アクセント

卒業生ごましおの里親さんから「天晴れ北陸」のイチゴが届きました。

kurataa (15)

 

 

ありがとうございました。

 

 

自然の酸味とほのかな甘みにハマり夜中夢中で食べました。ごましおの里親さんに私は先日「私という人間について客観的にどう見えているか?」を質問し、クスクス笑え和む回答を得ています。いつか紹介するかもしれません。

 

 

ほかにもプレゼントが届いているのですが、今度自慢させていただきます。

 

 

ナナたちの闘病と介護やべべの喪失で現在底辺に墜ちている私ですが、心療内科の先生がかけてくれた言葉があります。苦しさや重圧感に潰されそうになったときの対処法をたずねたときです。

 

 

先生はマスクを外し、私の目を直視しながら言いました。

 

 

「苦しいね。苦しいね……苦しみは喜びを倍増させる人生のアクセントだと思うから……多感でいいんですよ。あなたはちゃんと生きています。その証拠」

 

 

ふーん。そうか。まあ、ならね、ならばある程度はしょうがない。

 

 

本日はうれしかったことをメインに書いていきます。

 

 

姑のタマちゃんが5㎝のガンを切り落とし、病院で黒缶を食べたこと!

kurataa (12)

 

 

 

タマちゃんは既に自宅に戻りました。タマちゃんはこれから抗がん剤を使いながら余生を生きていきます。抗がん剤の副作用は「腎臓に負荷がかかる」タイプのもの。腎臓及び全体の様子をモニタリングしながらやっていきます。

 

 

律儀な姑から手紙が。タマちゃんは深く愛されています。

kurataa (9)

 

 

 

お母さん、タマちゃんはお母さんとお父さんの子でよかったですね。

 

 

 

迷子騒動でお騒がせした卒業生ダイア家に新しい家族が増えたこと!

kurataa (13)

 

 

 

nicoくんと名づけられました。この子はダイアの捜索中にダイアの里親さんと出会いました。里親さんは迷った末、保護を決め、ダイアの弟として迎えたのです。保護したのも病院へ連れて行ったのももちろん里親さんご夫婦。

kurataa (14)

 

 

 

ダイアが行方不明になったとき、私は暗澹の上に暗澹を塗られたような気持ちになっていましたが、ダイアが無事に戻り、捜索の過程でクロちゃんをTNRし、nicoくんがダイア家に加わった一連を振り返り喜びをかみしめています。

 

 

里親の我妻ジュンさん小林懸さん夫妻と私とタカ(妹の結婚式二次会にて)

kurataa (11)

 

 

 

※でも皆さま!! 迷子の犬猫を無事保護するのは至難です。迷子の犬猫たちがずっと外で生きていける保証もありません。ぜったい気をつけてください。

 

 

 

卒業生しじのの家りょうちゃんチーさんもありがとう!

kurataa (10)

 

 

 

私には気になる猫が2匹いたのです。卒業生すももの産んだ子猫たち。

 

 

3匹のうち、1匹はemi-goが里子に出していますが、残った2匹にご縁が決まらず、2匹は病院内のケージの中で暮らしています。

 

 

いつの間にかこんなに大きくなってしまいました。

kurataa (1)

 

 

 

けれどきちんと育っているってことだもんね。育つってすばらしい。

kurataa (16)

 

 

 

りょうちゃんが元気の出ない私に代わり、十香ちんの預かり&募集を申し入れてくれたのですが、十香は時間をかけてでも自分でやりたい。そこで私は、次に手掛けるはずだったすももの子猫たちをりょうちゃんにすすめてみたのです。

 

 

快諾をくれたりょうちゃんのおかげで、すももの子猫たち2匹は近々りょうちゃんちへ移動し、りょうちゃんちからの卒業を目指すことに。

 

 

皆さま応援してくださいね。よろしくお願いします。

 

 

私「十香は自分でやるけど、すももの子たちも次にやろうと思っていて、心に引っかかっているんだよね。やるならあの子たちをお願いできない?」

 

 

りょうちゃん「ふふ。アンちゃんが気にかかっている子たちなら……やるしかないでしょう。2匹……いいよ♪」

 

 

おおおおおおおおおおおお……りょうちゃん、チーさん!!

 

 

りょうちゃんは「レベルの高い譲渡」ができる方。安心しています。

 

 

病院ですももの子たちと会ったあと、りょうちゃんチーさんと散策

kurataa (4)

 

 

 

私は豆さまがプレゼントしてくださったたくさんの衣類の中から白のトップスと黒の靴を履かせてもらいました。豆さまありがとうございます。また服を着て写真を撮る機会があったらUPするのでチラッと見てくださいね。

kurataa (5)

 

 

散策後、コンビニへ寄りりょうちゃんちまでドライブ

kurataa (8)

 

 

超へたくそな写真ですが、りょうちゃんちのしじみさんと

kurataa (6)

 

 

 

ののこさんに会えました♪

kurataa (7)

 

 

 

私の譲渡が次の譲渡を生み、そしてほかの譲渡を生む。その中で息をすることができて本望です。野良猫という単語がなくなるまで、どんどんつづけばいい。

 

 

りょうちゃんにオーダーしていたバッグが最終段階に入った模様です。

kurataa (2)

 

 

 

仕上がるのが楽しみ!!

 

 

私信:りょうちゃんほほ、あまぱん、さぶの首に飾りをつけてぇ♪

 

 

帰りはわざわざりょうちゃんとチーさんが送ってくれました。感謝。

 

 

苦楽。苦と楽。苦は楽(喜び)のアクセント。アクセント!!

kurataa (3)

 

 

 

最後の日まで喜怒哀楽を爆発させながらいくのも悪くないかもしれませんね。

 

 

そろそろナナの散歩へ行きます。涼しい。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





10分更新 「メルに会ったよ」

うっ。いきなりiPhoneカメラがまっ黒になって使えなくなったんですけど。

 

 

どうすりゃいいのかわからないので、あとでソフトバンクへ駆け込みます。SNS時代を生き抜こうと必死なのに、疲れるほどなんにもわかっていないというアナログさ。ふう。

 

 

本日のネタの一発目は、卒業猫ソイルあらため「メル」。子猫だったメルがあっという間に不妊手術。里親さんはemi-goの病院での手術を希望しているので、私も診察に同行しました^^

sotumer (12)

 

 

 

 

あいかわらずおめめ大きくてかわいい。体重2.5キロ。GOサインが出たので手術日を予約!

sotumer (2)

 

 

 

メル、がんばってね♪

sotumer (3)

 

 

 

キャリーのサイズをまちがえたという里親さん。中型犬が入りそうなキャリーを足元に置いていたのがおかしくて笑えました。好きだなあ。とっても穏やかでやさしいご夫婦です。

sotumer (4)

 

 

 

こんなに丈夫なキャリーなのに、洗濯ネットとのダブル使い。私が伝えたことをお守りくださって心強い限りです。ありがとうございます。安心して見守れます。

 

 

 

里親さんから届いた近況写真。鼻まわりの模様が萌える♪

sotumer (7)

 

 

 

赤い首飾りが似合っています。

sotumer (10)

 

 

 

スクスク育っていますよ。メルは幸せに暮らしています。不妊手術うまくいきますように。

 

 

 

さて、メルに会いに行ったついでに、「にゃっ展」のポスターやハガキを病院に置いてきました。

sotumer (6)

 

 

 

にゃん太さん、プレゼントありがとうございました。

sotumer (5)

 

 

 

昨夜emi-goの病院(大師前どうぶつ病院)へ行ったら、壁にはられていました^^

sotumer

 

 

 

 

このヒョウ柄のご夫人にも渡したところ

sotumer (8)

 

 

 

店にはってくれたようで、写メが来ました。ママありがとう。

sotumer (11)

 

 

 

深夜ファミレスでマンゴーのデザートをむさぼっています。

sotumer (9)

 

 

 

母子してマンゴーに目がありません。

 

 

 

昨夜は徹夜でにゃっ展「アンニイさんお話会/保護」の資料を作り、今朝? 10時すぎまで爆睡。昼やりゃいいんですが、昼は昼でやることがあるのです。家事や在宅ワークとかね。

 

 

 

まだ手直ししますがたたき台はできたかなと思います。

 

 

 

最近なにをやるのにも腰が重くて、心も重くて、動作行動ひとつひとつが億劫でたまりません。気が滅入りやすいです。春だからですかね? 皆さまは心身お大事にしてくださいね。

 

 

 

いつもあたたかい応援ありがとうございます。

 

 

LOVE

 

 

 

 

スポンサーリンク





もも と さくら

さて、昨日のつづきです。関連記事は前回の記事にリンクしてあるのでご覧くださいね♪

 

 

 

さくら(かえ)のお届け前日、私は母と車をトレード。私の車はカーナビが古かったので無事にたどりつけるか心配だったのです。母の車にさくら用のレンタルケージとお嫁入り道具を積む。

 

 

 

意外と重労働。こんなとき、ふと、「個人」とか「ひとり」の虚しさ感じることがあります。

 

 

 

翌日、さくらを乗せ女ふたり(さくらと私)の2時間弱のドライブ。

 

 

 

到着!

IMG_2969

 

 

 

 

里親さんご夫婦が笑顔で待っていてくださいました。どう? さくら、素敵なお家でしょ?

IMG_2968

 

 

 

みんなで仲よくケージ、お嫁入り道具、さくらをお部屋まで運び、着くなりご主人は私が持参したケージをすばやくササッと組み立てたのです。うらやましいなあ。うちではあり得ない光景。

IMG_2960

 

 

 

距離を保ったところからスタートさせたほうがいいので、さくらのケージは主寝室に設置

IMG_2961

 

 

 

 

「いらっしゃい~」

IMG_2976

 

 

 

ケージの中にいるさくらをコネコネしています。早く緊張がほぐれるといいね。

IMG_2978

 

 

 

 

「ここ どこですか?」

IMG_2972

 

 

 

さくらがドームベッドにおさまったところで、一同はリビングへ移動

IMG_2948

 

 

 

 

日当たりがよくて清潔で快適な空間です。

IMG_2950

 

 

 

愛うさぎさんと暮らしていた里親さん

IMG_2963

 

 

 

お部屋のあちこちにキュートなオブジェや絵が飾られています。

IMG_3008

 

 

 

あ、これはうさぎじゃなかった(笑)。

IMG_3006

 

 

 

先住もも(海子)の卒業記事の際にご紹介したので今回は簡単に。掃きだし窓の脱走防止!

IMG_2951

 

 

 

あれ? ところでももちゃんどこでしょう? 姿が見えませんね。

 

 

 

と思ったら、キッチンの電子レンジの裏に隠れていました^^;

IMG_2954

 

 

 

はいはい。ももちゃんにとって、もはや私は異物ですわね。

 

 

忘れられても、ぜんぜんショックじゃないのでご安心ください。これは健全なリアクションです。

 

 

 

「ねえねえ きょう おうちの中 なんか変なニオイがするの」

IMG_2986

 

 

 

「なんかいるっ! ぜったいあやしいっ」 (この写真のももとても気に入ってます)

IMG_3001

 

 

 

あまっている部分にちょこんと腰掛けるご主人が気の毒です。

IMG_3002

 

 

 

ももちゃん、里親さんに愛されてるなあ♪

IMG_3003

 

 

 

ご夫婦と仲よくさせてもらっているので、会うとお互いに超長居してしまいます(笑)。

IMG_3000

 

 

 

ついついおしゃべりに花が咲くんです。お菓子やお茶、ごちそうさまでした。

 

 

 

定期的にさくらの様子を見に行くご主人

IMG_2979

 

 

 

さくら、ここでならだいじょうぶね?

IMG_2970

 

 

 

「わたしなりに精いっぱいやってみます」

IMG_2971

 

 

 

先住もも姉にさくらのことをお願い中

IMG_2989

 

 

 

無害だよ、無害だよ、約束する。さくらは元気で素直なやさしい妹分になるよ

IMG_2990

 

 

 

ももちゃんがドッシリと重くてちょっとウルウル。改めて、もも、幸せになったねえ。うれしい。

IMG_2991

 

 

 

トライアルがうまくいくことを祈りつつ、里親さん宅をあとにし、帰宅。カード、猫フード、おやつ、さくらの医療費の一部をありがとうございました。素敵なカードを読んで心がほっこり。

IMG_3010

 

 

 

はじめの3週間弱はさくらが一定距離まで近づくと怒っていた先住もも姉ですが、ある日を境にふたりの距離がグンと縮まったらしいです。さくらがほんとうにいっしょうけんめいだったと、里親さんはさくらを誉めていました。さくらを受け入れたもも姉もおりこうだと思います。

 

 

 

さくらはけなげな面ばかりでなく、若い女子らしい活発さやお調子者さものぞかせています。

 

 

 

おもちゃで遊んだり、家中を飛びまわったり、イタズラしたり。猫らしく自由に生きています。

 

 

 

以下が里親さんからいただいた近況写真の一部↓

 

 

 

「もも姉のごはんだ! いただきますっ」

kaake (8)

 

 

 

 

「もも姉のごはん おいしいね」

kaake (16)

 

 

 

「あ ほとんどなくなっちゃった・・・・・・」

kaake (2)

 

 

 

さくら、自分はたっぷり食べたあとなのに、もも姉のごはんも平らげてしまったようです。

 

 

 

「お水でがまん」

kaake (37)

 

 

 

懐の深い一面を見せてくれたももちゃんです。

 

 

 

「ももちゃんだいすき」

kaake (42)

 

 

 

「ももちゃん い~れ~て~♪」

kaake (7)

 

 

 

 

「ああ きもちいい~」

kaake (15)

 

 

 

「ももちゃん ねちゃった」

kaake (38)

 

 

 

 

「ハハ~ 見ていますか?」

kaake (23)

 

 

 

「いまわたし にっこりの毎日」

kaake (26)

 

 

 

 

「もも さくら・・・・・・うちには春がいっぱい」

kaake (35)

 

 

 

 

「ポカポカと あたたかいです」

kaake (31)

 

 

 

 

さくら、よかったね。心から、おめでとう。

 

 

 

 

 

かつくん「x245さくらおめでとう。さくらは儚い雰囲気もあるけれど、とても幸せそうな表情をする女の子だよね。みんなにモテモテの理由がよーくわかります。家族といっしょにこれからも年中春を満喫してね。ハハがまた会いに行くって張りきっています。

がんばってもも姉のハートを掴んだ努力家のさくらに703号室から愛と尊敬を込めて」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





胸きゅんガール

今日から2度にわけ、悶絶必至の女性をご紹介します。

 

 

祝! さくら正式譲渡!

 

 

 

さくらはご存じ「花枝(かえ)」の旧名で703号室に華を添えてくれた私の保護猫です。

 

 

2月15日より卒業生もも(海子)宅へトライアルに。がんばって自分の居場所を確保したのです。ほんとうにえらい。少しずつもも姉に近寄るさくらのけなげさが愛おしくてたまりません。

 

 

 

うちでも保護猫たち(満天メル)やお子たちと仲よくしてくれたし、ありがたい存在でした。

kaake (10)

 

 

 

 

甘えじょうずのさくらに

kaake (21)

 

 

 

「おれら男性陣は」

kaake (36)

 

 

 

 

「本気で」

kaake (28)

 

 

 

 

「超メロメロっす!!」

kaake (19)

 

 

 

 

「うふ♪」

kaake (25)

 

 

 

 

ウインク

kaake (17)

 

 

 

スマイル

kaake (22)

 

 

 

 

かわいいっ!!

kaake (6)

 

 

 

 

あまりの可憐さになぜかうちの妹までもが夢中に^^;

 

 

 

実は妹は「ももちゃんちとのトライアルがダメだったらうちが家族にする」と言っていたのです。

 

 

 

顔も性格もいいさくらはみんなを虜にするのよね。

kaake (24)

 

 

 

 

でも、野良猫時代は苦労の連続でした。

 

 

 

姉妹のなつこ(つぼみ)と肩を寄せ合い生きていたさくら。

 

 

もともと実葉の保護に関わったFさんからのSOSで、私が外猫2匹(なつこさくら)の不妊手術費用を負担することになったのですが、実葉だけを保護し、ほかの子たちをリリースするのが精神的に苦痛で、結局全員の家族募集をすることに決めたのがいきさつです。

 

 

 

当時の心情をつづった記事はこちらに

 

 

 

ブログでは触れていませんでしたが、悔しかったです。なぜなら、さくらとなつこに餌やりをしていたのはとある動物病院だったのです。あり得ないでしょ?

 

 

動物病院なんだから、餌やりをするんだったらまず不妊手術をしてくださいよ(苦笑)。

 

 

そこの病院を開業している獣医(息子)は精神疾患でオペが不可能になってしまったとのこと。近々病院をたたんで引っ越しをするので、外猫の存在が重荷になったらしい。

 

 

まさか個人の私が動物病院の尻ぬぐいに駆り出されるとは。

 

 

いろんなことが起きるんですね。日々勉強です。

 

 

 

さくらはなつこよりだいぶ遅れての保護成功。Fさんの粘り勝ち!

FullSizeRender

 

 

 

しばらくFさんちにステイしたのち、703号室に移動

FullSizeRender (1)

 

 

 

ごはんをもらいすぎだったのか? 保護後、しばらくひどい大腸炎を起こしたさくら。Fさんちでカラーをつけていなかったので不妊手術の傷跡が膿んでしまうというアクシデントも・・・・・・

kaake

 

 

 

傷の洗浄など、通院に耐えました。小さな体だけど、強い女の子です。

IMG_7468

 

 

 

外猫時代は出産の経験も。Fさんたちがさくらの子猫を近所に里子に出したそうです。

 

 

飲み込もうにも、どうにもうまくいかず、まるで砕けない石を口に含んでいるような状況がたびたび起きます。吐く場所はないし、石は重いし、邪魔なので、無理に飲もうとするけれど、飲んだあと喉に詰まって、今度は息が苦しい。胃に沈めたとしても、胸やけが止まらないです。

kaake (11)

 

 

 

だけど、こんな清らかな目を向けられると私はつい、ねえ・・・・・・

kaake (27)

 

 

 

 

「ふっ それが狙いです」

kaake (30)

 

 

 

 

「単細胞はあつかいやすい」

kaake (5)

 

 

 

 

「ううんっ わたし」

kaake (12)

 

 

 

 

「なにも言ってません」

kaake (41)

 

 

 

 

小悪魔め!!

kaake (13)
 

けれど、うまく帳尻が合うようになっているんだと思うのです。

kaake (20)

 

 

 

 

現に私は、やっぱりさくらを保護してよかったと心底喜んでいます。

kaake (29)

 

 

 

一度その子に関わると、深く知ると、余計に強く感じますね。

kaake (33)

 

 

 

 

家の中に生きる猫は

kaake (34)

 

 

 

無防備でのんきに見えるから。

kaake (39)

 

 

 

さくらの里親さんは、さくらが私のブログに登場したときからさくらを迎えることを考えてくれていました。ただ、すっかりわがままなひとりっ子になってしまった先住ももとの相性が心配だったのです。ももは肝臓の数値がじゃっかん高いので、余計に不安も大きかったのでしょう。

kaake (3)

 

 

 

私は保護活動に於いてはあらゆる面で楽観視をしないタイプなので、さくらの性格をもってしても、うまくいくという保証はできませんでした。でもなんとなく、さくらのあたたかさがももに伝わる気がしていたのです。さくらが無害だと知れば、ももはリラックスできるかも。

kaake (18)

 

 

 

 

ももは外でひたむきに生きていた子。出産し、母猫となり、わが子たちを育て上げてきた立派な女性。703号室時代はほかの仲間と支え合い譲り合い、いっしょに暮らしました

IMG_2994

 

 

 

だから、きっとだいじょうぶ!

kaake (32)

 

 

 

時間はかかるかもしれないけど。

kaake (40)

 

 

 

 

健康で手のかからないさくら。一般募集もしなかったため、ほかの保護猫たちに比べ、いい写真が少なかったです。卒業の前にやっと叶った検診でも、私の具合が急に悪くなって、ちゃんとしたご報告ができないままでした。このときもいい子でしたよ。

kaake (43)

 

 

 

目に入れても痛くない存在ですね。

kaake (4)

 

 

 

さくらが幸せになるよう、毎日祈っていました。

 

 

 

私は祈るだけしかできませんでしたが、私が祈っている間、さくらは幸せを掴むために、弛まぬ努力をつづけました。里親さんもあたたかくさくらともも姉を見守り、しっかりと支えました。

 

 

 

トライアルってひと言で片づけると、なんか軽いんだけど、そうじゃないんだよね。

 

 

 

さくら、おめでとう。

 

 

 

次回はさくらのお届け日の様子と近況写真をお送りします。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





春はそこに、の巻

うう。日々の更新がまったく追いつきません^^;

 

 

実葉のことも書きたいのですが、次回にします。

 

 

メールが滞っています。ごめんなさい。緊急の方は携帯にお電話ください。

 

 

今回は近況にいくつかのお題をつけて♪

 

 

 

【保護猫さくら(かえ)トライアル順調の巻】

 

 

 

さくらが先住もも姉(ももも703号室卒業生)のごきげん取りにいそしんだ結果

1sakusaku (5)

 

 

 

一定距離以上近づくと怒っていた先住ももが・・・・・・

1sakusaku (19)

 

 

 

さくらを受け入れるようになりました。女子猫同士って意外とむずかしいのにすごい!

1sakusaku (14)

 

 

 

ももの信頼を勝ち得たのはひとえにさくらのひたむきさ、無害さ、やさしさの賜物だと思います。

1sakusaku (8)

 

 

 

ツイッターにあげた動画にはさくらがももをいっしょうけんめいグルーミングする姿が映っていましたね。もももさくらも外で出産経験のある苦労猫。ひとりっ子わがまま姫になったももも、性格のいいさくらも、どこかの時点で折り合いをつけ、理解し合ったのでしょう。

1sakusaku (2)

 

 

 

え? まだトライアル? さくらが703号室に帰ってくる可能性あるの? と驚いている皆さま! ちがいます(笑)。でもちゃんと書きたいのでちょっとお時間をください。

1sakusaku (17)

 

 

 

ももは703号室時代「海子」という名。私とは強烈な出会い方でした。私は偶然にも海子の保護前に海子が産んだ猫たちを何頭も保護し里子に出していたのです。縁の深い子です。さくらはご存じ「かえ(花枝)」。ふたりに興味がある方は、ブログ上部の検索バーにキーワードを入力しお読みください。関連記事が多すぎてリンクを貼ることができないのです。泣。

 

 

ご主人が誤ってさくらの食器を割ってしまったらしく、同じのをさがしていたら春バージョンの「さくら柄」を発見し、即買ったんだとか。かわいい食器がさくらに似合っています。

1sakusaku (10)

 

 

 

もももさくらも愛おしいなあ♪ さくら、さくらの粘り勝ちだね。その調子その調子!

1sakusaku (3)

 

 

 

 

【ぼくたち男子コンビもなかよしです、の巻】

1sakusaku (22)

 

 

 

はい。知ってます。703号室のあまぱんとさぶは・・・・・・

1sakusaku (15)

 

 

 

 

連れションをする間柄です(爆)。

1sakusaku (23)

 

 

 

 

【べべ公の近況の巻】

 

 

 

まもなく16歳と2カ月を迎えるうちの長女べべ公。体調は万全とは言えません。けど、それなりに、べべなりに、がんばって生きています。毎日が奇跡です。ありがたいことです。

1sakusaku (6)

 

 

 

数日前、嘔吐がひどかったので断食、断水させ、脱水を防ぐため皮下点滴をしました。

1sakusaku (13)

 

 

 

貧血だと点滴はまずい。迷ったのですが、おそらくべべは重度の貧血ではなさそうと踏んで1本(60ml)だけ入れることに。そうしたら翌日、体調が戻ってきたのです。

1sakusaku (12)

 

 

 

うれしかったなあ。今宵も私のそばで寝息を立てています。

 

 

 

【人の健康の巻】

 

 

自己管理不足のツケがたたり、私は今、週に2度ほど通院をしています。結石やらコレステロールの問題やら持病の肝臓やら婦人系の病気やら・・・・・・。背中の痛み以外はとくだん自覚症状がなく、体はピンピンしています。残念ながら皆さまの同情には値しません^^;

1sakusaku (7)

 

 

 

私もすっかり中年。改善できる部分はしたい。

 

 

ということで、通院や投薬以外に「食事」に気をつけることにしたのです。

 

 

昔から甘いものはそんなに食べませんし、お肉よりは野菜や魚介が好きなのですが、「卵料理」に目がないのも事実でした。卵は1日何個でも食べられます。

 

 

しかしそれじゃイカン!!

 

 

命が惜しい。できることなら長生きしたい。

 

 

で最近、こんな感じの食事を摂っています。おかゆ炊いてすすってます。

1sakusaku (20)

 

 

 

この日のメインはイチゴ

1sakusaku

 

 

 

サンマは積極的に食べています。DHAだいじ! 1尾焼きますが食べきれずに半分を次の日にまわしてしまうことも。(おからはマイママさん、ワカメはにゃん太さん&マイママさんより)

1sakusaku (21)

 

 

 

夜食用にワカメとネギのサラダを作ってみました。海草類は大好物♪

1sakusaku (9)

 

 

 

外食の際もメニューを慎重に選ぶことに

1sakusaku (4)

 

 

 

個人で細々とですが、私は保護譲渡活動をしています。キャンセルできない約束が多いです。チチの不在時はお子たちのお世話を投げ出せません。家事も常に溜まっています。在宅の仕事もしています。だからぜったいに病気で倒れるわけにはいかないのです。

 

 

自分の自己管理の先に、家族の幸せがあると信じています。皆さまもそうですよ。

 

 

お互い健康でいましょうね。

 

 

 

【梅の花の巻】

 

 

この前私は用事のついでにパワースポットへ行き、実葉の良縁祈願、サク&セスの良縁祈願、うちのお子たちの長寿祈願、卒業生と里親さん方の健康祈願をしてきました。

1sakusaku (11)

 

 

 

本堂横を散策。春を見つけひとり心が躍る。色鮮やかで美しい一本です。

1sakusaku (24)

 

 

 

【辻が花の巻】

 

 

花で繋げて・・・・・・久保田一竹の辻が花。来月これを着る機会に恵まれウキウキしています。

1sakusaku (16)

 

 

 

見れば見るほどウットリ。これは母の唯一のお宝。借りるのは2度目。前着たとき私は30代でした。あれから11年経ちしっかりと加齢し(?)当時より着こなせるかもとうぬぼれています。

1sakusaku (18)

 

 

 

ていねいに物事を考え、ていねいに行動をするよう心がけると日常が楽しくなりますね。気分が落ち込む日があってもすぐ再び浮上できるのは、お子たちと善き皆さまのおかげです。

 

 

謝謝!

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク