場所を得て、穏やかに一生をまっとうした事実を私は忘れません。

IMG_2868

 

 

 

生きる上で必要なプラスの感情をタロと黒田さんからほんとうにたくさん教わり学ばせてもらいました。タロと黒田さんを見ていると「絆」という単語が浮かびます。

 

 

信頼関係は1日にして築かれるものではなく、日々の積み重ねによってじんわりとお互いの全身に染みわたるものだと思います。

 

 

黒田さんとタロがそうであったように。

 

 

 

それにしてもまるデッカくなったね……

IMG_1947

 

 

 

ヨチヨチの青臭いちびっ子だったのに

IMG_3949

 

 

 

私はよくまるたちと遊んだんですよ♪

IMG_3946

 

 

 

いつでもどこでもだらしがなくてごめんなさい^^;

IMG_3945

 

 

 

まるに髪の毛を噛まれ参っているところ。完全に襲われています。

IMG_3950

 

 

 

きみたちは快活な子犬だったよね。

IMG_3937

 

 

 

妙に懐かしい気もするし、昨日のできごとのようでもあります。

IMG_3955

 

 

 

まるが身体の成長と反比例し委縮した心で病院へ出戻ってきたのは喜ばしいことではありませんが、敢えて「終わりよければすべてよし」の一語でまとめておきましょう。

 

 

まるは黒田家の末っ子として生き直すのですから。ね?

IMG_2420

 

 

 

タロママさん(奥さん)とも超仲よしの毎日だそうです。

IMG_2439

 

 

 

「ねえねえ ぼく じぶんらしく生きていいよね?」

IMG_2418

 

 

 

ママにわしゃわしゃ撫でられるまる

IMG_2460

 

 

 

 

「まあ 基本シャイで なれると図にのるけど わるいヤツじゃないのよ」

IMG_2412

 

 

 

おませなガールフレンドちゃぽぽのお墨つき!

IMG_2453

 

 

 

そうそう。まるは適応力があるし、意外と明るいのよね。

 

 

 

まるは1歳になったばかり。安息の地で永ーい時間を謳歌できるのです。

 

 

さっそく、まるは新居でやりたい放題。いたずらもするらしい。

 

 

黒田さんのため息を聞くたびに、黒田さんには申し訳ないけれど「犬らしいまる」に出会えついプッと吹き出してしまいます。幸せのおすそ分けをありがとう。

 

 

まる、ニコッとね。笑っていればたいがいのことは解決しますよ。

IMG_2481

 

 

 

まるの一生で起き得るさまざまな問題を、横に並んで解決してくれる家族に恵まれたのだから、まるは大船に乗ったつもりでどんと構えていてね。とにかく元気に、世間のだれにもなににも臆することなく精いっぱい生きていなさい。

 

 

まるの新居は次回ご案内します。

 

 

最後に4秒と短い動画ですが、パピーまる坊がやたらかわいいのでよろしければご覧ください。

 

 

もうなに? 反則! 食べちゃいたい。エンドレスで再生し昨日から寝不足です。べべナナに会いたくなっちゃうから困りますね。

 

 

LOVE♡

 

 

 

スポンサーリンク





総じてイキイキ

昨日も楽しい一日を過ごすことができました。ダイジェストで自慢していきます。昼、実葉の里親みかぞさんがお友だちと母の店へ。みかぞさんのお誕生日だったそうです。

IMG_2108

 

 

 

実葉の写真は里親みかぞさんのツイッターよりお借りしています。

IMG_2117

 

 

 

もうほんとうにたまらんね。

IMG_2116

 

 

 

ヤバい~♪ こんなキャンディーちゃん目の前にいたら食べちゃう!!

IMG_2115

 

 

 

「タナベさん やめてぇぇ」

IMG_2118

 

 

 

みかぞさんおみやげありがとうございます。母や妹の分まですみません。

IMG_2129

 

 

 

みかぞさんハッピーバースデー! お会いできてうれしかった。みかぞさんは実葉の新たな変身グッズを私に披露してくれました。ふふ。好きだなあ。

IMG_2103

 

 

 

実葉も天音同様、703号室アイコン的存在です。

 

 

保護いきさつはこちら→「わたしは実葉/幸せの703号室」(ある意味強烈です)

 

卒業記事はこちら→「プリンセス実葉2/幸せの703号室」

 

 

実葉を知らない方はみかぞさんのお城で姫扱いを受けている実葉にまさかこんな過去があるとは思いもしないでしょう。猫はいつだってひたむきに生きているんですよね。当時を振り返ると万感の思いがします。実葉が今幸せでよかった。

 

 

 

みかぞさんと(私が一方的に)バイバイのキスを交わしたあと、母と私はいちばん近いデパートへ。母がたまには人の作ったものが食べたいと言うのです。

IMG_2110

 

 

 

しょうがない甘えん坊だなあ。なんでもお好きにどうぞ(笑)。

IMG_2113

 

 

 

私は食べない時間帯だったのでほぼ母の食べる顔を見ていました。そして会計はもちろん私^^; これはお決まりのパターン。言い訳しておきますが、私は決して金持ちではありません。ただ台湾は儒教を重んじる一面があるのでこういう関係性を保っているという……。

 

 

お腹を満たしたら次は妹の誕生日プレゼント選び。母と折半し、ふたりから靴を贈りました。ぺったんこ靴なので敢えて先端がとがっているものにしたのです。そのほうが足が長く見える気がするでしょ? 色は3色の中から母がチョイス

IMG_2127

 

 

 

歩きやすく、雨の日も履ける実用的なタイプに妹は大喜び。

 

 

母と電車内で別れた私は帰宅し、家事をもろもろ。

 

 

夜、emi-goの病院へローズ、ジャイアン、あさひの駆虫薬を買いに

IMG_2126

 

 

 

駆虫は一度済ませていますが、念には念を入れることにしたのです。

IMG_2120

 

 

 

病院の帰りに妹家へ寄り、早々にプレゼントを渡しました。左のオーガニックのメイク落としとヘアスプレーとカードは私から妹へ。いつもネイルでお世話になっているんで。右のピンクリボンのかかった箱には母と選んだベージュの靴が入っています。

IMG_2128

 

 

 

妹は妹だけのつき合いではなく、703号室卒業犬猫の里親でもあるんですよ。

 

 

 

私が14年くらい前に保護した福と

IMG_2121

 

 

 

私が15年くらい前に保護したまめを妹が育てています。

IMG_2125

 

 

 

妹は里親としても私とは縁が長いのです(笑)。

 

 

 

毎日が駆け足で過ぎていきます。予定が狂うこともしばしば。立てたスケジュールを確実にこなしたい私は番狂わせに出会うとストレスを感じることも。

 

 

 

でも、総じてイキイキと生きています。周りの方々のおかげです。感謝。

 

 

 

最後に、最近我が家に覗き魔がいるのでぜひ紹介させてください。

IMG_2003

 

 

 

トイレに入ると、ストーキング目線を感じます。

IMG_2004

 

 

 

あ、これは証拠写真を撮るために入っただけですので、用を足していません。

IMG_2008

 

 

 

「見ているぞ~~~」

IMG_2006

 

 

 

 

キャー!!

 

 

 

ふふ。構ってちゃん保護猫ジャイアンの意外な? 一面をお送りしました。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





うだうだしながらがんばって♥

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

もなちゃんがナナにそっくりの桜のカードと枯れないお花と部屋のフレグランスのプレゼントを贈ってくれました。カードにはあたたかいメッセージが添えられています。もなちゃんありがとう。またぜひお会いしましょうね。

aaare (13)

 

 

 

チチの仕事のスタッフからは春らしいフォトフレームのプレゼントが。かわいいねえ。ありがとうございます。どんな写真を飾ろうかワクワク楽しみです。

aaare (11)

 

 

 

中島先生にあいさつをした翌日、チチが追加で10キロのドライアイスを買ってきました。megさん夫妻がお見えになったのですが、それは今度書きます。

 

 

夕方、みいさんが来ました。食べ物を持ってきてくれてありがとう。

aaare (9)

 

 

 

ナナ、ほらみいさんだよ。ナナをいっぱい撫でてくれたみいさん。ナナの写真を撮りまくってくれたみいさん。お誕生日会もお別れ会も来てもらえてよかったね。

aaare (10)

 

 

 

末娘リルがきょとんとしています。

IMG_0686

 

 

 

ナナの死の意味が理解できていないようです。

aaare (17)

 

 

 

リル、わかる。実はお母さんも同じ。生と死の境界線が雑であいまいになってきた。なんのために生まれてなんのために死んでいくんだろう。むずかしいね。

aaare (1)

 

 

 

みいさんの亡き愛犬さくらちゃん

aaare (16)

 

 

 

ナナの分も作ってくれました。

aaare (15)

 

 

 

さくらちゃんもナナも春に逝ったので桜に囲まれています。ナナ、きれいだね。

aaare (14)

 

 

 

ナナは新緑も似合うんだよね。落ち葉も雪もぜんぶ。四季のすべてが……

aaare (12)

 

 

 

みいさんだから甘えさせてもらうことに。みいさんは素のままでいい相手です。

aaare (8)

 

 

 

ドライアイスベッドからナナを連行し、抱いてベタベタしまくりの私

aaare (7)

 

 

 

この写真にセリフをつけるなら「未練タラタラ」でしょうかね?

aaare (6)

 

 

 

そりゃそうだよ。好きだからしょうがない。

aaare (5)

 

 

 

生きているときは老犬臭が漂っていたのに、天に昇ってからはむしろ花の香りがします。

 

 

いろんな方がいろんなにおいのハンドクリームをつけた手でナナを撫でまわすのが理由だと思うのです。うーん。たまらん……どうしようか……

aaare (3)

 

 

 

キツい。戻ってきてくれないかなあ。無理な話だけどナナに戻ってきてほしい。

aaare (2)

 

 

 

みいさんは黙って私の様子をiPhoneでパチパチ撮影し、帰宅後私のだらしない写真をつけてラインを送ってきました。そこに書かれていたひと言……

 

 

「うだうだしながらがんばって♥」

 

 

私はみいさんに返信しました。

 

 

「いい写真ありがとう。うだうだしながらがんばる」

aaare (4)

 

 

 

もうじき終わりますので、ナナの話は火葬までおつき合いください。

 

 

私が16年愛してきた犬です。生も死もすべてをお見せしたいのです。

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





輸血

ブログ連続更新中。読んでいない方は下の記事もお読みください^^

 

 

 

まずは家族募集中のサクを1枚! 下を向いたのが残念ですが、キリッとハンサムでしょ?

1yuketudai (16)

 

 

 

 

本日はべべの「輸血」について書かせてください。

 

 

 

約2週間前の血液検査でべべは貧血が見つかり、とりあえず鉄分を補うサプリメントを開始

1yuketudai (19)

 

 

 

胃がんである前に16歳半のべべはいわゆる「老犬」なので、全体的に体力が落ちています。

1yuketudai

 

 

 

しかしそれにしても近ごろは歯茎や舌の色が白く、ふらつきが目立つ。もし貧血が進めば、呼吸すらたいへんになっていきます。それではQOLを維持しているとは言えません。

 

 

 

私はべべの症状の緩和目的で輸血を視野に入れ動き出しました。

 

 

 

東大病院で輸血をすることも考え、ほほの主治医前田先生にも相談。前田先生は親身に話を聞いてくださいました。東大病院で輸血をする場合は供血犬を自分で探さなくていいというメリットがあります。専門機関なのでさまざまなシチュエーションに対応できるキャパがあります。

 

 

 

でも、通い慣れている大巻先生の病院のほうがべべのメンタルに適しているかな。

 

 

 

私は供血してくれる犬を探しはじめました。負担をかけてしまうであろうお友だち。べべに血をわけてくれる尊いお友だち。emi-goのオススメで入田さんちの「ロックくん」に打診することに。ロックくんは2歳半と若く、健康的で、体重が15キロを超えているのでピッタリです。

 

 

 

入田さんと私のつき合いは古く、15年以上前に土手犬の保護で出会った大先輩です。

 

 

 

電話口で「お役に立てるなら喜んで」と快諾してくださいました。どんなにうれしかったか。

 

 

 

7月11日。べべ輸血前検査。我が家に来ていたMIHOさんもいっしょに病院へ

1yuketudai (13)

 

 

 

MIHOさんが後部座席から撮ってくれたべべ

1yuketudai (7)

 

 

 

 

採血中

1yuketudai (11)

 

 

 

 

血液検査の結果、またもや貧血が進んでいます。輸血以外に選択の余地がないことを、ここでチチは悟った模様。サプリでどうにかできるレベルではないとわかってくれてどうも。

1yuketudai (21)

 

 

 

 

よしやろう。べべがんばれるね?

1yuketudai (9)

 

 

 

 

べべの「血液型」も調べました。ロックくんとクロスマッチするでしょうか?

 

 

 

院内で運子を漏らし、おしめをつけられちゃいました。

1yuketudai (15)

 

 

 

下痢気味だったけど、出てよかった。スッキリしたね!

1yuketudai (18)

 

 

 

この後、チチはべべを連れて先に戻り、私はMIHOさんと軽く食べてから帰宅。

 

 

 

7月12日。ロックくん採血&検査、ほか

1yuketudai (20)

 

 

 

朝、入田さんとロックくんを乗せ、大巻先生の病院へ。車が苦手なロックくん。ごめんね。なるべく急ぐからちょいがまんしてね。

 

 

 

ついでにスクリーニング検査も依頼。私からロックくんへのささやかなプレゼントです。

1yuketudai (3)

 

 

 

フィラリアマイナス。スクリーニング検査異常なし。ロックくんを病院に残し、入田さんをお家まで送っていきました。入田さんは用事があるので、すべてが終わり次第、私が責任を持ってロックくんを送り届けます。

 

 

 

ロックくん、べべを助けてくれて、ありがとう。

1yuketudai (23)

 

 

 

お迎えに行ったら病院でひなポプさんに偶然会いました。こねこね誉めてもらっています。

1yuketudai (5)

 

 

 

「血をわけてもらう」ことを、私は重く受け止めています。ロックくんの体に流れる血はただの液体ではなく、ロックくんそのもの。うまく説明できないんですけど、ロックくんが生身であることを私は忘れません。簡単なことではないんです。入田ロックくんに感謝とリスペクトを添えて。

 

 

元気がよかったのに、帰宅後ロックくんが少し調子を崩したとあとで聞きました。翌朝には体調が完全回復したものの、なんかもう、申し訳ない気持ちでいっぱいです。ごめんね。

 

 

 

入田さんは私が渡したお礼を頑として受けとろうとはせず、このたびの入田さんとロックくんの善意にどうお返しをすればいいのか、ほんとうに悩ましい。この先、私が入田さんやロックくんのお役に立てるなにかがあればいいのですが・・・・・・。

 

 

 

入田ロックくん、田辺べべ、見事にクロスマッチ!! 血液型おそろいです。

1yuketudai (2)

 

 

 

やった。これでより安全に輸血できる。一歩ずつ一歩ずつ・・・・・・

 

 

 

7月13日。病院休診日

 

 

 

7月14日。べべ輸血のため半日入院。おのさん、よろしくお願いします。

1yuketudai (22)

 

 

 

おのさんの穏やかな笑みを前に涙が溢れてきました。うまくいきますように。

 

 

 

保護猫エリーゼのお届けをはさんで、べべ公を迎えに!

1yuketudai (8)

 

 

 

輸血は問題なく終わったのに、なぜか首を上げられずグッタリ

1yuketudai (6)

 

 

 

玄関先でべべの姿を見たチチからは「どうなってんの?」的な視線。

 

 

すかさず謝ると、「決めたことだからしょうがないよ・・・・・・」と。

 

 

それほどべべは力なく横たわっていたんです。食べもせず、飲みもせず。べべは立ち上がる気力すらありませんでした。もしかすると私、どこかでなにかを間違えたのかもしれない。

 

 

急に怖くなり、大巻先生に電話。

 

 

先生の「拒絶反応は出ていませんでした。問題ないはずです」のひと言にすがりながら、べべを抱っこ。べべの歯茎と舌がピンクに色づいているのが、私の唯一の心の救いでした。

 

 

 

7月15日午前中。貧血の値を調べるため病院へ

1yuketudai (4)

 

 

 

昨日よりいくぶん顔つきがしっかりしている気がします。

1yuketudai (10)

 

 

 

輸血後の最新の血液検査↓ おおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!

1yuketudai (14)

 

 

 

貧血が改善され、正常値に戻っています。ありがとうありがとうありがとう・・・・・・

 

 

ロックくんの血が、べべの中で生きています。ロックくんにべべが生かされています。

 

 

強き者と病む者の血が混ざる。ロックくんがべべを引っぱってくれています。ありがたい。

 

 

 

大巻先生の病院の愛猫しょうくん&テンくん、ひさしぶり♪

1yuketudai (17)
 

 

あああ、見るものすべてがまぶしいとはこのことですね。

 

 

 

この数日お母さんがバタバタしていたからナナもさびしかったかな?

1yuketudai (12)
 

 

昨夜ワインのコルクを囓って壊してたね。目撃したよ、しっかり^^;

 

 

 

たった今のべべ公。立っています。歩いています。歯茎と舌は相変わらずピンクです!

tate

 

 

 

 

皆さまにご心配をおかけして申し訳ありませんでした。ひと山乗りこえました。

 

 

 

ロックくんに感謝

 

 

 

万物に感謝

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク