第三走者、そしてアンカーへ1

皆さまこんばんは。今日から2回にわけ、保護子猫ココア&ミルクの卒業記事をUPします。

 

 

フェイスブックやツイッターではすでにお祝いのメッセージが来ていて、感無量の心情です。

 

 

いやねえ、実葉(+さくら)の保護や手術などと重なり実はちょっときつかったのです。ブログには書けない家庭のあれこれも同時期に起こり、精神的に参りそうでした。

 

 

だから今、喜びもひとしおです。

 

 

以後は里親さんがつけてくださったあたらしい名で紹介させてください。

 

 

ココア(キジトラ)→つむぎ

ミルク(キジ白)→たび

 

 

ふたり合わせて「ココミル」から「つむたび」に変わりました。

 

 

つむぎとたびは横浜市で保護されました。保護したのは703号室卒業生シナ&モンのご家族。シナ&モン家がリレーをスタートさせた「第一走者」。シナ&モンの里親さんからの連絡で私が家族募集を引き受けることになったのです。

 

 

※ 今回は事情があってのことで、ふだんは保護依頼をお受けしていません。私もいっぱいいっぱいですので、犬猫を直接保護した方の自己責任でお願いします。

 

 

シナ&モンの里親さんのメッセージに添えられていた写真

dainisousya-3

 

 

 

この頃は猫というよりも「ねずみ」のサイズですね。

 

 

体調が不安定の月齢でしたので、保護猫のミルクボランティアもされているうめももさくらさんにお願いし、500gになるまで育ててもらう運びとなりました。うめももさくらさんが「第二走者」。

 

 

うめももさくらさんは厚い情を込め、ほんとうに丁寧に育ててくださいました。なんの見返りもないのに、いっしょうけんめいこの子たちを大きくしてくれたのです。無償の愛ってこういうことを指すのですよね。深謝の気持ちでいっぱいです。

dainisousya-6

 

 

 

うめももさくらさんと病院で待ち合わせ、いっしょに先生の診察を受けた日の写真

dainisousya-4

 

 

 

スクスク育ったね。でもまだ300g。頼りないサイズです。

dainisousya-5

 

 

 

そして、500gを超え、703号室へ。私がうめももさくらさんちにつむぎ&たびを迎えに行った日の記事はこちら。この日家でゴタゴタが起き、穏やかな気持ちにはなれなくて、行きは眉間に皺を寄せながら運転したのを覚えています。でも不思議と帰り道は自分の内側があたたかくなっているのを自覚しました。責任を持つ、は重いことですけど、反面、満たされるものですね。

 

 

私が「第三走者」。

 

 

アンカーにバトンを渡すまで走る役目です。

 

 

バトンを渡すアンカーを見つける役目でもあります。

 

 

つむぎ&たびの食の好みや量や適切な回数のコツをつかむまで、なかなか苦労しました。引き継ぎファイルとにらめっこしたり、試行錯誤を繰りかえす日々。卒パイ(離乳)が同じ月齢の子たちと比べると明らかに遅かったのもきつかったです。なにを出してもプイし、ふたりともほ乳瓶を手放しませんでした^^; あなたたちはお母さん猫のおっぱいが恋しかったのよね。

 

 

 

基礎的な医療ケアを終え、いよいよ家族募集のステージへ

dainisousya-10

 

 

 

善い方の目に留まるよう、みいさんがやさしさを込め撮影してくれました。ありがとう。

dainisousya-7

 

 

 

みいさんの撮る写真は、命がつまっている感じがしてとても好きです。

dainisousya-8

 

 

 

被写体が自由で

dainisousya-9

 

 

 

キラッと輝くのよね。

dainisousya-11

 

 

 

美しい写真の数々の裏にはこんな場面が。いやーおてんばたちはじっとなんてしていませんからね。あやす役もカメラマンも若い子たちの動きに追いつこうと必死でした(爆)。

dainisousya-2

 

 

 

みいさんが撮ってくれた中でいちばんのお気に入りがこれ↓

dainisousya

 

 

 

かわいいでしょ? 私のiPhoneの待ち受け画面にしています。

 

 

家族募集を開始するとつむぎ&たびには多くのお問い合わせをいただきました。私は来たメッセージにはすべてお返事を書くよう心がけているのでこの時期はてんてこ舞いでした。

 

 

なにかがグーーーと溜まっていく気がするし、どんどん削られていく気もします。言葉では説明できない感覚です。うーん・・・・・・「消耗」が近いでしょうか? 得ようとしているのに先に失うって矛盾、かもしれませんけど。真剣に取り組んでいるものはなんでもむずかしく感じますね。

 

 

 

紆余曲折を経てついに迎えたお茶会!

dainisousya-12

 

 

 

恒例の朝から大掃除。ふだんと少しちがっていたのはチチが手伝ってくれた点でしょうか?

dainisousya-13

 

 

 

つむぎ&たびに会いに来てくださったのは、私と同年代の笑顔が似合う素敵な女性です。終始つむぎ&たびをにこやかに見つめ、いっしょに遊んでくださいました。

dainisousya-14

 

 

 

ピンでの希望がつづく中、里親さんは「仲の良い姉妹が一緒の方が精神衛生上も良い考えました」と仰ってくれていたのです。だからこの日はふたりとも主役でした^^

 

 

里親さんはおひとり暮らしの女性ですが、お留守番時間は長くありません。数年前までは多忙の日々だったそうですが、働き方をご自身で決められるようになり在宅時間が増えたのです。実際、スケジュールを伺ってみると、つむぎ&たびを迎えるにあたり、かなりの日数のお休みを取ってくださっていました。猫との暮らしははじめてですが、大型犬、雑種犬と長年暮らしていた経験があります。医師という職業柄からか、なにごとにも慎重で細心です。ペット保険や動物病院も含め、すでにさまざまな項目をリサーチされており、安心してお任せできると思いました。

 

 

爽やかで自然体の里親さんのお人柄と、まっすぐに育ったおちびさんたちのふんわりとしたオーラが「合う!」と直感したのが私の印象でした。里親さんは落ち着いた大人ですが、つむぎ&たびと同じ目線で楽しげに遊んでくださった様子がほほえましいというか・・・・・・。

 

 

医療ケアの話になり、これまでの明細やファイルを見せると、里親さんはしみじみ仰いました。

 

 

「この子たちはこうしていろんな方(の手)を経ているのですよね。いいですね・・・・・・」

 

「そうですね」

 

 

私も答えながら改めてそう思いました。関わってくださった方はただただありがたいです。

 

 

夜、届いたメッセージの締めくくりはこのように書かれていました。

 

 

「私も今日お会いでき、とてもうれしかったです! 様々な不安も田辺さんとだったら乗り越えられそうだと確信しました。ぜひ2人のお母さんになりたいと思います。よろしくお願い致します^ ^」

 

 

2人のお母さん

 

 

シンプルな一語が胸にスッと染み込む。

 

 

つむぎ&たびに家族ができる、そう考えただけで私は目尻が下がりました。

 

 

眉間に皺を寄せながら迎えに行った日のこと、ふたりが思ったように食べてくれず連れて行った病院の帰り車の中でメソメソ泣いたこと、漠然と自信を失いかけたこと、削られていくような感覚でため息をついたこと・・・・・・それらがみんな帳消しになった瞬間でした。

 

 

 

つむぎありがとう。

dainisousya-15

 

 

 

たびありがとう。

dainisousya-16

 

 

 

つむぎもたびもいい子でいるんだよ。

 

 

でもいい子のきみたちも、あまりいい子じゃなかったきみたちも、どっちも好きだよ。

 

 

甘えたい盛りなのに、いっぱいがまんさせてごめんね。みんなと共存してくれて助かったよ。

dainisousya-17

 

 

 

嫁入り支度をしたついでに

dainisousya-20

 

 

 

小さなお嫁さんたちに花嫁シュシュをつけ写真を撮っていたら

dainisousya-18

 

 

 

どういうわけかまたウルっときました。

dainisousya-19

 

 

 

最近メンタルが弱いかもです(笑)。

 

 

 

巣立ちの朝。前日チチが洗車をしてきてくれたのであたらしい気持ちで出発です!

dainisousya-21

 

 

 

バトンを握りしめ走った1か月が長かったような、短かったような。

 

 

応援してくださった皆さま、どうもありがとうございました。

 

 

つむぎ&たびの新居と近況写真は次回へとつづきます。

 

 

LOVE&LOVE

 

 

スポンサーリンク





ヨーコちゃんありがとう

皆さまこんにちは。こちらはお天気です。気持ちがいいです。

 

 

昨夜は10代の頃からのお友だちたちとお鍋を食べてきました。心も体もポカポカ♪

ghoaier-2

 

 

 

 

卒業生めいじゅんのママさんが母の店に来た際におみやげをくださいました。

ghoaier

 

 

 

ありがとうございました。めい(黒)もじゅん(サバ白)も近所で私が保護した子たち。ふたりとも中年でFIVキャリア。人慣れもイマイチの強者たちでした。我が家で大して仲よくなかったふたりを迎え入れ、ここまでにしてくださっためいじゅんママさんに深く感謝しています。

ghoaier-10

 

 

 

この記事は皆さまにぜったいに読んでほしい。私のキャリアの猫たちに対する思いです。

 

「ハンデの猫たちに目を留めてください/幸せの703号室」

 

 

 

そしてもうひとり紹介したいお方が。ブログに登場するのははじめての(x239)ヨーコちゃん

ghoaier-3

 

 

 

2004年6月2日の卒業生。今から12年半前のことですね。ヨーコちゃんはきょうだい3匹で捨てられていました。当時未熟だった私はヨーコちゃんの里親さんのやさしさにいろいろ助けてもらったのです。人気が集まった姉妹とは対照的に声があまりかからなかったヨーコちゃんを愛おしそうに見つめた里親さんご夫妻の姿を私は今もハッキリと覚えています。

 

 

「この子にします。あなたのお名前はヨーコちゃんね」

 

 

そう言いながらヨーコと名づけた猫を腕に抱きほほえんだ奥さま。以後、妹猫のシズちゃんも家族に加わり、愛猫たちをたいせつに育ててくださいました。

 

 

数年前にヨーコちゃんの肝臓の数値が上がったときもご連絡をくださり、このたびヨーコちゃんが重度の慢性腎不全と闘っているのもお知らせくださっていました。ほんとうに素敵なご縁に恵まれたと思っています。12年半前の卒業猫の里親さんが事あるたびに連絡してくださるのは保護主冥利に尽きると思いませんか?

 

 

 

ヨーコちゃんはいっぱいの愛と情を受け、病気と闘い、彼女の一生を幸せに終えました。

ghoaier-7

 

 

 

里親さんはさびしくてたまらないそうです。ご主人さまも奥さまも私にメールをくださって。

ghoaier-8

 

 

 

私は感謝を添えヨーコちゃんのイメージに合うオレンジのプリザーブドフラワーを贈りました。

ghoaier-9

 

 

 

どうもありがとうございました。シズちゃん、おふたりを慰めてあげてくださいね。

 

 

 

保護猫満天にもこんなご縁があるといいなあ。

ghoaier-5

 

 

 

性格がよくてかわいいんだもの。食いしん坊は健康の証拠だし(笑)。

ghoaier-6

 

 

 

犬とも猫とも仲よくできますよ。台湾から帰ってきたら本格的に家族募集を開始しますね。

ghoaier-4

 

 

 

皆さまどうぞお見知りおきください。

 

 

 

さて、そろそろ忘年会シーズンですが、皆さま暴飲暴食には気をつけてくださいね。

 

 

近年なにかと胃腸炎を起こしまくる私は特に気をつけないと恐ろしいことになる予感がします。

 

 

次回はココア&ミルクの卒業レポをお送りする予定です。

 

 

さあ、午後は卒業生のお宅にチラッと遊びに行くのでそろそろ支度をはじめますね^^

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





実葉のセカンドオピニオン

皆さまこんばんは。今日はココア&ミルクの卒業式でした。

 

 

写真を整理するので、卒業記事は数日お待ちください。先にマイママさんちにお世話になっている保護猫実葉の通院時の様子をお伝えします。

 

 

ほんらいなら私が千葉の預かり宅に実葉を迎えに行き、文京区の病院まで運ぶところをメグママさんが運搬ボランティアしてくださり通院が円滑でした。おかげでココアミルクのお留守番時間が激減。メグママさんありがとうございました。

 

 

※メグママさんは卒業猫天音の元希望者さん。ご自身で保護したメグちゃんと老猫なっちゃんをたいせつに育てています。偶然ですがメグママさんはマイママさんのご近所さんなのです!

 

 

 

私は電車で向かい、院内で待ち合わせ。実葉は午前の部の最後の予約枠です。

mihamonoe-4

 

 

 

お疲れさま。よく来たね。いろいろ診てもらおう。

mihamonoe-31

 

 

 

マイママさんも来てくださいました。大巻先生に実葉の暮らしぶりを伝えています。

mihamonoe-5

 

 

 

診察室へ

mihamonoe-32

 

 

 

 

「タナベさん わたし 病院ひさびさだから すこし緊張しています」

mihamonoe-6

 

 

 

実葉、がんばってください!

mihamonoe-7

 

 

 

体重測定(3.4キロ)、検温(平熱でした)、触診、聴診、爪切り、耳掃除、採血(スクリーニング検査)、レントゲン(多方向)、エコーのひととおりを依頼。

 

 

 

採血中

mihamonoe-8

 

 

 

血液検査の結果はグロブリンがじゃっかん高い以外は良好。高グロブリンはFIVキャリアが起因だと思います。懸念だった腎臓の数値はしっかりと基準値内におさまっていました。ほっ。

 

 

 

エコー検査のため体をひっくり返されています。

mihamonoe-12

 

 

 

納得いかない表情の実葉(笑)。

mihamonoe-13

 

 

 

ちょっぴり抗議が出ました。

mihamonoe-14

 

 

 

エコー検査は腎臓をメインに診てもらいました。触診でもエコー検査でも実葉はやはり腎臓がひとつしか見あたりませんでした。つまり腎臓が足りないのです。

 

推定3~5才という年齢を考えると今すぐ腎臓の専用食に切り替えるのはタンパク質を必要とする若猫にはどうなんだろう? との見解。食事については次回の通院まで「普通食」で様子を見ます。腎臓の機能は現在「正常」ですのでとりあえず経過観察のみ。

 

 

レントゲン(骨盤)

mihamonoe-10

 

 

 

骨折は認められるものの痛みがだいぶ緩和されてきたとの予想。通過障害なし。放置でOK!

 

 

 

いちばん気になっていた前脚

mihamonoe-11

 

 

 

まだ骨がくっついていませんでした。1か月後に再度レントゲンを撮る予定。上下運動、患部への激しいグルーミングを控えるよう言われたので、ひきつづきサークル&カラー生活です。QOLに関わるためカラーは外す時間を徐々に延ばしていきます。

 

 

うーん・・・・・・あの強烈な手術から1か月経っているのに、まだまだ回復の「道中」か。

 

 

 

改めて実葉の味わった苦労の大きさを痛感しました。なんか、かわいそうだなあ、と。

 

 

 

実葉、えらかったね!

mihamonoe-9

 

 

 

横顔ならギリギリ顔出し可のマイママさんとメグママさんと3人で記念にパチッ!

mihamonoe-15

 

 

 

おふたりも遠路はるばるお疲れさまでした。ありがとうございました。

mihamonoe-16

 

 

 

と、ここで解散ではないのです。通院後、実葉をマイママさんちに送り届けるのです。そのために私は電車で来たのですから。メグママさんが用意してくださったパンをかじりながら千葉へ!

mihamonoe-33

 

 

 

一時間強のドライブののち、着きました。実葉がお世話になっているマイママさんのお宅です。

mihamonoe-17

 

 

 

さっそく実葉を姫サークルに放牧。マイママさんがなにより気にしていたのは「実葉ちゃんの腹減り度合い」。検査のため朝ごはん抜きだった実葉が不憫でたまらないと仰っていました。

mihamonoe-22

 

 

 

ウエットを平らげたあと、今度はカリカリを^^

mihamonoe-23

 

 

 

メグママさんが実葉にプレゼントしてくださったピンクのル・クルーゼの食器に入れて♪ 食器や実葉用にいただいたグッズはすべて実葉の嫁入り道具にします。

mihamonoe-18

 

 

 

番外編ですが手からおやつも!

mihamonoe-20

 

 

 

「タナベさん 食べるにこまらないって いいですね」

mihamonoe-21

 

 

 

ピンク一色のお城。お姫さまおいしいですか?

mihamonoe-2

 

 

 

食後キレイキレイする実葉。カラーから解放され束の間の猫らしい時間を謳歌しています。

mihamonoe-34

 

 

 

 

入れたら出す、お姫さまこれは生き物としての基本的な本能ですね。

mihamonoe-35

 

 

 

トイレ完璧の実葉。失敗したことありません。にしても実葉、袖がかわいいんですけど。

mihamonoe-36

 

 

 

 

「タナベさん 袖じゃないの まだ毛が伸びていないだけです」

mihamonoe

 

 

 

そっか。けど、なんか萌えるんだよね。実葉はなにをしていても美しいもん。

 

 

 

「タナベさんありがとう マイママさんも毎日ほめてくれます」

mihamonoe-26

 

 

 

実葉が落ち着いたのを見計らい、マイママさんが私たちにお茶を出してくださいました。

mihamonoe-27

 

 

 

私がリクエストしたのは今回もシナモンティ。果物もささっと剥いてくれて・・・・・・。

mihamonoe-30

 

 

 

女子力の高さに脱帽です。人生の大先輩。女性としても人としても尊敬しています。

mihamonoe-3

 

 

 

私は小さなブドウのお菓子を持っていきました。好評でうれしかったです。次はもっといっぱい持っていきますね。メグママさんからもお菓子のおみやげをいただきました。

mihamonoe-19

 

 

 

めちゃくちゃおいしかったです。ごちそうさまでした。

mihamonoe-25

 

 

 

しばし談笑。とうとうココアミルクやお子たちの待つ703号室に戻る時間になりました。帰る前、実葉にあいさつ。実葉、今日はありがとうね。会えて幸せだった。

mihamonoe-28

 

 

 

実葉の命のリレーをたくさんの方が伴走してくださっているよ。すばらしいことだね。

 

 

 

実葉、ぬくぬくの暮らしはどう? 足元をみてごらん。実葉用にアンカーがそっとセットされているの、知ってた? 実葉が寒がらないよう、マイママさんが心を配ってくださったのね。

mihamonoe-24

 

 

 

あのとき話したミルフィーユみたいでしょ? もっとそうなるよ。ぜったい実葉のご縁を探す。

 

 

 

私は強く心に誓っています。

mihamonoe-29

 

 

 

生きていてくれてありがとう。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





もうすぐ巣立つきみたちと

皆さまこんにちは。外はカラッと晴れています。気分よくお世話や家事を終えました。

 

 

今日は猫たちの爪切りをしました。

 

保護猫ココア、ミルク、満天。レギュラーメンバーもやってしまおうってことで、ほほ、あまぱん、さぶも。床に落ちた爪を掃除機で一気に吸うのがたまらない快感。スッキリ♪

 

 

麗しいちびっこたちはもうすぐ我が家を巣立ちます。里親さんが準備を進めてくださっています。

maiku-2

 

 

 

遊ぶのもいっしょうけんめい、寝るのもいっしょうけんめい、食べるのもいっしょうけんめい。

maiku-3

 

 

 

在宅中のチチにお願いしおちびさんたちとの3ショット写真を撮ってもらいました。

maiku-6

 

 

 

ミルクはいつもカメラ目線をくれません。何枚撮ってもイマイチでしたがいい記念になりました。

maiku-5

 

 

 

まだ小さいけど大きくなったなあ。預かって約1か月。いろいろあったなあ。体調が安定するまで手探りしまくりだったけれど、さんざん心配したけど、ちゃんと成長してくれてありがたい。

 

 

このまま、このまま。

 

 

美猫姉妹の卒業記事は改めてUPしますね。現在サークル内のベッドでふたりは爆睡中です。

 

 

 

さて、ツイッターのほうでは数枚写真を出していますが、昨日は保護猫実葉の通院日でした。

 

 

運搬ボランティア(保護動物を目的地に車で搬送する活動)を名乗り出てくれたメグママさんのおかげで私はだいぶ時間を節約できました。くわしくはまた紹介させてくださいね。

 

 

通院後、メグママさんの運転する車で文京区の大巻先生の病院から千葉の預かり宅(マイママさんち)に実葉とマイママさんを送りました。実葉通院をがんばりましたよ。

maiku-4

 

 

 

カメラを持っていってよかった。いっぱい撮りました。どれもかわいい写真ばかりです。

 

 

 

これはiPhoneで撮ったものですが、お気に入りです。マイクを握って離さない実葉が皆さまにごあいさつしたいとのことです。聞いてあげてくれますか?

maiku

 

 

 

「みなさま わたし ちとずつですけど 体がラクになっています 心配してくれて ありがとう タナベさんが わたしをパチパチ撮ったの モデルさんを撮るみたいに ほめそやすから わたし つい いろんなポーズをしました 体のほうは 問題があるみたいだけど わたし 生きているよ 前を向いてあるいています まだ跳べないけどね」

img_1891

 

 

 

実葉はしばらく養生が必要です。通院の様子、実葉の体調、今後のこと、マイママさんちでの実葉の暮らしぶりは次回書きます。皆さまよい週末をおすごしください。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





紅い招待状 ほか

今年もまた卒業生ビビのご家族より素敵な贈り物が届きました。

ea1-14

 

 

 

猫型のクッキーおいしかったです。ひとつひとつ表情がちがうんですよ。オシャレ!

ea1-13

 

 

 

へへ♪ ビビアルバム、2冊目だ! うれしいいい!

ea1-18

 

 

 

昨年分はこちらをご覧ください。ビビの卒業記事や募集経緯についても触れています。

ea1-17

 

 

 

今年は家族が増えてます。めくっていてほんとうに幸せな気持ち^^

ea1-16

 

 

 

里親さんがどれほどビビを溺愛してくれているのか、一目瞭然ですね。

ea1-15

 

 

 

すばらしいご縁です。ビビのご家族の皆さま、どうもありがとうございました。

 

 

 

さて、あと数日で我が家を巣立つお二方

ea1

 

 

 

体調はすこぶるいい感じ

ea1-12

 

 

 

ココア、眠そうですね?

ea1-10

 

 

 

ミルク、おなかすきましたか?

ea1-11

 

 

 

ナナがふたりを気にしてサークルのまわりをうろちょろ。姉妹は迷惑そう^^;

ea1-9

 

 

 

異種交流といったところでしょうか?

 

 

ナナちゃん、若者はしつこい年寄りを嫌います。ほどほどにね。

 

 

 

おブスの1枚。いつも美しいからたまにはこんなショットもいいでしょ?

ea1-2

 

 

 

「お母さん あたしはイケてる写真にしてね」

ea1-8

 

 

 

はいよ。イケてるやつね。リルは写真より実物のほうがいいって言われるよね。

 

 

「生リル」がいちばんイケてると思います。毎日独り占めして申し訳ないくらいですよ。

 

 

親バカですみません。

 

 

 

ふふ♪ きたきたっ! 台湾のいとこから結婚式の招待状が届きました。

ea1-7

 

 

 

もうすぐ私は14年ぶりに台湾へ里帰りします。3泊4日の予定です。

 

 

行くのは14年ぶりだけど、いとこや親戚らが毎年だれかしら遊びに来てくれるのでひさびさの気がしません。亡くなったおじの墓参りやアマー(祖母)に会うのが楽しみです。

 

 

 

美男美女夫婦ですね。いとこは右の王文範くん。やさしくてハンサムで礼儀正しい青年。

img_5710

 

 

 

王文範は弁護士をしており、お嫁さんは検事。私とチチとはちがって優秀な夫婦です。

 

 

あああ。テンションがあがりまくり。

 

 

しかしお留守番組がどうしても気になる。おちびさんたちは卒業する予定ですので、703号室にはべべ、ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶ、そして保護猫満天がいます。私がいない間、チチがイクメンしてくれるとのことですが、投薬やごはんがちゃんとできるか正直心配・・・・・・。

 

 

まあ、何度もお願いし申し送り事項を書いておけば大丈夫かなあ。

 

 

 

里帰りが迫っているのに、爪がボロボロの私を不憫に思い妹がネイルしてくれました。

ea1-3

 

 

 

前の残骸を丁寧にオフ。それにしても手が傷だらけで汚い。

ea1-4

 

 

 

趣味で揃えたというセルフネイルマシーン。妹夫婦とおしゃべりしながら仕上げていきます。

ea1-6

 

 

 

おおお。それなりになった! お値段はもちろんタダ。ありがとう。助かりました。

ea1-5

 

 

 

妹夫婦も台湾へ行くのが相当待ち遠しいようで3人の台湾ネタは尽きません。

 

 

たった3泊ですが、今からドキドキしています。フワフワもしています。

 

 

お子たちと離れるのが不安ですが、どうせなら思いっきりエンジョイして来ようと思います。

 

 

明日は保護猫「実葉」に会います。そちらも超楽しみ!

 

 

皆さま今日も一日お疲れさまでした。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク